忍者ブログ
キス仕掛けのワンタッチハリス止め。

 先日のブログで、私はキス釣りでは、ワンタッチハリス止めを使用して、手早く交換をしている。
付けるときは早いが、外すときは結んだ仕掛けを「ブチッ!」と引きちぎるほうが早い・・・・・と書きました。

 私が日ごろ使用している、ワンタッチハリス止め付きのテンビンの写真です。



 キスが「ビンビン!」当たってきても、そのアタリの数だけキスが釣れていない、俗に言うところの「はじく!」ときには、このようなクッション材をテンビンに装着し、テンビンのアームがキスのアタリを弾かないよう、このクッション材を使用しています。

 どうせクッション材を使用するなら、その先には通常のヨリモドシではなく、写真のようなワンタッチハリス止めを使うと交換が早くできる・・・・・・と考えたのです。

 仕掛けの先っぽには、仕掛け巻きからほどくときに、すばやく端っこが判るように黒や赤のマジックインクを塗っています。
 そして、ワンタッチハリス止めから万が一にでもすっぽ抜けないよう、結びコブをひとつ作っています。

 さてさて、先日のブログで、「武士なら兜の前立てはトンボです」と書いたら、知人から「なぜトンボなのか?」とのメールがありました。

 確かに、兜の前立てには龍や鬼神、三日月、鹿の角など勇ましいものが好まれますが、トンボは前に進むだけでバックができないので、それが好まれて前立てに使用されたと聞きます。

 さてさて、やっとこさで15日締め切りの原稿を作り上げました。
しかしながら、自分の怠慢で遅くなり、通常なら200円の郵送料で届くのですが、ぎりぎり14日に速達で出したので、郵便料金は倍以上掛かりました・・・・・・。
 約束とは大切なので、これも仕方ないことですよね・・・・・。

 明日からあさってに掛けて、長門市と萩市に行ってきます。
私の車も、今年の10月が一回目の車検ですが、もう4万kmちかく走行し、先日はオートマチィックオイルの交換をしましたが、タイヤもスリップサインがあと少し!と言われましたので、長門市の知人のお店でタイヤ交換をしてもらうことにしました。
 6月の鹿児島行きには、新品のタイヤで安全運転と行きたいので・・・・・・。

 タイヤ交換だけなら、長門市まで燃料と高速代を使っては間尺に合わない・・・・・と思われるでしょうが、私は俵山温泉と今年最後のカレイ狙い、そして早場のキス釣りをメインとして出かけてきます。




(常に私の動きを見つめている愛犬ぷりん、4月の始めころ、このときはコタツの陰から見ていました)




PR

2013/05/15 19:41 | 仕掛けに関するお話
ちから糸の結び目が切れる・・・・・。
 誰もが一度は悩んだことがあると思います、「ちから糸の結び目が切れた!」と。
まったく傷のない均一のラインの場合、どこが切れるかと言えば必ずと言っていいほど結び目が切れます。
 これは、柔軟性のあるナイロン糸の場合、結ぶことによってその部分がつぶれてしまい、結果として一番力の掛かったつぶれた部位が切れるのです(テンビンやサルカンの結び目も同様です)。

 ならば、ちから糸を結ばなくてもいいちから糸付きのラインなら、結び目が無いので強いのか?となります。
確かにまったく同じ条件の無傷のラインだと、根掛かりなどで過度に力が加わった場合は、テーパー付きラインの方が結び目のない分切れにくいと言えます。

 そうかそうか、では結ばなくてもいいテーパー付きラインが【断然】いいのか・・・・・・と言うと、そうもいきません。
ガッチリ!根掛かってしまい、ハリも伸びない曲がらない折れない、かと言ってハリスも切れない場合、どこかが切れなくては収まらない場合、ちから糸を結んだラインの場合は、狙いどおり確実に・・・・と言っていいほど結び目から切れます。
 片や、ちから糸一体型のテーパーライン投げ糸の場合は、結び目が無い分どこが切れるかまったく判りません
場合によってはリールからすぐのところから高切れしてもおかしくはないのです。

 それから、ラインメーカーさんに叱られるかもしれませんが、投げ用ラインとちから糸の強度を比べると、私の感じたところでは、コーティングが完璧なメーカー品投げ用ラインの方が、同じ号数のちから糸より強いと思います。
 そこで、ラインより太め(3号ラインと結ぶなら4号から4・5号などと)に切り詰めて使っています。
 これは材質だけの理由ではなく、例えば100mちかくラインが出ていたとして、根掛かりなどで20kgの力が加わったとしましょう。
 80mに20kgの力が加わった場合、20kgの力が80mに分散し、つまり20kg÷80m=0・25kgですが、ちから糸12mには、20kg÷12m=1・66kgの力が掛かるわけで、どこが切れるかと言えば、結び目でもちから糸側が切れる確率が高いわけです。


 能書きばかりたれていないで、どうしたらいいのか判るなら言ってみろ!と言われそうですね。
そんなことくらい判っているわい!と言われそうですが、結び目が均一になるように丁寧に結ぶことが肝心です。
 例えばブラッドノットの場合、3~4回廻したラインが均一ではない場合、どこかに一番弱い結び目ができ、3~4ヶ所巻いたうち、その一ヶ所に多くの力が集中してしまって切れるのです。

 丁寧に巻き数だけ均一に巻いたあと、ちょっと硬くなってデメリットも生じるかも知れませんが、瞬間接着剤を結び目に落とすことも、私はやっています。

 また、まったく無傷のラインの場合は、可能ならちから糸無しの5~7号で釣れば、一番切れやすい結び目が無い分、ガッチリ根掛かりはともかくとして、魚が掛かったくらいでは切れることはありません。
 ただこれも、先ほどのテーパーライン付きと同様、切れるときはどこが切れるか判りません。

 私の知り合いの山口県由宇町の投げ釣り名人は、一日釣行して帰ると必ずラインを巻き替えていました。
私が「例えば一匹の魚が釣れなくて、一度も根掛かりなどしなくても替えるのか?」と聞いたら、「はい、以前ラインに傷が入っていたのか苦い思いをしたので、それからは必ず一回ごとに巻き替えている」とのことでした。

 もちろん、投げ用リールの巻き量の200mすべてを一度で替えるのではなく、替えスプールを用意しておいて、今日使った100mがリールの下巻きになるよう巻き取ると、一度もリールから出ていなかった下巻き部分が上にきて、その部分で次に釣りをする・・・・・というわけで、200mのラインを2回だけ使用するわけです。
 
 私もよく言っていました。
「200m500~600円のラインの巻き替えを惜しんで何回も使用し、傷が入ったラインが切れたことにより、ちから糸+テンビン+仕掛け、これだけで300~400円の損失・・・・・それにお金には代えられない大物がプッツン!!と切れてしまっては、どうしょうもないので、ラインにはお金を使った方がいいですよ」と。

 私は夜釣りの大ギス以外は、ほとんどと言っていいほどPEラインを使用しています。
結構高価なので、初期投資は考えさせられますが、長い目で見たら劣化しにくい材質なので、ナイロンラインよりは経済的だと私は思います。

 PEとPEの結束ですが、私はぶきっちょなので、なんたらノットなどという難しい結び方はできません。
ブラッドノットの8回廻しで丁寧に結束していますが、これですっぽ抜けることはまずありません。
 心配な方は、瞬間接着剤でも、普通のタイプは繊維がすべて吸ってしまって効果がないので、ゼリー状のタイプを落としておくと【気はこころ】で安心できるかも・・・・・・。





2013/05/01 20:32 | 仕掛けに関するお話
私のキス仕掛けをご紹介してみます。

  広島地方はおととい、昨日(午前中)と雨が続いた。
することも無いので、キスの仕掛けつくりに励んだ。

 私の『思い込み仕掛け』はこうです。
モトスはダイワ船ハリス真鯛の2~2・5号を使います。
理由は、硬さのなかにもある程度のしなやかさがあり、一番の要因は安いということです・・・・。

 ハリスなのに200m巻きでこの値段、モトスなどたっぷり使う投げ釣りにはもってこいのハリス。

 ハリは、掛かり抜群のダイワのキス針『D=MAXシロギス』を使用。
吸い込みの良さに加え、針先が外向きになっているので吐き出そうとした口に掛かる・・・・・という趣向。

 以前は自分の好きなハリスを結んでいたが、50本も結ぶと爪先が痛くなるので、最近は糸付きのタイプを使用している。

 テーブルにセロテープでモトスのハリ間隔に応じてマークを付ける。
つまり、天秤から一番目のハリまでは60~70㌢とし、それぞれのハリ間隔は20~25㌢くらい(30㌢ちかく離す場合もある)と決めてテープでマーキングします。

 糸付きハリは、袋から片手でも取れ出せるよう、パッケージをセロテープでテーブルに貼り付けます。

 左手でモトスを、右手でハリスを持ち、マークした位置で束ねて8の字結びで結びます。
二番目のハリも、三番目のハリもハリ数に応じて8の字結びで結びます。

 最後の先針も束ねて8の字結びで結びます。
この結び方だと、ハリの数しか結ばなくていいので、出来上がりが早いわけです。



(見えにくいので、結び目のところだけマジックを塗ってみました。これは3本針仕掛けなので8の字結びの結び目が三つあります。)

 上の写真は、実物をスキャンしただけなので見にくいと思いますので、次に手書きの仕掛け図も載せてみます。



 この調子で、2本針仕掛けから10本針仕掛けを作っています。

【今日のぷりん】

 久々に愛犬ぷりんの登場です。
カゴや箱に入るのが好きで、こんな小さな箱でも「入りなさい」と言われれば入ります。



(文字通り、箱入り娘の愛犬ぷりん)


2010/05/12 07:01 | 仕掛けに関するお話
私のキス釣り奥の手・・・・?

 昨日ご紹介した、まるふじのタナキーパー(S)を40㌢くらいに切ります。

 つぎに二つ折にして二本縒りにします。
ごく普通の糸のような感じなので、ナイロンやフロロのようにキチンと縒れませんので、そこは適当に縒っていってください。

 二本縒りにしたあと8の字結びでとめます。
それを水に浸けます、そうするとびっくり!!ヘビのようにくねくねとよじれ始めます。
 水から取り出し、指でしごいてまっすぐにして、テーブルなどの上に並べて乾燥させます。

 下の写真をご覧ください、一番左が縒ったばかりの普通に見える糸です。
真ん中が、水に浸けたあとよじれているタナキーパーです。
右が、しごいてまっすぐにしたモノです、水に浸ける前に比べずいぶん短くなっています。



(縮んだ分だけ伸び縮みするわけです)

 乾いたら、結んだ方の反対側に、UG植田漁具のローリングハリス止を結びます。
これを何本か用意しておいて、天秤にくくりつけて使用します。

 このクッション材が、大ギスの不意のアタリや、数釣りの時にハジくことなくハリに乗せられるわけです。
このクッション材を使うと、少々硬めの天秤でも使用できます。

 市販のクッションゴムや輪ゴムを使う人もいますが、このタナキーパーの微妙な伸縮性はかなり楽しめます。
それに、市販のクッションゴムだと普通のサルカンが付いているので、モトスをいちいち結ばなくてはいけません。
その点タナキーパーで作ると、ハリス止が使用できるので、仕掛け交換が素早くできるわけです。

 下の写真は、『サーフセンサーハイパーちから糸』に、UG植田漁具の『ガイドトール』を結んで、それに『トップガン』を付け、『タナキーパー』で作ったクッション材に、UG植田漁具の『ローリングハリス止』を結び、仕掛けのモトスを取り付けた写真です。



(仕掛けを取り出す時に、モトスの先っぽはわかり易いように黒くマジックインクを塗っています。めったなことですっぽ抜けることはないのですが、念のため結びこぶを作っておきます)

 仕掛けについては、また日を改めてご紹介させていただきます。
くどいようですが、これはあくまで私の思い込み仕掛けです、良い子のみなさんはマネをしないように・・・・・・。

【我が家の花ごよみ】
 ユキモチソウやムサシアブミに続いて、「ウラシマソウ」も変わった花を咲かせています。
花序の先端が糸状に長く垂れ下がり、これを浦島太郎の釣り糸に見立てて、その名前がつけられています。



(テンナンショウ属のウラシマソウ、コンニャクの仲間です)


2010/04/29 20:42 | 仕掛けに関するお話
私のキス釣りアイテム

 そろそろキス釣りの用意を始めなくてはいけない時期になりました。

 私のキス釣りアイテムをご紹介してみます。
いろんなご意見があるとは思いますが、あくまでこれは私の『思い込み』だということでご笑覧ください。
 また、これまで「カレイしか釣らない!」と言っていたあなた!・・・・そうあなたです、じっくりこれを見て参考にして、今年はキス釣りにチャレンジしてみてください、きっと新しい世界が開けますよ・・・・・。

 まず、私は次の写真にある、まるふじの『タナキーパー(S)』と、UG植田漁具の『ローリングハリス止(小)』を用意します。



(UG植田漁具のローリングハリス止と、まるふじタナキーパー)

 Sと小を使う理由ですが、ハリス止は小さい方がいいだろう・・・・ということです。
タナキーパーはMもありますが、Mだとハリス止の穴に通りにくいという理由でSを使っています。 (このSでもセイゴの45㌢やカレイの35㌢までは十分抜き上げています)

 次に、ダイワの『船ハリス真鯛(2~2.5号)』と、同じくダイワの『D-MAXシロギス糸付き徳用(4・6・8号)』を用意します。



(ダイワ『D-MAXシロギス糸付きと、船ハリス真鯛』)

 大ギスは8号のハリを使い、しっかり飲ませて釣り上げます。
数釣りは普段は6号の6本バリで楽しんでいます。遊び心で、8本や10本も少しですが作っています。
 大会などで食いの渋いときや、波口でアタってくるときなど、4号を使うことがあります。


 そして最後に、ダイワの『トップガンS1・0(25・27・30号)』と、『ニシオカNL天秤(10・15号)』を用意します。



(ダイワのトップガンと、ニシオカのNL天秤)

 大ギスは、10号(36㌘)天秤や15号をグイグイ引っ張っていきます、ただし違和感を与えたら即座に離してしまいますが・・・・。
 数つりの場合、混み合った釣り場でドボン!ドボン!とやると、キスは散ってしまいます。そんな時体積が小さく比重の重いトップガンは、着水音が小さいので効果抜群です。高価ですが、根掛かりのまったく無い場所だと快適な釣りができます。(みなさん高い高い!とおっしゃいますが、例えば一年20回キス釣りに行って21回目に根掛かりさせたとすれば、2000円÷20回=100円で、一日100円で快適な釣りができたと言うことです。もちろん無くさなければ、鉛のようにデコボコにならずに一生使えます)

 ロッドはダイワの『トーナメント マスタライズキス27-405S』と『キャスティズム23-385』を用意します。

 リールはダイワの『トーナメントサーフZ-45』と『トーナメントサーフ35キャスティズム』を用意します。

 ラインはダイワの『サーフセンサーハイパー(0.6~0.8号)』、力糸もダイワの『サーフセンサーハイパーテーパーちから糸(0.8~6号)』を用意し、ちから糸の先にはUG植田漁具の『ガイドトール』をしっかり結びます。

 これで、数釣りも尺ギス釣りも楽しんでいます。
去年は10連は達成できませんでしたが、尺ギスは釣り上げました(一昨年は10連も達成、尺ギスも2匹釣りました)

 用意した個々の使い方は、また明日からでもじっくりご紹介させていただきます。
もう一度言っておきますが、これは私の思い込み仕掛けですので、異論のある方は目くじらをたてないようスルーして下さい。

【我が家の花ごよみ】
 
 ユキモチソウやウラシマソウだけではなく、ムサシアブミも咲いています。
これは緑の軸ですっきりとした草姿です。



(ムサシアブミの緑軸のもの) 


2010/04/28 19:53 | 仕掛けに関するお話

| HOME | 次のページ>>
忍者ブログ[PR]