忍者ブログ
歩行困難。

 名古屋の友、大田さんからのメールで、「中略・・・・・いろいろ考えた末に散歩を日課としました。パソコンに日々のデータを記録し、日本一周15,000kmを目標にし、そこからまだ生きていたら世界一周40,000kmを夢にしました。始めてから丸4年、昨日でジャスト10,000kmに達しました。日本一周の三分の二を過ぎたことになります」とのこと。
 素晴らしい!!!!

 彼は二度の大病を経験しましたが、精神力の強さ(私ならへこたれています絶対に)と頑強な身体をご先祖から受け継いでいるのでしょう。

 私はというと、歩きを目標としましたが、3月6日のブログからこっち、ふきのとうを採りに行ったり、渓流釣りで歩くのは当たり前として、まったく散歩らしきものをしていない。
これを称して《三日坊主》と言うべきか・・・・・・。

 実は、4月1日の渓流解禁日に降り積もった雪で、川岸から川の中にに転落しないように踏ん張ったせいなのか?まったく心当たりがないのですが、4~5日前からくるぶしが時々《焼け火箸をあてられた》ような激痛が走り、アキレス腱あたりが痛くて歩行に困難をきたしています。



(4月1日、ウエーダーを履いた足が、雪に滑らないようにかなり気を使いました)

 湿布に塗り薬、サポーターも併用していますが・・・・・。
じっとしていたら痛みはないのですが、歩くと痛くていたくて足をひきずっています。

 4月13日の《あること》までに、少しは良くなってくれればいいのですが・・・・。


 しかし、3月31日から4月1日までは雪が降り続いて、本当に寒かったです。



下の写真のように、《貼るカイロ》を10枚、寝袋のまわりに貼って寝ました。




 お話は大きく変わって。
 
 新製品の投げ用ロッド、《トーナメントキャスター タイプT AGS》を今シーズンから使用することにしました。
                                  

 大好きな琴ヶ浜で、思いっきり振る日が楽しみです。


 《今日のぷりん》

 愛犬ぷりんは、おかげさまでまずまずの調子で暮らしています。

                            


 その代わり、365日24時間常にカミさんか私が付きっきりです。
一緒に寝ている私、夜もちょっと息が荒かったり音がすると目が覚めます。

 ぷりんと一緒の《ノンレム睡眠》になっているので、昼寝が必要となっています。









PR

2019/04/09 19:23 | ぷりん登場
今日はうれしい日!!!!!

 2016年7月に、検査によって発見された愛犬ぷりんの《僧帽弁膜症》、獣医さんの見立ては「呼吸数が40を越えたら、何があってもおかしくはない」と、ずいぶんと厳しいものでした。

 それからは、朝・昼・晩と薬が欠かせない毎日が続いています。
毎日、興奮させないように、激しい動きをしないようにと、24時間365日、カミさんとどちらかが付きっきりで、どうしてもの時は娘に休みを取ってもらって交代で・・・。
 (なので、獣医さんの見立てよりもずいぶんと頑張っているのだと思います)

 そのころから毎朝・毎晩ぷりんと一緒に神棚にお祈りしているのは「あまり苦しまないで、16才の誕生日まで生かしてください」と。
 お陰さまで、今日は15才の誕生日emojiを迎えることが出来ましたemoji

     

 3月3日はひな祭りで、3月5日が誕生日なので、おひな様はまだ出しっぱなしです。

  「ひどく苦しむようなら無理はしなくていいけど、あまり苦しまないで16才の誕生日まで頑張ってね」とぷりんにも、いつも語りかけています。


 昨日の山道歩きで嬉しいことがありました!
ヤママユガの仲間の《ウスタビガ》の繭(抜け殻ですが)を見つけました。



(きれいなウスタビガの繭)

 このようなものでも見つけると嬉しくてしょうがないのです!
朝起きて、夕方に飲む冷えたビールのため、コップを冷凍庫に入れるのが嬉しい!
こんなことでも嬉しいのだから、他人より喜ぶ回数が多いのでは(多分emoji




















2019/03/05 16:15 | ぷりん登場
似島、江田島・能美島、大奈佐美島などを眼前に。

 今日は、こんな場所に行ってきました。



 眼前には、似島弁天・小弁天島津久根島江田島能美島大奈佐美島絵の島?などがずらりと浮かんでいます。



 11月10日(土)に、広島市佐伯区利松公民館から《初心者家族釣り教室》の講師依頼を受けていて、その下見に行ったのです。

 広島湾の潮汐は長潮の一回潮で、試し釣りにはまったく良くないが、釣り場をグーグルで見るだけでは心配なので出掛けた次第。



(10月4日夕方の満潮が記載なし《日潮不等(一日一回潮)》と言って私はあまり良い釣りをした事がない)

 正午から勤務だという、かめや釣具商工センター店の林さんの出勤時間に合わせて、わが家から太田川沿いの道を下って商工センター店へ。

 11月10日の、参加者のエサとオモリと仕掛けの仮予約をする。
それから30分くらい試し釣りをするので、青ゴカイを10数匹購入して井口港へ。



(中国新聞社より1996年に初版発行された《空撮 ひろしまの海釣り》147ページ)

 港の堤防と河口向き以外は、四角な波消しブロックがずらりと入れられていて、なかなか抜き上げは難しそう・・・・・・。

 河口向きに投げたらすぐに小アタリが連続し、巻き上げると当歳子のようなチヌ。
正面に投げてもすぐにアタリがある・・・・・・。



 大きなチヌも悠々と泳いでいて、チヌの子が湧いているのかも知れない。
これでは、河口での秋の風物詩《マハゼ》も、エサにありつけないのでは・・・・・・。

 草津方向へと移動して公園前や、工場の前の遊歩道から海を覗いてみるが、波消しブロックがこれでもか!と入っている。

 と言うことで、たった3投しただけで、次の目的地の利松公民館へ。
打ち合わせと釣り教室の備品を届けるのが目的。

 愛犬ぷりんのお守りがいる日に、気にかかっていた3つ(エサ、仕掛けなどの仮予約・釣り場下見・公民館打ち合わせ)を一度に済ませましたemoji
当日、好天とお魚が釣れることを祈りながら・・・・・・。

 帰りは、石内バイパスから山陽自動車道五日市インターへ、そこから広島インターまで帰って410円なり。

 家に帰ると、ぷりんは玄関で迎えてくれました。



 8月9日に発症した脳梗塞状態は、ぷりんの頑張りでほぼ克服できましたが、かねてからの僧帽弁膜症はひどくなって、今では家族が24時間交代で付きっきりの生活です。
 休みがまとまって取れる娘がカノコユリの開花時期に、「お父さん、鹿児島に行ってきてもいいよ」と言ってくれましたが、後悔してはいけないのでずっと見守ってやるつもりです。







































 





2018/10/04 15:37 | ぷりん登場
雨ですねぇ・・・・。

 久々に、焼酎を12本買った。
その中の新顔?を並べて写真を撮ってみました。
愛犬ぷりんは、義務感?からか、焼酎を並べ始めると、前に座ってポーズをとりますemoji



 後ろの掛け軸は、島根協会HP管理人のF石さんに頼んで、オークションで落札してもらった《岸駒》作と言われる乕の画。

(この時代は、本物の虎を見る機会がなかったので、毛皮と頭骨を入手して描いたと言われる)



    (巌上の乕)



    (月と乕)

 100%偽物でしょうが、落札価格は2本で焼酎1本より安かったので、まぁ鬼門の方向に向かって吠えてもらいましょう。

 ここのところ樹木希林さんのニュースが多いいが、ちょっと気になったのは娘の内田也哉子さんが母の言葉として語ったもの。
 しゃべるのを聞いていただけで、断片的にしか記憶していないのですが。

「一人の人に添いとげる・・・(覚えていない)・・・・、対人関係でも同じことで、黄色がダメだから緑にしよう、などど簡単に代えていては・・・(覚えていない)・・・」

なんか、分かりにくくてすみません。

 それに似た言葉も樹木希林さんは残しています。
「みんな離婚してね、次に良い人と出会ってるつもりでいるけど、似たようなものなのね。ただ辛抱が効くようになっただけで」と。

 
 これらの言葉から私なりに解釈したのは、人間一度友人関係でも結んだ以上、ころころ変えていてはそのひと本人が、責任感が薄く信用がおけないということになりますよね。

 私は前にも書きましたが、一度友人となった以上、こちらからは縁を切らないと。
去って行く人は仕方がありませんが・・・・・。


















2018/09/20 16:33 | ぷりん登場
無事帰着予定。
一難去ってまた一難》のカミさんたち、旭山動物園は入れす、富良野は店が全部しまっていた、函館の夜景は中止・・・・・・・などと言ってはいましたが、一応ホテルもすべて停電なしで三泊四日の日程を終え、羽田空港では予定の飛行機よりも55分遅れになったらしいが、そろそろ無事に広島空港に着く時間。



 愛犬ぷりんが元気な時は、空港に送り迎えしていたが、リムジンバスで帰ってもらうしかない。

        

 一時は、右に顔が傾き瞳孔も定まらず、すぐ右に倒れそうになっていましたが、以前の8~9割ちかく復活してくれました!!!!!
 ぷりんの頑張りにばんざ~い!



















2018/09/08 19:48 | ぷりん登場

| HOME | 次のページ>>
忍者ブログ[PR]