忍者ブログ
祝!!!50周年!

 全日本サーフ愛媛協会が昨年、めでたく設立50周年を迎えられ、それにともない写真のような素晴らしい記念誌が発行された。



(全日本サーフ愛媛協会50周年記念誌)

  これほどの記念誌を発行できる愛媛協会の素晴らしさに感服しながら、懐かしく拝見させていただきました。
 愛媛協会さんのますますのご発展をお祈りいたします。

 私と愛媛協会さんとのお付き合い、始まりは1973年のことになる。

 全日本サーフの二大イベントの、《全日本キス釣り選手権大会》と《全日本カレイ釣り選手権大会》に燃えていた入会2年目の私は、連盟会報16号の12ページから始まる成績表に、目が釘付けになりました。



 1位から4位までの対馬はともかく、広島からも比較的近い愛媛県の大洲会場で30㌢を頭にずいぶんと入賞魚が釣れています。





(当時のガリ勉?振りが伺われる、会報投げ釣り)

 カレイの大物は入会してすぐに釣りましたが、キスの大物には巡り合えていない私は、すぐさま愛媛協会松山リールクラブの当時の会長をされていた梅木会長に、釣り場の教えを乞うべくお手紙を出しました。

 するとどうでしょう!梅木会長からは速達で「もう時期的には遅いかも知れませんが、もしこちらに来られるなら一日でも早い方がいいので速達でお返事しました」と!!!!!
 どうですか!これが組織の素晴らしさ!!!私と、テラさんは早速愛媛県に出掛けました。

 梅木会長のお家にお邪魔し、奥さまにお茶をいただきながらまずご挨拶。
それから今は西予市となっている三瓶にご案内いただき、有太刀、蔵貫、有網代、下泊、高山辺りまで釣り場の解説をいただきました。

 おっしゃるとおり、すでに9月も中旬とあり、その時は大ギスには出会えませんでしたが、素晴らしい先輩連盟会員に出会うことができ、それがその後の私の連盟観として今日まで生きています。

 そのお蔭で翌1974年には、めでたくキスの大物に出会うことができ、いっちょまえの連盟会員になったような気がしたものです。

 その後、会友となった名古屋在住の大田氏が、愛媛釣行中に釣り場で出合った岩田氏(現在連盟会長)と懇意になり、さらに愛媛協会とのお付き合いは深まり、当時の私たちのクラブの記念大会には15人ほどのご参加をいただき、私も愛媛協会さんのいろんな記念大会にはお邪魔するようになりました。



(写真上は、私たちの25周年記念大会にご参加くださった愛媛協会の方々。写真下は私が愛媛協会の大会にお邪魔したおり、一晩過ごした長浜沖の一文字、腰が痛かった・・・・・・・)



 上写真真ん中は、愛媛協会40周年記念パーティーにお邪魔したおり、当時松山キャスターズの会長をされていた亀田氏に、無理をお願いしていただいて帰った、あこがれの《日本号D》未使用品!


 ひなたぼっこの愛犬ぷりん。

















PR

2017/02/24 10:19 | 未選択
戻りガレイの前に・・・・・・。

 どうも大潮のマイナス潮になると、上空の寒波まで月の引力に引っ張られるのか、決まったように寒波がやってくる・・・・・(これは素人のたわごとです)。
 おかげで、今シーズンは一度も磯歩きをしていない・・・・・・。
いつもは見ることのできない海底を見て歩くのは、釣りをする上においてもずいぶん役に立つのだが・・・・。

 寒くて釣りに行かない日はこれ。



(レジャーフィッシング3月号、好評発売中)

 イカダ廻りでのカレイ釣りが出ている。
産卵後、しばらくエサを摂らなくなったカレイが、いち早く広島湾で釣れ始めるのが宮島大砂利沖のイカダから。
 
 イカダからの釣りをしない私は、自分の知る範囲でエサの豊富な場所をピックアップし、戻りガレイへの狙いを定める。
 ただ、エサを摂り始めたとは言え、引きも味も楽しめるのはまだまだ先、とりあえず今週末は一月末に肘テツを食らった冬ギス狙いにでも行ってみようかな・・・・・・・。

 久々の愛犬ぷりんの登場。

 節分の鬼になり、豆の代わりにわんちゃん用のボーロを撒いてもらって大喜び。
しまいには、「くれ!くれ!」と脅し始めてボーロをねだっています。






















2017/02/14 15:39 | 未選択
乗り物に12回も乗り換えて。

 おおさかフィッシングショー、日曜日に終わってから広島に帰るのはしんどいので、大阪での定宿に日曜日も泊まり、6日の月曜日は奈良の明日香方面にでも行き、広島にはゆっくりと帰るつもりだった。

 ところが、私が役員おおせつかっている(公財)日本釣振興会中国地区支部顧問の平口 洋衆議院議員の新年互礼会があり、どうしても参加をしょうとの広島県支部役員のお誘いに仕方なく・・・・・・・・。

 まず西九条から阪神電車の普通で尼崎駅、そこから直通特急に乗り換え神戸元町へ。



 元町商店街で買い忘れていたものを買い、いつもなら歩く距離だが、土日と歩き疲れた足をかばうため元町から三宮まで阪神電車で。

 三宮から新神戸までは地下鉄で。



 新神戸から新幹線、これで乗り物は5つ目。



(新神戸駅ですれ違う新幹線)

 広島駅からわが家までバス。

 3時間くらい休憩をして、広島市西区商工センターにあるサンプラザへ。



 家から不動院までバス、不動院からはアストラムラインに乗り換え。



 新白島駅からJRで新井口まで。



 祝辞を述べる山東昭子参議院議員。
このあと、額賀福志郎議員や松井広島市長の祝辞と続き、乾杯は開場から40分のち。

  来賓として来られていた江田島市長さんともご挨拶。

 (公財)日本釣振興会広島県支部では、今年の6月中旬に、江田島でマコガレイの放流を企画しており、子供さんたちの参加やいろいろ江田島市にもご協力をいただくようなのでお願いした次第。



(これは2012年の、マコガレイ放流の折の写真)

 帰りは新井口からJRで新白島、新白島からスポーツセンター前までアストラムライン、そこから家まではバス。
 これで朝から12回も乗り物に乗り換えたハードな一日が終わりました。




























2017/02/09 14:37 | 未選択
行って来ました、おおさかフィッシングショー当日。

 日曜日は、あいにく朝から雨・・・・・・・・・。
それでも、会場に入れば濡れることもなし、と9時の開場を目処に出かける。



 これまで、この看板の前で多くの人たちと写真を撮ったが、この雨では・・・・・・・。



 まずはダイワブースへ。

 これまでと一番違いを感じたのは、よく目立つ位置に設置された《DYFC》のコーナー。
そう言えば、そのあと廻ったマルキューさんのブースでも、子供さんの喜びそうなエビ釣りコーナーなどが設けられ、メーカーさんの「未来の釣り人さん」たちへの期待度がうかがわれた。



 ロッドのコーナーでは、愛媛県在住のダイワフィールドテスター渡部裕司さんが熱弁をふるっていた。

 そう言えば、今年のダイワ試投会が、下記日程で行われます。
ぜひご参加のうえ、新しいロッドを手に持って、思う存分感触をお楽しみください。




 続いてがまかつさんのブースへ行き、テスターの矢野勝彦さんと「やぁやぁ」とご挨拶。



 以前、広島を廻っておられた営業さんともしばし昔話に花が咲く。

 
いつも(公財)日本釣振興会でお世話になっている、中国地区のメーカー、サンラインさんのブースへと移動。



 今年は、創立40周年を迎えたとのこと。



  そのせいでもなかろうが、サンラインのマークのライオンの顔が、ネコ科はネコ科でもキティちゃんになっている(^o^)
 




 ラインメーカーとハローキティちゃん、その斬新なコラボにしばし足止め。


 次はささめさんのブースへ。



 ご存じ中本嗣通さんから、「109歳まで生きられたんですね!」と、昨年亡くなった母へのお悔やみの言葉をいただく。

 おやぁ?中本さんと話をしているのはS記さんではありませんか!
そうそうS記さん、釣りビジョンなどに出ているせいか、通りかかった釣り愛好家から一緒に記念撮影を頼まれるなど、関西ではすっかり有名人に!

 歩き疲れました・・・・・・・・・。



















2017/02/07 14:35 | 未選択
行ってきました、おおさかフィッシングショー(前日)。
例年、土曜日、日曜日と二日間会場に行きますが、今年は疲れるから・・・・・と日曜日だけに。
 しかし、大阪在住のクラブ員S記さんの話では、富山在住のダイワフィールドテスター大野 等さんが、後輩のキャスターさんと会場に来られ、「小池さんは?」と探していたとのこと、やはりたくさんの方々とお会いするには、土日にかけて行くべきだな・・・・・と反省しました。

 という訳で土曜日は会場には行かず、懐かしい神戸の街を歩き回りました。
神戸に来れば必ずここ。



 三宮高架下にある、餃子の《珉珉
 ここは、私の青春時代から変わらず営業を続けている店。

 生田新道や東門筋、二宮辺りは通りこそそのままだが、店舗はすっかり様変わりしているが、ここは昔のままの場所で営業している。

 続いて、元町にある三起カップさんへ・・・・・・。
あいにく社長は、ケガをされて入院中とのこと・・・・・・・。
鴨谷師時代の、数少ない先輩なのでいつまでもお元気でいてほしいもの。



 三起カップさんの壁に掛けられた、懐かしい参加バッジの数々。

 夜ごはんは、S記さんと、愛知県からのS記さんの友人と三人で、新世界での串カツ・・・・・。

 今夜の通天閣、電気が消えている・・・・・・・?
まぁ、こんな通天閣も珍しいのかも。



(5年ぶりの工事のためらしい、消灯された2017年2月4日の通天閣)




(通常の通天閣の照明)



(2012年4月2日、世界自閉症啓発デー、一日限りのブルーの照明の通天閣)
















2017/02/07 14:23 | 未選択

| HOME | 次のページ>>
忍者ブログ[PR]