忍者ブログ
芋焼酎コレクションー2&メジロ。
ハナミズキの赤い実を食べに来ていたジョウビタキやシジュウカラに代わって、この時季のお客さまはメジロ。

 メジロ籠の入り口を開けて、みかんを入れておけば入れ代わり立ち代わりやってくる。
何年か前までは、まず広島市に狩猟許可を申請し、捕れたら一羽だけは飼育許可も出ていたが、現在は禁止となっている。
 わざわざ籠に入れてまで飼わなくても、こうしてやって来ては楽しませてくれる。


          

 籠に’89と書いてある。
これは、2016年1月17日に、108歳と9ヶ月16日で亡くなった母が、いつも私の誕生日には《誕生日祝い》をくれていて、それでこのメジロ籠や電池式のハリ結び器なども買って、もらった年を記入していた名残です(多分、60歳ちかくまでもらった記憶がある)。


 先日に続いて、今日は福岡の良心的なお酒屋さんから注文していた芋焼酎が届いたので写真を撮ることに。

 さっそく愛犬ぷりんが写り込んで来て、おやつをゲット!
《魔王》も《川越》もすべて定価。



 後ろの掛け軸は、江戸時代の虎の画で有名な《岸駒》の虎(と落款が入っているemoji)。






















PR

2019/01/21 17:05 | 未選択
総合カタログ。

 ダイワが今年から総合カタログを廃止したそうだ。

 ユーザーからみたら、年に一回の楽しみでもあったわけだが、昨今の釣り人の購入傾向は、カタログがあって、それを見てから購入・・・・・というのも少ないケースになったのかもしれない。

 新商品を見るには《Web》で見るか、個別カタログか釣具店でみるしか手がない。

 投げカタログではこれ、トーナメントサーフ45がリニューアルしている。



 前モデルの赤から、ブルーを配したデザインになっている。
スプールの軽量化と、全体的にコンパクト化されている。

手にとってみるのが楽しみだ。



















2019/01/20 14:30 | 未選択
プレミア芋焼酎。

 釣りに行かない日はこれ。
芋焼酎のコレクション。

 本日、鹿児島のお店への注文分が届いたのでさっそく写真を撮ることに。



(うしろは正月らしく《松竹梅》の掛け軸)

  オークションなどでは、両サイドの《佐藤》などが5~6千円、右から二番目の《村尾》は12,000~15,000円くらい、《月の中》も4~5千円するが、これらすべて定価で購入したが、なんとこの6本の中で村尾は2,520円で最安値。

 久しぶりにおいしい《川越(なかなか入手困難)》も欲しくなったので、《かんろ》《阿多》《宇吉》などとまとめて6本注文したら、これまた誠意あふれる福岡のお店のご主人からお電話があり、今なら《魔王》一本回せますよ!とありがたいお言葉が!!!
 
 ミーハーな私ですみません、ネット販売では《魔王》も、10,000円位で売られていますが、私は定価でしか買わないと心に決めていますので、非常にありがたいことなのです!!!

 芋焼酎の『3M』と言われる、《魔王》《村尾》《森伊蔵》のうち、魔王と村尾は誠意あるお店と巡り会えて定価でいただいているが、森伊蔵だけはそうはいかないようで、これまでたった一本入手したのは、このブログで何度も書いている、鹿児島県薩摩川内市の甑島の民宿《道》さんで、偶然お会いした、当時薩摩川内市の課長さんをされていたF山さまからいただいたものだけ・・・・・・・。

 投機熱が冷めて、ほぼ定価で買えるようになればいいのですが・・・・。
そうかぁ・・・・・、大好きな《一どん》も、毎月往復はがきで応募しているので、欲しいならそれなり努力が必要なんでしょうねemoji

                

  (うしろの掛け軸は、鹿児島出身の海軍大将、上村彦之丞の書『花は桜木 人は武士』)








2019/01/16 16:46 | 未選択
冬ギスさがし。

 2019年初釣り、クラブのH澤さんは6日に岩国市で41・2㌢のカレイを釣り、昨日(13日)は大畠でアイナメの32㌢を釣ったそうな・・・・・・。
 おなじくクラブの太Tさんも、周防大島を一回りし、冬ギスを釣ったとか・・・・・。

 私は、愛犬ぷりんの調子もさることながら、寒いし・・・・・・と、なかなかその気が起きなかったが、2日続きの好天との予報を聞き、成人式も数年前に済ませているしemojiと、本日(14日)に重い腰を上げることに・・・・・。

 愛犬ぷりんが早く起きたら呉ポー発6時55分、遅ければ7時30分のフェリーで渡ることに。
呉ポー~切串港をわずか12分で結ぶ《さくら海運》フェリー、こんなに安価で便利なフェリーはない。
 4m未満の車なら、40枚綴の回数券が33、900円也で、一回が800円ちょっとで随分と近回りで行けることになる。


  赤の線のように倉橋に行くならばともかく、江田島や沖美に行くなら、呉市内や音戸辺りの渋滞をまったく気にしなくていいし、うっかり交通違反の確率もずいぶんと低くなります。

 ぷり様の起床時間に合わせ、ギリギリ6時55分のフェリーに乗船。


       

 沖合のカキ筏では、まだ暗いうちから牡蠣収穫の作業が行われている。

 まず最初は、いまだ一回も投げたことのないこの場所で。



 一投目からキスのアタリで18㌢。
4投目に遊動式仕掛けを「クイクイ」引っ張ってこれが!



 引きからはもっと大きなキスだと思った23㌢の元気なキス。

 はじめての釣り場なので、海底の状態がわからないまま釣ったが、適当に掛かったりで結局10投くらいして3匹だけで次の釣り場へ。

 次はこの場所。
 
 

 ここでは今から数年前の2月に27㌢や26㌢も釣った場所だが、・・・・・・・。

       



 27㌢の冬ギス。

 だが、底の様子が変わったのか?本日は8投して15~16㌢が2匹のみで移動。

 このあと、4ヶ所移動して釣ったが、あまりアタリが続かず15~23㌢が16匹・・・・・。

 帰り道、私の好きな風景。



 江田島の宮ノ原から幸の浦の峠の下り道からみる広島市内。

 切串港で、14時17分のフェリーの待ち時間に2投したが、キスはいない様子。
それを見ていた2台後ろの車のお父さん、私が未練がましく釣っているのをかわいそうに思ったのか?「食べるんならキスを釣ったから上げるよ」とemoji

 アオリイカやタチウオなど、自分で釣らないお魚はありがたくいただくが、流石にキスはいただけないので、丁重にお断りした・・・・・・・emoji










2019/01/14 17:09 | 未選択
釣りごろつられごろ。

 今日は、ここに行ってきました。



 広島市出汐町にあるTSSテレビ新広島です。

 先日、まだ暗い雨の中に車から撮った写真を載せましたが、そのときの収録分のナレーション録りに行ってきました。



 今回も、大ベテランの棚田アナウンサーのお陰で「一発OK」で吹き込みが終わりました。

 明日の《釣りごろつられごろ》、よろしかったら観てください。
emojiが降ったりやんだりの中、がんばっていますemoji




















2019/01/11 14:13 | 未選択

| HOME | 次のページ>>
忍者ブログ[PR]