忍者ブログ
粘着質。
私が中学2年生の時の下校時、一学年下の男子生徒となんらかのトラブルがあり喧嘩に。
投げつけて押さえつけたら、「降参降参」と言うので、離して歩き始めた。
 そうしたら後ろから殴りかかって来た。

 また投げ倒して押さえつけると「降参、降参!」と泣きそうになるので、許してやると、また後ろから突然殴りかかってくる。

 それを何度も繰り返すので、もう流石に私も怒りは頂点に達し、段々畑を3~4段叩き落とし、顔中に畑の砂を塗りたくってやると、泣きながら「今度こそもう降参!何もしないから」と。
 確かに、その後は後ろからは殴りかかっては来なかったが、それでも泣きながら私の家まで後ろを付いてきて、ウチの家の裏口の戸を、風呂炊き用に置いていた手斧(ちょうの)で叩き、5~6センチの穴を開けてしまった。

 私の10歳くらい上の姉が出て、そのしつこいガキに注意をすると、流石に大人が出たせいなのか帰って行った。

 と、ここまでなら子供の喧嘩・・・・・・・。

 その夜のこと、しつこいガキは今度は父親と一緒に「ウチの子が、おまえのところの子に殴られて、頭にたんこぶをこしらえて怪我して帰った、どうしてくれるのか!」と怒鳴り込んできた。

 逆恨みもいいとこの事なのに、その結末は私は《弱い者いじめ》が大嫌いなウチの親父から「年下相手に喧嘩して怪我をさせたのはけしからん!!!」と、縁側の下に積んであった藁木(薪)で頭を数回殴られて、こちらこそたんこぶをいくつも作ったところで事は終わった・・・・・・・。

 一学年年下とは言え、私より体格の大きなヤツなのに、《弱い者いじめ》とみなされて・・・・・、他人んちの裏口を壊し、おまけには親まで呼んで来やがって!

 その時から、そのヤツのような《粘着質》が大嫌いになった。

 どこやらの国の国会議長、「被害者が許すと言うまで謝るべき!」だとか・・・・・・・。
これまで、何度も政府間どうしで話し合い、決着をみたはずなのに国際的には。

 こんな国際的なルールも、外交的な決まりも、国家の指導者の取り決めも何も守れない国に、日本も目くじらを立てて「謝罪撤回しろ!」などとは言わずに、無視し続ける方がいいような。
騒げばそれにつけ込んで、何度でも手を変え品を変え、愚にもつかない難癖をつけてくるだけのような気がする。


 ぷりんとお父さんはさっぱり系だもんね。

  

 メジロさんたち、一日に述べ100回(羽)以上は入れ替わり立ち替わりやってくる。

        
























PR

2019/02/16 10:00 | 未選択
愛鳥家???

 昨日(2月12日)、宣言どおり江田島に行ってきました。

 さすが平日とあって、途中の道路は6時過ぎから結構な交通量。
都市高速矢賀ICから坂南ICまで、そこから国道31号線を《呉ポーフェリー乗り場》へ。

 6時55分発のフェリーに乗船。
船首甲板には、昨日の建国記念日のままなのか、それとも正式な日にちの2月12日だからなのか日本国旗がはためいている。



 フェリーの前を横切ったタンカーは、今度は松山観光港行きフェリーを避けるかのように右に舵をきっている。

    



(6時45分 広島港発の瀬戸内海汽船フェリー)

 タンカーを避け、大型フェリーを避け我がフェリーは無事切串港へ。

 幸ノ浦からの峠道から見る、今日の行き先の江田島湾の津久茂辺り、牡蠣イカダがたくさん浮いている。

       

    (正面右の山は、山頂付近まで車で行ける真道山

  まず宮ノ原の一番奥へ。
第一投・・・・・・・・・・・・・。

 巻き上げていると、ぽっかりと浮かんできたのは《
どうりでキスのアタリが無いはず、それでなくとも動きの鈍い冬ギス、鵜が潜りまくってはひとたまりもない・・・・・・・・・・2投で移動。

 当日の潮回りは、小潮で広島湾は7時53分の干潮、まだもう少しの間は引き潮なのでと、水深のある深江に行ってみる。

 2投したが、ここでも鵜が浮かんできた。
その辺りへ仕掛けを投入して追っ払ったが、恐れて逃げ回ったキスがそうそう釣れるとは思えないので移動を決める。

 満ち上げまでちょこっと投げさせて貰おう・・・・・・・・、と沖の島にあるマリーナへ行き、所長さんに挨拶を・・・・・と思ったが、車はあるのだが姿が見えない・・・・・。

 仕方なく鹿川へ。
ここでは鵜の姿は見えなかった(たまたま?)が、2投してアタリが無いので移動。

 中町で・・・・と思ったが、ここでは2羽の鵜が潜り始めた・・・・・がっかり。

 三高に行って投げたが、外向きの海で港内ではないのでキスがいないのか?

 三高に来たのにはわけがあり、お気に入りの《野村水産》さんで打ち立ての牡蠣を、お世話になっている方に送るのと、わが家用にと合計4kgのお買い上げ。

 再度中町へ・・・・・、ここで遊動式仕掛けをクイクイ引っぱって20㌢が。
ただあとが続かない・・・・・・。
 さっき2羽の鵜が荒らし回ったのだろう・・・・と、最後のつもりで沖の島マリーナへ。

 今度は所長さんがおられ「久しぶりですね!」とのご挨拶のあと、「そこでちょこっと釣らせてください」とご了承をいただくが、よくよく見たらさっきの中町へエサ箱を忘れてきている・・・・・。
 所長さんに笑われながらエサ箱を取りに・・・・・。
         
  (深江紺色◯、鹿川水色◯、中町紫◯、三高緑◯、宮ノ原オレンジ◯)


 深江からなら久しぶりに早瀬大橋・音戸大橋を渡って(赤い線)陸っぱしりで帰ろうかと思っていたが、中町経由ならやっぱりフェリーかぁ・・・・・・と最後は宮ノ原へ。

 大きい波止のところで投げたが、ここは水深があるので、一色辺りで当たってくるが、アタリは小さい。
 上がってきたのは17㌢。

 さっきの20㌢とは引きがまったく違う、3㌢のサイズの差なのか?居場所の違いなのか?
ここでは8投して6回アタリがあって、釣り上げたのは5匹、すべて同サイズばかり・・・。



 北風が冷たいので14時17分のフェリーに乗るため、満潮時間を待たずに納竿。
帰りがけ、最初の場所をのぞいてみたら、相変わらず鵜が潜っては浮かんでいた。

 江田島の冬ギスは鵜が増えてしまって、期待薄のようだ・・・・・。
水温の高い南四国や九州ならちょっとした砂浜なら釣れるので、鵜の心配をしなくてもいいのではないかと思うのですが・・・・・。

 お目当てのキスは6匹と大貧果で、ストレスのたまる釣りだったが、第二第三のみかんと牡蠣は予定通り!

      

  (当分、メジロさんと私のみかんには不自由しないですみます)

 メジロさんのために、走り回ってみかんを買って帰る《愛鳥家》かと思えば、鵜がいたら仕掛けを投げ込んで追っ払うemoji虐待も・・・・・、ギャップがあるんですよemoji
















 


2019/02/13 15:19 | 未選択
レジャーフィッシング3月号発売中!

 4月並みの暖かさだったり、急に吹雪が舞ってくる日になったりと、天候不順の毎日ですが皆さまの釣りはいかがでしょうか?
 私の釣り仲間からの情報も、この気象のせいなのか?とんと途絶えております。

  こんな時にありがたいのが本、暖かい部屋で記事を見ながら自分の好きな釣り、釣り場に思いを馳せましょう。



         特集は、《釣った魚を激ウマにする方法》。

         

 そう言えば私も、釣ったお魚を結構雑な締め方で持ち帰っていますが、じっくり読んでみて、さらに《愛するお魚さん》をおいしくいただくことにしましょうemoji

 そろそろ、メジロさんと私のみかんが底をついてきたので、どこかに冬ギス釣りに行って、みかんを買って帰らなくては・・・・・・・。

      

 みかんを第一目標にするならば、安芸灘大橋を渡って大崎下島へ行けばいいのですが、何年か前に《とびしま海道》を突っ切って岡村島まで行きましたが、冬ギスはあまり良くなかった記憶があるし・・・・・・、周防大島の冬ギスは魅力的です、がみかん直売所が開いているか?

 となると、行きつけの江田島で冬ギスを釣って、打ち立ての牡蠣とみかんを買って帰るコースが無難かも。
 ただし、昨今の冷え込みでキスが「口を使ってくれるか?」が問題です。
釣り場にキスがいても、海水温が10度ちかくになると、エサを摂らなくなりますからね・・・・。































2019/02/08 17:05 | 未選択
またまた?が・・・・・。
ある都市の中央署の会計課から、2017年5月8日ころ・・・・事件の押収品8,572万円が無くなった事件。
 昨日のテレビニュースで、「税金で補填は理解が得られないだろうから、警察署の所属長以上とOBなどからお金を集めて補填する」となったそうだ。

 ???それで済ませるお話?それが理解が得られる方法?
だったら、窃盗で捕まった人間の親族・身内が、損害額を補填したら済むというお話・・・・・・・?

 ちょっとお話は違いますが、私のサラリーマン時代、うっかりで製品を落下させて壊した社員が「いくら弁償すればいい?」と言って来たことがある。

 私は「考え違いをするな!代金を支払えば済むという話ではなかろう、一万円未満の製品くらいだからあなたは弁償すると言うが、もしこのセンターをあなたの不注意で燃やしたとしても、そうやっていくら払えばいい?と平然としてやってくるか!」と言った。

 振り返ってみて原因を究明し、二度と同じ間違いをしないことが大事だろう・・・・・。

                              

 わが家では、愛犬ぷりんと豆撒きをして《鬼》を追い払いました。
どこやらの方々も、自腹を切って補填することなく《鬼退治》をよろしくお願いいたします。

 8,572万円の置き場、不特定多数の人間が出入りできる場所でもないし、金庫の中に入っていたのでしょうから、そこまでたどり着ける人はそうそういないはずだから・・・・・・。
  おまけには、8,572万円の札束は約9500㌘の重さ、大きなカバンをいつも持ち歩く人か、その日に大きなカバンを持って来た人でしょうから。











 

 















2019/02/05 16:22 | 未選択
?だらけ・・・・・。
とある経済大国の機関が、ゲームの主人公を無断で使用した(3日間)らしい。

 それについて、「孔子など素晴らしい言葉を残している国なのに、この国は春節などでのマナー違反や、このようなことがなぜ起きる?」と問われ、私は答えました「その国は、昔からそのようなことが守れないから、守るようにそのような言葉が生まれたのだろう」と。

 我が日本は、薩摩の《郷中教育》のように、小さな社会からでもお互い慎み合って、私なども親兄弟や近所のおばちゃんたちから《(ふう)がわるい》と、いう一言でいろいろとやってはいけないこと、そうでないことが身についてきたのだと思う。

 が最近、「」ってことが日本にも多すぎる。

 ラインなどもしないアナログな私には、見ず知らずの男を電車で何時間も掛かって訪ね、目隠しをされたりする事態が飲み込めない?
 もし私なら一度で逃げ出して、再度訪ねなければいけない事情がどうしてもあるとしたら、警察や友人と相談して一緒に行くが・・・・・・・・??

 《性善説》なのか、鍵の掛かる男の部屋に、若い女性が一人マッサージに行く世の中?
昔は保険勧誘などセールスで訪問のおばちゃんも、男の部屋には二人一組で訪問していたようだ。
 もちろん被害女性はお気の毒でまったく落ち度はないが、そういう業態を認める国や経営者には大いに疑問があるのは私だけ・・・・・・?

 仁川空港からソウルへの道すがら、「これほどの道路を作るには、かなりの民家が立ち退きになったろうなぁ」と見ていたが、近代的な道路のすぐ側に、古い民家が散見された。

 日本なら、だいたいそれくらい広い道路がつくと、立退き補償や固定資産税の優遇で《立ち退き御殿》と揶揄されるくらいの大きな家が建っていることが多いが、韓国は条件が違うのかなぁ・・・・・と見ていた。

 その立退きで、明石市では7年も掛かっているらしい。

 私は新幹線に乗ったり、高速道路やバイパスを通ったら、「あぁ、この場所もあの場所も父祖の地を公共のために手放さざるを得ない人がたくさんいたのだろうなぁ」と、感謝と複雑な気持ちになる。
 現在あちこちで立ち退きを拒否している人も、一度は誰かが泣き泣き立ち退いたアトの新幹線や道路をを使ったりしているだろうに・・・・・・・・・と。

 立ち退かない人もさることながら、7年も手を打てないままぬくぬくと給料をもらって、次の異動を待っている公務員も公務員、私が市長ならやっぱり《激昂》する、間違いなくする!!!!


















2019/02/04 09:23 | 未選択

| HOME | 次のページ>>
忍者ブログ[PR]