忍者ブログ
おろち杯(出雲おろちサーフキス釣り大会)。

 全日本サーフ島根協会出雲おろちサーフのキス釣り大会に参加してきました。

 先週、カミさんの田舎に行ったついでに会場の下府(しもこう)海岸、別名畳ヶ浦海水浴場を下見したときは、サーファーでいっぱいで流れ藻も多く、「こりゃぁだめじゃ!」と諦めたものです・・・・・・。

 6時30分集合、7時釣り開始の大会が開催されました。



(夜明けの砂浜は、登り始めた朝日によって、くっきりと刻まれた足跡の陰影を映し出している。こんな夜明けの砂浜が大好きです!!!)

 が、しかしキスがいない・・・・・・・・・?
最初の場所で7~8投するがアタリはさっぱり・・・・・・?

 左側、下府川側に歩いて、砂浜が大きくえぐられた場所を引いてみると、一週間ぶりのキスのアタリ!!
 だが、群れでいないのか?一匹だけ。
4~5投に一回くらいアタリがあるが、チカラ糸が見えてからの波口なので警戒心が強いのか離してしまう。

 やがて8時30分、陽も登り秋の朝とはいえ、最近の涼しさに慣れてしまった身体には、この日差しはちょっぴり堪える。
タックルを放りっぱなしで、日陰に避難して作戦を練る(と言うのは方便で、一休み(^^ゞ)。

 完全に大会はあきらめて、結局最初の場所とこの場所で80~90分粘って2匹だけ。

 そう言えば、大会後に浜の中央でおろち杯恒例の《一投入魂》が開催される・・・・・・と大会前に聞いたのを思い出し、下調べのつもりで浜の中央へ。

 中央辺りで釣っていた、このブログを作ってくれた、島根協会HPの管理人のF石さんに状況を聞くと、4色辺りでぽつぽつ・・・・・とのこと。
 さっそく投げてみるとまずは一匹、続いて3連・・・・・・・・・、ここで競技終了となりました。

 みんなが集まって、3人づつに分かれての《一投入魂》の予選開始。
私は第三組目。

 この《一投入魂》のルールは、ハリ数は6本までで、たった一回だけ投げて、釣れた数で順位を競うもの、ただしリールのハンドルを巻くのを止めてはいけない。

 私の予選第一回は2連で、3人中2人が再試合に突入。
次は、二人とも4連で、三回目の勝負・・・・・・・・。
 ただし、三回目は5分間だけとの厳しいルール(>_<)

 4色から3色に入ったころがねらい目なので、思い切って4色まで巻き取り、そこから3色まで巻いていく作戦に。
 さっきまでは3~4回アタリがあったのに、今回は一度だけのアタリ。
すかさず竿先を倒して十分食い込ませる。

 タイムアップとなり、巻き上げるとちゃんとその一匹が付いている!

 数釣りを早めにあきらめ、《一投入魂》にかけた私は、めでたく《一投入魂》の部の優勝となり、美味しそうなお米をいただいた!

 今回の大会メインの数釣りの部は、キロオーバーを釣った、H田親子さんのぶっちぎりのワンツーフィニッシュ!



(大会の表彰風景)



(大会会場となった下府海岸、正面の港は唐鐘漁港)


 私たちは、ちいさなクラブが二つだけの集まりですが、各種トーナメントで有名なH田親子さんや、KOU@さん、前回の琴ヶ浜ではN崎さんなど、腕っこきのトーナメンターと、《カレイ命》のゆかりさんのような女性まで一緒に楽しく遊べるのが「自慢!」です。
 来年も、琴ヶ浜キス釣りの集いや、おろち杯が予定されていますので、ぜひ遊びにおいでてください。

 大会後、出雲おろちサーフさん心ずくしの、「ボヘ飯」やシャケ汁をおご馳走になる。
楽しいひと時が終わり、現実生活への入口「浜田自動車道」へとハンドルを切り、前出のF石さんの車に尻を付けられ広島へ。
 前回は、五日市別れまでケツに付かれたが、今回は千代田辺りで遅い車の後を走っていたら、スゥィーっと追い抜かれた(^_^;)
 

《わが家の山野草》

 どう見てもただの草・・・・・・・、実は《水引草》という野草です。
縁起を担いで、紅白の水引草を植えています。

 

楽しみは 朝起きいでて 昨日まで 無かりし花の 咲ける見る時』という歌があります。
小さな喜びですが、ほんとうに毎日が楽しみです。

 今は、土佐寒蘭の10鉢のうち6鉢から花茎が伸びていますが、一日で延びる長さは1㌢そこら・・・・・・、花茎が伸びるのと、こちらの首が伸びるのどちらが早いか・・・・・・です(>_<)












PR

2015/09/27 19:13 | キス大スキ!!
釣り場は砂浜、投げる距離は40mで・・・・・。

 島根協会のホームページ《掲示板》では、山陰大田付近、益田付近、周防大島辺りのキス情報がひんぱんに載り始めました。

 もともとキス大好きな私、わが家で愛用している《ふじもと醤油》もほとんど切れかけたので、山陰に・・・・・と考えていました。

 しかし、あることで江田島・倉橋島方面に下見をしなければいけなくなりました。
平日の呉工場地帯は、下手をすると朝のラッシュに巻き込まれるのはわかっている。
と言うことで、朝の4時40分に出発することにしました。

 朝早く出たお陰でスイスイと走り、釣り場の倉橋島東南端のT浜へはずいぶんと早く着きました。



(釣り場のTから見た、夜明け前の雲)

 今回のテーマは、砂浜から・・・・・・それも40mくらいを探るです。
一投目から「ブルブルッ」でこれ。



(サイズは20㌢もつれですが、丸々と肥えています)

 しかし、二投目からは渋いアタリで、なかなかハリに乗らない。
一投目は夏ギスの手ごたえでしたが、まだ春ギスのようなアタリで、おまけにはトロ藻が結構たくさん掛かってくる・・・・・・・。



(釣り場はここ、左右に歩いてみるが、トロ藻だったりアマモだったり・・・・・・・)

 一ヶ所では心もとないので、一時間くらいで移動を決めて次なる砂浜へ。
 
 鹿島大橋を渡って砂浜へ・・・・・・。
しかし、十分な駐車スペースがないのでパス。
 次は、波消しブロックが入っていてパス。

 足場の良い砂浜で、かつ40m位で釣れる場所を目指して、再度鹿島大橋を渡って4か所目のKで竿を出す。
 わんちゃんを連れて散歩に来たおじさんに「この神社の駐車場に車を停めさせてもらってもいいですか?」と聞くと、「ここらは大丈夫よ!」とのありがたい返事。

 砂浜に出て投げると結構水深があり、30m辺りが掛けあがりになっていて、その向こうで食ってくる。
 よしよし、ここは潮の低い時にいいかも知れない、と次なる引き出しを求めて移動する。

 今度は思い切って、西南端のOへと車を走らせる。



(目の前には鍋島、左手遠方には手島と端島)

 この場所、ずいぶん昔のことですが、レジャーフィッシングの取材で、初心者の女性と釣行し、キスが結構釣れた場所。
 ただ、本日はまだキスが寄りついていないのか、アイナメの新子やベラ。



(砂浜には、野生とは思えないような野ばらが咲いている)


 さっさかさーと移動し、島の南側中央のKへ。
しかし、ここもまだ水温が上がっていないのか?40m以内ではキスのアタリは無し・・・・・・。



(Kの浜から眺めた赤い肌をした、鏡岩だったか?の巨岩)

 潮位が変わったらどんな釣果になるか?と、一番最初のTの浜へ。
満潮から引きに入ったせいなのか、ご覧のとおりのトリプル(+_+)



 七ヶ所見て回ったものの、十分な駐車スペースの無い場所が三ヶ所、キスが寄っていないのか?さっぱりなのが二ヶ所、なんとか40mくらいで釣れたのが二ヶ所だけ・・・・・。

 二ヶ所ではどうしょうもないので、古くからの友人テラさんに電話。
テラさんは周防大島で釣っているとのこと。

 テラさんのアドバイスで最後の場所へ。



 最後に竿を出した場所K、かなり潮は引いてしまったが、型は小さいながら10回に7回くらいアタリがある。

 結局、「足場の良い砂浜から、飛距離は40mくらい」に限定して釣った結果、なんとか22匹のキスをゲットしました。
 月曜日、雨が降らなければいいのですが・・・・・・・・。


















2015/06/04 16:36 | キス大スキ!!
今年2回目の冬ギス釣り。

 2月に入っても、大阪での会議やフィッシングショーなどであまり釣りに行けなかった。
11日、周防大島に1月24日の「釣り残し」を狙って釣行。

 午前7時前に出発、広島インターから玖珂インター、国道437号線を走って、大島大橋を渡りきったところが家から88・5km。

 まず1月24日に良型が釣れた開作へ。
ありゃ!小潮なので思ったより浅く、少しでも水深のありそうな場所に移動。
一投目で弱々しいながらもキスのアタリ!
24日と同様、少し竿先を倒して送り込んでから巻き始めたが、20㌢くらいの良型が水面を切ると同時にチャポン!と海の中に・・・・・・・。
 表水温が低いせいなのか、はたまた巻き上げられたことから生じるパニックなのか?当分フラフラと泳いでいる・・・・・。

 一匹目を【ナチュラルリリース(^_^;)】したことで、これは前回よりも食い込みが悪くなった証拠と、次のアタリは即合わせで巻き上げる。



(23㌢くらいの良型が・・・・・、実際は写真よりはきれいな濃いピンクをしているのですが)

 次も弱々しいアタリで即合わせ。
こりゃぁ、全日本サーフ島根協会の掲示板2月8日に書き込みがあった、私と同じクラブの西村さんの釣果越えができるかな!?と密かに喜んだが、そうは問屋がおろさない。
 5匹を釣ったところで、私が投げ込んでいる場所に船がやって来て、キス釣りなのか?竿を2本投げ始めた・・・・・。

 仕方なく、前出の西村さんが釣った三蒲に移動することに。
三蒲に着いてみると《ハリアー》が停まっている、ただし西村さんの白ではなく黒いハリアー。



 挨拶をして第一投・・・・・・・、そこに白い新型ハリアーが!
なんと西村さんが「家にいても用事がないので来た」とのことで、一番左端で投げ始めた。
 さすがこの釣り場に精通しているのか、一投目から17㌢くらいのキスを釣り上げている。

 私は4投したもののアタリがないので、あちこちして時間をかせいで再度開作に行くことに。

 椋野の小高い山にある《茂兵衛堂》にお参りに行くことに。
いつも国道437号線を走りながら、看板と矢印は目にしているが、お参りに行くのは初めてのこと。
なぜかと言うと、四国遍路を計画しているので、四国遍路で思いつく衛門三郎、真念と並び称される中務茂兵衛のお参りは欠かせないと考えたのです。



(椋野集落の小高い丘の上にある茂兵衛堂)

 看板には「1845年、椋野の庄屋である中司家の三男として生まれ、19歳の時に四国遍路を思い立ち、76歳で大往生するまでに280回のお遍路を巡り、220基の道しるべも建てている(概略)」と書かれている。

 単純計算すると、一年に5回くらい回ったことになります。
現在のように道路が整備されても、健脚な人で40~42日掛かると言われるお遍路、道も悪かった明治・大正時代一年に5回は驚異的とも言えますね!!!!

 さてさて本命の冬ギス釣り、開作に戻ってみると船はいません、シメシメと投げ始めましたが、潮の流れが速くなったせいなのか?グングン左に流されてしまう。



(ちょっと油断すると、クラカケトラギスが釣れ、それにイイダコが抱きついて上がってきたり)

 一時間くらい経ったころ、「キスも居心地のいい場所に移動しているのでは?」と考え、少し湾奥の潮流のゆるい場所に。
 それが正解で、さっきまでの一時間の静寂とは大違いでまずまずのサイズが4匹。
ただ、湾奥になるほど根掛かりが多くてハリが曲がって上がってきたりで、50g買った石ゴカイも底を尽きかけたので納竿に・・・・・・・。



 前回より一匹多い9匹の冬ギス。
ただ前回は午前中だったし、型も前回の方がやや良かったようで・・・・・・。

 帰りがけ、西村さんと出会いましたが、前回越えはおろか今回も数では負けてしまった・・・・。

 でも、居場所を探して釣る冬ギス釣りは面白いです。









2015/02/13 10:22 | キス大スキ!!
冬ギスは旨い!!

 23日のキス釣りは、18~24㌢が8匹のみでしたが、6匹が20㌢オーバーだったからまずまず満足でした!



 一緒に写っている酢ダイダイは、挨拶から始まっていつもミカンやサクランボ、イチジクなどをいただいている、周防大島M集落のN原さんからいただきました。
 酢のものなどに搾って掛けると、香りといい味といい市販のお酢とはまったく味わいが違います。
 搾って瓶に入れ、冷蔵庫で保管するとかなりの期間もちます。

 キスをさばいてみたら、お腹にはたっぷりと脂がのっていて、非常に美味しゅうございました。



 産卵をしないこの時期は、越冬のために溜めた脂たっぷりで、夏とはまた違った美味しさがあります、みなさんもぜひ冬ギス釣りに出かけてください。
 少し大きな港内や夏よりは水深のある砂地を狙ってみてください。
冬とは言え、居れば必ず応えてくれます。

 何回か投げてアタリがなければ、そこには居ないか小さな範囲にかたまっているので、場所代わりするか、港内くまなく投げ分けてみると、「あれっ?」というような場所で釣れることがあります。


 ここからは釣りに関係のない与太話ですので、なんでしたらスルーしてください。

 人命や日本国政府が関わっている問題なので、私ごときが軽々に言うことでもありませんが、マスコミの報道の仕方に疑問が・・・・・。
 もしイスラム国とやらのテロ組織が、「ヨルダンのパイロットと交換に、地下鉄サリン事件の麻原死刑囚を釈放しろ!」と言ってきたら、どのように考え報道するのでしょうか・・・・・・・・。





2015/01/27 13:55 | キス大スキ!!
遅い初釣り。

 寒かったり、体調が悪かったり、大阪での会議があったりでついつい初釣りに出かけないままここまできました。

 23日金曜日の13時30分から山口県で釣り関係の会議が・・・・・・・。
潮見表を見ると、大畠方面は中潮の二日目で満潮は11時30分とのこと。

 お正月から、床の間に供えっぱなしにしていたタックルを車に積み込む。
もちろん会議用のネクタイやブレザーもハンガーに掛けたまま、革靴と一緒に後部座席へ。

 23日、あまり早く着いても寒いので6時に起床し、7時少し前に広島インターから・・・・・。
西方向は本当に久しぶりの走行・・・・・・、玖珂インターから国道437号線をひた走り周防大島へ。

 まず最初は、同じクラブの西村さんが1月10日に良型を釣ったという三蒲へ。
西村さんの話では、5色と4色で当たってきた・・・・・とのことでしたが、車の中を見てがっくり・・・・・・。
 0・6号巻のスプールが入ってない・・・・・・・。
港内狙いの1・2号で釣りはじめるが2色を切ったところでブルブルっで18㌢が。
一投目からとは幸先良し!と喜んだが、私よりちょっと後からやってきたお二人さんが、20mくらい左で投げ始めた。

 私は大島大橋向きに投げると相性がいいのですが、これでは正面か右側にしか投げられない。
正面に2回、右側に1回投げたが音沙汰なし・・・・・・・。

 仕方なく椋野に移動し、2回投げるがキスがいる気がしない・・・・・・。
弁天埠頭に行こうか・・・・・と車を走らせるが、不精モノの私は久賀の手前で気が変わり引き返す。
 長浦近くの護岸への降り口を探すが、枯れ草ぼうぼうで寒いので、やはり不精な性格が顔を出し、またまたヒーターの効いた車の中へ。


 そうだ!カレイ狙いの折、良型を釣ったことのある開作はどうだろう?と車を走らせる。
ここが正解!一投目からクィークークーと竿先を引き込むアタリで23㌢が。



 20㌢オーバーのダブルなどでしばし楽しんだが、潮が左右する瀬戸内のキス、満潮間際になると潮が走り始めたせいなのかさっぱり食わなくなる。

 きっぱりと諦め、長浦の《グリーンスティながうら》の温泉で着替えを兼ねて入浴し、レストランで食事をして会議のある場所へ。


 会議では、大畠周辺の波止で、マナーの悪い釣り人とのトラブルで立ち入り禁止が相次いでいるとか、(公財)日本釣振興会本部でマナー啓発の看板を作成した、などの話が出されました。

 とにかく釣り場では地元の人への挨拶や会話が大切です。
みなさんも考えてみてください、ごみを捨てるなどは論外ですが、「ゴミさえ捨てなければ文句はないだろう」とばかりに、見ず知らずの人間が家の裏で一言もしゃべらず、目も合わさないで半日もいてはいい気持ちはしないでしょう。

 私は初めて釣りに行った場所では、地元の方に「少し釣りをしたいのですが、どこに車を停めさせていただいたらいいでしょうか?」と挨拶をし、場合によってはしばらく会話をします。



 三崎半島の二名津の隣、明神集落に行った時、ヒジキを干しているおばちゃんに話をして、ヒジキ干しの邪魔にならない場所に停めさせていただきました(右端にちょこっと見えているのが私の車)

 
 釣り人が・・・・・と事あるごとに非難されますが、「竿を持てば泥棒もお巡りさんも釣り人」で、問題は人間性にあるのですから、釣り雑誌やテレビで釣り人に呼びかけてもなかなか難しいものです。

 せめて、このブログをご覧いただいている方だけでも、地元の人の気持ちを考えて釣りを楽しみましょう!

 私たちのクラブでは
①自分のごみは言うまでもなく、明らかに釣り人のごみと分かる仕掛けやラインを拾う。
②喫煙者は携帯灰皿必携。
③餌箱は持参する。
 と申し合わせています。











2015/01/25 15:52 | キス大スキ!!

| HOME | 次のページ>>
忍者ブログ[PR]