忍者ブログ
風に吹かれて、カレイにフラれて・・・・・・・。

 愛犬ぷりんのお守りがいる木曜日、どこかに釣りに・・・・・と考えました。
花見ガレイが好調と耳にした大畠・周防大島方面か?花見ガレイには絶対の自信がある江田島方面か?と悩みました。

 朝早く目が覚めたら大畠・周防大島方面、遅かったら呉ポーからのフェリーで江田島方面へと決めて眠りにつきました。

 目が覚めたのは午前4時前、「こりゃぁ大畠方面じゃ」と、かめや釣具商工センター店に走りました。
目標は花見ガレイと決めて、ホンムシと青ゴカイを購入。

 もうここ何年かは高速道路ばかりで、下走りをしたことがなかったのですが、まだ5時にもなっていないので節約のつもりで廿日市~宮島口~大野~大竹~岩国へと走る。
 せっかちな性格なので、岩国からは岩国バイパスが早いのか?昔どおり岩国基地の前を通り南岩国駅前を通るか悩みましたが、私の実感としてはまだ早い時間なので、あまり変わらないか、188号線の方が早いような気がしました。

 好調と聞いた同じ場所に入るのは、へそ曲がりな私の宗旨に反するので、数100m離れたところに決めたが車から降りてびっくり!
 ノー天気に走ってきたものの、強く吹き付ける北風には気が付かなかったのです。

 釣り場はほぼ真横から風を受けることになるので、特に私のようにPEライン使用には厳しい状況に。
(追い風が一番いいのは決まっていますが、距離が出ないのさえ我慢すれば、横風よりは向かい風の方がまだマシです)

 かろうじて3本投げたが、風でラインが流される方向に仕掛けが流されれば、次に潮上に投入できるからまだ少しはいいのですが、あまり仕掛けは流れないので投入しにくくて・・・・・。
 おまけには吹き付ける強風に体温が奪われ、なんだか動きがぎこちなくて「どこか脳の小さな血管が切れたのかな?」と感じるほど。
 あまりの寒さに、クジメを一匹釣っただけで一時間足らずで風裏を探して移動することに。



(アイナメの仲間のクジメ)

 実はチカラ糸も忘れてきていたので、補給も兼ねて移動したのです(^_^;)
かめや釣具大島店へ。
 ここで関心したのは、接客態度のすばらしい女性店員さんがいました。
私の前の家族連れのおばちゃんにも、笑顔で一言二言声を掛けていて、おばちゃんたちも笑顔で店を出ていました。

 さて風裏を求めて周防大島へ。
釣り場に着いたところへ、地元の方が自転車で通りかかったので、いつものように「おはようございます!」と挨拶。
 すると、「おぉ、あんたぁナマリをあげよう」と言われるので、「いえいえ、ナマリは持っていますよ」と言うと、「網に引っ掛かったのがいっぱいあるんよ」と言いながら3~400m後戻りされて、家からたくさんのジェット天秤を持ってこられました。



(小さめのは、似島臨海自然少年の家での初心者ファミリー釣り大会で使うことに、とありがたくいただきました)

 風裏にはなるのですが、30~40分の間にがまかつ丸セイゴサーフ13号に食ってきたのは20㌢くらいのキスが2匹だけ。
家房(かぼう)に移動することに。

 着いたころはさほどでもなかった風ですが、だんだん強くなってきて沖には白波が立ち始めました。
 90分くらいやりましたが、ここではクジメとイソベラとウミケムシだけで退散することに。

 ここでカレイはあきらめて、あっさりとキス釣りに宗旨替え。
津海木(つのうぎ)が完全風裏ですが、2月に良型冬ギスを釣った開作に行くことに。

 一投目からググッで22㌢のキス。



(ただ引き釣り用のクーラー、ダイワSU1000Xでないので、重くてキスは足で釣れ!とはいきません・・・・・・・・)

 しかし、エサは太めの青ゴカイなので、アタリの数の半分くらいしか掛からない。
エサだけすっぽ抜けたり、一度咥えた青ゴカイが丸まって上がってきたり(ハリの大きさに比べ青ゴカイのボリュームが大きいので、ハリに掛かりにくいと考えられます)

 次第に風が強くなってきて、正午を知らせる「アロハオエ♪」の町内放送を聞きながら納竿に。

 もう一つの趣味、山野草探訪に。



 岩松が生えている近くにあるイワギリソウを見つけましたが、まだ花を付けていません。
日陰にはウラシマソウが花をもたげていました。

 道端にイタドリやワラビがあったので少し摘んで帰ることに。
(イタドリは皮をむいてさっと茹で、じゃこ天などと炒めたものは絶品です!!)

 ゆっくり釣るつもりでしたが、正午前には止めたので高速道路の平日朝夕割引(ETCマイレージに登録していたら、平日朝夕割引分がキャッシュバックされる)の17時まではまだずいぶんとあるので、久しぶりに下走りで帰ることに(釣れていたら大威張りで高速利用だったのでしょうが)。

 大竹の三菱レイヨン辺りの渋滞と宮島口付近以外は、さほど渋滞したとは感じないのですが、やはり2時間くらい掛かってしまいました(>_<)

 結局、お持ち帰りはクジメ24~25㌢が2匹、キス18~23㌢が9匹、ワラビ、イタドリ、フキだけでした。
 そうそう漁師さんからいただいたジェット天秤も・・・・・・。








 

 

PR

2015/04/10 16:15 | 未選択

<<(株)ファジーからLTノッター新登場!! | HOME | レジャーフィッシング本日発売!>>
忍者ブログ[PR]