忍者ブログ
芋焼酎を適正価格で買う!

 最近は愛犬ぷりんが心配で、あまり釣りに行く気が起きていない・・・・・・、と言うより今日も14時まで何にも食べなくて、「お腹が痛いのかな?」「心臓が苦しいのかな?」とやきもき、こちらまで調子が悪くなってしまいます。

 釣りに行かない今、もっぱらの関心事は《芋焼酎》

  入手困難と言われても、適正価格でしか買わないへそ曲がり。


(こちらは、34~35ページ)



(一個人という本が紹介した、本格焼酎飲み比べの36~37ページ)


 森伊蔵、村尾、魔王はもちろん、他もほとんどがプレミアム価格。

 幸いなことに、2012年に鹿児島の甑島で、鹿児島県のとある市の課長さんと同宿となり、その後森伊蔵、村尾、侍士の門、薩摩茶屋他をいただき、プレミアム価格で買わないという信念を貫きながらも、プレミアム焼酎を味あわせていただいた。

 写真の中で《川越》がなかなか定価・適正価格で売られているお店に出会わなかった・・・。
ダメ元で『芋焼酎川越定価』とネット検索を繰り返していたところ、ある老舗酒店のHPにたどり着きました!!!!!

 早速銘柄と価格を検索したところ、あれほど探していた「川越」が、税込み2,980円で表示されているではありませんか!

 私は、初めての焼酎は一本ずつ買うのが常ですが、「御一家族さま2本まで」とのお言葉に甘えて2本お願いしました、私の勘を信じて。



 探していた芋焼酎《川越》

 お願いしていたとおり、昨日の午前中着で無事届きました。
それもご丁寧に梱包され、お店の誠意がひしひしと伝わってきました。

 さて、待ちかねた夕ご飯!
いつものキリンラガー350ml缶を一本飲んだあと、新しく封を切った川越をロックグラスに。
旨い!

 焼酎の3Mと言われる森伊蔵・村尾・魔王についての旨さは私が語らなくても、多くの方々が求められ、現在のような高価格で転売されているのでしょう。
 また抽選でしか入手できない《一どん》とか、発売と同時に品切れになる《萬膳 真鶴》も、7~8,000円で転売されるだけあって旨い。

 しかし、今回のように良心的な特約店さんに巡り合えたら、定価で飲める芋焼酎としては《川越》と《造り酒屋 櫻井》が、前出のプレミアム焼酎に負けず劣らず旨い、ついつい二杯目を注いでしまいます。
何店か探し探してやっと適正価格販売で見つけた《八幡》も好みです。

 もちろん、どの焼酎も杜氏さんが丹精込めて作られているので、負けず劣らずの個性があって美味しいのですが、嗜好品であるかぎり好みがあるのは否定できません。

 転売目的で、一人が大量に買い占めたり、プレミア価格で買わなければ、みんなが楽しめるのですがね・・・・。
 私など、せっせと往復はがきを出して、やっと当たった一どんをいくら8,000円で・・・・と言われても、手放せませんが。












PR

2017/06/02 19:28 | お酒にまつわる話
値上げ・・・・・。

 明日6月1日から、一部の郵便料金を始めいろんなものが値上げされる。
 身近なところではビールemoji

 小規模の小売店さんの保護のためと聞くが、ここ20数年でずいぶん知り合いの酒屋さんが店を閉じている。
 20数年の間、ディスカウント店の好きにさせておいて、今更遅いだろう・・・・・・の感がしないでもない。

 とは言え、いくら上がるのか分からないので駆け込み購入へと走った。
賞味期限を見ると、2018年1月になっているので、24✕9=216本あり7ヶ月と少々。



(ガレージの中、釣具よりもお酒の占める割合が多くなりそうemoji

 これから暑い夏はラガー、秋風が吹くころからは一番搾りを愛飲しているので、当然ラガーを多めに買いたかったのですが、一番搾りに付いていた景品のサラダ油にめがくらみ、数量が逆転してしまった・・・・・。

 買いだめで思い出しました。
30歳代に、タバコの値上げ!と聞くと買いだめしていたことを・・・・・、吸ってしまえばお終いでムダなあがきだったような気がしないでもない。
  40歳になってすぐにタバコは止めた(休んだ)ので、ずいぶんと楽にはなりました。

 ビールオンリーだったころは複数本飲むので、経済的観点から発泡酒に走ったこともあるが、今では缶ビール一本と、小さなコップで焼酎のロックを飲むだけ、一本だけならビールにするか・・・・・と。

 芋焼酎《一どん》の応募用往復はがきも20円上がってしまった・・・・・。







 


2017/05/31 14:16 | 未選択
未来の釣り人。

 5月の日曜日はすべて予定で埋まっていました。
その最後の日曜日の昨日は、こんな感じで・・・・・・。



 (公財)日本釣振興会広島県支部主催、後援JOFI広島で行った釣り教室。
第一回目の昨日は、俗に言う《座学》基本的な道具の説明や結び方の練習。
第二回目は8月のハヤ釣り教室
第三回目は10月の海釣り

 そう言えばずいぶんと昔、広島市郊外の府中町公民館の依頼で、土曜日の夜に結び方や道具の扱いを勉強して、翌日の日曜日に似島において実地での投げ釣り教室をしたことを思い出しました。



(まず、公民館で座学)



(こんな小さな女の子も、ハリの結び方に真剣に取り組んでいました)





(さぁ、翌日はみんなで似島へ)



(干潮を見計らって砂浜に展開して釣り教室)



 当日は、地元ケーブルテレビも取材に来てくれ大変盛り上がりました。



(この写真は、別の機会に太田川で開催されたハゼ釣り大会での釣り教室風景)

 一人でも多くの方に、釣りの楽しさを知ってほしいとの思いから、今でも毎年似島や観音マリーナの釣り大会に、仲間と一緒にお手伝いに行っています。















 


2017/05/29 16:02 | 未選択
伝家の宝刀、地堀りホンムシ。

 以前もこのブログで書きましたが、この時期にかぎらず私は地掘りホンムシに絶大な信用をよせています。

 去年のこの時期、「たまにはカレイとキス以外の魚を釣りたい」と言う、クラブのヤスさんのリクエストに応え、地堀りのホンムシを持って周防大島K房に行き、見事ヤスさんの望みどおりの上りチヌをゲットしてもらいました(このときの様子は、右側の検索画面で「チヌ祭り」と入れてみてください)。



(見るからに美味しそうな地掘りホンムシ)

 その折、余った地掘りホンムシを、やはりクラブのゆかりさんに「使えば上げるよ」と上げましたが、なんと翌日にはマコガレイの40㌢33㌢31㌢を釣っていました。



(コスパの典型!余ったホンムシでこの釣果!!!)


 今回もチヌ・タイ釣りなら地掘りホンムシでなくては!と、YS田さん(貝掘りなどの漁業権をお持ちの)にお願いしました。  
ついでにマテ貝までいただきました。

 私は貝類の中でマテ貝が一番好きで、二番目がアサリ、三番目が牡蠣ですね。



 あまりの美味しさに、写真も撮らずに食べてしまいました^^;
この写真は、昨年の四国遍路のとき、観音寺市の旅館で出たマテ貝です。

 地掘りホンムシのお陰で、実質わずか3時間でちゃんと宣言どおり、2位入賞のチヌ42・6㌢を釣ったので大満足!!

 地掘りホンムシは、かめや釣具商工センター店や呉店に(総本店もあるかな)置いていることもあります。

 愛犬ぷりんは、武蔵御嶽神社のお守りを送っていただきました。
ぷりんの右側の足のところで光っているのが、武蔵御嶽神社のお守りです。



 無理はさせられないので、抱っこして散歩したりしていますが、苦しむことなく一年でも一日でも長生きをしてほしいと思う日々です。

 私は、先日5月の予定びっしりのカレンダーで、来週も・・・・・・と書きましたが、案の定29日の月曜日は朝から予定が入ってしまいました・・・・・・・・(T_T)



 印はしていませんが、23日も用事があり、これまでのところゆっくりできたのはたった8日だけです。

















2017/05/24 07:53 | 未選択
宣言どおり。

 20日17時から竿出しOK,21日の正午締め切りで、全日本サーフ島根協会の《第二回瀬戸内大会》が開催された。

 私は会員掲示板へ「2位狙いで参加します!」と書き込んでいました。
理由は、この大会誰かが50㌢くらいのマダイを釣るだろうと考えたからです。
 私が行こうとしていたK房は、マダイは40㌢までであまり大きなモノはいないし、チヌなら40㌢オーバーが出るだろうから、まぁそのチヌで2位を狙いましょう・・・・・・と。

 2位狙いの私は、釣ったチヌの口も開けずに、硬直したまま提出しましたが、審査の結果、マダイではなく同じチヌに一ミリ差で破れ2位でした・・・・・。



 まぁ、「引かれ者の小唄」、負け惜しみはこれくらいにして、土曜日夕方からの行動を・・・・。

 土曜日の16時半ころ、クラブのH澤さんと椋野港で合流し、車に乗せてもらって周防大島南岸のK房へ。
明るいうちに竿を出しましたが、すぐにマダイの27㌢が。
 
 19時過ぎだったか?竿先を叩いて上写真のチヌが。
チヌは藻に潜りたがるので、びっしりの藻と一緒に上がってきて、重いのなんの・・・・。

 もう2位狙いの魚は釣れたし、海藻ごと巻き上げて疲れ切ってしまい、釣った竿はそのままにしてH澤さんと話し込む。

 20時半ころ、それまでも吹いていた西の風がきつくなり、残りの2本の竿を倒してしまった。
これを口実に片付けを始めて、21時過ぎにはH澤さんの車の中で仮眠をきめる。


 翌朝、昨夜の大風がうそのように風も収まり、好天を予告するような朝焼けが・・・・。



 ただ、2位狙いの私はあまりやる気が起きず竿は2本だけ出してみる。

 9時を回ってもあまり芳しくないので、釣り場案内を兼ねて移動することに。
出井の雨が浦、良型カレイが上がった場所だが、ジアミ匂いがきつくて早々に立ち去る。

 志佐、良型アイナメやカレイの上がった場所だが、どんどん引いていくのでちょっと・・・・。

 開作、いつもの場所を通ってみると、由宇の投げ釣り名人M本さんの車が。

 考えた挙句、審査場所の椋野港へ行くことに・・・。



 椋野港では、クラブの俊樹さんとゆかりさん、そしてはるくんが釣っている。
まずまずのカレイを複数枚釣っている。

 私とH澤さんは、少しの間椋野の浜で投げてみるが引き潮とあって、水深のない場所の悲しさなんにも釣れないので再び椋野港へ。

 もう竿出しする気にもならず、みんなと話していると三々五々集まってくる。



 審査の結果、冒頭に書いたとおり2位に終わりました。

 帰ってから、27㌢のマダイは開いて焼いて鯛めしに。
チヌは刺し身と塩焼きと、アラは味噌汁に・・・・・。

 魚は釣りたし、料理は面倒・・・・・・・・。


 しかし、5月は忙しかった・・・・、あっ!まだ終わっていないので「忙しかった」ではない。



 4月の30日は山菜採りに行っているので、ぶっ続けで予定がびっしり。
まだ、来週も油断ができない・・・・・・。

 31日の薬は、愛犬ぷりんのフィラリア予防薬です(^^;)

















 
 


2017/05/23 08:23 | 未選択

<<前のページ | HOME | 次のページ>>
忍者ブログ[PR]