忍者ブログ
新暦・旧暦。

 カレイ釣りにも新暦ではなく、旧暦で・・・・・・とよく言っています。
動植物は、カレンダーを持っていないので、自然の移ろいで季節を感じ取っているからです。

 私は、毎年3月3日のお雛祭りには、ちらし寿司に添えるためにつくしを探しに行きます。



 2014年の3月3日は、こんなにたくさん生えていました。

 2015年の3月3日はまったく見当たりませんでした。

 2016年の3月3日、この年もさっぱりでした。

 2017年の3月3日、下の写真のとおりたった三本ですが見つけることができました。



 この3月3日を潮見表をもとに、旧暦で比べてみました。

 2014年の3月3日は、旧暦の2月3日でした。
 2015年の3月3日は、旧暦の1月13日です。
 2016年の3月3日は、旧暦の1月25日です。
 2017年の3月3日は、旧暦の2月6日でしたが、たった三本しか見つけられませんでした。

 これはもちろん旧暦を参考に・・・・・とはいえ、その年の寒さなどが多少なりとも影響しているのでしょう。

 戻りガレイなども、釣れた日にちを旧暦で覚えておいて、それに近い潮回りの休日に釣行してみたら釣果が期待できるかも・・・・・・。


《レジャーフィッシング好評発売中!!!》

 特集は、春の代表メバルです。



 
 





PR

2017/03/10 15:05 | 未選択

<<2017年度、島根協会新年総会&釣り大会。 | HOME | この季節。>>
忍者ブログ[PR]