忍者ブログ
ロマンのあるお話。

 瀬戸内海側の川にはサツキマスの陸封型のアマゴ、日本海に流れる川にはサクラマスの陸封型のヤマメのお話をしました(アマゴとヤマメの違い)。

 興味深いお話がありました。

 それは、7月28日のブログに書きましたが、広島大学の河合幸一郎教授のお話の中で、瀬戸内海側に流れる安佐北区可部の根谷川でヤマメが釣れた・・・・・というお話です。



(7月28日に行われた太田川水系総合調査成果報告会のようす)

 太田川水系にヤマメがいたと聞いて、一番に思い浮かぶのは、先日もお話した誤放流ですが、この谷に限っては一概にそうとは言えない部分があります。

 と言うのも、実際に上根峠に行かれた方はおわかりになると思いますが、八千代町方面からいきなり断層が落ち込んで、かなりの高低差ができた《上根断層》があるのです。

 その地層から想像できることは、元々根谷川は上根断層のところから八千代方向へ流れていたとしたら、その上流にヤマメが棲んでいてもまったく不思議はないわけです。



(画面右下の赤がヤマメが釣れた根谷側、紺色の線が現在の根谷川、推測では紺色の川が緑線の方に流れていたのでは・・・・・と想像すると楽しいです)

 ある日上根断層ができて、根谷川は途中から断層の落下と同時に太田川方向に流れ始めた・・・・・とすれば、根谷川にヤマメがいても不思議ではないわけですね。

※ ヤマメとアマゴの混生で、誤放流の他によく語られるお話に、昔山奥で木で食器などを作る木地師などが、貴重なタンパク源を自分の川でも得られるように・・・・・と、分水嶺の向こうの魚を釣って弁当箱に入れて運んで、自分の方の川に放流した・・・・・といったお話があちこちで残っています。













PR

2018/09/15 17:49 | お魚の生態
無題

 4日間、一歩も家を出ずに愛犬ぷりんのお守りをしたので、カミさんが帰ったらキス釣りにでも・・・・・と企んでいたが、連日の雨・・・・・・・・。
 仕方なくガレージの釣具を片付けたり、なんだかんだの他はやはりテレビ・・・・・。


 先日、BS放送で石見の小京都《津和野》を紹介する番組があった。
その中で、「おやっ?」と思ったのが、温泉宿で出された渓流魚の塩焼き。



(テレビ画面を写メに撮ったので、光が入り込んでいます)

 ナレーターの女優さんが「おしいアマゴを・・・・・」と。
待てよ、津和野は日本海側の高津川に流れ込む川なので、そこに棲んでいるネイティブの渓魚はアマゴではなくヤマメのはず・・・・・・・・・と。

 先日のブログで《分水嶺》について書きました。
分水嶺から北に降った雨は日本海へ流れ、ヤマメを育む渓流へと注ぎ込み、南に降った雨は瀬戸内海へと流れる渓流でアマゴを育むようになっている。
 その伝で行くと、津和野で釣れる渓魚はヤマメであるはず。



(大まかに私が描いた、広島県西部の分水嶺が赤い線)

 ずいぶん前までは、いっしょくたぁに放流して、日本海側にもアマゴ、瀬戸内海側にヤマメなど誤放流をした時代もあり、当時《広島県内水面漁場管理委員》をされていた、鴨谷師が養魚場の主にやかましく言っていたのを側で聞いていた。
 その誤放流の名残なら、アマゴも釣れるが、やはりテレビで放映する以上は正しく調べて欲しい。

 テレビと言えば、私がテレビに初めて出てのは1987年4月下旬、長崎県の五島列島での《ザ・フィッシング》。



(左鴨谷計幸師、右はテツ西山こと西山徹氏)

 その折、釣り終えて若松島の神部にある民宿《えび屋》での場面。
テレビプロデューサーやディレクターが、卓上に並べられたキリンラガーを見て、「この番組のスポンサーにビール関係はあったっけ?」
「一応、念のためビールは撮さないでおきましょう」との会話。

 ふぅ~ん・・・・・・、そんなものなんだと思って、その後は色々気をつけてテレビを見るようにしていた。

 昨日放映のBSの旅番組、ローカル線を乗り継いで地元の名所を10個見つけるのがその趣旨。
男女のタレントが、10個目の名所発掘にと、茨城県のキリンビール取手工場の見学に。
 しかし、CMの時間になると、矢沢永吉さんの《神泡》のコマーシャルが!!!!!

 びっくらぽん!そのような時代になったのか?それとも番組ディレクターはこっぴどく叱られたか・・・・・・・・。



















2018/09/11 12:34 | 未選択
無事帰着予定。
一難去ってまた一難》のカミさんたち、旭山動物園は入れす、富良野は店が全部しまっていた、函館の夜景は中止・・・・・・・などと言ってはいましたが、一応ホテルもすべて停電なしで三泊四日の日程を終え、羽田空港では予定の飛行機よりも55分遅れになったらしいが、そろそろ無事に広島空港に着く時間。



 愛犬ぷりんが元気な時は、空港に送り迎えしていたが、リムジンバスで帰ってもらうしかない。

        

 一時は、右に顔が傾き瞳孔も定まらず、すぐ右に倒れそうになっていましたが、以前の8~9割ちかく復活してくれました!!!!!
 ぷりんの頑張りにばんざ~い!



















2018/09/08 19:48 | ぷりん登場
レジャーフィシング10月号 好評発売中!!!

 中国・四国・九州地方の情報満載の《レジャーフィッシング10月号》好評発売中です!!!  

第二特集は《キスの投げ釣り編》、主に大ギスの狙い方などが書かれています。

 シュアジギングもおもしろそう!
浦戸湾の57㌢の巨チヌも興味がある・・・・・。



 ぜひ、有名書店、大型釣具店でお求めください。


 お話は変わって『一難去ってまた一難』ということわざがあります。
わが家は、まさにそのことわざがドンピシャ!なことが起きています。

 カミさんは、海外には何度も行っていますが、北海道には一度も行ったことがなく、常に「北海道に行きたい!」と言っていました。

 娘と休みを合わせて、計画した北海道、5日の昼前に広島空港を出て⇒昼過ぎに羽田空港⇒そして新千歳空港と・・・・・。

 台風21号の通過でヤキモキしていましたが、本州に上陸したあと速度を上げ、何とか5日の夕方には新千歳空港に行けることになりました。

    


 なんと言っても食の北海道、美味しい美味しいと写メが・・・・・。

 今朝6日の5時30分、愛犬ぷりんに起こされてテレビを見てみたら北海道は大変なことに!!!
 札幌に泊まっているカミさんたちは無事だとメールが来たが、予定していたemoji旭山動物園emojiも中止になったとか・・・・・・。

 まぁ、そんな呑気なことより明日帰る予定の新千歳空港emoji大丈夫かいな・・・・・・・。
よくよく予定表を見たら、帰るのは明後日函館空港からでした

 台風の心配のあとは大地震!まさに《一難去ってまた一難》を身をもって体験しているカミさんたちです。
大当たり!!!》
























2018/09/06 13:57 | 未選択
うれしいいただき物。

 9月2日の、《琴ヶ浜キス釣りの集い》で、うれしいいただき物がありました。

 山口市からご参加のN崎さんからいただいた、サクラ高級釣竿製造所の《世界一 日本号 力学の勝利 420》の未使用品です。

          

 さっそく、わが家の先輩格の日本号と一緒に並べて写真を撮りました!!!

     

 右側が、今回いただいた力学の勝利、真ん中は日本号D、左は日本号C、どれもすべて未使用品です。

 他に、こんなものもいただきましたemoji



 私が魚卵系大好き!中でもからすみが好きとブログに書いていたので、宇部市からご家族でご参加の、出雲おろちサーフの本田さんが持ってきてくださった、《はかた寿賀や の辛子明太子からすみ》。

 さっそくいただきましたが旨い!
明太子でも、製法が同じならからすみが出来るんですね!

 他にも浜田の赤てんや、博多《タケシゲ》の醤油など美味なモノを。



 私は《豆》から作られるモノにはこだわりがあり、豆腐、味噌、そして醤油など。 





















2018/09/04 07:58 | オールドタックル

<<前のページ | HOME | 次のページ>>
忍者ブログ[PR]