忍者ブログ
4月1日は。

 3月31日、愛犬ぷりんの調子は良さそう!
4月1日、午前5時45分家を出発。



 広島東から福山西まで1430円
 西瀬戸自動車道今治まで2260円

 まず今治の四国霊場第55番札所南光坊さんで《散華》をいただく。



 今治湯の浦から徳島県の藍住まで2820円
そこから国道、県道を走り四国霊場第21番札所太龍寺ロープウェイ乗り場へ。



(100人乗りのロープウェイ(往復2470円)で・・・・・・・)



(ロープウェイから見えるおおかみヶ嶽のブロンズ像、ニホンオオカミ絶滅して久しい・・・・)



(太龍寺さんで本堂脇のホコリ(お砂)を、濡れた和紙にいただく)

 これにて、今回の第一目標を達成!
次は、第二目標の楽しみな三桁の国道走り♪♪♪





(これは太龍寺さんに行く前、勝浦町のひなまつり、レトロなたばこ店さんのショーケースにもお雛様が)

 





(懐かしいストライプのキリンビール自販機、もちろん現役ではありません)



(谷が合流する場所には商店が・・・・・こんな佇まいも好きなんです)



(道行く人を見守るのか、はたまた川で遊ぶ子供たちを見守るのか・・・・・)



(標高が高くなると狩野英孝が・・・・じゃなくミツマタ(和紙の材料)が) 


 高知県に入り、香美市物部町の奥、県道49号線を走ってみました。



 実は、以前NHKの《新日本風土記》で、この地方独特の「いざなぎ流」という祈りがあるのを観て、ぜひその雰囲気を味わってみたいと・・・・・・・。

 道の脇、何か所かに御幣が何本も立てられ、独特の雰囲気が伝わってきます。
行き止まりまで行こうか・・・・と思ったのですが、何しろ崖路であちこちに落石もあり、もし帰りがけに落石で通行できなくなっては、と臆病風が吹いてしまい、笹の集落の上辺りで引き返すことに。

 ナビを見てみると、高知市追手筋のホテル到着時間が17時過ぎ、あまり遅くなると駐車場が早い者順なので、寄り道はこれまでにしてホテルに向かう(早く着いてよかったです、一晩駐車して700円でしたが、もし遅れていたら一晩2900円の駐車料金になるところでした。)

  ひろめ市場で、一番搾り生ビールとカツオのたたき、手長エビのから揚げ・・・・・・。



 酒屋さんで、《酔鯨》と《土佐鶴》を買ってみました。

 4月1日は暮れていきました・・・・・・・。

 



















PR

2017/04/03 09:06 | 四国遍路
やれやれ・・・・・・・。

 なんだか今年の花見ガレイ、私の知る範囲ではあまり《爆釣》といった話を聞かない・・・・。

 そりゃぁ、別に釣り人や底引き船の操業、そして鵜などの危険と隣り合わせの浅い海に、わざわざ長居をしなくても、彼ら・彼女らが夏場に暮らす水深60mくらいの海域に、早目に帰ってもその海域にもエサはあるのだから・・・・・・・・。

 とはいえ、自然の摂理というものがあり、通常夏場に水深60mくらいの海で過ごしたカレイが、地上や沿岸部の気温など分かりはしないのに、ちゃんと9月末には接岸し、年末年始にかけて産卵し、ひとしきり産後の休息をとったのち、2月ころからエサを摂り始め、4月にはぽってりとした花見ガレイと名前を変え、5月初旬には来る高温の夏に備え深場に帰って行く。

 はずなのに、3月末から4月にあまり釣果がよくないとは?
何か人知の及ばない力が働いているのだろうか・・・・・・・・?





(去年、おととしはこんな釣果もあったのですが・・・・・・)

 花見ガレイ、自分の目で試しに行きたいのだが、ぷりんと私の体調やら何やらでなかなか・・・・・。


 さて、その何やら。

 私はこれまで三回、四国八十八ヶ所を廻っている。
一回目は、私の持病の平癒に・・・・・と。
二回目は、去年の1月に109歳で亡くなった母の供養に。
三回目は、重い心臓病を患った愛犬ぷりんの病気平癒にと。

 お遍路で札所(お寺)にお参りすると、納経帳に墨書とご朱印をいただけるほかに、下の写真のようなそれぞれの札所のご本尊をあらわす《お御影》をいただける。



(55番南光坊のお御影)



(これは、2015年に四国開創1200年記念の御影)



(2016年、閏年限定の散華)

 一回目の88枚の《お御影》は私の健康祈願のために。

 二回目の88枚の《お御影》は、母と一緒にお墓に納めました。

 さて三回目、愛犬ぷりんのためにと廻っていただいた《お御影》、なんと愛媛県今治市にある55番札所南光坊さんのだけが無い・・・・・・・・?
 せっかく八十八ヶ所廻っても、一枚が欠けていては《画龍天点晴を欠く》で、いかんともしがたい。

 それにもう一つ。
 前回廻ったおり、3㎝角に切った和紙を濡らして、札所の本堂すぐそばの地面に押し付けて、その和紙に付くだけの《お砂》をいただいて帰った・・・・・・・が、しかしなんと!
広島から対角線で一番遠い、徳島県阿南市にある21番札所《太龍寺》さんのが無い!!!

 愛媛や高知なら釣りのついでに・・・・・となるが・・・・・・・・。

 そう言えば、昨年の4月に廻ったとき、第一番札所霊山寺さんにお参りしたのに、周りに気をとられご朱印をいただくのを忘れ、徳島県在住のがまかつテスター矢野勝彦さんにお願いして、ゆうパックで送ってご朱印をいただいてもらったことがありました。



 ここのところ、愛犬ぷりんの調子がまずまずなので、思い切って4月1日と2日で、愛媛県今治市の第55番南光坊さんと、徳島県の第21番太龍寺さんに行くことに。

 それだけなら、なんとか日帰りも可能だが、せっかくなので今まで一度も走ったことのない四国を縦断する三桁の国道、195号線と197号線を走ってみることに。

 私は海も好きだが、「山道フェチ」でもあるのです。
狭い山道を走るとわくわくするのです。

 松山から高知への33号線や、室戸までの海岸沿いの道は、それこそ十数回も釣りで通っていますが、四国山中の道は一度も走ったことがないのでこの機会にと・・・・・・。



 上の地図の赤い線にしたがって、広島からしまなみ海道を通り今治、そこから徳島IC、55号線で太龍寺、そこから195号線で高知市へ。

 日曜市で賑わう追手筋のブライトパークホテルで一泊、ひろめ市場で高知の食を堪能し、翌朝は日曜市をひやかして、須崎市まで高速道路、そこから竜馬脱藩の梼原を目指して197号線をひた走ります。

 途中から西予市に出て、大好きな三瓶町にある《みかめ潮彩館》に寄って、かんきつ類をあるだけ買い込むつもりです!














2017/03/31 15:37 | 未選択
釣りに行ってません・・・・・・・。

 私は、日記代わりにブログを書くようにしています。
あとで読んでも楽しいことの方がいいので、あまり良くないことは書かないようにしていますが、実は愛犬ぷりんの心臓が悪くなり、朝晩2錠ずつの薬を飲んでも、あまりよくないこともあり、気になってしまい、夜もあまり寝られません・・・・。

 私の方も、ある検診で引っかかり、精密検査のための紹介状が届いていますが、なかなか行く気が起きず「このままでいいや・・・・・・」的な気持ちにもなって、釣りにも行かずあまり気分がすぐれず、ブログの更新も滞っています。

 先週、大畠方面に釣行した人の話では、「神代から大畠までのめぼしい場所は4時に行っても先客あり・・・・・・」とのことでした。
 最近、釣り関係のデータをみると、投げ釣り人口の減少が話題になりますが、やはり好釣り場ともなると昔と同じように《夜討ち朝駆け》となるのでしょうね。

 体調が悪いので、あまりシャンプーやカットも・・・・・との獣医さんの言いつけを守って、もこもこの愛犬ぷりんです。



 ぷりんの右横のちっちゃなもの・・・・・・PAPAP?

 正体は、カミさんが娘と行った沖縄旅行で買ってきた、ちびっこパイナップルです。



(普通のパイナップルと、ちびっこパイナップルを並べてみました)

 さてさて、釣りに行かないからと言って、ぷりんとコタツの中で俳句ばかりひねっているわけにもいかず、ストレス解消法は芋焼酎の飲み比べとなっています。

 鹿児島県の、定価販売にこだわるお店を知り、そこから購入しています。
友達に送ったのも含めて30本数本爆買い?しました。

 どれもその蔵元さんが自信を持って造っておられるので、美味しいのは承知の上ですが、ロックで1~2杯飲んでみて、自分の口に合わなかったら、気の置けない友人にお願いして、もらっていただいています。



(上の焼酎のうち、8本は友達にもらっていただきました)



(上の焼酎のうち、5本は残っています)



 上の6本は、先週着いたばかりなのでまだ未確認です。





 《一どん》は売っていないので、毎月毎月往復はがきを出しています。

 もし《末期の水》ではありませんが、人生最後に焼酎を飲むとしたら《一どん》がいいなぁ・・・・(家族に遺言しておこう)。
 二番目は、これも一般には販売していませんが、薩摩川内市の《柳山高柳》(下から2枚目の写真、後列ブルーの瓶)が好きです。














2017/03/25 14:57 | お酒にまつわる話
2017年度、島根協会新年総会&釣り大会。

 3月11日は新年総会、翌12日は事故防止訓練&釣り大会。

 なぜ3月に新年総会?
実は、協会会員は島根県内にとどまらず、広島県、岡山県倉敷市、山口県宇部市など山陽地方にもいるため、雪の中国山地を越えることなく、安全を期して3月に設定しているわけ(このほかにも大阪府、兵庫県在住者もいます)。

 
新年総会の会場は島根県浜田市弥栄町にある《ふるさと体験村》←(クリックしてみてください、古民家やログハウスが出ています)

 私は、この時期の浜田での釣り、まぁ~~~ったく自信がないので、今回の楽しみはみんなと会えるのと、早春の山菜《ふきのとう》  

 

 美味しそうなふきのとう。

 そこそこふきのとうが採れたので、ふるさと体験村の温泉にemojiemoji

 その後、総会をちゃちゃちゃっとやって記念写真を。



 私がグッと上げた平均年齢を、おちびちゃんたちがぐっと下げてくれました(^_^)v

 続いてはお楽しみの懇親会emoji




 さらに古民家《桑田》の囲炉裏を囲んでの二次会(囲炉裏には火が入っていませんが)。



 二次会は早めに切り上げるのと、翌朝はアルコールが残っていてはいけないので、ふるさと体験村を朝6時以降の出発に・・・・・・が決まり。

 
 翌日、3年連続で須津港へ・・・・・・。
ここで親しくなった漁師さんに、いつもワカメをいただいているので(^^ゞ
奥さんに挨拶をし、旦那さんの船が帰ってくるまで竿を一本出してみるが、エサがそのまんま上がってくる・・・・・。

 

(車一台がやっと通れる路地の先には、青い海が広がる・・・・・・、こんな景色がたまらなく好きなんです)

 とりあえず、昨日のふきのとうと、今朝いただいたワカメでおみやげはできたので、気楽に構えて次の釣り場の三隅港の松原の波止へ。

 釣っていたゆかりさんに聞いてみると「エサ取りもいない・・・・」とのことで、竿を出す気にならずにしばらく海を眺める・・・・。

 餌木の人たちが、胴長25以上のコウイカを上げている。
見ただけで3ハイ上げていた。

 エサ取りもいなくて退屈だというゆかりさんと青川の波止へ。
あまり本気になれないので、竿2本を内側に投げていたら、フグにハリスを2本切られたのと、ヒトデが2匹だけで集合時間の12時に。



 150g買ったエサ、30gは使っただろうか・・・・・・・。

 みなさん釣果は芳しくなく、松原湾で引き釣りをした西村さんがキスを10匹あまりと、他にも3~4人がキスを。
 カレイは25~26㌢が一匹だけ釣れていただけ。



  (寒いので、だれも海に飛び込む人はいないので、陸上で救命浮き輪を投げてみました)



(イザというときのためのロープワーク)

 さて、最後に全員で記念写真。



 今年も和気あいあい、楽しい協会として無事に過ごしていきたいと思います。

 ガツガツせず、和気あいあいでマナーの良い楽しい釣りを目指す方、全日本サーフ島根協会のHP、お問い合わせのところからぜひ「いらっしゃぁ~い!」

 現在会員の在住地は、島根県7人、広島県13人、山口県5人、岡山県1人、大阪府2人、兵庫県1人です。



















2017/03/14 11:40 | 未選択
新暦・旧暦。

 カレイ釣りにも新暦ではなく、旧暦で・・・・・・とよく言っています。
動植物は、カレンダーを持っていないので、自然の移ろいで季節を感じ取っているからです。

 私は、毎年3月3日のお雛祭りには、ちらし寿司に添えるためにつくしを探しに行きます。



 2014年の3月3日は、こんなにたくさん生えていました。

 2015年の3月3日はまったく見当たりませんでした。

 2016年の3月3日、この年もさっぱりでした。

 2017年の3月3日、下の写真のとおりたった三本ですが見つけることができました。



 この3月3日を潮見表をもとに、旧暦で比べてみました。

 2014年の3月3日は、旧暦の2月3日でした。
 2015年の3月3日は、旧暦の1月13日です。
 2016年の3月3日は、旧暦の1月25日です。
 2017年の3月3日は、旧暦の2月6日でしたが、たった三本しか見つけられませんでした。

 これはもちろん旧暦を参考に・・・・・とはいえ、その年の寒さなどが多少なりとも影響しているのでしょう。

 戻りガレイなども、釣れた日にちを旧暦で覚えておいて、それに近い潮回りの休日に釣行してみたら釣果が期待できるかも・・・・・・。


《レジャーフィッシング好評発売中!!!》

 特集は、春の代表メバルです。



 
 






2017/03/10 15:05 | 未選択

<<前のページ | HOME | 次のページ>>
忍者ブログ[PR]