忍者ブログ
カワハギ投げ釣り。

 ここ毎年、欠かさずに行っている母方の里のお墓掃除。
どうせ汗をかくなら、先に釣りをしてからにと・・・・・・・・。



(江田島は、温暖な気候を利用してオリーブ栽培にも力をいれている)

 当日の広島湾の潮回りは中潮の三日目。
昼の満潮は12時27分、潮位は342・・・・・・・、よし!体力が持てば12時27分の満潮までやり、それからお墓掃除に行き、能美シーサイド温泉で汗を流して、食事でもして帰るか!・・・・と。

 奇特な人もいるもんで、カワハギ釣りに行けるならお墓掃除もお手伝いしますという人が。
 呉ポー発、6時55分のフェリーで切串港へ。
いつもの場所で盆灯籠を買う(広島の盆灯籠は特別で、スーパーマーケットでもコンビニでも売っている)。



 釣り場に選んだのはこんな場所。

 カワハギバリ3号の二本バリ仕掛け、遊動式天秤20号で釣り始めるが、キスの15~16㌢のダブル、ダブル・・・・・・。

 ちょっと気を抜いてゆっくり巻くとメゴチのちびっこや、クラカケトラギスが食ってくる。

 9時過ぎ、グゥイー!!!!と大きなアタリ!
リールのストッパーはフリーにして釣っているので、ハンドルを逆回転させて送り込む。
 グイグイと10mくらいは持って行ったが、重いばかりであまり力強さを感じない・・・・・。

 巻き寄せに掛かると、重いものの寄ってくる。



 犯人はコヤツ!アカエイの直径40㌢ちかいやつ・・・・・・。

 10時過ぎ、待ちに待った「クン・クン」といったアタリ!
巻き上げると22㌢ながら本命のカワハギ!

 続いて、さっきより力強いアタリでカワハギの26㌢ジャスト!



 アタリも面白いが、掛けてから巻き上げるのもこの釣りの醍醐味!すっかりはまってしまった。

 これは!と張り切ったが、その後はまたキスの15~16㌢や、メゴチ、クラカケトラギスが・・・・。
 20㌢前後のキスも10匹近く釣ったところで、暑くて暑くて予定よりも一時間早めの11時30分に納竿とする。

 お墓掃除を手伝ってくださるお方も、カワハギの23㌢くらいと、なんとなんとシロギスの26・5㌢を釣り大喜び!
 来年もお手伝いに行きましょうか!とのたまう・・・・・、まだ365日もあるのに(^^;)




 その後、メインのお墓掃除をして、温泉で汗を流して遅めの昼ごはん。
どこもかしこも、里帰りの客でいっぱい!食事には一時間くらい待たされ、これならコンビニ弁当でもよかった・・・・・と後悔しきり。

 帰りの切串桟橋、フェリーの入港時間になると、いつものお兄さんが切符を売りに回ってくるが、私の車を覚えているので、コクンと頷いて目で合図。



 回数券もあと3枚なので、新たに購入しなくては・・・・。
次回は40枚綴りを33,900円で買おう(さくら海運)。
そうすると10回分得になるらしい。

 ただ、使い切るまで命が持つやら・・・・・・・・。











 

PR

2017/08/13 16:49 | 未選択
通行止め!

 10、11日とカミさんの里へ・・・・・。
浜田へは30分も掛からない、ちょこっと2~3時間投げて、金城町にある明治屋の『さば鮨』でも買って帰るか・・・・・・と。

 ありゃ!
 先週は往復浜田道を走ったので、まったく気が付かなかったのだが・・・・通行止め!!



(国道186号線、亀山交差点での通行止め表示)




(左折して国道191号線に出て益田市か、県道を走り都川~坂本か・・・・)



 行けるところまで入ってみたら、大佐山を超えて初めてのスノーシエルター付近が崩れているらしい。

 雨模様だし、引き返すことに・・・・・。
エサは、明日江田島のお墓参りに行くから、海はたっぷりとある・・・・・・。

 少しの間山道走行をして、秋の野草を楽しんでみた。

 オレンジ色も鮮やかなヤブカンゾウを、写真に撮ろうとして近寄るとかなり太めのマムシがニョロり。
 マムシは攻撃的でもないし、以前もこのブログに書いた事がありますが、山で出会った場合は逃げるに任せている。
 屋敷内なら、いつかの機会に誰かが出会うと危険なので捕まえるが・・。

 オミナエシフジバカマは結構咲いているが、ワレモコウはまだちょこっと先っぽがえんじ色になりかけているだけ。

 ハンゲショウ・・・・、あまり見なくなった。



 ウバユリもけっこう咲いている。



  このウバユリ、名前の由来はかわいそうに「花が咲くころにははが無くなるから」葉を歯にかけて、姥に見立てて名付けられたそう・・・・・。

 ヤブの縁に咲いているコオニユリを写真に・・・・と近寄ると、山の上から大きな獣が草むらを倒しながら下りたあとが。
 そしてコオニユリの側には寝床らしきもの。



猪のヌタ場とはあきらかに違い、かなりの確率で熊ではなかろうかと考えられる。

 来月末にはキノコ採りに出かける山とは近い場所なのに・・・・・。

















 


2017/08/11 15:24 | 未選択
立秋。

 2017年の立秋は8月7日とのこと。



(二十四節気を表す表)

 今日8月9日の15時54分、我が家において今年始めてツクツクボーシの鳴き声を耳にしました。

 今年は、周りに緑の多い我が家でも、あまりセミの鳴き声を聞かなくて、クマゼミは結構鳴いていましたが、アブラゼミの鳴き声はほとんどと言うか、まったく聞きません(気がつかなかった?)でした。



(毎年、我が家にはうるさいほどやって来ていたアブラゼミだが)

 本当に自然というものは、人知を超えた営みを繰り返しているのでしょう。
まだ猛暑日が続くとは言いながら、暦の上では秋になって、だれも教えないのにツクツクボーシが鳴き始めた・・・・・・。

 そうなると、やがて散歩道に金木犀の香りが漂い始めるとカレイさまの出番!!
おっと!その前に、しばらくは落ちギスとたわむれなくちゃ(^o^)














2017/08/09 16:43 | 未選択
レジャーフィッシング9月号 好評発売中!!!

 あらゆるジャンルの釣りを網羅している人気釣り雑誌《レジャーフィッシング》9月号が好評発売中です。
 有名書店、釣具店にて・・・・・・。



 今月号のメイン特集は、興奮の夜と絶品の味覚《アナゴ釣り》!!

 私も以前、連載している《中国新聞セレクト》に書きましたが、暑い日中を避けて夕涼みがてらにアナゴ釣りはいかがでしょうか?
 もちろんライフジャケットはお忘れなく。

















 


2017/08/06 08:08 | 未選択
人気者!

 なんだか、クラブの若い会員の話ではHPよりもなんやら?がいい・・・・という時代になって、メーカーもそっちに重きを置いているとやらなんやら・・・・・・???

 そんなことがさっぱり解らない?まま、日記代わりにブログを書き続けている旧式人間。
当日、『全国のみっぴファンから羨ましがられる事の重大さに気が付かないまま』、島根県浜田市の千畳苑で3日の朝を迎えました。



 (画面やや左に、その千畳苑が見える畳ヶ浦海水浴場)

 8月3日の午前6時、千畳苑の駐車場で待ち合わせをしたのは、日頃お世話になっている人気釣り雑誌《レジャーフィッシング》の石橋記者と、全国版の人気者《みっぴ》こと秋丸美帆さん。

 昔人間の私は、みっぴさんはレジャーフィッシングの連載に出ているのと、ダイワのスーパーフレッシュアングラーになっている・・・・くらいしか知りませんでした。
 あとで知りましたが、八面六臂の大活躍でものすごい人気者なんですってね。

 しかしこのみっぴさん、ただの人気者ではないことはすぐに思い知らされることに。

 前日、かめや釣具浜田店でエサの石ゴカイを購入。
最初、切りのいい100gあればいいか・・・・・・・・と、しかしあれでもと思って1,500円の石ゴカイを用意したが、終わってみると残ったのは細いのがたった5~6匹。

 この暑い中、エサの石ゴカイを一人で1,500円使い切った「釣り好き女子」を、生まれて初めて間近に見ました!!!!!!!!!!
(釣り場案内などサポートしてくださった、江津市のH田さん親子も感心していました)

 それに手返しが早い!!!
私が知る範囲で(独断と偏見もあり?)、手返しの早い釣り人は徳島の山元八郎さん、みっぴさん女性としてはかなりの速さだと感じました。
 アドバイスも、一回で聞き咀嚼して自分のモノにしている。

 今の世の中、最初だけ「はい!はい!」と返事をし、すぐに天狗になって聞く耳を持たない、釣り男子の多いなか、久々に心地よく釣りを語ることができました。



 詳しくは、レジャーフィッシング・・・・・今月5日発売の9月号ではなく、来月5日発売の10月号で・・・・・・、待ち遠しく思う人もいるのでは。

 当日の使用タックル
 
 ロッド  ダイワ キャスティズム 25ー385W  
 リール  ダイワ キャスティズム 25QD
 ライン  ダイワ UVFサーフセンサー 8ブレイド+Si  0・8号  
 シンカー ダイワ フロートシンカーW 23号
 ハ リ  ダイワ DーMAXシロギス 投魂Tー1 5号 10本バリ
 モトス  ダイワ ディーフロン船ハリス 真鯛 2・5号
 ハリス  ダイワ ディーフロン船ハリス 1・5号

 孫娘のように可愛い、そして何よりも手のかからない・・・・と言うより、ほとんど100点満点で釣り終えたみっぴさんと、楽しい一日が過ごせました。

 口の悪いクラブ員からは「◯◯への土産ができましたね!」と・・・・・・。















2017/08/04 19:29 | 未選択

| HOME | 次のページ>>
忍者ブログ[PR]