忍者ブログ
雑感

 昨日は、二ヶ月に一回の会議のために広島県庁に行きました。

 2019年の県民手帳の《広島県の一日》を見ていろいろと考えさせられました。



 広島県では、一日に36・1組が結婚し、そのうち三分の一の12・6組が離婚しているそうです(平成29年)。

 人口の増減にもびっくりしました。
一日に62・1人の誕生があり、亡くなる方は82・0人とのこと(平成28年)。

 日本最古の書物と言われる《古事記》のなかで、国生みをしたイザナギ・イザナミの神のうち、火の神(カグツチ)を産んだイザナミが亡くなり、その後そのイザナミのもとを訪ねたイザナギが、変わり果てた姿に恐れおののき、黄泉津比良坂から逃げ出す時、追いかけてきたイザナミが「一日に1,000人の地上の人間を殺します!」と恨みながら叫びました。

 それに対してイザナギが「それなら一日に1,500人の子を産ませよう!」と応答したといわれています。

 その後の日本の人口は、亡くなる人より、生まれる人の方が多く、下記のとおり時代によって増えていき、現在の日本の発展をみたわけです。

   奈良時代 約 451万人
    鎌倉時代 約 700万人
     安土桃山 約 1,227万人
      江戸時代 約 1,750万人
        明治時代 約 3,481万人
          1970 年  約10,372万人
            2010 年  約12,805万人

 と、食糧事情や医学の発展で飛躍的に人口を増やしてきましたが、県民手帳の数字だと2010年をピークに確実に、それもものすごい速さで減少の一途をたどるのでしょうね。












PR

2018/10/20 08:41 | 未選択
超能力!!!

 愛犬ぷりんの病状、《僧帽弁膜症》の薬代だけで毎月一万五千円以上(診察代その他は別)。
家族総力をあげて交代で24時間介護をし、薬を飲ませるしか手の施しようがない。

 あとは毎朝、毎晩神棚に向かって「できるだけ苦しまないようにお願いします」とお祈りするのと、首から下げた《伊勢神宮》《薬師寺》《武蔵御嶽神社》の3つのお守りに守っていただくだけ・・・・・・。

 このぷりん、神頼みなどで小さな超能力を得たのか不思議な出来事が。



 普段は、キッチンには入らないようにしつけていて、先年亡くなった母の家に連れて行っても、田舎のお義姉さんの家に連れて行っても、台所の敷居からは入らないので「ぷりんはどうしたの?」と言われるくらいでした。

 ところが昨日、ヅカヅカと入って来たのです。
そう言えばここ数年、鹿児島県薩摩川内市のF山さまからの、ハザ干しの新米を炊いたときには、毎年ぷりんにも数粒食べさせていました。

 もう、不思議な気持ちで一杯でした。
今年はぷりんに食べさせるのを忘れていましたが、超能力を持っているのか???入ってきて、私を見上げているのです。

 親ばか、子煩悩、ばぁちゃん子は三文安いとか言われます。
私もぷりんには甘いのは重々承知ですが、それにしてもあまりにも適確なタイミングにびっくりしました。



 催促されて、ハザ干しの新米を数粒食べさせてやりました。
「新米食べて三年長生き」となればいいのですが・・・・・。

 (公財)日本釣振興会中国地区支部の顧問をお願いしている、平口洋衆議院議員のパーティーでお会いし、握手をした時「まぁなんと柔らかい手だこと」と感心した片山さつき地方創生大臣。
 週刊文春に、口利きして100万円・・・・・・と書かれている。

 嘘か真か、真偽の程は別として世の中お金にまつわるお話には事欠かない。

 私の釣りの師匠、鴨谷計幸師は「小池くん、ワシは努めて金には触らないようにしてきた」と。
 当時、日の出の勢いで、会員数100数十人だった広島サーフ、会費も相当なもの、権力者が金に触ると痛くもない腹を探られることにもなりかねないから、会長職だけに専念されていた。

 もうひとり俳句の師匠の金森直治先生、「趣味は支出の一方通行」だと。

 私も、今年初めて釣り教室で《講師料》なるものを提示された。
数人の仲間にお願いして務める釣り教室、私だけがいただくわけにはいかない断じて!
 ちゃんと明細が出せて、みんなのために使わせていただけるように・・・と考えている。

 お仕事でがんばってきた時は、当然のごとく報酬をいただきました。
しかし、趣味で得たものはなるべく未来の釣り人や、世の中に還元できたら・・・・と、ヘタながらも書かせていただいている原稿料などから、釣り教室のシンカーや仕掛けの補充分を買ったり、些少ですが4年前の豪雨や7月の豪雨の義援金などにも。

 《名こそ惜しけれ》・・・・・・、あいつは金に汚かったよな・・・・なんて、絶対に言われたくない。
 金額の多寡こそあれ、世の先生?方くれぐれも・・・・・・・・・。































2018/10/18 19:31 | 未選択
嬉しいことが。

  今朝のこと、仕事に出かけるカミさんが、「ピンポーン♪」の音に「はぁーい」と。

 日本郵便さんの「重いですよ!」の声で受け取ったゆうパック、見てみるとカノコユリや甑島の話題のおり、このブログに時々書かせていただいている鹿児島県薩摩川内市のF山さまから。

 私のようになぐり書きで書いた文字ではなく、一文字一文字丁寧に書かれた宛名書き、お人柄がうかがえる。

 さっそく開けてみると、F山さまが手塩に掛けて育てられた《はざ干し》の新米、鹿児島産正真正銘emojiの《薩摩いも》、田舎味噌で漬け込んだ《本格 みそ漬け》が。
 9月の台風24号、10月の25号にも負けずにがんばったお米です。

 一番に目についたのが《南日本新聞 フェリア》で、第一面は特集《甑島》が掲載されていて、F山さまのお心遣いがとてもうれしい!
 


(並べていると、早速愛犬ぷりんがやってきて、ポーズをとります。これでオヤツを二つゲット!)



 久々に懐かしい甑島の記事を読みました。

  私は、ご縁というものを大切にし、F 山さまのようにご縁をいただいた方々に対して、恥ずかしくない生き方を・・・・・と、常に自分への戒めとしています。

  さっそく《はざ干し》の新米でご飯を炊きました。
晩酌はまずキリンのラガー350ml缶(首筋に、マフラーが欲しくなるころからは一番搾り)を一缶飲んで、そのあとは芋焼酎のロックを二杯が常。



 通常のパターンは、キリンの缶ビールのあと、ロックで《一どん》を二杯か、《柳山高柳》を二杯、あるいは《佐藤の黒と白》を一杯づつ、はたまた《万膳真鶴》と《八幡》を一杯ずついただくのが常ですが、今日は薩摩川内市を思い出して柳山高柳を二杯いただきましたemoji



 旨し!!!!!!!



















2018/10/17 14:56 | 未選択
ダイワ《投魂物語》
ずいぶん久しぶりに・・・・・・・。

 ダイワの《投魂物語》に登場しました。

本日(10月15日)、アップされましたのでクリックして観てください。



(投魂物語に登場したタックルたち)



(愛犬ぷりんは登場していませんが、サーフセンサーハイパー+1 NEO が登場)



(こちらも、フロートシンカーだけが登場しています、ぷりんは少し怒っています。)































2018/10/15 15:58 | 未選択
秋の風物詩。

 たくさんの川に恵まれた広島、この時期になるとちょこっと散歩がてらに出掛けたい釣りに《ハゼ釣り》があります。

 落ちギスシーズンから、乗っ込みカレイへの移行時、あることで太田川へハゼ釣りに出掛けました。

 場所はこんなところ。



(手前が山陽新幹線の橋梁、その向こうが山陽本線の鉄橋、もう少し上流にはJR可部線の鉄橋も)

 橋脚のえぐれにいるのでは?とコントロールよく投げましたが、小チヌがエサをつついてしまう。

 しばらくやっていたら、レッカー車がやってきて「いつまで釣るのか?」と言うから、「昼過ぎまでは・・・・」と答えると、なにやら許可証のようなものをちらつかせ、「そこから水上バイクを下ろすからちょっと避けてくれないか!」と。

 「下ろすだけならどうぞ、いいですよ」と私。
 「いや、おろしてからレッカー車はそこに停めておく」と。

 いくら許可証があろうとも、先着順の釣り場で、レッカー車を留め置くから避けてくれはなかろう・・・・・と思ったが、揉め事が嫌いなので7~8m下流に移動した。

 さぁそれからが大変、水上バイクで「グァングァン!」爆音と水しぶきをあげて走り回る。
私以外にも、20家族以上が竿を出していたが、せっかくの休日が台無し。

 カワウがたくさんやって来てハゼを食うから今年はハゼがいない・・・・・と言う人もいるが、水上バイクやもっと下流ではウエイクボードか?なんか、モーターボートが走り回っていてはハゼも怖がることだろう。

 しかたなく竿を納めて、広島市東部の瀬野川の河口へ移動。
なんとかそこそこ狙いのマハゼは釣れたし、同行者のルアーロッドにマコガレイの33㌢が釣れ、うれしいおみやげが・・・・。

 先日作り始めたロッドスタンド、まずまずの出来上がりですが、今回のハゼ釣りには無用なので釣り場には持参しませんでした。







 変わり者らしく、叉になった部分も、砂に差し込む部分もちょこっと曲がったモノにしてみました。
 なかなか味があると《自画自賛》






















2018/10/15 11:06 | 未選択

| HOME | 次のページ>>
忍者ブログ[PR]