忍者ブログ
自分探し・・・・・・・。

 四国遍路やバックパッカーの若い人たちが「自分探しの旅」と言っているのを聞いたことがある。
 それを聞いた世の大人たちは、「自分なんか探しても見つかるはずはない」などと揶揄する。

 私はよくよく考えるに、四国遍路などは「自分探し」というより「自分自身を見つめなおす」ことには役立つのではないだろうか・・・・・・・・と思う。



 四国遍路に限らず、毎年出かけている鹿児島県の甑島でも感じることです。

 人は、否が応でも大勢の中で生きて行かなくてはいけない。
それが証拠に、いくら「アウトロー」を気取ってみても、陽が暮れれば家のドアを開けている・・・・・・。

 そのように、周囲との付き合いや妥協での日々は、言うならば「慣性の法則」のようなもの。
仕事に限らず、ご近所付き合いや、趣味の世界においてのお付き合いもまた然り。
 悪口や不毛な議論の中でも、我慢して生きていかなくてはいけない。

 生きるための報酬を得るために頭を下げたり絞ったり・・・・、いつしか何か分からないものの中に、自分自身が埋没していくことも・・・・・・・・。

 そんな時、今の境遇を他人のせいにするでもなく、やたら落ち込むこともなく自分自身を見つめなおすために、四国遍路や甑島への一人旅がしたくなるのです。

 甑島・・・・・・・・、この島はわが師との懐かしい思い出だけではなく、一日あれば十分廻れる範囲で、広島弁で言うところの「たう(届く)」島なんです。
 そうなると、島をぐるりと廻ってみての残りの時間は、足そうが引こうが、雨が降ろうが晴れようが自分自身の、思うがままの時間が待っていてくれるのです。
 携帯のバイブも着信音も消して・・・・・・・・。

 四国遍路で、よく「無」になると宗教的・哲学的なことを言う人もいるが、少なくとも私は違います。
 とにかく自分自身を意識しながら前に進み、ある時は留まり「思い残し」というものをなるべく残さないように廻っています。
 お遍路は「同行二人」と言われ、お大師さまと一緒に廻っている・・・・・と言われますが、私は私自身と反省したり励ましたりと、自問自答しながら二人で廻っているのです。

 ただ、私も人の子、愛犬ぷりんのことだけは気になり、ついつい現実に引き戻されていますが・・・・・・。

                   




 いよいよ今週末は『全日本キス釣り選手権大会』、先日の愛媛協会50周年記念大会の日と同様、天気予報は雨とのこと・・・・・・・・・・(>_<)
 絶対に、周りに雨男か雨女がいるに違いない・・・・・・・・・。







PR

2016/06/16 13:50 | 四国遍路

<<第104回 全日本キス投げ釣り選手権大会。 | HOME | マコガレイの37・5㌢と36㌢が!!>>
忍者ブログ[PR]