忍者ブログ
おろち杯&島根協会キス大会。

 釣り場は奈古。

 ここ数年、良型キスの姿はおろか、キスそのものにもなかなかお目に掛かれない・・・・・。
ただ、カレイもそうだが、周期説みたいなものがあるとしたら・・・・と考えたわけ。

 しかし・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。



 ゆるゆるにしたドラグをちょこっと鳴らすのはゴンズイ。

  そうこうしているうちに、きれいな月が昇ってきて、海面を照らしています。



   普段ならとっくに夢の中・・・・の、23時まで頑張るがゴンズイ10匹、チャリコ14匹、ハオコゼ1匹でまったくキスの姿を見ることができず、、かろうじて釣れたのはキジハタ(アコウ)の33㌢のみ。




 仮眠をすることにしたが、明日もこの場所で釣る気持ちは全くなし!!!
翌朝、4時に起きて須佐まで走ることに・・・・・・。

 9月10日の4時に目が覚め、須佐まで走る・・・・・・・・。
真っ暗ななか須佐湾の最奥部へ・・・・・。



 釣れるのはマハタの20㌢未満にチャリコ。
キスは釣れても16㌢前後で、とても大会向きのサイズではない・・・・。



(釣れたチャリコを頭から飲み込んで上がってきた20㌢弱のちびっこマハタ)

 8時30分に、益田市持石海岸西端の公園で集合。
私のキスは、提出した9人中ドンケツ・・・・・・・・emoji
キジハタと須佐で釣った、爪を左右に伸ばしたら55センチを超えるタイワンガザミで満足(^o^)

 審査終了後、持石海岸に降りて全員で浜掃除を・・・・・・・。
色んなグループが清掃活動をやっているのか、一人一袋くらいしかゴミが無い・・・・・、って嘆いているんではありません、感心しているのです。



 全日本サーフも推奨している《クリーンアップ作戦》、横断幕を掲げての撮影のあとは、いよいよ出雲おろちサーフ名物「一投入魂」。
 ルールは6本バリ以内で、投げたらリールを巻く手を止めてはいけない。
対戦者よりたくさんキスが掛かっていたら決勝へ・・・・・・というもの。

  去年は東西100人の会のお手伝いで、浜松に行ったため参加できなかったが、一昨年は一般参加の強豪並み居るなか、見事優勝した楽しい企画。



 私の一回戦、5色辺りに投げたらすぐに連続したアタリ!!!
こりゃぁ(^o^)と思ったとたん、フラットフィッシュ特有の「グゥイー」といった感じの引きで、竿を立てていられない!
 波打ち際まで走ったが、キスだけ食って逃げたのか・・・・・・。
審判さんのご配慮で、次の予選に再挑戦できることに。

 次の予選、出雲おろちのだいすけくんと3回とも同数引き分け、とうとうジャンケンで・・・・・そして勝ち残り。



(予選で5匹を掛けて、決勝に進んだ出雲おろちの本田さんと)

 決勝戦!
う~ん・・・・まずまずのアタリの連続だが、6連はいないぞ・・・・・・と、2色を切った辺りまで慎重に巻くと、キスとは違うアタリでグイグイと・・・・・。
 うまく砂浜まで引きづり上げると、マゴチの37㌢が・・・・・・・。

 結局、今年の一投入魂は、予選第一回戦、決勝ともにフィッシュイーターに邪魔されて優勝できず・・・・・・・。

 今回は、キスには振られたものの、キジハタ、タイワンガザミ、マゴチと美味しいお土産をクーラーに入れての帰宅となりました。











PR

2017/09/11 19:21 | キス大スキ!!
みっぴ10連達成か!!レジャーフィッシング好評発売中。

 あらゆるジャンルの釣りを網羅する《レジャーフィッシング10月号》好評発売中!!!



 今回の特集は『美味魚・鈴なり必釣法 THEサビキ釣り』ですが、実は隠れ本命ならぬ、隠れ特集は『美形魚・鈴なり必釣法 THEサビキ(キス)釣り』です!

 ぜひ、お近くの大型釣具店・有名書店にてレジャーフィッシングをお買い求めのうえ、ワクワクしながら100ページ目を開いてくださいemoji

 ご存知、大人気ダイワスーパーフレッシュアングラーみっぴこと、秋丸美帆さんが島根県浜田市でキスの鈴なりに挑戦しました。

 YOU TUBE釣りぽでも紹介されています。

 本当に飲み込みが早く、さすが!と感心しました。



(鬼コーチ)



(取材終了後、上の写真の厳しい顔とは大違い・・・・みっぴさんの釣り筋の素晴らしさに目尻は下がりっぱなし)
























 


2017/09/06 14:35 | キス大スキ!!
2017年初釣りは県外へ。

 年明けから、病院や大雪そして母の一回忌となかなか初釣りのチャンスに恵まれず。
満を持しての釣行、今年最初のお魚はこれ・・・・・・・・。



 クラカケトラギスの10㌢強、もちろん即座にお帰りいただいた。


 初釣りの行先は県外へ・・・・・。



 確かに県外ですが、呉市豊町から橋を一つへだてた場所。



 とびしま海道の突き当りの島、愛媛県今治市の岡村島から今治港を結ぶフェリー『第二せきぜん』、四国に渡るフェリーの中では最安値で乗船できる。



 途中の豊島から眺める『豊浜大橋』

 古い友人からの、「岡村島の正月鼻(しょうげつばな)の近くで、落ちギスの良型が釣れた」との情報を頼りに、越冬ギスも望めるかな・・・・・・と出かけた次第。

 しかし、一枚目の写真の小さなクラカケトラギスとチャリコ25㌢だけで、その場所は一時間で終了とした。

 次なる場所はここ。



 小さな冬ギスのアタリを楽しみたいと、遊動仕掛けで釣るとグイグイ引いてくれるものの、サイズは20㌢ちょっと、それもアタリは散発的・・・・・・・(+_+)

 2時間は粘ったが、17~22㌢が6匹とあとはテカミと呼ばれるイトヒキハゼが5匹、もちろんリリース・・・。
 東隣の、城ノ谷漁港に変わったが、ここも冬ギスがいるのかいないのか?4投してたった1匹。
 広島県側の大崎下島に移動することに。



(赤矢印が平羅橋、緑矢印が中の瀬戸大橋、青矢印が岡村大橋)



 愛媛県と広島県の間に架かる(橋自体は広島県呉市)岡村島大橋。



  大崎下島の御手洗から見る岡村島・・・・・・・・・、なんか愛媛県の宇和島や八幡浜辺りで見かける風景に似ている。
 それもそのはず、れっきとした愛媛県。



 こちらは愛媛県の三瓶湾沿いの風景、みかん畑に伸びる農道が山を這い上っている。

 結局、大崎下島では3ヶ所で引いてみたが、冬ギスからのサインは全くなし・・・・・。
ブランド品の《大長みかん》10kg買って早々と帰ることに・・・・・・。



 「そうだ!エサを海に帰してやらなくては!」と上蒲刈島の恋が浜まで帰って気が付いた。
あれっ?青ゴカイの入れ物はあるが、イシゴカイの入れ物が見当たらない!
 そう言えば、最後に大崎下島の久比港で釣った時、忘れてきてしまったようだ。

 エサ箱は、安いモノにフックを付けただけだから、30分も走って取りに帰らなくてもいいか・・・・・、と思いましたが、人間のエゴに振り回され、あげくにはエサ箱の中で干からびてしまうゴカイのことを考えたら、可哀想になり引き返すことに・・・・・。

 30分弱走って引き返してみると、ポツン・・・・・・・・・とエサ箱が。



 少しでも生き残れるように・・・・・と石と砂の混じった場所に放流しました。

 呉道路が720円、坂の大橋が200円、都市高速の矢賀インターまでが570円・・・・・、これなら、山口県や浜田に行ってもあまり変わらない、都市高速は高い(T_T)!
























 


2017/01/20 15:48 | キス大スキ!!
中四九交歓落ちギス大会。

 今年の山陰、聞くところによると軒並み落ちギスは良くないと・・・・・・・。
それなら、あっさり瀬戸内の方が期待を持てると思いつつも、久しぶりにドライブがてらに萩方面を目指すことに。

 中国自動車道の六日市インターで下り、国道187線を北上。いつもは柿木温泉のところから県道3号線へと左折し、本郷という集落からは本郷川にそって《柿木津和野停車場線》を走り、一旦津和野に出て、そこから県道13号《萩津和野線》を走るのだが、今回生まれて初めて(生れてから、えらい長い事掛かりましたが(^^ゞ)JR山口線「東青原駅」手前から、県道170号線《益田日原線》経由で田万川に出る作戦。

 地図通り狭い(・。・;
おまけには濡れた落ち葉が堆積している場所もあり、なかなかどうして・・・・・・。
運よく、一回だけの離合待ちですんだ愛車は、無事《ゆとりパークたまがわ》の信号のところへ・・・。

 今回の釣り場は江崎湾の尾浦辺りで・・・・・・、しかしアタリは少ないしおまけに釣れるのはゴンズイ・ゴンズイ・ゴンズイ・・・・・。

 約2時間粘ったが、辛抱たまらずこんな場所へ。



(照明もあり、足元も安全・・・・・・)

 ウキでのアジ釣りの人たちがあちこちで楽しんでいる。
どこで竿を出そうか・・・・・・と探していると、後ろから「釣れますか?」
ん?こいつは、昨今大阪あたりで話題になった、「釣れますか?」で後ろからドボン!か!と警戒しながら振り向いたら、なんと同じ協会の出雲おろちサーフの大輔くん。

 40~50m離れたところで、同じく出雲おろちサーフのキミアキくんとりょうくんと釣っているとのこと。
 こうなると、あまり夜釣りの得意でない私は、「渡りに船」とばかりに竿も出さずに彼らと合流する。
 焼き肉はいただいたが、「おいしいですよ!」との、りょうくんお勧めのゴンズイの丸焼きは丁重にお断り。
 しかし、約2名のゴンズイ初試食の会員は、声を揃えて「美味しい!」と・・・・・。
ちょろっと心が揺れ動いた私がいました・・・・・・・・。
 
 そこで仕入れた話では、「須佐湾が良かった」とのことで翌朝は須佐湾で釣ることに・・・・・。



 翌23日、須佐湾で最初にキスの置き竿用の『アオリマチィック』を「ジーーーっ」と鳴らして、根に潜り込んだのはこやつ。




 キスは24・1㌢(審査提出時)



 浜田おさかなセンターでの審査風景。
この会場でのキス、最長は26・6㌢



 手前に転がっているのは、私が江崎湾で拾ってきた流木。
漁師のおじさんに「この流木もらってもいいですか?」と聞いたら、笑われてしまった一品です。



 審査会場でみんなから「ねじれ具合が、拾った人間とよく似ている」と冷やかされた流木。
このように捻じれた状態の樹木は見たことがないので、海外から流れ着いたものではないでしょうか?



 右は、何年か前に奈古の筒尾海岸で拾った舟板。なかなかおつなもの・・・・と自画自賛しているが、カミさんからの第一声「なんとかしてぇや(-_-メ)!」の一言・・・・・・・。










2016/10/24 13:17 | キス大スキ!!
琴ヶ浜キス釣りの集い。

 毎年8月の最終日曜日は、クラブの《キス釣りの集い》を30年近く続けている。

 前々日、島根協会の協会長から、益田市三里ヶ浜の荒れた写真が届いた。



 広島市内も結構な風が舞っている。
 中止か延期か?との話も出たが、「この集いは20数年、一回も中止も延期もしていない、集うことが目的だし、最悪の場合方法もあるので、決行しましょう」と。

 方法とは例えば、下の写真をご覧ください。



 2009年、この年は女性の参加もあったので10時に集合で、どこに行って釣って来てもいいことに。

 さて今年、17時前に宅野港に。



 明日、さっぱりでもキスが少しでも食べられるように・・・・・と引き釣りを。
ちょっとゆっくり引くと、この時期の港内での常連客チャリコが食ってくる。
早めに引いてみるが、アタリは少なく集合時間の18時までに3匹だけ・・・・・・(*_*)

 琴ヶ浜は思ったよりうねりはなく濁ってもいない。
18時になり三々五々集まった人たちで前夜祭。
 私は10時には寝ましたが、笑い声は絶え間なく続いていました。


 明けて、2016年8月28日の午前5時30分!



(クラブ代表からルール説明、前日の風をものともせずに集まった19人の勇士)



 6時の町内放送を合図に釣り始めるが、アタリがあったのは最初の3投くらいで、あとはポ・ツ・リ・ポ・ツ・リ・・・・・・・・・。

 参加者中、最高齢の私だが元気なところを見せようと、浜の西端まで歩くがその辺りはフグさんの入れ食い・・・・・。

 結局、50匹どころか12匹で終了・・・・・・・・・・。

 その後の、みんなでの調理風景などは《全日本サーフ島根協会》のHPの掲示板などでご覧ください。






























2016/08/29 19:40 | キス大スキ!!

| HOME | 次のページ>>
忍者ブログ[PR]