忍者ブログ
稔りの秋。

 この季節、つくづく日本に生まれてよかったなぁ~と思います。
もちろん、色とりどりの花の咲き誇る春、青葉若葉の新芽の初夏、浜にまぶしく光るキスの夏など、どれも本当に素晴らしい四季のある日本がぜ~んぶ大好きです!

 先日、「先週脱穀し、新米が出来ましたので試食してください」と、2012年に鹿児島の下甑島の民宿《道》さんで同宿になった、薩摩川内市の課長さん(当時)から、稲架干しの大切に大切に育てられた新米と、大好きな焼酎《柳山高柳》、おいしい鹿児島のお漬物をいただきました。



(「新米食べて三年長生き!」愛犬ぷりんにも、何粒か食べさせてやることにしよう)



(丹精込めて育てられ、たわわに稔った稲穂。2015年に見せていただいた田んぼ)



(稲架干しされた稲、この稲架を立てるだけでも大変な作業。後方の風力発電の風車が立った山にも、連れて行っていただいたのも懐かしい)



 稲架干ししたあと、一束一束脱穀して手間を掛けられた新米を私にまで・・・・感謝感謝。

 さてと、稲架干しの新米・・・・・・・、6年前に買った四つ星マーク付きの炊飯ジャー、パッキンが弱くなったのと、釜に傷が入ったせいなのか?最近ご飯がおいしく炊けない・・・・・。
 新米をいただいたのをきっかけに、新しく炊飯ジャーを買うことにしよう・・・・・。
新しいジャーを買うまでは、この稲架干し新米emojiはがまんがまんemoji

  今日のぷりん

 無理をしなければまずまずの調子で、ガンガンおやつをねだってきます。
そうして、お父さんに捕まってしまい、顔が三角になるくらい挟まれて逃げられません。













PR

2017/10/20 08:45 | 未選択
スズメバチ

  秋になると、日本全国でスズメバチの被害が起きている。
一年で一番危険な時季とも聞く。

 野生動物による人的被害と聞くと、まず思い浮かぶのはemoji熊だが、日本で一番死亡事故が多いのは、熊でもemojiマムシでもなくemojiスズメバチだそうだ。

 我が家は比較的山が近くにあるので、いろんな生物が見られる。
ヘビはこれまで3匹捕まえて山へ持って行って逃した。



 相手はおとなしいヘビとは言いながら、やはり捕まえようとすると、ヘビさんの方も怖いので、噛み付くのではなく、脅すつもりで牙を立てるので、素手で掴むのは止めた方がいいと思います。
 一度だけ素手でやっていて、歯を立てられて血が出たことがあります。

 また、マムシは論外ですが、ヤマカガシも奥歯に猛毒があるので、分からないうちはむやみに手で捕まえないように・・・・・。

 スズメバチは通り道になっているのかよく見かける。
オオスズメバチは月に2~3度とめったに見かけることはないが、コガタスズメバチやキイロスズメバチは多い。

 6月には、隣の家に作られたアシナガバチの巣に、やってきて、親バチの見ている前で巣の中の幼虫を咥えて出し、貪り喰っていた。





 親バチも、相手がスズメバチとあっては手も足も出ないまま見守っている。
とうとうアシナガバチは巣作りを諦めたのか?数日後にはどこかに引っ越してしまっていた。

 2012年には、ベランダをスズメバチがブンブン飛び回るので、洗濯物を干したりする時に家人が刺されてはいけないので、下の写真の装備でスズメバチ退治を試みた(2012年8月11日のブログ参照) 



(もちろん、ウエアの上にいる愛犬ぷりんは避難させていましたよ!)

 2016年には、隣の家の軒先の巣を撤去しましたが、やはり一匹だけ素早く私を狙って飛んで来ました。



 2016年8月9日のブログに書きましたが、この巣が大きくならない内に撤去しました。

 熊やマムシのテリトリーに山菜採りやemojiきのこ狩りに、我が家ではスズメバチと対峙・・・・と、ワイルドでスリリングな生活を楽しんでいます。

  『己を知り、相手を知れば百戦危うからず』といいますが、やはり相手の習性を色々考えながらやることが必要です。

  そうそう、昨日の日曜日は家族が揃ったので衆議院議員選挙の期日前投票に行ってきました。
投票日の10月22日は、中四九交歓落ちギス大会で、山陰西部の萩市辺りへ行くために・・・・。
 この大会に参加のみなさん、国民の権利である投票のため、期日前投票に行きましょう!
















2017/10/16 14:48 | 未選択
焼酎考(芋)

 中途半端な《凝り性》を自認する私。
鹿児島に釣り(物見遊山)に行くうちに、芋焼酎にハマって(凝って)しまって・・・・・。
友人に送ったのも含めると、ここ4~5年で60銘柄以上80本は買っている。

 私が焼酎なるものを生まれて初めて口にしたのは13歳のころ。
父親がうまそうに飲んでいる液体に興味を示し、家族の留守中に台所の高い窓をよじ登って、高い棚に置いてある焼酎を一口頂戴した次第。

 なんと!口から火が出るのでは!!!というような衝撃・・・・・。
二度と興味を示さないままでした(極々当たり前のお話ですね^^;)。

 都会でのバーテン時代は、粋がってスコッチウイスキーのジョニ黒を舐めたりしていたが、Uターンしてビール関係の会社に就職してからはもっぱらビール。
 普段はキリンラガービール、クリスマスだけはマインブロイと洒落て・・・・。
 
 その後、高知や隠岐の島などに釣りに行っては、酔鯨や隠岐誉などの地酒にはまって楽しんでいた。



 次に焼酎を口にしたのは、1985年鴨谷師のお供で甑島に行ったとき、当時の島焼酎《青潮》を(現在は島外、九州本土で引き継いでいる、多分今飲むと旨い!と思うことでしょう)。
それもストレートで飲んだので、人生二度目の焼酎も、その時の私にはそこまで旨いと感じるものではなかった・・・・。

 三度目・・・・・・、師や友と釣り歩いた鹿児島(甑島)を懐かしみ、2012年に南九州を一周した時のこと。
 鹿児島県南さつま市の、元会社の同僚宅にお参りに伺ったとき、ご家族の方から《一どん》をいただいた。
 そして、下甑島の長浜にある民宿『』さんで同宿になった、当時薩摩川内市役所の課長さんから《柳山高柳》をいただき、その二つの旨い焼酎と出会ってその美味しさに覚醒したのです。



(一どんはハガキでの抽選しか入手方法はない、柳山高柳は酒販店にはないので、直接申込みをするような・・・・。)  



 ネットや量販店では、森伊蔵は3万円くらい、村尾は一万5千円くらい、一どんは8千円くらいで売られているが、私は定価か適正価格でしか買わない。
 幸いなことに、定価では絶対に手に入らない森伊蔵と村尾、伊佐美、侍士の門は前述の課長さんからいただき、定価or適正価格でしか手を出さない!というその高邁な?主義は今に保たれています。



 侍士の門や伊佐美もプレミア価格や、他の焼酎と抱き合わせで売られてます。



(さつま町の定価販売のお店で購入した焼酎の数々)



(これらも上記のお店で購入)



(左端の萬膳真鶴は一年一回の販売で、入手困難)







(鹿児島市内の定価販売店で購入した焼酎、佐藤の黒などは6千円くらいで売られているがここでは定価)





(福岡市の定価販売店で購入した川越など、尽空、白楽はまだ飲んでいません)

 以上、60種類以上の銘柄を爆買いして味わってみました。

 嗜好品なのでなんとも言えませんが、入荷さえあれば定価で購入できる(安定的に供給できる)焼酎では、私個人の好みは《川越》と《櫻井》でしょうか・・・・・・、これはあくまで私個人の嗜好ですので、目くじらを立てないでご覧ください。

 その次と言えば《安田》《六代目百合》《田倉》《なかむら》
 これらの合間に、たまに味わいたくなる定価で買えるのは《磨千貫薄にごり》《夢鏡35°》《野海棠》《杜氏潤平》

 入手のやや困難品では、《柳山高柳》《萬膳真鶴》と《八幡》。
その次に《佐藤黒》
  
 さらに、入手困難品では《一どん》が旨い!

 他に印象深い味は、《侍士の門》《相良十代目》《薩摩茶屋》《薩摩の薫》《萬膳》《晴耕雨讀》

 定価では絶対と言って手に入らないものは《村尾》《森伊蔵》《魔王》、これらは旨いけど、1万円以上出すほどでもないので、みんなが欲しがらなければ価格は落ち着くのでは。

 以前、複数の焼酎好きな方に森伊蔵と定価で購入できる焼酎を、名前を伏せて飲んでもらいましたが、ふたりとも当たりませんでした・・・・・・。

 最後にもう一度・・・・・、どの蔵も心血を注いで育て上げ、自信をもって世に送り出しているのです。
 あくまでも私個人の短期間での感想です。




















2017/10/12 06:44 | お酒にまつわる話
今日はこんなところへ。

 カミさんと娘が旅行に行くので、広島空港まで送って行きました。



 私は、まだグアム、シンガポール、マレーシア、韓国(2回)と5回しか海外に行っていないのに、カミさんはもう倍以上飛んでいる・・・・・・。



 まぁ、その分私は鹿児島・甑島、そして四国遍路と一週間くらい家を空けては遊び呆けているのでおあいこか・・・・・・・。



(空港への道の脇、紅葉が始まっています)

 愛犬ぷりんは、カミさんを待って何度も玄関へ行っています(^^) 











2017/10/10 19:31 | 未選択
イカに心あたりが
先日、このブログで「イカとタチウオはいただくことにしています。心当りの方はよろしくお願いいたします」と書きました。
 世の中、《拾う神あり》(こんな使い方はおかしい(^_-)❓かもしれませんね)で、昨日のこと早速下記の嬉しいメールが届きました❗

----- Original Message -----
昨夜、浜田でケンサキイカを
息子と釣ってきました
これから刺身、干し、冷凍保存用に
加工します
かめやあたりでどうでしょうか?
夕方希望です

ブログを読んだ後での釣行
これでミッション達成です

 メールを見て、二つ返事でかめや釣具商工センター店へと出掛けました❗

 商工センター店で、投げ釣りに絶対的に信頼のおけるM田さんに、「めったに来ないが、イカのためなら商工センター店まで来るんですね」と言われる前にこちらから言い訳を(^_-)

 せっかく来たのだから、10月29日に行われる似島での釣り教室のためにハリを買っておくことに。
 参加者の根掛かりをはずしてあげる時、仕掛けが切れた場合、知らぬ顔をしてはいられないので、切れたハリを結んであげるために。

 そうこうしているうちに、似島にもお手伝いに来てくださるN原さん到着!
ケンサキイカの刺身用、少し前に釣って干したもの、ゲソに加え、アオリイカのかるく干したものもいただいた❗

 息子さんもブログを見てくれて、次のタチウオ釣りもがんばらなくちゃ❗と言ってくれたそうです(^o^)v

 持つべきものは友人、これで私は新しい釣りにチャレンジしなくても、心置きなく落ちギス釣りや、愛犬ぷりんのお守りができます❗❗❗













2017/10/09 16:50 | 未選択

| HOME | 次のページ>>
忍者ブログ[PR]