忍者ブログ
焼酎考(芋)

 中途半端な《凝り性》を自認する私。
鹿児島に釣り(物見遊山)に行くうちに、芋焼酎にハマって(凝って)しまって・・・・・。
友人に送ったのも含めると、ここ4~5年で60銘柄以上80本は買っている。

 私が焼酎なるものを生まれて初めて口にしたのは13歳のころ。
父親がうまそうに飲んでいる液体に興味を示し、家族の留守中に台所の高い窓をよじ登って、高い棚に置いてある焼酎を一口頂戴した次第。

 なんと!口から火が出るのでは!!!というような衝撃・・・・・。
二度と興味を示さないままでした(極々当たり前のお話ですね^^;)。

 都会でのバーテン時代は、粋がってスコッチウイスキーのジョニ黒を舐めたりしていたが、Uターンしてビール関係の会社に就職してからはもっぱらビール。
 普段はキリンラガービール、クリスマスだけはマインブロイと洒落て・・・・。
 
 その後、高知や隠岐の島などに釣りに行っては、酔鯨や隠岐誉などの地酒にはまって楽しんでいた。



 次に焼酎を口にしたのは、1985年鴨谷師のお供で甑島に行ったとき、当時の島焼酎《青潮》を(現在は島外、九州本土で引き継いでいる、多分今飲むと旨い!と思うことでしょう)。
それもストレートで飲んだので、人生二度目の焼酎も、その時の私にはそこまで旨いと感じるものではなかった・・・・。

 三度目・・・・・・、師や友と釣り歩いた鹿児島(甑島)を懐かしみ、2012年に南九州を一周した時のこと。
 鹿児島県南さつま市の、元会社の同僚宅にお参りに伺ったとき、ご家族の方から《一どん》をいただいた。
 そして、下甑島の長浜にある民宿『』さんで同宿になった、当時薩摩川内市役所の課長さんから《柳山高柳》をいただき、その二つの旨い焼酎と出会ってその美味しさに覚醒したのです。



(一どんはハガキでの抽選しか入手方法はない、柳山高柳は酒販店にはないので、直接申込みをするような・・・・。)  



 ネットや量販店では、森伊蔵は3万円くらい、村尾は一万5千円くらい、一どんは8千円くらいで売られているが、私は定価か適正価格でしか買わない。
 幸いなことに、定価では絶対に手に入らない森伊蔵と村尾、伊佐美、侍士の門は前述の課長さんからいただき、定価or適正価格でしか手を出さない!というその高邁な?主義は今に保たれています。



 侍士の門や伊佐美もプレミア価格や、他の焼酎と抱き合わせで売られてます。



(さつま町の定価販売のお店で購入した焼酎の数々)



(これらも上記のお店で購入)



(左端の萬膳真鶴は一年一回の販売で、入手困難)







(鹿児島市内の定価販売店で購入した焼酎、佐藤の黒などは6千円くらいで売られているがここでは定価)





(福岡市の定価販売店で購入した川越など、尽空、白楽はまだ飲んでいません)

 以上、60種類以上の銘柄を爆買いして味わってみました。

 嗜好品なのでなんとも言えませんが、入荷さえあれば定価で購入できる(安定的に供給できる)焼酎では、私個人の好みは《川越》と《櫻井》でしょうか・・・・・・、これはあくまで私個人の嗜好ですので、目くじらを立てないでご覧ください。

 その次と言えば《安田》《六代目百合》《田倉》《なかむら》
 これらの合間に、たまに味わいたくなる定価で買えるのは《磨千貫薄にごり》《夢鏡35°》《野海棠》《杜氏潤平》

 入手のやや困難品では、《柳山高柳》《萬膳真鶴》と《八幡》。
その次に《佐藤黒》
  
 さらに、入手困難品では《一どん》が旨い!

 他に印象深い味は、《侍士の門》《相良十代目》《薩摩茶屋》《薩摩の薫》《萬膳》《晴耕雨讀》

 定価では絶対と言って手に入らないものは《村尾》《森伊蔵》《魔王》、これらは旨いけど、1万円以上出すほどでもないので、みんなが欲しがらなければ価格は落ち着くのでは。

 以前、複数の焼酎好きな方に森伊蔵と定価で購入できる焼酎を、名前を伏せて飲んでもらいましたが、ふたりとも当たりませんでした・・・・・・。

 最後にもう一度・・・・・、どの蔵も心血を注いで育て上げ、自信をもって世に送り出しているのです。
 あくまでも私個人の短期間での感想です。



















PR

2017/10/12 06:44 | お酒にまつわる話
芋焼酎を適正価格で買う!

 最近は愛犬ぷりんが心配で、あまり釣りに行く気が起きていない・・・・・・、と言うより今日も14時まで何にも食べなくて、「お腹が痛いのかな?」「心臓が苦しいのかな?」とやきもき、こちらまで調子が悪くなってしまいます。

 釣りに行かない今、もっぱらの関心事は《芋焼酎》

  入手困難と言われても、適正価格でしか買わないへそ曲がり。


(こちらは、34~35ページ)



(一個人という本が紹介した、本格焼酎飲み比べの36~37ページ)


 森伊蔵、村尾、魔王はもちろん、他もほとんどがプレミアム価格。

 幸いなことに、2012年に鹿児島の甑島で、鹿児島県のとある市の課長さんと同宿となり、その後森伊蔵、村尾、侍士の門、薩摩茶屋他をいただき、プレミアム価格で買わないという信念を貫きながらも、プレミアム焼酎を味あわせていただいた。

 写真の中で《川越》がなかなか定価・適正価格で売られているお店に出会わなかった・・・。
ダメ元で『芋焼酎川越定価』とネット検索を繰り返していたところ、ある老舗酒店のHPにたどり着きました!!!!!

 早速銘柄と価格を検索したところ、あれほど探していた「川越」が、税込み2,980円で表示されているではありませんか!

 私は、初めての焼酎は一本ずつ買うのが常ですが、「御一家族さま2本まで」とのお言葉に甘えて2本お願いしました、私の勘を信じて。



 探していた芋焼酎《川越》

 お願いしていたとおり、昨日の午前中着で無事届きました。
それもご丁寧に梱包され、お店の誠意がひしひしと伝わってきました。

 さて、待ちかねた夕ご飯!
いつものキリンラガー350ml缶を一本飲んだあと、新しく封を切った川越をロックグラスに。
旨い!

 焼酎の3Mと言われる森伊蔵・村尾・魔王についての旨さは私が語らなくても、多くの方々が求められ、現在のような高価格で転売されているのでしょう。
 また抽選でしか入手できない《一どん》とか、発売と同時に品切れになる《萬膳 真鶴》も、7~8,000円で転売されるだけあって旨い。

 しかし、今回のように良心的な特約店さんに巡り合えたら、定価で飲める芋焼酎としては《川越》と《造り酒屋 櫻井》が、前出のプレミアム焼酎に負けず劣らず旨い、ついつい二杯目を注いでしまいます。
何店か探し探してやっと適正価格販売で見つけた《八幡》も好みです。

 もちろん、どの焼酎も杜氏さんが丹精込めて作られているので、負けず劣らずの個性があって美味しいのですが、嗜好品であるかぎり好みがあるのは否定できません。

 転売目的で、一人が大量に買い占めたり、プレミア価格で買わなければ、みんなが楽しめるのですがね・・・・。
 私など、せっせと往復はがきを出して、やっと当たった一どんをいくら8,000円で・・・・と言われても、手放せませんが。













2017/06/02 19:28 | お酒にまつわる話
釣りに行ってません・・・・・・・。

 私は、日記代わりにブログを書くようにしています。
あとで読んでも楽しいことの方がいいので、あまり良くないことは書かないようにしていますが、実は愛犬ぷりんの心臓が悪くなり、朝晩2錠ずつの薬を飲んでも、あまりよくないこともあり、気になってしまい、夜もあまり寝られません・・・・。

 私の方も、ある検診で引っかかり、精密検査のための紹介状が届いていますが、なかなか行く気が起きず「このままでいいや・・・・・・」的な気持ちにもなって、釣りにも行かずあまり気分がすぐれず、ブログの更新も滞っています。

 先週、大畠方面に釣行した人の話では、「神代から大畠までのめぼしい場所は4時に行っても先客あり・・・・・・」とのことでした。
 最近、釣り関係のデータをみると、投げ釣り人口の減少が話題になりますが、やはり好釣り場ともなると昔と同じように《夜討ち朝駆け》となるのでしょうね。

 体調が悪いので、あまりシャンプーやカットも・・・・・との獣医さんの言いつけを守って、もこもこの愛犬ぷりんです。



 ぷりんの右横のちっちゃなもの・・・・・・PAPAP?

 正体は、カミさんが娘と行った沖縄旅行で買ってきた、ちびっこパイナップルです。



(普通のパイナップルと、ちびっこパイナップルを並べてみました)

 さてさて、釣りに行かないからと言って、ぷりんとコタツの中で俳句ばかりひねっているわけにもいかず、ストレス解消法は芋焼酎の飲み比べとなっています。

 鹿児島県の、定価販売にこだわるお店を知り、そこから購入しています。
友達に送ったのも含めて30本数本爆買い?しました。

 どれもその蔵元さんが自信を持って造っておられるので、美味しいのは承知の上ですが、ロックで1~2杯飲んでみて、自分の口に合わなかったら、気の置けない友人にお願いして、もらっていただいています。



(上の焼酎のうち、8本は友達にもらっていただきました)



(上の焼酎のうち、5本は残っています)



 上の6本は、先週着いたばかりなのでまだ未確認です。





 《一どん》は売っていないので、毎月毎月往復はがきを出しています。

 もし《末期の水》ではありませんが、人生最後に焼酎を飲むとしたら《一どん》がいいなぁ・・・・(家族に遺言しておこう)。
 二番目は、これも一般には販売していませんが、薩摩川内市の《柳山高柳》(下から2枚目の写真、後列ブルーの瓶)が好きです。














2017/03/25 14:57 | お酒にまつわる話
やっと当たった!!!!!!!!!!

 もう足かけ2年出し続けても当たらないので、最近は同居の家族や親せき、友人にまで頼んで応募していた人気焼酎《一どん》が・・・・・・。
 葉書枚数にして30枚じゃあきかない、40~50枚の間だろうか・・・・・・。



(いかに狭き門かは、左肩の受付番号?を見ていただいたらお分かりになるかも)

 神様はお見通しなのか、同居の家族名義ではなく私の出した葉書が当選しました!

 なかなか当たらないので、家にある往復はがきに2月3月4月5月分まで書いて、一か月一回ずつ出して、はがきの無くなる5月であきらめようとしていました。

 一どんとの出会いは、毎年訪れている南薩(昨年はちょっとお休み)、南さつま市の元会社の同僚宅でいただいて帰ったのがきっかけ。



(2013年、2014年と二年連続でいただいた一どん、ぷりんは2004年製・・・じゃなく生れ)

 まったく無くなっては寂しいので、少しだけ残しておきましたが、当選したことで安心し、関東から帰省している娘夫婦と、今夜心置きなく飲みました(^o^)

 今日は、《全日本サーフ島根協会》の掲示板にいつも書き込みしてくださる(似島での《初心者ファミリーフィッシング》のお手伝いにも、毎年来てくださっている)N原さんから、「昨日タチウオを釣って来ましたが食べませんか?」とのメール。

 11月中旬にも「タコとアオリイカ食べられませんか?」のメールをいただいたが、あいにくその時は香川県の長尾寺に滞在中、泣く泣くあきらめた経緯もあり、今回は二つ返事で「行きます行きますどこまでも!」

 かめや釣具八木店で待ち合わせし、新鮮なタチウオをいただきました!


 レジャーフィッシング2月号好評発売中!!!



 表紙は美味しそうなカサゴ!
そう言えば、全日本サーフ島根協会の掲示板にも、カサゴを20匹くらい釣ったとの出雲おろちサーフのK見さんの書き込みがあります。

 初釣りのターゲット、越冬ギスか?カワハギが?と思っていましたが、ここにきてカサゴもいいなぁ~・・・・・・・・と。















2017/01/08 15:41 | お酒にまつわる話
寒くなりました・・・・・・・。

 私は、会社員時代もそうだったが、組織の中での話に関しては「良い話は早く広くみんなに、悪い話はできるだけ小さく、できれば自分だけで」を心がけてきた。

 例えば、外部から何か言われたとき、「誰々がこうこう言っていた」とかをみんなにワァワァ言うと、ニュアンスや受取る人の感情次第で、その物事より大きく受け止める人もいて、私の口を介して伝わった事柄が、より大きく相手への批判や攻撃、憎しみの対象になるのを好まないから。

 イヤなことは、できるだけ自分だけに留めるか、最低限度の人にだけ伝えて善処に勤めるようにしているが、このやり方は相手からも仲間からも誤解を受けることも多いのは事実。
でも、悪口がきらいなのだから仕方がない。

 同様に、自分の体調が悪い話をしても、聞く人は返事に困るだろうから、体調の良い話はするが、悪い時のことはなるべく言わないようにしている。


 お話は変わって・・・・・・・・。
7月に静岡県で開催された『東西投げ釣り選抜100人の会』に行ったおり、名古屋駅から浜名湖の会場まで案内くださったN藤さんから、《三ヶ日みかん》を送っていただいた。



 (東西 投げ釣り選抜100人の会写真)

 会場への途中、「みかんの名所ですよ」とは聞いたが、私たちみかんの本場愛媛県からと、広島県からの後部座席の二人は黙って聞いていた。



 おいしそうな三ヶ日みかん。

 名古屋の友、大田さんの話では、主に首都圏などのデパートに出荷されるそうで、あまりお目に掛かることはない品とのこと。
 ありがたくいただきましたが、噂にたがわず香りお甘味とも最高のみかんでした。

 今年のカレイシーズン、何人かの友人の釣果や話では本格的な釣期に入っていないような・・・・・と。
 私も、釣り場の後ろのお家にたわわになった「干し柿用の柿」をいただくついでに、カレイを釣りに行きたいのですが、まだその釣り場は本格的な釣期に入ってなさそう・・・・・。




 そんなわけで、カレイ釣りにも行かずに、ただ今凝っているのは《芋焼酎》



 入手困難・・・・・と聞くと燃えるタイプ、ガツガツと買い集めた焼酎は20本を超えた(^^ゞ
ただ、調子が悪いと言わない・・・・・・と言っておきながら、最近不整脈があり、封をきらないまま眺めている・・・・・・・・・・(^^ゞ






















2016/11/24 15:57 | お酒にまつわる話

| HOME | 次のページ>>
忍者ブログ[PR]