忍者ブログ
海洋プラスチックごみ。
最近話題になっている《海洋プラスチィックゴミ》問題、海に親しんでいる私たちでさえ、「あぁまたペットボトルやビニール袋が浮かんでいる」くらいにしか思わないのでは・・・・。

 実は海だけではなく、微細なプラスチックゴミが大気中に浮遊していて、自分たちが毎日飲んでいる水道水の中にも含まれているのを、みなさんはご存知だろうか。
(わが家は、愛犬ぷりんのためにずい分前から三ヶ月で交換、一回2000円以上の浄水器を使用している)

 悲しいことに、この海洋プラスチックゴミの大半は,、アジア諸国由来が多いのもご存知だろうか?
西欧諸国に比べ、ゴミ問題に関する《マナー》の低さがその最大の原因だと思います。

 多くの日本人は、このお話は自分たちの話ではなく、日本以外のアジア諸国だと思ってはいませんか?
 そう思う人は、自分の周りを見回してください、コンビニ周りやあちこちにプラスチックごみが散乱している日本の現状を。

 また、心無い人たちが捨てたゴミだけではなく、多く普及している人工芝などの劣化によるものなど、日ごろ何気なく目にしているプラスチックが、微細なホコリとなって、水道水や空気中に飛散しているのです。

 思えば文字の誕生で、人類の記録がなされて以来千数百年・・・・・・・・、そのたった60~70年で石油由来のプラスチックゴミが、人類を危険に晒すほど蔓延するとは・・・・・。

 私の幼い頃、ビニール・プラスチックなどは皆無で、肉屋さんに行くと竹の皮を広げ、端っこを「ビリッ!」とちぎり、竹の皮に肉を包み、ちぎった端っこでぐるりと巻いて結んで持ち帰りだった。

 食料品店でコロッケなどを買うと、すべすべした紙でくるんで、最後は新聞紙で包んで持ち帰り。

 知り合いのおじさんの工場に遊びに行くと、カキ筏に吊るすホタテの貝殻の間に通す筒、女竹という竹(笹)を切り、それをたくさん馬車に積んで海まで運んでいた。
 その馬車の荷台に揺られながらの道すがらがとても楽しい時間であったのも懐かしい。



 今では簡便なプラスチックの筒となり、周防大島の三蒲や椋野などの北岸に、おびただしい数のプラスチックゴミとして漂着している。

 これらのプラゴミが生態系に大きな影を落としはじめてているが、人間にも遅かれ早かれ影響が出てくるのは間違いないだろう・・・・・。

 プラゴミ廃止キャンペーンとして、プラスチックのストローを廃止し、紙やとうもろこし由来のストローに替え、なおかつ常備するのではなく、希望者にだけ配布する方法を採っている企業もあると聞く。

 プラゴミの総量から考え、ストローの占める割合は微々たるものだが、「小さな事から始めよう!」という取り組みは評価されるべきだろう。

 このブログを見てくださっているみなさまは、絶対にゴミを捨てない方々と信じています。
ぜひご自身の周りの方々と一緒に、ゴミを一切捨てない!という仲間を増やしていってください。

       















PR

2018/12/15 19:41 | 未選択
やっと・・・・。

 先月の23日から、外壁塗装のための足場と養生シートに囲まれ、息が詰まるような日々を過ごしていたが、先日11日にやっと足場解体が済んで、家の周りを歩けるようになった。

 ただこの足場、悪いことばかりではなく、いいこともあった。



 足場から上がった、我が家の屋根の上からの眺望。

 私は子供のころから、よく家の屋根に上がって棟瓦にまたがって、何をするでもなくボーっとしているのが好きだった。
 生まれた家は平屋だから、普通にはしごを掛けて登っていたが、今の家は狭い土地に建つ2階建てだからそうはいかない。

 足場を伝って、最初で最後の屋根の上へ・・・・・・・。





 お話は変わって、先日パワハラに関する《第三者委員会》なるものの結果報告が出ていた。
誰が(第三者)が見ても、力が上の者が、下の者に対して圧力や脅しとも取れることをやれば、すなわちパワーでパワハラだと思うのだが・・・・・・。

 しかしセクハラはちょっと違う面もあるような。
一週間くらい前、『ミヤネ屋』という番組で、「20代以上の女性に聞いた、あなたが抱かれたい俳優は誰?」と・・・・・・・、それも午後2時台の番組ですよemoji

 鈴木亮平とか斉藤巧とか、いろいろと若い女性から、尼崎のおばちゃんまでがインタビューに答えていたが。

 これが反対に、「20代以上の男性に聞いた、抱きたい女優は?」などと言ったら、それこそセクハラだ!と大顰蹙。

 また、《路線バスの旅》で、スピードスケート元選手の清水宏保さんが出ているが、あちこちでおばちゃんが、ふとももを触っては、ひゃーぁ!すごいですねemojiと。
 これを、われわれおじさんが、小平奈緒、高木美帆選手などの太ももを触った日にゃどえらいことになること間違いなし・・・・・・。

 パワハラは分かりやすいが、セクハラの定義は難しい・・・・・・・・・。
















2018/12/13 15:50 | 未選択
カレイの楽園がまた一つ・・・・・・。

 し~ずかぁ~なぁ♫ し~ずぅかな~♫



 一時間以上、竿先見つめていてもアタリ一つありません・・・・。

  6時20分、呉ポー発のフェリーで切串へ、そこから三高方向へ走り、K祖に同行者をおろして釣り場には7時過ぎに到着。
 すぐに釣り始めたが、まったくアタリがないまま一時間が過ぎました・・・・。

 思わず「アタリない、アタリない、アタリない体操・・・チャチャチャ♫」とヤケ気味に、《当たり前体操》の替え歌を口ずさむ・・・・・・・。
 この前のにゃんこemojiも遊びに来ません。



 とにかく今日は静かな海で、とても釣れるような気がしません。

      

      (過去には、このくらいの釣果もあった場所ですが・・・・・)


 私は釣り人にも見向きもされず、底引き漁船も見逃すようなカレイ釣り場を三ヶ所見つけていました。
 そこで釣る時は、できるだけ沖合の底引き漁船から目立たないように三脚を低くして、立てかけた竿も、なるべく見えにくいように、できるだけ水平に置くようにして、底引き漁船から《カレイの楽園》を守り続けてきた。

 底引き漁師が、釣り情報サイトや雑誌を見ては、そのポイントを曳いて、カレイをごっそり獲っていくと聞いたこともあるので、竿を出しているのを見たら「あそこにもカレイがおるんか!」と曳き始めるかも知れないから。

 釣り人の竿に掛かるくらいの数ならともかく、底引きでごっそりやられては、カレイも落ち着いて産卵ができないだろうから・・・。

 広島湾では、11月1日解禁で底引き漁船が縦横無尽に走り回り、内美能の港で出会った地元の人の話では、「ここらの底引きは、捨て石の上でも曳くよぉ!」とのこと。

      

 (その言葉どおり、護岸のすぐ側の捨て石の上でも曳いてくる底引き船)

 この場所も、いつの間にか底引き漁船に蹂躙されたのではないだろうか・・・・・?


  また、大好きな広島湾から、《カレイの楽園》がひとつ消えたのでしょうか・・・・・。


 置き竿のカレイを半ばあきらめて、一本で引き釣りをすると、キスはちょこちょこ当たってくる。



 2本バリにダブルもあった。

 10時過ぎ、竿先を抑えるようなアタリ!
やっとカレイが!!!と思ったが、引きが違うし、マダイに比べて軽々と寄ってくる・・・。



 釣り上げたら、37・4㌢のチヌ。

 結局、当日の釣果はキス20~22㌢7匹、チャリコ28㌢1匹とこのチヌ。
リリースはチャリコ4匹、ネズミゴチ1匹、手のひらカレイ1匹、クサフグ1匹。

 10時30分に納竿とし、いつもの三高の野村水産さんに打ち立ての牡蠣を買いに行く。

 大柿町大君の審査会場へは11時30分の集合。
今回はクラブ員7人に加え、一般参加ですすむさん、サンコンさん、ほっしーさんに、釣りはしていないが、みんなに会うためにとN原さんも・・・・・。

 今後、こういう投げ釣り好きな人が集まる《集い》として、クラブのオープン大会を新しく設ける予定です。
 日程が決まったら協会HPや、このブログでご案内しますので、もしご都合が付きましたら、ご遠慮無くお集まりいただいて、みんなで釣り談義をしましょう。
















2018/12/10 11:06 | カレイ
レジャーフィッシング好評発売中!!!

 釣り雑誌の中で、いかにも「釣りの情報を教えてしんぜよう」みたいな構成ではなく、見ていてなんだか親しみを感じ、季節感などを感じる《レジャーフィッシング
 1月号が好評発売中!!!



 1月と言えば暦の上では春。
俳句などでも、1月になると春を詠む句が多くなる。
    《初若菜 うらうら海に さそはれて (長谷川かな女)》などの句もある。

 1月号の表紙は春らしく「ピンク!
思えば、二十歳になってすぐのころ、若気の至りで結成していたバンド名は《ピンクガーターズ》。
カクテルの《ピンクガーター》から取ったのですが、和訳するとピンクの靴下留めとは、今になって考えると何とも・・・・・・・・emoji

 私も一時は、大晦日の昼過ぎに出かけ、夕方からは除夜の鐘を聞きながらメバル釣りをし、初日の出を釣り場で拝んでからはカレイ釣り・・・・・と粋がったことも10年ちかく続いたが、メバルはともかくカレイは早い場所では産卵を済ませ、なかなかお目に掛かることはなかった・・・・・・・。

 釣り場の裏のお家からは、紅白歌合戦などテレビの音と、ご家族団らんの声を聞きながら、「俺は、そんな俗な生活はしない!」と粋がって、そして独り密かに後悔をしたことが懐かしいemoji

 メバル釣りで面白いのは、脈釣りで「ピュー!」と糸鳴りがするのや、ワームで「ガツン!」と来る釣りが面白い。
 しかし場所によっては、底オモリの胴つき仕掛けで、スルスルと巻いてくる釣りが良型が数釣れるようだ。 

 今日は、親戚に美味しいemojiミカンを送るために呉市安浦町の大芝島と、東広島市の安芸津風早に行ってみた。
 今は、みかんの《いしじ》が美味しいとのことでそれを選んだ。
これからは《大津》もおいしくなるようだ。

 ミカンを買ったあと、正午から竿出しOKの《協会納竿大会》があるので、安浦の深浦で竿を出してみた。

 開始30分で、マダイのアタリで34㌢のマダイ。



 それからまた30分でイシモチ・・・・・・。
      
          


 それから60分アタリが無いので帰りました・・・・・。

 釣ったマダイは、明日の審査に出さずに、今夜の刺し身にしました!
邪道ですが、刺し身にとろろ昆布をちょっこと乗せて食べたら、また別の味が楽しめました!

 明日は公約通り「複数枚のカレイを釣る!」そのカレイで勝負じゃぁ!!!!!


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

<参考図書ご案内>『投げ釣り列島縦断』(メディアボーイ社刊・税込み1700円)
魚が好きなのか。釣りが好きなのか。求めて旅する、今日もまた。
「投げ釣り列島縦断」で検索ください。お問い合わせ メディアボーイ社03-3576-4051
 


























2018/12/08 19:31 | 未選択
今年のカレイ。

 先日11月29日のこと、隣町のスーパーマーケットでの一幕。
語呂合わせで、「いい肉(11・29)の日」とあって、お肉のコーナーに貼り紙が。
《税抜き価格980円以上お買い上げの方、卵6個入りパックを一パックサービス》と。

 私と同年代くらいのご夫婦、「おい、肉をなんぼ買うとるんや?」「3000円以上買ってるよ」「ほいじゃぁ卵二パックはええんじゃろう!」と・・・・・・・・。

「980円ごとに一パック」なら、買い上げ金額によっては二パックも三パックもOKだろうが、この文章からだと、980円以上は百万円だろうが一パックだろうに・・・・・・・と、その場を離れたので顛末は解らないが・・・・・・・・。

 お話が逸れましたが、どうも私の今年のカレイ釣りは、貼り紙に書かれた「お一人様につき一枚限り!」の条件付きのような・・・・・・・・・・emoji


 愛犬ぷりんに朝ごはんをやり、薬を飲ませての5時50分に家を出て、広島インターから山口県の玖珂インターへ(1,240円なり)。
 そこから国道437号線を大畠方面へとひた走る。

 所要時間は80分ちかく掛かって釣り場へと到着。

 釣り場ではYS田さんと、クラブのH澤さんが待ってくれている。




 今日の大畠の潮は、小潮の満潮は3時05分、干潮は9時24分。
わざわざ潮の小さな干潮にしか釣りにならない場所を選んだが、結構瀬がきつくて小潮の割には流れもある・・・・・・。

  午前7時20分から釣り始め8時20分、11月18日の全日本カレイ大会のとき同様、3本のラインのうち一本が潮目に入ったのか?他の2本とは違う流れに。
 他のラインと絡ませて上がって来たのは30㌢ギリギリのマコガレイ。



 11月18日の全日本カレイ大会の日は、周防大島の椋野までミカンを買いに走ったり、釣り場の後ろのお家の柿の木に登って、干し柿用の柿を分けていただいたり、イッパチラーメンemojiを食べたりしていたので、釣果が一枚でもそれなり納得をした。

 11月25日、江田島でのカレイは投げて投げて、、巻いて巻いて、頑張ったのに34㌢がたったの一枚だけ・・・・・・。

 まるで、スーパーマーケットでの貼り紙《お一人様、一枚限り!》のように、三回連続カレイが一枚ずつ・・・・・・・?

 来週の、協会納竿大会では是が非でも複数枚のカレイを釣り上げなくては!















2018/12/01 19:32 | 未選択

| HOME | 次のページ>>
忍者ブログ[PR]