忍者ブログ
旧暦。

 あと一ヶ月くらい経てば、釣りと並ぶ私の楽しみである《コウタケ》採りの季節だ。
私は、採れた年の日にちを控え、潮見表をもとに旧暦を記録しておいて、他人が「9月20日とは、まだ早かろう」というような日にちに出かけている。

 

(早い年では、新暦の9月15日に行っている)

        

(ツキノワグマのテリトリー、なるべく刺激しないように、、、とは言いながら武器は必携)


 とコウタケの話から入りましたが、釣りにも旧暦は役に立ちます。
カレイなど、新暦よりもキンモクセイの咲くころを目安に、旧暦で記録しておくといい。

 大ギスもしかり。
2005年8月17日、周防大島の某所で下の写真のようなサイズの入れ掛かりを経験したことがある。



 旧暦でみると7月の13日、中潮の満潮が大畠で午前5時59分、潮位は258cm。
午前5時から6時過ぎまで、全日本サーフで言うところの大物ランクも含め、ダブル・ダブルの大騒ぎ。

 その日の潮を今年に当てはめてみると、旧暦の7月13日は新暦の8月13日・・・・・・、行きたかったけど、この台風の接近などで今年は諦めた。

 私のパソコン側にある本棚、潮見表が並んでいる。




 愛犬ぷりん、いつも私の動きを観察している・・・・・・か、寝ている。

  

PR

2019/08/15 08:36 | 未選択
久々の海へ。
能書きばかりたれ、たまに海に行けば釣り竿も持たずに釣り大会の観戦。

 今日は久々に投げ釣りタックルを持って江田島に。

 呉ポー発、6時55分のフェリーに乗ると、いつもすれ違う瀬戸内海汽船のフェリーが・・・・・。
 ところがどっこい!今まで見たことのない《船》が???

       


 (8月から就航の《シーパセオ》というフェリーらしい)



(いつもは、このフェリーとすれ違っていたのだが)

 
 さて釣り場、6月26日にカワハギの27㌢を釣った場所に行くが。



(2019年6月27日に釣ったカワハギ27㌢、釣り味も食味も満足)

 まずは、なによりかにより暑さ対策を、ハイネケンビヤガーデン準備完了!

         

 しかし、釣れるのは俗に言うピンギスばかり・・・・・・・。

 今日の潮は、若潮で広島湾の満潮が6時05分・・・・・・・、と言うことはびっちり引き潮を釣ることに。
 なぜ、自分の好きでもない小さな潮回りの引き潮の日に釣行を・・・・・?

 実は、私のブログの検索欄で《涼しくなるお話を》か《守護霊》と検索したら出てくる、お袋の里のお墓参りに行くので、その前にちょこっと釣りを・・・・・と考えた次第です。

       

 沖合を航行するいろんな船を見ながら釣るが、結果はキス13匹、クラカケトラギス4匹、ノドクサリ1匹、キューセンの雌1匹、アサヒアナハゼ1匹だけの貧果で終了。



(アマモと一緒に上がってきた、アサヒアナハゼのちびっこ)


 ヤブ蚊の襲来に耐え、お袋の里のお墓掃除とお参りを終えました。














2019/08/11 19:38 | 未選択
親譲り。
親譲りと聞けば、かの文豪夏目漱石の数ある名作の中の《坊っちゃん》の書き出しを思い出す。

親譲りの無鉄砲で子供の時から損ばかりしている。小学校に居る時分学校の二階から飛び降りて一週間程腰を抜かした事がある。なぜそんな無闇(むやみ)をしたと聞く人があるかもしれぬ。別段深い理由でもない。新築の二階から首を出していたら,同級生の一人が冗談に,いくら威張っても,そこから飛び降りる事は出来まい。弱虫や-い。と囃(はや)し立てたからである。小使いに負ぶさって帰ってきた時,おやじが大きな眼をして二階位から飛び降りて腰を抜かす奴があるかと云ったから,この次は抜かさずに飛んで見せますと答えた。

 私の父は、遠山の金さんもかくもあらんと言うような、両肩から腰にかけて《emoji桜吹雪》の入れ墨を入れ、結構お袋を泣かせたとも聞くが、一応曲がりなりにも私達9人姉兄(3男は夭逝し全員揃ったことは無いが)を育てたので、それはそれで《男・漢》として評価できる。

 明治から大正にかけ、当時そこそこ裕福な家庭に育った親父は、その当時としては少数派の《中学》に進んでいる。
 その呉港中学で同級生だったのが、初代ミスタータイガースと呼ばれた、かの有名なプロ野球選手《藤村富美男》のお兄さん。
 そのせいで、私は生まれる前から《トラキチ

 しかし弱い・・・・・・・、しかし采配が・・・・・・。

 《不動の4番バッター》ならぬ、《不働の4番バッター》をずっとずっとそしてずっと使い、やっと今日6番に落としたと思ったら、新外国人の助っ人をレフトに・・・・・。



 (不働の4番バッター・・・・・・・じゃない、不動だったかなemoji

 昨日は、慣れないキャッチャーを先発起用し、走る球団お得意のダブルスチールで、やすやすと3塁ランナーを帰し、それまで好投していた若いピッチャーのやる気をくじき、今日は今日でレフトもまともに守れない新外国人助っ人に。

 守る機会は最短でも3人×9回で27回もある。
打つのはせいぜい4回、勝っていればそれでも5回・・・・・・、その宛にもならない攻撃力のために、一番球の飛んで行くレフトにかい!!!!!!!!!!!

 やぼ監督じゃのぉ・・・・・・・・・・・・。







2019/08/10 19:49 | 未選択
レジャーフィッシング9月号 好評発売中!!!

 今日は5日、と言うことは《レジャーフィッシング》の発売日。

 9月号の特集は、美味魚&大物を手軽にゲット!海上釣堀に行こう!です。



 先日《あたた愛らんど釣り大会》に見学に行きましたが、その阿多田島にある海上釣堀がどっさりと掲載されています。

 先日、7月27日の大会の折り、フェリーに乗船している釣り人の多さにびっくりしましたが、よくよく見たら、下の写真の水色◯で囲まれた釣り人は、大会への参加ではなく、釣り堀に行く釣り人だったのです。

    

 (桟橋を上がって、まっすぐに行く人は釣り大会、右側の人たちが釣り堀への客)

  釣り大会に参加した大人には40㌢近いマダイが一匹づつ配られていました(子供さんには、いりこせんべいと花火がプレゼントされていました)。



 大人2,000円の参加費で、うちフェリーの往復1,400円であとの600円の大会参加費で、釣れなくてもマダイが一匹付いてくるのだから、定員を設けるくらいの参加者が集まるのでしょう。
お魚は豊富な島だということが分かります。

 そう言えばその7月27日に、阿多田島で2019年初めてのツクツクボウシの鳴き声を耳にしました。
 我が家で耳にしたのは8月1日だから、島の説明書きにあるとおり「あたたしまの名の由来はあたたかい、からきているとも言われる」とありましたが、本土とはだいぶ違うのかもしれません。
 阿多田神社ののり面にはススキも穂を出していましたし、季節が早めに回っているのかも。

   

 我が家近辺では、まだなかなかススキの穂は見られません。

 セミですが、今朝起きて窓を開けてみたら、アブラゼミが網戸に止まって熟睡中でしたemoji
起こさないように、ゆっくりと開けました。

            

 (セミも一生懸命生きているのですから、できるだけいっぱいいっぱい生きて欲しいもの)

 8月2日の午後3時のこと、ある病院に検査に行くために暑い熱い道を歩いていました。
車道ではなく歩道にですが、一匹のアブラゼミが力尽きたのか死んでいました。

     

 いくら死んでいるとは言え、自転車や歩行者に踏みつけられるのはいかにも可愛そう、拾い上げて緑豊かな植え込みの中に置いてやりました。

(魚釣りを趣味とし、散々殺生をしている私が言うのも矛盾しているようですが、必要以外はなるべく・・・・・・、それに魚釣りも他の人より下手なので殺生の数はemoji









2019/08/05 14:37 | 未選択
西瓜大好き人間とわんちゃん。

 昨年に続いて、今年も大きな西瓜をいただきました。

      

 愛犬ぷりんは、平然と寝ているようですが、西瓜を動かすとジロリと目で追います。

 切ってみると、桃太郎のお話みたいに、《西瓜太郎》は出てきませんでしたが、おいしそうに熟れています。

  

 今年買って食べたどの西瓜よりもおいしくて、ぷりんとみんなでいただきました。




2019/08/02 20:13 | 未選択

| HOME | 次のページ>>
忍者ブログ[PR]