忍者ブログ
死ぬほど好き。

 私は干し柿が好きで、よく「死ぬほど好き!」と言っています。

 いつもカレイシーズンになると、大畠近辺の釣り場の後ろのお家になっている柿を、釣りも大会もそっちのけで木に登って採って分けてもらっています。

 今年の9月26日、所用のついでにそこを通ってみたら、柿の木に何か蔓が巻き付いてほとんどなっていませんでした、がっかり・・・・。

 がっかりしていましたが、親切なお方から36個いただくことができました。
さっそく皮をむいて・・・・。
ヘタの廻りを包丁の先でガクごと一回りむき、あとはピューラーでさっさかさっ!と。



 ヒモに通して熱湯にちょいと浸けてカビ予防を。
そのあと、日当たりの良いところに吊るして・・・・・・・。



  干し柿用の番犬?が日向ぼっこついでに、しっかり?うっかり?と見張っています。

 去年は、干したとたんに雨続きでカビがいってしまいましたが、今年は好天続きの予報なのでおいしい干し柿が出来上がりそうです!


 ところで、芋焼酎のところで、「中途半端な凝り性の私」と書きましたが、芋焼酎だけではなくこんなところにもこだわりがあるのです。



 四国遍路に欠かせない白衣の背中の《南無大師遍照金剛》の文字。



 通常、遍路グッズを売っているところでは、白衣の背中の「南無大師遍照金剛」の文字は,、下の写真のように印刷がほとんどです。



 (なんやぁ、変わりはせんじゃないか・・・・・と思われるかも、でも凝り性の私はこだわってしまうのです)

 中途半端な凝り性の私は、29番国分寺さんでお願いし、上の写真の手書きで書いていただいた白衣を着用しています。
 三回目に一緒に廻った娘のときも、国分寺さんに返信用に郵便局のレターパックを送り、郵便振込で代金を送ってわざわざ書いていただきました。

 これからお遍路を始めようとお考えの方、ちょこっとこだわって手書きの白衣はいかがでしょうか・・・・・。

 菅笠ですが、何も考えずに買ってしまいましたが、字が気に入らないので無地の笠を買って帰っています。
 しっかりと練習をして、自分で書きたいな・・・・・・・・と思うだけで、まったく練習はしていません。





















PR

2017/11/03 17:16 | グルメ・料理
仕掛けたっぷり・・・・。

 9月28日、恒例の似島初心者ファミリーフィッシングのため、準備をしていましたが、台風22号のために中止になりました。



 初心者対象の釣り教室なので、似島臨海少年自然の家ではこれまで(公財)日本釣振興会中国地区支部が寄贈したタックルなど100セット以上貸し出しています(仕掛け・オモリ・エサは当日自然の家の方で販売しています)。

 釣りの最中に根掛かりした場合、講師の方々が外すのをお手伝いしています。
 軽いオモリなので外れることがほとんどですが、講師が外していて切れた場合、「本部で買っておいで」とは言えないので、テンビンやハリを私のポケットマネーで用意していました。

 ガイドが外れたときなどの補修用に瞬間接着剤、ロッドが固着した場合に備えて、㈱ファジーさんの固着返しも用意(これは㈱ファジーさんにいくつか寄贈していただいています)。

 しかし、ハリの消耗は半端ではありません、そこで今回は節約のため徳用ボックスのハリを買って、自分で結ぶことにしたのです(8本✕16巻用意しました)。



 ライトタックルなので、あまり太仕掛けだと根掛かりした場合、タックルが損傷してはいけないので、ハリは流線の10号にハリスは1・5号で作りました。
 128本の替えバリ、来年までガレージで・・・・・・・・。

 私は花見ガレイの時季、港内や波止でのちょい投げの場合、13~15号のキング(ジェット)テンビンで、ハリスは1・5号仕掛けでカレイの40㌢オーバーを数釣っています。
カレイでハリス1・5号?って思っておられる人もいるのでは?
(これは昔、脱サラをして小さな小さな、うんと小さな釣具店をやっていた時の、不良在庫?のキス仕掛けでハリス1・5号で、30㌢オーバーや40㌢オーバーをかなり釣っている自信からきているのです)
 ただし、ロッドはキャスティズム20ー385Tと、穂先の柔らかいロッドを使用します。

 そこで、半分くらいは港内用の仕掛けに転用することにしました。

 遠浅の海岸で遠投して、途中にシモリが多い場所ではやはり5号ハリスを使っていますが、港内や波止・岸壁などからの釣りは、ロープなどに掛かった場合、太いハリスだと簡単に切れないのでテンビンごと仕掛けロスになるか、掛かったロープをグイグイ引っ張り回して、廻りにいるカレイに警戒心を抱かせたりするので、簡単に切れるよう細い仕掛けを使用します。

 カレイなら上がります!カレイではなくロープやシモリなら、ハリスはすっぱり切れてほしいものです。



(これはすべて、1・5号ハリスで釣り上げた花見ガレイです)

 私は、通常は5号ハリスを多用していますが、磯のきつい場所だと4号ハリスを使います。
一見逆のようですが、岩と喧嘩をしても到底勝てません。
ならばできるだけ簡単にハリスだけ切れてもらい、テンビンや力糸はできるだけ温存したいわけです。

 カレイだけの負荷や暴れ具合なら、シモリなど他作用がなければ、50㌢でも4号ハリスで十分上がります。

 昨日のぷりん

 裸族の愛犬ぷりんは、洋服が大の大の大の苦手!
昨日はハロウィーンなので、着せてみたら一歩も動きませんでしたemoji

















2017/11/01 17:24 | 未選択
牛に引かれて善光寺参り・・・・・。

 牛に引かれて善光寺参りではありませんが、新米にひかれて、炊飯器を新しく買い替えました!

 ただ、何だかんだといくつもの効能を並べ立て、10万円以上する炊飯器も数多く販売されていますが、とてもとても機械にそこまで出せませんが・・・・・。



 鹿児島から送っていただいた稲架干しの新米が、新しい炊飯器で炊き上がりました。



 ありがたく、美味しく家族でいただきました!!!
愛犬ぷりんにも、数粒食べさせてやりました。

 カミさんの姪夫婦も、田舎で法人を作って手広くコメを作っていて、今年の新米も「おばあちゃん(カミさんの母親)にお供えしてください」といただいてはいるが、稲架干しのお米となると別格です。


 お話は変わって、明日予定していた、似島臨海少年自然の家主催の《初心者ファミリーフィッシング》は、台風の影響を考えて中止になりました。
 先週に続き今週末も台風が・・・・、楽しみにしていたご家族(参加申し込み)も多かったと聞きますが・・・・・・。



(今年も、こんなにたくさんの笑顔に会えると楽しみにしていたのに・・・・・)

  ぷりん登場



 先日、広島駅まで関東から帰省するお姉ちゃんをお迎えに行った時のぷりん。
浮かぬ顔していますが、この数分後には大喜びをしていました。









2017/10/28 16:49 | グルメ・料理
台風一過。

 超大型と言われる台風21号が接近中。
21日は、島根県益田市めばえ保育園きりん組(年長)さんを対象の釣り教室。
21日の正午から22日の13時審査で、全日本サーフキャスティング連盟『中四九交歓落ちギス大会』と効率よく?行事が待っている。

 21日朝9時に開催の釣り教室に参加のため益田市の持石海岸へ。



(2年前に開催した持石海岸は、このとおり大荒れ、とても釣り教室など開催できない)

 主催者の判断で、急きょ戸田小浜漁港に会場変更。

  子供さん22人、保護者21人、保育園職員&スタッフ17人が集合。



(当日の世話役、島根協会出雲おろちサーフ岡本会長の挨拶)

 当初、砂浜でのキス釣りの予定だったが、あいにくの荒天で港内でのサビキ釣りに変更。
豆アジが退屈しない程度に釣れ、子どもたちは大喜び。



 港内で、18~22㌢くらいのキスが釣れると分かり、投げ釣りが半分以上に・・・・。




  前もって釣っていたキスと、当日子どもたちが釣ったキスや豆アジをせっせと天ぷらに。



(笑顔で魚を捌き、天ぷらを揚げてくださった裏方さん、お疲れさまでした)

 お約束の正午には納竿として、港内のゴミ拾いに・・・・・・。



(ゴミ拾いをしてきた良い子たちに、おやつと手作りハンカチが配られ大喜び!)

 参加者みんなで釣った天ぷらを「おいしいおいしい」と昼食。
当日は、地元のケーブルテレビ《ひとまろビジョン》さんも、取材に来てくださいました。
子どもたちの良い思いでになることでしょう。



 最後はみんなで記念撮影。



 全日本サーフキャスティング連盟が提唱する「未来の釣り人育成プロジェクト」から補助していただいています。
 このちびっこたちの中から、将来何人のマナーの良い釣り人が誕生するでしょうかemoji


















2017/10/23 19:32 | 未選択
稔りの秋。

 この季節、つくづく日本に生まれてよかったなぁ~と思います。
もちろん、色とりどりの花の咲き誇る春、青葉若葉の新芽の初夏、浜にまぶしく光るキスの夏など、どれも本当に素晴らしい四季のある日本がぜ~んぶ大好きです!

 先日、「先週脱穀し、新米が出来ましたので試食してください」と、2012年に鹿児島の下甑島の民宿《道》さんで同宿になった、薩摩川内市の課長さん(当時)から、稲架干しの大切に大切に育てられた新米と、大好きな焼酎《柳山高柳》、おいしい鹿児島のお漬物をいただきました。



(「新米食べて三年長生き!」愛犬ぷりんにも、何粒か食べさせてやることにしよう)



(丹精込めて育てられ、たわわに稔った稲穂。2015年に見せていただいた田んぼ)



(稲架干しされた稲、この稲架を立てるだけでも大変な作業。後方の風力発電の風車が立った山にも、連れて行っていただいたのも懐かしい)



 稲架干ししたあと、一束一束脱穀して手間を掛けられた新米を私にまで・・・・感謝感謝。

 さてと、稲架干しの新米・・・・・・・、6年前に買った四つ星マーク付きの炊飯ジャー、パッキンが弱くなったのと、釜に傷が入ったせいなのか?最近ご飯がおいしく炊けない・・・・・。
 新米をいただいたのをきっかけに、新しく炊飯ジャーを買うことにしよう・・・・・。
新しいジャーを買うまでは、この稲架干し新米emojiはがまんがまんemoji

  今日のぷりん

 無理をしなければまずまずの調子で、ガンガンおやつをねだってきます。
そうして、お父さんに捕まってしまい、顔が三角になるくらい挟まれて逃げられません。














2017/10/20 08:45 | グルメ・料理

<<前のページ | HOME | 次のページ>>
忍者ブログ[PR]