忍者ブログ
キス釣り絶好調・・・・・みたいですね・・・・。

 5月26日、この拙ブログでご紹介したキス爆釣のチャッピーさん、昨日も益田市辺りを4ヶ所釣り歩き、141匹の釣果だったそうで。

 一人で釣り過ぎ!!!!などと目くじらをたてないでください、彼のご家庭ははお孫さんまで含めてご家族みなさんで、釣って帰ったキスを余すところなくいただいているのですから。

 

(チャッピーさんから届いた、おいしそうな《南蛮漬け》の写真)

 私もキス釣りに行きたいけど、明日はカミさんは久々のクラス会、愛犬ぷりんとゆったりまったり過ごすことにします。

  《今日のぷりん



(お父さん・・・・・・眠い・・・・・・・)



(もうダメ父さん・・・・・・落ちるぅ~・・・・・・・・)



(世界中のみなさま、2018年6月23日はこれで・・・・・・お休みなさい・・・・ZZZZZZZZZZ・・・・・)


 来週は、ちょこっとキス釣りに行って、浜田市波佐の明治屋さんの鯖鮨を買って、ふじもと醤油を買って、どこかで《こじょうから》があれば買って帰ろうかな・・・・・・。














PR

2018/06/23 19:52 | 未選択
今日は江田島へ。
今日は、竿も持たずに江田島に行ってきました。

 7月6日に行う予定の(公財)日本釣振興会広島県支部主催の《マコガレイ放流》の打ち合わせのため、江田島市役所へ。

 去年は能美中学校の生徒さんのご協力で放流をしましたが、今年は中町小学校の4・5年生と先生の50人がお手伝いくださるそうです!



(昨年のマコガレイ放流が中国新聞に掲載されています)

 無事打ち合わせを済ませ、呉ポー行きフェリーが出る切串桟橋へ。



 待合室の壁には《コシアカツバメ》らしき巣がかけられていました。



  ツバメの巣を見たり、海をゆく船を眺めていたら、素晴らしい自転車で颯爽と、サイクルウエアに身を包んだ二人の素敵なマダムが
そして軽々と、自転車を専用のラック?に掛けている。

 女性が片手で・・・・・・ということはずいぶん軽い値段が高い・・・・・。
聞いてみると片手くらいの値段にびっくり!!!!(5万円ではありませんよ)

 江田島は、サイクリストのために力をいれていて、道路にもラインを引いたり、ここフェリー乗り場などにも自転車用の、布団干しのようなスタンドが置いてあるそう。

 さて帰り道、いつもは坂南インターから矢賀まで(750円だったか?)都市高速にのるのだが、時間が早いので生まれた町を通って、久しぶりに父母のお墓参りをすることに。




(上2枚の写真は、かって私が通っていた小・中学校近くにある思い出の踏切り)

 《にっぽん縦断こころ旅》の鳥取県版で、日野町の線路脇にある坂道・・・・・というのがありました。
 お手紙の方が、東京の大学に行くため特急の停まらない地元の駅ではなく、鳥取寄りの江尾駅から特急やくもにのり、ふるさとの光景を眺めていると、お母さんが両手がちぎれるほど振って、列車を見送ってくれていた・・・・・・というお話。

 実は私も、地元の駅は特急が停まらないので、二つ戻った広島駅から特急に乗って、この踏切りを通過してとある都会へと行っていました。
 その折り、必ず母はこの写真の場所までやってきて、見つかるはずもない私の姿を探して、キョロキョロしながら手を振ってくれていたものです(深い話がありますが、もし機会があればそのときに)。

 ふと、その踏切りに行ってみたくなったのと、そこからすぐの神社のある山に、お墓参りに行きたくなったのです。

  先祖、父母のお墓の横に私のお墓も、国産・国内加工にこだわったお墓を、2014年に建てています。
愛犬ぷりんも、私のお墓の側で一緒に眠るようにしています。



(4月には満開の桜が見え、広島市内も一望できます。桜の木の左側にある木が伸びる前は海も見えていましたが残念です)

 愛犬ぷりんは、今日はお休みの母さんといい子でお留守番をしていました。
















2018/06/21 17:34 | 未選択
キス&カレイ。
全日本キス大会の日、仁万港で釣っていると、なんとまぁかわいいカレイが釣れました。
体長10㌢くらい・・・・・ということは二年魚かな?

  これまで釣った一番小さいカレイは、山口県宇部市の厚東川での青ギス狙いに釣ったイシガレイの8㌢、これは2番めemoji



 まぁこのカレイは別として、我々はもっぱらキス狙いに全精力をそそいでいる今日このごろ、瀬戸内ではまだまだカレイを狙って釣行をしている人が・・・・・・。

 広島県西部に住まいする友人のYS田さん、18日の月曜日にも大畠近辺でカレイ狙いを。

 以下、彼からのメールと写メです。

 結局、11時で納竿しました。
その頃から上潮が下げに変わったのかよくきき始めまたアタリが出るようになって、釣れそうな雰囲気はあるけど、しんどいのでさっさとやめました。
かめやの釣果情報にアップされると思います。

カレイ 39.5 、29.5 、28、 22㌢
マダイ 44、 35、 29㌢
チダイ 27.5 、24.5、 23.5㌢
アイナメ 28㌢

おかずには十分ですね…。



(6月18日、山口県大畠付近でYS田さんの釣果)

 彼は毎年遅い時期までカレイを狙っています。
以下が、彼のこれまでの各年ごとのもっとも遅くに釣れたカレイデータです。

だいたい10年間での釣果記録から。

'08が7/18に大野で26、18㌢
'10が6/24に大畠手前で21.5、20.5㌢
'11が6/17に大畠手前で32.5、30.5㌢
'12が5/31に大野で20.5㌢
'13が6/12大野で24.5、23.5、20、19、18.5㌢
'14が6/22大野で31、18.5㌢
'15が7/6大野で23、21㌢
'16が6/27に神代大畠間で29㌢
'17は6/26に大野で33、28.5㌢

 これを見ればわかると思いますが、大野も大畠も潮流の速い場所です。
近くには水深のある場所もあり、海水温が低いのが遅くまで釣れる要因だと思います。

 逆に、9月ころから釣れ始めるのも、この辺りからということを考えれば、カレイの棲みやすい水温に近い場所だと思います。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
<宣伝>『投げ釣り列島縦断』(メディアボーイ社刊・税込み1700円)
魚が好きなのか。釣りが好きなのか。求めて旅する、今日もまた。

投げ釣り列島縦断」で検索ください。お問い合わせ メディアボーイ社03-3576-4051























2018/06/20 15:57 | カレイ
全日本キス当日。

  この度、大阪北部を震源とした地震に遭われた方々に、心よりお見舞いを申し上げます
私の姉家族も2家庭、クラブ員も2人、そして多数の友人もお住まいですが、多くの皆さま方の一刻も早い、通常生活に戻られることをお祈りいたします


 さて6月17日、全日本キス釣り選手権大会の島根県大田会場、午前0時30分から1時の受付を済ませ和江港へ到着。
 同行の、このブログを作ってくれたF石さん、「サッカーを観ていて、ほとんど寝ていないのでしばらく寝ます」とのこと。

 私も、金曜日の夜は愛犬ぷりんの調子が悪かったので、寝たり起きたりで寝不足気味で、そのままぐっすり・・・・・・。

 午前4時10分に目が覚め、同じ和江港でただ一人がんばっていたクラブのK上さんの釣果を聞くと、チャリコは釣れたがキスはいない・・・・・とのことなので、和江港では竿を出さずじまいで宅野港へ向かう。

 宅野港では、港の入口に3人、大波止に上がってすぐのところに1人、先端に1人が釣っている。
 F石さんは車を停めてすぐの岸壁から、私は右手の波止の先端部分まで歩く。



(右手波止から見える、歴史たっぷりすばらしい佇まいの韓島

 ??????右手波止の沖にある大岩・・・・・・、まるで小さなボードでサーフィンでもしているような?



 なぜこうなったのか?なかなかおもしろい光景ではある。
昨今流行りのインスタ映えとやらでは、そこそこいけるのではemojiemoji


 さて宅野港、3年くらい前までは港内をさびくと、そこそこキスが釣れていたが、アマモが繁茂して掛かって掛かって仕方がない。
 たまにアマモの無いところに落ちた仕掛けにはキスが食ってくるが15~17㌢と小さい。

 7~8投で止め、F石さんのところまで戻り移動の相談をする。
琴ヶ浜で引き釣りでもするか・・・・・?、その前に少し仁万港でやろうか・・・・と。

 仁万も目ぼしい場所は先行者が釣っているので、空いていたこの場所で投げることに。



 一投目に23㌢が来て、三投目にさらに大きなアタリがあり、気を良くして上げてみるとキューセンベラの23㌢・・・・・emoji

 波止の先端から帰ってきた釣り人が「小池さんですか?」と話しかけてこられ、30分くらい釣り場談義を。
 地元の方で、キス釣りメインだったが、最近は手軽なエギングが多いとのこと。

 キスもエギングもタックルはほとんどダイワだとうれしいお話。
パワーサーフSS QD25に興味があるとのことでした。

 10時ちかくなったので型狙いはあきらめて、F石さんとK上さんと琴ヶ浜での引き釣りをやるために移動。

 10時30分ころから第一投!
6本バリに5匹、サイズはキープサイズ。
何とか6本バリに6匹のパーフェクトを狙うが、次も、次も、次も、次も5匹・・・・・・。

 11時を回ると、うねりが出始めて仕掛けが絡むので3本バリに。
日が昇ったせいなのか?3本バリにも1~2匹、それも5割近くがリリースサイズになったので、11時30分に終了して《チーナカ豆》さんに入り込み、たくさんのピザの予約でお忙しいのにコーヒーと石窯焼きパンのサンドイッチをいただく。
 とにかくコーヒーが旨し・美味し・うまし、馬路?・・・・、ここはうまじじゃなく馬路(まじ)ですemoji

  ここで釣った27~28匹のキスは、お店でペスカトーレに使うため差し上げました
 


(窓際のコップの中に水平線を入れてみました、次回は夕陽を入れてみよう!)

 審査会場に戻って審査開始。
この会場のトップは、同じクラブのゆかりさんが仁万港で釣った28・3㌢。



 他にもう一匹Aランクを釣っていて、一緒に釣っていたクラブの俊樹くんが27・6㌢を釣っていた。

 愛犬ぷりん、少しはよくなってはいますが、やはり誰かがずっと付いているようです。



 先週末より、少しはいいようですが、寝方がやはりおかしいです・・・・・。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

<宣伝>『投げ釣り列島縦断』(メディアボーイ社刊・税込み1700円)
魚が好きなのか。釣りが好きなのか。求めて旅する、今日もまた。

投げ釣り列島縦断」で検索ください。お問い合わせ メディアボーイ社03-3576-4051















 

2018/06/19 10:39 | キス大スキ!!
2018年全日本キス。

 ここ一週間、特に愛犬ぷりんの調子が悪く、金曜日の夜など4回も夜中に苦しみ、飛び起きて背中をさすって落ち着かせていた。



 17日の、《全日本キス釣り選手権大会》も、参加をためらって土曜日の朝から様子をみていた。

 全日本キスだけならやめようか・・・・・と思っていたが、どうしても《琴ヶ浜》に用事があってぷりんの調子が少し良いようなら出かけ、最悪何かあれば全日本キスは参加せず、自分だけでも広島に帰れば・・・・・・と島根県大田市仁摩町に向かいました。

 実は、もう30年ちかく開催している《琴ヶ浜キス釣りの集い》というのがあります。

① 6時に町内に流れるメロディーを合図に釣り開始。
② 50匹釣った時点で渚を離れ、その早さで順位を決定(50匹に満たない場合3時間限度)
③ 早く釣り上がった人は砂浜のプラゴミを拾う。
④ 大会なのでピンギスもカウントするため、釣ったキスはみんなで料理していただく。

 上記のように、キスを無用にたくさん釣らない、ピンギスもみんなで天ぷらやソテー、南蛮漬けにして大会後にみんなでおいしくいただくようにしています。

 こうして30年ちかく和気あいあいと楽しんできましたが、昨年琴ヶ浜の有力者が現れ、かなりきびしく文句を言われ、さりとて30年も続けてきた集いを場所を変えて・・・・と考えたくないし。

 そこで、昨年落ち込んでいた我々に親切にアドバイスをくださった《チーナカ豆》さんにご相談に上がることとしたのです。



(写真をクリックしていただいたら、大きな文字でご覧いただけます)

 チーナカ豆さんのオーナー、いつもどおりの気さくな対応で迎えてくださり、なんと偶然来合わせておられた《町つくりセンター》のセンター長さんをご紹介くださいました!!!
 センター長さん、おだやかですごくお話のわかる方で、大船に乗ったつもりで一安心!

 これで、今年も楽しく開催できるめどが立ち、第一の目的は達成できました。

 チーナカ豆さんで、水平線に沈む夕日を見ながらの夕食となりました。



(旬のベジタブルチーナカレー)





(お店の佇まいと夕陽)



(琴ヶ浜を楽しんだ、たくさんの人たちの足あと一つひとつを夕陽が照らしています)

 みなさんも、気が向きましたら普段の生活を離れ、ぜひ「異空間」を求めてチーナカ豆さんに行ってみてください。

 幸い、家族から愛犬ぷりんの様子が・・・・・とのメールが無かったので一安心、翌日の《全日本キス》は、さてさて・・・・・・・・。
























2018/06/18 08:50 | 未選択

| HOME | 次のページ>>
忍者ブログ[PR]