忍者ブログ
730㎞走りました。
 いよいよ今回の湯治&釣りの旅は、最終日の23日となりました。
食事前に【町の湯】へ、食後は【白猿の湯】へと2回浸かり、午前9時過ぎに最後の釣り場を目指しました。



(何年か前、【たかじんのそこまで言って委員会】で、やしきたかじんと安倍晋三現総理大臣が入っていた、白猿の湯の露天風呂)



(ひなびた雰囲気の町の湯)

 昨年の湯治の折は、来た道を引き返して美祢インターから広島に帰りましたが、今回は萩方面で竿を出して、通いなれた191号線~9号線~浜田自動車道経由で帰ることにしました。

 俵山温泉から萩の道の駅【萩しーまーと】までは、山陰自動車道(萩・三隅道路)と191号線を走って50分。
カレイが釣れたとの噂がある西の浜か、嫁泣き漁港か?と悩みましたが、少しでも帰ったところで釣ろう・・・・・と奈古町の筒尾海岸へ。

 

(波もあまりなく、天気もいいのですが・・・・・・)

 お魚さんはいないのか?19日に買って、少しくたびれていたエサが、海中に置いているあいだに少し動きが良くなったくらいで、まったくエサ取りすらいません。
 まだ本格的に花見ガレイの時期にはなっていないのか、隣のT海岸で釣っていた【出雲おろちサーフ】のトシくんも、夕方5時まで粘ってカワハギ3匹で、ランク物は1匹だけだったそうです。

 そのトシくんに挨拶がてらに会いに行き、10分くらいお話をしたあと191号線を東上し、途中飯浦漁港に寄ったあとはノンストップで広島へ。



(飯浦漁港を我が物顔で闊歩するぷりん)

 飯浦から益田市~浜田市と走って、家までは2時間と15分掛かりました。
走行距離は730㎞でした。

 翌日はカミさんと娘を新幹線駅まで迎えに行った以外は、家でまったりと過ごしました。

 翌25日、安佐北区のガソリンスタンドに行くとメール会員は店頭価格より6円引きとのことで、リッター145円で満タンに。
 
 帰り際、いつも早朝の釣行の折に弁当などを買う、オールナイト営業のスーパー【〇アーズ】に寄って、コシヒカリ玄米30㎏を購入。
 当日は5の付く日で5%引き・・・・・・、ガソリンといいお米と言い、なんだか儲かった気分(儲かったはまだまだ続きます)。

 レジでお金を払うと、スクラッチクジを渡された。
10枚のうち1枚に「アタリ」の文字が。
 何かちょっとした景品でももらえるのか、と思いサービスカウンターに行くと、「すごいですね!」となんだか様子が違う。

 よくよく聞いてみると、本日の買い物料金全額がタダに・・・・ということで、一万円分の商品券をいただいた!

 明日27日は、雨のなか釣りに行くのですが、このツキを残しておきたい気持ちです・・・・・・。

 「雨きらい、歩くのきらい」を標榜する私が、明日の雨予報のなか、170mくらい歩く釣り場に行くのです・・・・・。
普通なら、「やーめた!」となるのですが・・・・・。

 愛犬ぷりんは、おかあさんやおねえちゃんからおみやげに、春らしい色をした洋服を買ってもらいました。



(暴れん坊も、少しは女の子らしく見えるかな?)



(大好きな俵山温泉のガイドまっぷ。私が泊まった八万堂は、白猿の湯のすぐ隣にあり大変便利です)

 入浴前に、温泉水を飲むと胃腸の調子が良くなります。
一日目は、2本目のビールが胃部の不快感で欲しくなかったのですが、毎日飲んでいるうちにビールが旨くなりました。
温泉水はクセのある味で、決して飲みやすい味ではありませんが・・・・・・。





PR

2013/03/26 17:57 | 未選択

<<強運は続くのか? | HOME | 俵山温泉三日目の過ごし方。>>
忍者ブログ[PR]