忍者ブログ
渓流解禁間近。

 広島県の多くの河川で、渓流釣りの解禁日がやって来る。
若いころは、吉和の細見谷や匹見などを釣り歩き、いっちょ前に渓流の記事も書いていたこともある。



 (島根県の波佐川支流や匹見の枝谷と、広島県では滝山川の支流を紹介している)

 30年くらい前に、廿日市市吉和町の細見谷(大竜頭滝より上流)で釣った35・5㌢の大アマゴの魚拓。



 最近は、北広島町の《八幡川水系》が楽なので、もっぱら里川を釣ることが多い。
したがって、尺越えはなかなか難しく、29㌢がええやらさっと



 パーマークも薄くなり、ある人からは「洋モノ(ニジマス)ですか?」言われたくらい。




(20㌢くらいだと、パーパークも朱点もはっきりしている)

 これも体高たっぷりの28㌢のアマゴ、釣ってすぐは興奮していたのか、きれいに輝いていたアマゴ。





 支流によっては、たまに中国地方だけに棲むイワナの一種《ゴギ》も釣れる。







 今年は4月解禁だから、下写真(この年は3月が解禁)のように、カンジキは要らないようだ。



  今年は、これまで愛用していた《VS琥珀 本流 零》7mに加え、《EXPERT 碧羅 硬調》8mを新規購入した。
 じっくり本流を攻めてみよう。

 花見ガレイや春ギスは、少し休ませてやろう・・・・・・・(のつもり^^;)。














PR

2018/03/22 20:35 | 未選択

<<花見ガレイ(絶)好調!!! | HOME | 投げ釣りに理解のある釣具店。>>
忍者ブログ[PR]