忍者ブログ
あわただしい三日間に。

 おととい5月12日は、こんな電車や。



 こんなケーブルカーに乗り。



 さらにバスに乗って、こんな場所に行きました。



 そこに、ある釣り関係の方から電話がかかり、「今お電話大丈夫ですか、今日はどちらに?」と言われるので、「和歌山県の高野山に来ています」と。

 「えっ!小池さん、そんなに信心深いんですか!」の問いから始まって、その後用件を話終えました。

 わが家は先祖代々《浄土真宗》ですが、神社にもお参りするし、五島列島などでは教会にもお参りする、「神さま仏さま」とお祈りする、日本人の典型的なタイプです。

 何度も同じことを書くようですが、今年1月17日に、大切な母が108歳と9ヶ月16日で父のもとに旅立ちました。

 そこで、3月末から4月初めまで、母の追善のため四国遍路に行ってきました。
そのお礼として高野山奥之院にお参りするのが習わしと聞いて登った次第です。



(高野山奥之院、御廟橋から見る奥之院御廟)



 奥之院御廟にお参りして、御供所でご朱印をいただき、納経帳も完結となりました。


 私のような「なんちゃって信者」を責めてはいけません。
奥之院口からおよそ2kmの参道には、例えば上杉謙信廟と武田信玄の墓、武田勝頼と織田信長の墓、その織田信長を討った明智光秀の墓、石田三成の墓や徳川家霊台ありと、敵も味方も一緒にずらりと並んでいる。

 他には、各大名家のお墓など苔むしたものから、現代までのおびただしいお墓が並んでいる。
幽霊きらい、UFOきらいな私でも普通に一人で歩ける雰囲気なんです。

 


(地図上をクリックしてみてください、画像が大きくなり字が見やすくなります)


 ただ、大阪西九条の定宿から2時間半も掛かって登り、「さぁお参りを」と手水舎で手と口を清め終わったころ、かみさんから電話があり「ぷりんの調子が悪く、ゲボを吐いてまったくご飯もおやつも食べん」とのこと。

 本来なら、一日かけて奥之院から檀上伽藍など高野山を歩くつもりでしたが、奥之院だけお参りしただけで、10時ころのバスにのり下山をすることに・・・・・・。

 高野口まで降りたころ、「なんとか少し食べたよ」の電話に少し安心したものの、翌13日朝の新幹線で帰り獣医さんに連れて行くことに。



(なんともあわただしい三日間で、バス、新幹線、電車、ケーブルカーと20回乗りました)

 13日の昼ころ家に着いてみると、食べたジャーキーを吐き出しいる。
午後からの診療に連れて行ったが、血液検査の結果は時に異状なし。
とりあえず、腸などの消炎剤と点滴を打ってもらって帰りました。
可哀そうに3回も注射針を刺したことになります。

 点滴が効いたのか、まずまずの様子でしたが、また今日14日の午後はご飯を欲しがりません・・・・・・。
 そんなときの特効薬?ササミのボイルも食べない・・・・・。
まぁ散歩には行くので、もうしばらく様子を見て、また月曜日に獣医さんに行ってみよう。




 今年もキスの昆布締め用に、昆布をたっぷり買いました。

 あさってから三日間、全日本サーフ大阪協会の方が、奥さまのご実家益田市に帰省されると聞いたので、行ってみようかな・・・・・と思いましたが、ぷりんの調子が悪いようなら、残念ながら会いに行けないかもしれない・・・・・・・・。

 そう言えば、先日《タイ投げ名人》について書いた原稿の一つ《投魂物語》がアップされました。
 よろしければ、クリックして観てください。


























PR

2016/05/14 16:31 | 未選択

<<ライフジャケット。 | HOME | 懐かしい人(タイ投げ名人)に!>>
忍者ブログ[PR]