忍者ブログ
絶好のチャンス!

 6月16日の《全日本キス選手権大会》で余った石ゴカイ、海に返すのを忘れて家まで持ち帰ってしまった・・・・。

 「どうせ海に返してもダメなのに、どこに捨てても同じこと」という気持ちになれないのです、初夏の一日を大好きな海で遊ばせてくれた石ゴカイ。

 実は私が支部長をおおせつかっている、(公財 )日本釣振興会広島県支部では、ここ3年(1年は期間が離れたが)江田島で4,000匹のマコガレイの放流事業をやっている。

 

 

 今年も7月に放流をするので、その打ち合わせのために江田島市役所の都合を聞くと18日ではいかが・・・・・・ということなので、その日に石ゴカイを持って行くことに♪
これぞ絶好のチャンス!!!
 
 冷蔵庫の野菜室でちょっとばかり弱った石ゴカイと一緒に江田島に行き、めでたく海に返すことができました!

 さてさて全日本キス、降ったり止んだりの雨風の中、私は少しでも風がない場所を探して釣ることに。

 開始してすぐに写真のキスとマダイがダブルで。

    

 (マダイの28~29㌢とシロギス23㌢のダブル・・・・・・&海藻)

 マダイがコクンコクンと頭を振るし重いし?と少し期待したが、海藻と一緒に上がってきた。

 その後は、ゴンズイ⇒ホウボウ⇒夜が明けてからはキューセンの結構大きな20㌢くらいの赤が2匹と、やっとのことでシロギス23・3㌢が。



 途中、宅野港にも行ってみたが、湾奥からはアイナメの新子やイソベラのちびっ子。
行きがけの駄賃にオカヒジキの新芽をちょこっとばかりいただく。

     
 
    (天ぷらや、ナムル、おひたしなどにして食べる)

 再度仁万に帰って釣るが、納竿ちかくにはオハグロベラなどイソベラの仲間が・・・・・・emoji



 結局、審査へは23・3㌢のシロギスを提出しただけ・・・・・・・。


 



PR

2019/06/19 13:08 | 未選択
ドローン購入。

 生まれついての行き当たりばったりの無計画な性分emoji、今回も使える自信もないのにドローンを買ってみた。
 思いついたのが、釣り場をドローンで撮って、このブログに載せてみたいとのことから・・・・・。



 がしかし、《トリセツ音痴》を自認する私、説明書を見てもちんぷんかんぷん・・・・・・。

「リモコンとドローンのペアリング」?「ドローン初期化検出」はぁ?「ジャイロ校正」む・・?「コンパス修正」・・・?「衛星信号を検索する」・・・・・・?と飛ぶ前からとんで(飛んで)もないことがemoji

  そこで仕方なく、中学・高校生時代にジュニア会員として私と同じクラブにいた元会員にSOSemoji
いろいろやってもらってなんとか飛ばせそうに・・・・・・。

 
 まず初飛行は、16日に行われる《全日本キス選手権大会》で、大田会場に行くので、そこで飛ばしてみようと考えたが、同時に注文した保護ケースもスペアバッテリー2個も来ていないので、来週にでもゆっくり・・・・・。









2019/06/14 16:39 | 未選択
友人からの釣況。

 広島県西部に住まいするYS田さんからメールと写メが。

 昨日も大畠近郊へ行ってました。


  ○○下なんですがカレイボウズをくらいました、干潮前の6時半頃に大アタリがありかけたのですが手前の根に張り付かれ力糸から切れて逃げられました。後にも先にもいいアタリはこの一度きり。

       


  今朝は○の字波止で四時から始め、結局カレイが釣れたのは諦めて帰り支度を始めようとした昼前でした。
 9時過ぎに大アタリでいつものアカエイがかかり寄せましたが大き過ぎて道糸をつかんで上げようとしたらハリス切れで逃げていきました。


  もう天気がいいと日陰が欲しいですよ…。

 ということで、2日めの釣果写真が。



 カレイは大きい方が36・5㌢あったそうです。
まだまだ夏ガレイ釣りがんばってください!!!!!


 古くからの友人、テラさんからは次のメールが。


 こんにちは。515日、山陰にキス釣り、◯◯の港内、竹が置いてある真ん中の護岸でキス25㌢一匹。

 温泉津・漁港の◯側の波止50メートル以内で25㌢以下のキス10匹、小型はいません。


 523日、Mの原、キス居ないK串・O須・T久茂もキス居ない。


最後にO原湾で、良型キス20匹釣れました。


 65日、周防大島でキス釣り。


 A下庄港内、まったくキス居ない。K賀の、B天埠頭近くで良型のキス35匹釣れました。
朝マズメを釣ればもっと釣れるはず。


 523日にO須で関西の釣り、投げ釣り倶楽部16の中で、初夏までカレイの記事を、小池さんの次に書かれている、中村タケシさんと会いまして、マダイを釣りに来たと言っていました。


 エサはタイムシと本こうじを持って来ており、値段を聞いてビックリ タイムシ頭がついているものが4000円、頭がないものが2000円、本こうじ、大が200円、小が120円と言っていました。


 だいぶ前に、境水道で、関西の釣り人も、青虫1キロ2000円と言っていました。


 関西は、エサが安いですね。

 と。


 


2019/06/12 20:25 | 未選択
昨日の釣りは。
 おととい土曜日の夜、「明日ぷりんが6時までに起きたら釣りに行くよ」とカミさんに。

 そして翌日6月9日の5時17分、愛犬ぷりんは起きたものの元気がないようなので、私の方が一緒にいてやりたくなり、そのまま横になったままでいると、ぷりんも顔のそばに来て丸くなって寝はじめた。

 まぁいいか・・・・・・とそのままでいた6時過ぎ、階下でカミさんが朝ごはんの支度をする音に反応して起きた。
 比較的元気そうなので、呉ポー発7時30分のフェリーに間に合うように出かけることに。

 いつもより一時間遅いフェリー、日差しはかなりきつくなって、釣り人も大きめな笠をかぶって釣っている。



(呉ポーに入港する7時30分発のフェリー)

 フェリーの甲板から見る広島市方向。
赤矢印は似島、水色矢印は峠島、緑矢印は南区宇品にある元宇品黄色矢印は金輪島、紫矢印は黄金山



 切串港に到着後、まずは5月15日に東京の阿部様ご夫妻をご案内した場所へと走る。
左沖合には沖野島マリーナから出航したヨットも白い帆をはって浮かんでいる。




(右側の島は大黒神島、左側の低い島は沖野島)

 5月15日にはびっしりとあったトロ藻は少しは溶けているが、投げる方向によってはまだ結構残っている。




 80~100m沖にはタコツボのブイが浮かんでいる(赤矢印)。
時々ボラがジャンプして、その勇姿を見せてくれる(緑矢印)

 アタリは渋い・・・・・、3回投げて一回アタリがあるくらい、それもフロートシンカーでの半遊動式では離してしまう。
遊動式で送り込んで食わせればいいのだろうが。
 仕方なく2本バリ仕掛けながら、即合わせで釣るという効率の悪さ・・・・。
おまけには、ちょっとポイントがずれるとクサフグのちびっ子・・・・・。

        

 砂浜には、潮が引くたびに残る縞模様も美しいおだやかな海岸なのだが、暦の上では夏とは言いながら、まだここは本格的なキスシーズンではないようだ。
 16~20㌢を7匹釣ったところで移動を決めることに。

 
 まずは深江に寄ってみるが、あいにく今日は0・5号のスプールしか持参していないので、ちょっと怖気づいてしまって、藻の点在する釣り場を見ただけで退散emoji

 次は、鹿川の湾奥で一投・・・・・アタリはないし大きめなゴミが溜まっているのか?半根掛かり。

 3か所目は・・・・・・。
いつもは行きも帰りも切串~呉ポー間のフェリー利用だが、5月15日と同じように早瀬大橋を渡る。

 倉橋島の南岸・・・・・・と悩んだが、もう時間は10時30分を回っている。

 愛犬ぷりんのこともあり、里心のついた私は自宅への帰り道にあるこの場所へ。
塩の島で知られる三子島の対岸から釣ることに。



  右側に見える呉港方向をみると、松山行きスーパージェットが行き交っているのが見える。



  ここは、いつも遅く(5~6月)までカレイが釣れる場所で、キスとカレイが「一荷」で釣れることもしばしば。

         

 (このように、カレイとキスが仕掛けをもつらせて上がってきたことも) 

                             

                        (投げ釣りの2大ターゲットの一荷釣り)


 しかし、しかし・・・・・当日はこれまでになくトロ藻などが多く、さびくとびっしり掛かってくる・・・・・。



 ということで、ここでは3投だけして、エサの石ゴカイは3分の2も余ってしまった・・・。








       

2019/06/10 08:05 | 未選択
レジャーフィッシング7月号 好評発売中!!!

 レジャーフィッシング7月号 好評発売中!!!
今月号の大特集は《波止 サビキ釣り 入門ガイド



  サビキ釣りの「いろは」から、その地域の釣具店紹介など至れり尽くせりの内容。

 サビキ釣りで思い出させるのはこの写真。
昭和58年に発行された、広島サーフ《楽釣》特別記念号の『パーフェクトガイドPart2』に掲載された一コマ。

   

 (上)あの短い広島市西区の井口漁港の風景。
 (下)愛媛県怒和島の上怒和漁港で、熱心にサビキ釣りをする地元のおばちゃん。

 楽しいし、釣果も望めるが撒き餌の地アミなど、ゴミの出やすい釣りです、みなさんマナーを守って自分のゴミは自分で持ち帰りましょう。

 上の写真の左ページ、井口漁港の駐車スペースには車が、波止には釣り人がびっしり!



 下の右写真、私たちも何回か投げ釣りとは無縁の地アミなどのゴミ掃除にかり出されました。

















2019/06/06 16:52 | 未選択

| HOME | 次のページ>>
忍者ブログ[PR]