忍者ブログ
南九州探訪。

 ここ3年連続で訪れている南九州、去年の帰り道あまりにも急いだせいなのか、これまでに経験したことのない不整脈が起こり、現在も小康状態ながら続いている。

 今年は、長距離を運転するには不整脈が心配だし、(公財)日本釣り振興会の役職もあり、自分の釣り以外にも結構日程が埋まっていて、一旦はあきらめていました。



甑島の鹿の子ゆりの自生地写真)

 わが家の壁には、予定を書き込んだカレンダーが6月、7月と並んでいます。
7月を見てみると11日から15日は予定が入っていません!

 そこでいろいろ調べてみました。
7月11日、広島駅発7時37分発の新幹線のさくらに乗れば、薩摩川内市には10時9分着・・・・・・。
 薩摩川内市の《湯田・西方循環バス》で高城温泉へ行き温泉三昧、竹屋旅館に宿泊して翌12日の朝8時14分のバスで薩摩川内駅へ。



(ひなびた風情がたまらない高城温泉街)

 薩摩川内駅でレンタカーを借りて、串木野から有料道路を走って鹿児島市内へ。
桜島を間近かに見たあと、国道225号~226号線を経由して大好きな開聞岳へ。



 鰻温泉に浸かったのち、枕崎市へ抜けて鰹節をいぶす匂いを嗅いだのち、国道270号線を走って南さつま市の加世田へ。

 元会社の同僚のお参りと、竹田神社にある島津日新公の《さつまいろは歌》の碑を見て吹上浜へ。

 松の木や楠に自生する《ボウラン》の花を見て薩摩川内市へ。



レンタカーを返して12日の夜も高城温泉の竹屋に宿泊。



 13日は7時1分のバスで薩摩川内駅、7時50分のシャトルバスで川内港へ、8時50分の高速船《甑島》に乗船、上甑島の里港へ9時45分到着。



 一年振りの上甑島を走り回り、えびすや旅館へ。



(この入り江でキスの27㌢を釣りましたが、今回は釣りはそこそこにして島内巡りを楽しみたいと思っています)

翌14日、朝9時45分の高速船甑島で下甑島の長浜港へ。

 鹿の子百合の自生地や、3年ぶりの下甑島を走り回って長浜の民宿泊。



(船体に鹿の子ゆりをあしらった、フェリーニューこしき)

 翌15日、朝10時30分の高速船甑島で川内港へ。
昼過ぎの新幹線さくらで帰広し、翌16日は(公財)日本釣振興会広島県支部の行う「マコガレイの放流」へ・・・・・・・、考えました!

 そうそう、薩摩川内市では、10000円で13000円分の《薩摩川内ふるさと旅行券》を発行しているので、それを利用して宿や高速船、土産に使えばいいな・・・・と思っています。







 

PR

2015/06/25 18:25 | 未選択

<<レジャーフィッシング好評発売中!! | HOME | 第102回全日本キス釣り選手権大会(大田会場)。>>
忍者ブログ[PR]