忍者ブログ
2017年初釣りは県外へ。

 年明けから、病院や大雪そして母の一回忌となかなか初釣りのチャンスに恵まれず。
満を持しての釣行、今年最初のお魚はこれ・・・・・・・・。



 クラカケトラギスの10㌢強、もちろん即座にお帰りいただいた。


 初釣りの行先は県外へ・・・・・。



 確かに県外ですが、呉市豊町から橋を一つへだてた場所。



 とびしま海道の突き当りの島、愛媛県今治市の岡村島から今治港を結ぶフェリー『第二せきぜん』、四国に渡るフェリーの中では最安値で乗船できる。



 途中の豊島から眺める『豊浜大橋』

 古い友人からの、「岡村島の正月鼻(しょうげつばな)の近くで、落ちギスの良型が釣れた」との情報を頼りに、越冬ギスも望めるかな・・・・・・と出かけた次第。

 しかし、一枚目の写真の小さなクラカケトラギスとチャリコ25㌢だけで、その場所は一時間で終了とした。

 次なる場所はここ。



 小さな冬ギスのアタリを楽しみたいと、遊動仕掛けで釣るとグイグイ引いてくれるものの、サイズは20㌢ちょっと、それもアタリは散発的・・・・・・・(+_+)

 2時間は粘ったが、17~22㌢が6匹とあとはテカミと呼ばれるイトヒキハゼが5匹、もちろんリリース・・・。
 東隣の、城ノ谷漁港に変わったが、ここも冬ギスがいるのかいないのか?4投してたった1匹。
 広島県側の大崎下島に移動することに。



(赤矢印が平羅橋、緑矢印が中の瀬戸大橋、青矢印が岡村大橋)



 愛媛県と広島県の間に架かる(橋自体は広島県呉市)岡村島大橋。



  大崎下島の御手洗から見る岡村島・・・・・・・・・、なんか愛媛県の宇和島や八幡浜辺りで見かける風景に似ている。
 それもそのはず、れっきとした愛媛県。



 こちらは愛媛県の三瓶湾沿いの風景、みかん畑に伸びる農道が山を這い上っている。

 結局、大崎下島では3ヶ所で引いてみたが、冬ギスからのサインは全くなし・・・・・。
ブランド品の《大長みかん》10kg買って早々と帰ることに・・・・・・。



 「そうだ!エサを海に帰してやらなくては!」と上蒲刈島の恋が浜まで帰って気が付いた。
あれっ?青ゴカイの入れ物はあるが、イシゴカイの入れ物が見当たらない!
 そう言えば、最後に大崎下島の久比港で釣った時、忘れてきてしまったようだ。

 エサ箱は、安いモノにフックを付けただけだから、30分も走って取りに帰らなくてもいいか・・・・・、と思いましたが、人間のエゴに振り回され、あげくにはエサ箱の中で干からびてしまうゴカイのことを考えたら、可哀想になり引き返すことに・・・・・。

 30分弱走って引き返してみると、ポツン・・・・・・・・・とエサ箱が。



 少しでも生き残れるように・・・・・と石と砂の混じった場所に放流しました。

 呉道路が720円、坂の大橋が200円、都市高速の矢賀インターまでが570円・・・・・、これなら、山口県や浜田に行ってもあまり変わらない、都市高速は高い(T_T)!
























 

PR

2017/01/20 15:48 | キス大スキ!!
中四九交歓落ちギス大会。

 今年の山陰、聞くところによると軒並み落ちギスは良くないと・・・・・・・。
それなら、あっさり瀬戸内の方が期待を持てると思いつつも、久しぶりにドライブがてらに萩方面を目指すことに。

 中国自動車道の六日市インターで下り、国道187線を北上。いつもは柿木温泉のところから県道3号線へと左折し、本郷という集落からは本郷川にそって《柿木津和野停車場線》を走り、一旦津和野に出て、そこから県道13号《萩津和野線》を走るのだが、今回生まれて初めて(生れてから、えらい長い事掛かりましたが(^^ゞ)JR山口線「東青原駅」手前から、県道170号線《益田日原線》経由で田万川に出る作戦。

 地図通り狭い(・。・;
おまけには濡れた落ち葉が堆積している場所もあり、なかなかどうして・・・・・・。
運よく、一回だけの離合待ちですんだ愛車は、無事《ゆとりパークたまがわ》の信号のところへ・・・。

 今回の釣り場は江崎湾の尾浦辺りで・・・・・・、しかしアタリは少ないしおまけに釣れるのはゴンズイ・ゴンズイ・ゴンズイ・・・・・。

 約2時間粘ったが、辛抱たまらずこんな場所へ。



(照明もあり、足元も安全・・・・・・)

 ウキでのアジ釣りの人たちがあちこちで楽しんでいる。
どこで竿を出そうか・・・・・・と探していると、後ろから「釣れますか?」
ん?こいつは、昨今大阪あたりで話題になった、「釣れますか?」で後ろからドボン!か!と警戒しながら振り向いたら、なんと同じ協会の出雲おろちサーフの大輔くん。

 40~50m離れたところで、同じく出雲おろちサーフのキミアキくんとりょうくんと釣っているとのこと。
 こうなると、あまり夜釣りの得意でない私は、「渡りに船」とばかりに竿も出さずに彼らと合流する。
 焼き肉はいただいたが、「おいしいですよ!」との、りょうくんお勧めのゴンズイの丸焼きは丁重にお断り。
 しかし、約2名のゴンズイ初試食の会員は、声を揃えて「美味しい!」と・・・・・。
ちょろっと心が揺れ動いた私がいました・・・・・・・・。
 
 そこで仕入れた話では、「須佐湾が良かった」とのことで翌朝は須佐湾で釣ることに・・・・・。



 翌23日、須佐湾で最初にキスの置き竿用の『アオリマチィック』を「ジーーーっ」と鳴らして、根に潜り込んだのはこやつ。




 キスは24・1㌢(審査提出時)



 浜田おさかなセンターでの審査風景。
この会場でのキス、最長は26・6㌢



 手前に転がっているのは、私が江崎湾で拾ってきた流木。
漁師のおじさんに「この流木もらってもいいですか?」と聞いたら、笑われてしまった一品です。



 審査会場でみんなから「ねじれ具合が、拾った人間とよく似ている」と冷やかされた流木。
このように捻じれた状態の樹木は見たことがないので、海外から流れ着いたものではないでしょうか?



 右は、何年か前に奈古の筒尾海岸で拾った舟板。なかなかおつなもの・・・・と自画自賛しているが、カミさんからの第一声「なんとかしてぇや(-_-メ)!」の一言・・・・・・・。










2016/10/24 13:17 | キス大スキ!!
琴ヶ浜キス釣りの集い。

 毎年8月の最終日曜日は、クラブの《キス釣りの集い》を30年近く続けている。

 前々日、島根協会の協会長から、益田市三里ヶ浜の荒れた写真が届いた。



 広島市内も結構な風が舞っている。
 中止か延期か?との話も出たが、「この集いは20数年、一回も中止も延期もしていない、集うことが目的だし、最悪の場合方法もあるので、決行しましょう」と。

 方法とは例えば、下の写真をご覧ください。



 2009年、この年は女性の参加もあったので10時に集合で、どこに行って釣って来てもいいことに。

 さて今年、17時前に宅野港に。



 明日、さっぱりでもキスが少しでも食べられるように・・・・・と引き釣りを。
ちょっとゆっくり引くと、この時期の港内での常連客チャリコが食ってくる。
早めに引いてみるが、アタリは少なく集合時間の18時までに3匹だけ・・・・・・(*_*)

 琴ヶ浜は思ったよりうねりはなく濁ってもいない。
18時になり三々五々集まった人たちで前夜祭。
 私は10時には寝ましたが、笑い声は絶え間なく続いていました。


 明けて、2016年8月28日の午前5時30分!



(クラブ代表からルール説明、前日の風をものともせずに集まった19人の勇士)



 6時の町内放送を合図に釣り始めるが、アタリがあったのは最初の3投くらいで、あとはポ・ツ・リ・ポ・ツ・リ・・・・・・・・・。

 参加者中、最高齢の私だが元気なところを見せようと、浜の西端まで歩くがその辺りはフグさんの入れ食い・・・・・。

 結局、50匹どころか12匹で終了・・・・・・・・・・。

 その後の、みんなでの調理風景などは《全日本サーフ島根協会》のHPの掲示板などでご覧ください。






























2016/08/29 19:40 | キス大スキ!!
キスの引き釣りでカンパチが!

 長いこと投げ釣り一筋(渓流釣りもちょこっと(^^ゞ)でやっていますと、いろんなお魚が釣れます。
 投げでは底生魚はもちろんですが、中層魚もときたま釣れます。
アジやサバはもちろんグレも釣ったことがありますが、今回生まれて初めてカンパチを釣りました。



 この場所では、過去ソゲと呼ばれるヒラメの30数㌢を釣ったことがありますが、全然引きが違います!
 何だろう?釣れたキスに食いついたセイゴの35㌢くらいも釣ったが、それよりもまだ力強い引き。

 引きから判断して、砂浜にずり上げるつもりで巻き始めて、釣り上げたのが上の写真。
目から背びれに掛けて黒筋が両サイドに入り、それが前から見たら八の字に見えるから付いたのが《勘八(カンパチ)》。
 ちびっこなら、3mもない浅い砂浜にも入って来るんですね・・・・・・・・・。

 13日からカミさんの田舎へ。
そうなると、浜田の海へは30分足らずで行ける。
いそいそと釣り具を車のルーフボックスに・・・・・・・・。



 田舎は標高が高いので、陽が落ちるとすぐに涼しくなり、おかげで愛犬ぷりんもいつもより元気に過ごせました。

 14日の朝、5時に起きてかめや釣具浜田店へ、イシゴカイを100㌘購入する。
実は久々に我慢の釣りが強いられる「大ギス釣り場」へ行く覚悟。
この場所、人に説明するときは、「大ギスを釣るにはクサフグ100匹とチャリコ(マダイの子)を釣って、やっと一匹・・・・・・」と言っている釣り場。

 来る来る「クィー」じゃなく「クンクン」とクサフグのアタリが・・・・・・。
ハリが無くなったりキズ付いたり、「グゥー」と鳴らしながらクサフグが・・・・・。

 半日粘るつもりだったが、クサフグ30匹オーバー、チャリコ10匹未満、ホンベラ1匹、チビカワハギ2匹に、本命のキスは24㌢が一匹だけ釣ったところで撤退(>_<)

 滞在時間は6時間の予定が1時間と20分だけ・・・・・・・・・。
「体力だけでなく、気力も無くなってしまった・・・・・・」と独り言を言いながら。 

 次は、20㌢オーバーはいないが、16~18㌢がそこそこ釣れる場所(忍者の釣り場と命名している)。



しかし、開始から3回素バリを引く始末?
おかしい?ここでこんな釣れ具合は数十年釣っているが初めてのこと・・・・・。

 止めようか・・・・・と考えていた4投目にやっとアタリ。
しかし追い食いがなく、一匹ずつとなんとも効率が悪い・・・・・。

 そんな時に食って来たのが冒頭のカンパチ。
結局、そこでのキスはダブルが一度だけ・・・・・・・・・。

 もう西に下る勇気は持ち合わせていないので、浜田方向に引き返すことに・・・・・。
乗っ込み時期や落ち時期の最初に外せない場所に着いたが、チカラ糸の先でアタリが連続し、釣れてくるのは12~13㌢のピンギスばかりが、ハリの数だけ釣れてくる・・・・・・。
 2回投げただけですべてリリースして、午前9時に納竿とすることに。

 半分以上余ったイシゴカイ、岸壁から「バサリ!」だとお魚やカニに食われてしまう。
やはり「フェア」でなければ・・・・・・と、福井波止近くに小漁港に行き、川が流れ込む石がごろごろしたところに逃がしてやる。
 こうすれば、逃げ延びるイシゴカイもいるかもしれない・・・・・・・・・と、つまりはヒマなんですよ(^^ゞ

 早く切り上げたので、かめや釣具の向かいのスーパーで、お気に入りの《ふじもと醤油》を購入。

 帰り道、美人の湯として名高い源泉かけ流しの《美又温泉》へ。



温泉会館は入湯料は250円と格安。

 続いて、前日の午前中に予約をしていた明治屋の《鯖寿し》を購入して帰る。



 人気の鯖寿し、昨年のお盆はもう予約いっぱいで食べられなかったが、今年はやっと3本ゲットできました!

 愛犬ぷりん、田舎は涼しいし家が広いので、あっちこっち歩いたりリラックスできたのか?比較的調子がよく過ごせました。
 家だと、早朝の散歩以外は、クーラーの効いた部屋にいるか、玄関の板の間に行くしかないので・・・・・・・。

 結局、三ヶ所廻って24㌢が1匹と15~18㌢が21匹で撤退しました。


















2016/08/15 19:18 | キス大スキ!!
広島湾のキスがおかしい?

 べた凪の広島湾です。
先日のブログと同じような写真ですね。



 8月4日、母方の里のお墓掃除に、フェリーに乗って行きました。



 お墓掃除を済ませ、同行の娘がキス釣りをしたいと言うのでMの原へ。
この場所、先日は若潮の引き潮を釣ったので、あまり良くなかったのですが、当日は大潮の10時23分が満潮ということで、素バリは5回に一回くらいとまずまずの釣れ具合。



 しかし、釣りから帰ってからキスを捌いていて気が付いたのですが、だいたいこの時期20㌢オーバーのキスのほとんどが雌なのに、今回は20㌢前後のキス4対1くらいで雄でした・・・・。
 先日切串港で会った江田島のキャスターの言う「今年はキスの調子がいま一つがおかしい?」というのも、何か関係があるのだろうか・・・・・・・・・?



 日陰になる釣り場を探し、大須港まで走ったときに見た海上自衛隊の大型艦船。

 結局日陰もなく、愛犬ぷりんが「朝からご飯を食べない」とのカミさんからのメールで、12時17分のフェリーで帰路に着きました。

 釣り上げた16~22㌢のキス27匹は、刺身と昆布締めにして食しました!


 当地では、安芸門徒特有の灯篭があります。
通常はカラフルな盆灯篭を上げますが、初盆の家では白い灯篭を上げるのが習わしです。

 今年は、1月に亡くなった母の初盆。
と言うことは、今年だけは白い灯篭を・・・・・・・・・。
そこで考えました!母への供養のため、今年の灯篭は私が手作りをしよう!と。

 灯篭の芯になる竹は、家で植えている黒竹を切って。
紙は広島市の本通りにある《多山文具》へ。

 そして出来上がったのがこれ!



(愛犬ぷりん、薬が合ったのか今週はまずまずの調子です)



 灯篭の上部を飾る卒塔婆形の紙、本来は金色で作るのですが、花好きだった母のため、おとなし目の折り紙にしました。
 
 白い紙は、ふつうの紙ではなく少しおしゃれなラッピング用紙を使いました!



(安芸門徒の灯篭に欠かせない、浄土真宗の紋章《下がり藤》は、金色のマーカーを買って手書きにしました)

 まずまずの出来・・・・・と自画自賛の私です。
ただ親不孝だった私、竹を切っているとき、考えごとをしながら切っていたら、のこぎりで左手人差し指にケガをしました(>_<)

 まぁ、投げ釣りに大切な右手人差し指でなかったのは、母も私の親不孝を少しは許してくれているのでしょう。



















2016/08/07 19:26 | キス大スキ!!

| HOME | 次のページ>>
忍者ブログ[PR]