忍者ブログ
GW前半。
だいたいGWというと、当地では必ずと言っていいほど一日二日は雨ですが、今年は6日の土曜日以外はまずまずの模様。
 ただ、29日と30日は突風が吹いて海も山も、そして河川敷でテントを張ってのリトルリーグも大変だったような。

 昨日、山口県の大畠あたりに行った友人からメールが入っていました。

----- Original Message -----
結果。
カレイは26 30.5 39 ㎝

マダイ 56 ㎝

チダイ 36.5 30 26.5 が2匹 22 ㎝

でした。

39カレイより30.5のほうがよく肥えていましたね。マダイはメスで卵を持っていました。





 とのメールと写メが送られてきました。

 彼は、昨年6月くらいまでカレイを釣っていましたが、居残りカレイに乗っ込みマダイにいい季節になりましたね。

 で私はと言うと、もと会社の同僚の《達人》さんと、恒例の山菜採りに行ってきました。
広島北インターから吉和インターへ。
 吉和インターから中津谷経由で、途中から三坂八郎林道を走って島根県匹見町へ。

 なんと三坂八郎林道のあちこちに残雪が!



(渓流の向こう側、日当たりの良い場所なのに残雪が)

これまで10数年あまり山菜採りに通っているが、雪が残っていたのは3回くらいで、それも一二ヶ所あっただけ。
 今年はいたるところに残っている、海もおかしいが山も今年はおかしいようだ。

 匹見町の、元会社の同僚の山に行ってみたが、やはりウドは指の先くらいしか出ていない。



(写真中央の赤い芽がウド)

そしていつもは鎌で刈るほど生えているワラビにいたってはゼロ本?
 気温が低いせいなのかタラの芽とコゴミは食べごろ。



(いつも成長具合を楽しみにしているサルメンエビネもまだつぼみが固かった)

 次は、匹見から国道191号線を走って北広島町(芸北)へ。
カミさんの姉の山でコシアブラを探すが、これもあまり出ていない・・・・・・。
カミさんの田舎のフキも、例年になく小さい?なんだか、一年一度の楽しみも「楽しさも中くらいかなおらが春」の感じでした。

《今日の一句》
 山菜の 新芽摘む野暮 食す粋













PR

2017/05/01 09:52 | 山菜採り
一年一度のリフレッシュ!

 昨日は、恒例の山菜採りに出かけました。
「半農半漁?」の私にとって一年一度の大切なリフレッシュなのです。
ツキノワグマの生息地である西中国山地、他にもマムシや滑落事故などを考えると単独行は無理。
同行者はいつもの達人さん(会社の元同僚)。
 彼とは一歳違い(私が上)ですが、まったく気を遣わないつき合いができる数少ない友人の一人です。

 まずは、毎年開花を楽しみにしている《サルメンエビネ》にご挨拶。


 
 2010年に、この場所で初めて出合った野生ラン《サルメンエビネ》



(一輪だけアップしてみました)

 他にもたくさんの山野草、野生ランが目を楽しませてくれ、本当にリフレッシュできた一日でした。



(色とりどりのショウジョウバカマ)



(赤みの抜けた珍しい色、淡い紫のイカリソウ)



(赤い矢印が野生ランの一種サイハイランの花芽、緑矢印がわさびの葉)



(イチリンソウ)

 山野草や野生ランばかり見ていたわけではありません、ちゃんと山菜も採りました。



 タラの芽、取れるもんなら取ってみろ!と言わんばかりの高さに(+_+)
会社の先輩の言うには、タラにはトゲがあるので「鳥止まらず、蛇登らず」と言っていました。
トゲなしタラもあり、写真のタラはそのトゲなしタラです。



(コシアブラの芽、てんぷらや胡麻和え、酢味噌和えに最適)

 タラ、ウド、コシアブラ、ワラビ、流れわさびの葉、フキを採取しました。
ただ、採取だけで燃え尽きたのか・・・・・・、そのまま袋に入れっぱなしで、カミさんにブツブツ言われています(>_<)

 向こう岸から、杉の倒木の上を渡りましたが、途中でバランスを崩しそうになりました。
同行の達人さんは、のっけから危険を回避して、水の中を歩いて渡渉していました。



 高い道路の上から撮ったので、なんでもないように見えますが、丸太の高さは川面から3~4mあり、ずいぶん怖い思いをしました。

 4月29日の午前9時過ぎ、大野町に住む友人が山口県の大畠東端で、マコガレイの37・5㌢を釣っていました。
 彼は去年6月までカレイを狙ってみていました。
























2016/05/01 19:49 | 山菜採り
一年一回の行事。

 毎年この時期《半農半漁》の私は、50年ちかく前からの友人【達人】さんと西中国山地へ山菜採りに出かけています。

 おおよその時期から判断し、GW過ぎに行ったり昨年は5月1日だったりと、「今年はいつ行こうか?」と、魚釣り同様自然相手に思いを巡らせています。



 よしよし、昨年同様道路わきには残雪があり、山菜の伸び具合は私の予想どおり・・・・・と思ったが、ところがどっこい自然は人知を超える営みをしているのです。

 昨年、遅い場所ではまだフキノトウが採取できましたが、今年はすべて伸びきって花を咲かせています。
 山ウドも、これなどはまだましな方で、ほとんどが「ウドの大木」状態でかじるにも勇気が要るくらい伸びている。




 ただ、自然が早く廻っていたせいで、逆にうれしいこともありました。

 私の大好きな野生ランの一種《サルメンエビネ》です。
いつもは蕾しか見られませんでしたが、今年は10個付けた蕾のうち7個が楚々とした中にも、野生ランらしくないかわいい花を咲かせていました。






(こんな感じで自生しています。人に見つからないで、いつまでも咲き続けて欲しいものです)



(コケイランの群落、コイケランではありません、コケイランですよ)



(谷あいに咲くイチリンソウ)



(夏エビネも結構自生していますが、夏には来ることがないので花を見ることはありません)

 今回も、野うさぎ、キジ、タヌキなどいろんな野生動物に出合いました。



(車から5m位のところに隠れている・・・・・つもりの野ウサギの子ども)

 西中国山地では今が山桜が真っ盛り、新緑に、ヒトリシズカなど山野草の花に、山桜にと、今年も命の洗濯ができました!!!!








2015/05/01 20:07 | 山菜採り
今日は釣りではなく、恒例の山菜採り。

 4月28日と30日、江田島の三か所でマコガレイの良型を釣った人、4月29日に廿日市市大野でキスの良型ばかり10匹釣った人、岩国市由宇町から大畠海岸でカレイの30㌢オーバーを釣った人など、結構投げ釣りファンにはたまらないGWのようです。
 特に江田島は、28~38㌢を7枚釣っていて、同じ場所ならその場所が特殊・・・・・ということもありますが、三ヶ所で釣れたということは、このGW期間中江田島では春ガレイが期待できるのでは。

 が、私は恒例の山菜採りに出かけました。
パートナーはいつもの、えのみやサーフの達人さん、午前6時30分の出発で中国自動車道の吉和インターへ。

 山菜採りにつきものの危険なものは、マムシにスズメバチに真打の熊さん(落語に出てくる長屋の熊さんではありませんよ)。



(イラストのような熊さんなら、少しの間遊んでもいいのですが・・・・・)

 吉和の山奥にはまだまだ雪が結構残っています。



 おかげで、場所によってはまだフキノトウがありました。



(早春の山菜フキノトウは、てんぷらやふきのとうみそにして食すことに)

 私のように、【半農半漁(魚釣りと山野草趣味)】の人間にとって、嬉しいものを発見しました!

 早春の山野草として人気のヒトリシズカの群落に出会いました!



 近くには、渋好みの山野草【エンレイソウ】の群落もありました。





(エンレイソウのアップ写真です)

 島根県益田市匹見町への道、毎年この時期に定点観測をしている【サルメンエビネ】、今年は10個の蕾をつけていました(開花したのが見たかったのですが)。



(野生ランの一種、サルメンエビネ)


 匹見町の元同僚の山で、鉛筆くらいの太いワラビや流れわさび、フキをいただき、道川~臼木谷を抜け広島県の北広島町へ。

 カミさんの義姉の山でタラとコシアブラを採取しました。

道端のイタドリとツクシ、コゴミ、ウド、フキノトウも採取し、今回の山菜は五目釣りならぬ十目採取になりました。





 


2014/05/01 19:50 | 山菜採り
今日も釣りではなく、山菜採り・・・・・。

 今日のお話も、投げ釣りではなく山菜採りのお話です・・・・・・。
一年一度恒例の山菜採り、パートナーは私と同じクラブの【達人さん】。

 例年ならば、GW明けの7日か8日に行っているのですが、今年は桜も早く咲いたので山菜も例年よりも早くに芽を出すのでは・・・・・との考えから、予定を前倒しにしての山行きとなりました。

 それに山菜と一口で言っても、ウド、タラ、コゴミ、ワラビ、コシアブラ、ウワバミソウなどあり、例えば同じ標高の山の場合、コゴミ、タラ、ワラビ、ウド、コシアブラの順で伸びるので、タラに日にちを合わせるとコシアブラやウドには早い。
かと言って、ウドやコシアブラに時期を合わせるとコゴミはビロ~ンと伸び、タラも齧れないほど大きくなってしまう・・・・・。
 それに加え、人間様の都合もあって、今日の山行きとなりました。



(広島県廿日市市吉和から、島根県益田市匹見町への途中にある【大神ヶ嶽】)



 扁額の中央には【大神ヶ嶽】右に【三坂大明神】、左に【山葵天狗社】とあります。
わさび(山葵)の祈願をすることで有名ですが、中央の大神はすなわちオオカミだったのではないでしょうか?と私は勝手に想像をめぐらせています。


 

 益田市匹見町のとある場所にある、元会社の同僚の親戚の山には、こんなわさび田があり、この下流に流れ出ているわさびの新芽を摘ませてもらう。



 タラはまずまずの大きさに育っていますが、ウドはまだ小さくてやっと日当たりの良い場所に10cmくらいの芽を出している。
 ワラビは例年の3分の1くらいしか生えていない・・・・・。

 匹見町から191号線を東上し、北広島町の八幡から北広島町の某所にある、カミさんの里まで一時間くらい掛けて移動し、コシアブラを探すがまだまだ芽は小さく小指の先くらいがやっと。

 仕方なく、荒れ放題の田んぼあとや畑に広がるフキを摘んで帰ることに。



(カミさんの実家の畑に群生しているフキを摘んでいる【達人さん】)

コゴミはなんとか食べられるサイズになっているので、てんぷら一回分くらい採取し、ついでにいくらでも生えているアサツキを掘って帰ることに。
 ノビルの代わりに、味噌をつけてかじると、これもなかなか珍味です。

 さてさて、今日の帰宅は17時30分、疲れたので山菜のシゴは明日ということに・・・・・・・。


 このところ4年連続で観察を続けている【サルメンエビネ】、今年は一株に9花、もう一株これには7花付けていました。
もう少し日にちが経ってくれば、開花しているところが見られたのですが・・・・・。



(涼しい渓流沿いでしか生育がむつかしい【サルメンエビネ】)

 他には、イチリンソウ、そしてショウジョウバカマの白花も咲いていました。






新緑の山々は素敵です!


 






2013/04/28 20:10 | 山菜採り

| HOME | 次のページ>>
忍者ブログ[PR]