忍者ブログ
カレイの楽園がまた一つ・・・・・・。

 し~ずかぁ~なぁ♫ し~ずぅかな~♫



 一時間以上、竿先見つめていてもアタリ一つありません・・・・。

  6時20分、呉ポー発のフェリーで切串へ、そこから三高方向へ走り、K祖に同行者をおろして釣り場には7時過ぎに到着。
 すぐに釣り始めたが、まったくアタリがないまま一時間が過ぎました・・・・。

 思わず「アタリない、アタリない、アタリない体操・・・チャチャチャ♫」とヤケ気味に、《当たり前体操》の替え歌を口ずさむ・・・・・・・。
 この前のにゃんこemojiも遊びに来ません。



 とにかく今日は静かな海で、とても釣れるような気がしません。

      

      (過去には、このくらいの釣果もあった場所ですが・・・・・)


 私は釣り人にも見向きもされず、底引き漁船も見逃すようなカレイ釣り場を三ヶ所見つけていました。
 そこで釣る時は、できるだけ沖合の底引き漁船から目立たないように三脚を低くして、立てかけた竿も、なるべく見えにくいように、できるだけ水平に置くようにして、底引き漁船から《カレイの楽園》を守り続けてきた。

 底引き漁師が、釣り情報サイトや雑誌を見ては、そのポイントを曳いて、カレイをごっそり獲っていくと聞いたこともあるので、竿を出しているのを見たら「あそこにもカレイがおるんか!」と曳き始めるかも知れないから。

 釣り人の竿に掛かるくらいの数ならともかく、底引きでごっそりやられては、カレイも落ち着いて産卵ができないだろうから・・・。

 広島湾では、11月1日解禁で底引き漁船が縦横無尽に走り回り、内美能の港で出会った地元の人の話では、「ここらの底引きは、捨て石の上でも曳くよぉ!」とのこと。

      

 (その言葉どおり、護岸のすぐ側の捨て石の上でも曳いてくる底引き船)

 この場所も、いつの間にか底引き漁船に蹂躙されたのではないだろうか・・・・・?


  また、大好きな広島湾から、《カレイの楽園》がひとつ消えたのでしょうか・・・・・。


 置き竿のカレイを半ばあきらめて、一本で引き釣りをすると、キスはちょこちょこ当たってくる。



 2本バリにダブルもあった。

 10時過ぎ、竿先を抑えるようなアタリ!
やっとカレイが!!!と思ったが、引きが違うし、マダイに比べて軽々と寄ってくる・・・。



 釣り上げたら、37・4㌢のチヌ。

 結局、当日の釣果はキス20~22㌢7匹、チャリコ28㌢1匹とこのチヌ。
リリースはチャリコ4匹、ネズミゴチ1匹、手のひらカレイ1匹、クサフグ1匹。

 10時30分に納竿とし、いつもの三高の野村水産さんに打ち立ての牡蠣を買いに行く。

 大柿町大君の審査会場へは11時30分の集合。
今回はクラブ員7人に加え、一般参加ですすむさん、サンコンさん、ほっしーさんに、釣りはしていないが、みんなに会うためにとN原さんも・・・・・。

 今後、こういう投げ釣り好きな人が集まる《集い》として、クラブのオープン大会を新しく設ける予定です。
 日程が決まったら協会HPや、このブログでご案内しますので、もしご都合が付きましたら、ご遠慮無くお集まりいただいて、みんなで釣り談義をしましょう。















PR

2018/12/10 11:06 | カレイ
カレイ釣りについて。

 いつもクラブ員に「カレイは複数枚釣らなくてはダメ」と言っている。
なぜならば、一枚だけなら釣り教室で初めて竿を握った子供でも釣ることがあるから。

          

 初めての場所であろうと、潮回りに大いに関係のあるカレイが釣れたということは、それなり潮回りにおいて条件が整ったということの証と考えてもおかしくない。

 居場所という点においても、産卵期を迎えるカレイが単独でいるとは考えづらい・・・・・・と言うことで、釣れた場所・距離を把握しておいて、手返し早く!その近くに投入し、次なるカレイのアタリを待つ!というのが一応のセオリー。
 これが出来るのが、初心者と釣り慣れた人間との違いと思うから。

 と、長々と能書きをたれたが、昨日のカレイは次が続かない・・・・・・・emoji

ギャラリーのにゃんこちゃんも、待ちくたびれて大アクビ・・・・・・・・・。



(大あくびで、私に魚を催促する地回りのにゃんこ)

                  

(私があまりにもよぉ釣らんので、口に手を当ててフフフとばかり笑いをこらえている・・・ような) 

 エサ取りが異常に多く、カレイの口にまでなかなかエサが届かない・・・・。
ならばと考え、それはもう3本の竿がまるでベルトコンベァーにでも乗っているかのように、順番に巻いてはエサを付け替えて投げるが、その所要時間およそ5~6分の間に、ハリがツルンツルンになって上がってくる。

 ヒトデが食って来たのは、朝の一回こっきり、おそらくものすごいエサ取りの猛攻で、その後はヒトデさんが食いつくヒマはなかったのでは・・・・・。

 この場所、今から10年近く前はよく釣れていたが、結局当日のカレイは一枚だけ・・・・。
エサ取りが多すぎたのか?それとも釣り場として《終わってしまった》のか・・・・・?

 あちこちにその例があるが、好釣り場だった場合、何年かで復活する釣り場もあれば、何らかの事情で終わってしまった釣り場もある。
 この釣り場が、終わっていないことを祈るばかり・・・・・。

 にゃんこさんも、背筋を伸ばしてお祈りしてくれているようだ・・・・・。



 次に来る時は、ホットケーキだけではなく、何かお供え物を持って来ることにしょう。


 ところで今日の愛犬ぷりん、朝の4時前に私の顔にすりつけて来る、こんな時はきまって調子が悪くてしんどいから・・・・・の場合が多い。

 案の定、5時44分に起きたがごはんをまったく欲しがらない。
ご飯は仕方がないが、朝起きてすぐの2種類の薬を飲ませなくてはいけない。

 いやがるぷりんのアゴの毛を掴み、水で溶いた2種類の薬をスポイドで飲ませる。

 2時間置いて午前8時、今度はやはり水で溶いた胃薬を無理やり飲ませる、恨まれながら・・・・。

 昼になっても何も食べない、13時30分に心臓の薬を水で溶いて、やはりスポイドで飲ませる・・・・・・というより、口の中に噴出させる。

 14時ころ、やっと少し好きなジャーキーやビスケットだけ食べる。

 16時、好きなビスケットをつまんで粉にし、粉の胃薬を混ぜて飲ませる。



 18時30分、心臓の薬を商品名《ふっくらさつまいも》に挟んで飲ませる・・・・・。

 あとは、20時のご飯と、21時30分の心臓の薬を飲ませたら、本日の介護生活は終了・・・・・・、とは行かず、夜通し寝返り?のため6~7回動き回るぷりんに、マットを掛け直してやる。

 早朝3時30分に暖房が入るようにタイマーをセットするのも忘れない。
でも、14年間いっぱいいっぱい楽しみを与えてくれた愛犬ぷりん、まったく夜中に6~7回起きても苦にはならない・・・・・。





〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

<ご案内>『投げ釣り列島縦断』(メディアボーイ社刊・税込み1700円)
魚が好きなのか。釣りが好きなのか。求めて旅する、今日もまた。

「投げ釣り列島縦断」で検索ください。お問い合わせ メディアボーイ社03-3576-4051
 


















2018/11/26 14:17 | カレイ
ありがとうございます。

 昨夕から、私が住まいする広島市東区は大雨による警報が出て、携帯の《エリアメール》が鳴りっぱなしemoji

 被害に遭われた方々、大事ないことをお祈りするばかりです・・・・・・・。

 昨夜は、恐ろしいほどの大雨は降り続きましたが、幸い我が家は地震保険・火災保険を掛ける時には、浸水・がけ崩れの恐れは100%無いので、契約から外してもらったくらいの立地なのですが、同じ東区対象にエリアメールが何度も何度も入ってきます。

 そのエリアメールが鳴るたびに、心臓の悪い愛犬ぷりんが飛び起きるのがかわいそうで、携帯は二階に持って上がらずに、階下の押入れの布団の間に突っ込んで寝ました・・・。

 今朝起きてみると、たくさんの方々からご心配いただき、お電話やメール、そしてショートメールが入っていました。
 そのような次第で電話に出られず、返信も遅れましてすみません・・・・・・emojiemoji

 
 小雨だった昨日の午前中は、かねてより予定していた《マコガレイの放流》のため、江田島に行ってきました(もう水槽から上げたマコガレイは、長い間輸送用の水槽に入れたままにはできません)。



 広島港を出入りするフェリーが行き交います。



 三高港行きのフェリーから見る、世界遺産の島《宮島(厳島)》はかすんで見えません。

 江田島市のご好意で、《シーサイド温泉のうみ》の施設の一部をお借りしての開会挨拶・マコガレイの習性説明のあと、放流が始まりました。



(バケツに入れられた4~5㌢のマコガレイ稚魚)



 まず最初は一斉に並んで放流・・・・、その後はバケツリレーで放流が進みました。



(3歳のちびっこも、雨がっぱを着て放流のお手伝い、ちびっこの右側は(公財)日本釣振興会中国地区支部顧問の平口 洋衆議院議員、左側は明岳 周作江田島市長)



(やさしい江田島市長に傘をさしてもらって放流するちびっこ)



(雨の中、最後まで一人で放流を続けてくださった平口 洋先生、順調に生育すれば再来年にはこのマコガレイの中の多くが産卵できる大きさになります)


 
  (本日、7月7日の中国新聞 呉・東広島版から抜粋)



 ※ 成長速度はオスメスで差があり、瀬戸内海ではおおむね1年で11㌢、2年で20㌢弱、3年で25㌢前後、4年で30に達する個体もあり、大阪湾での調査では、7年で40㌢になる個体もあったそうです。(因みに、水温の低い東北では、エサを摂る期間が長いので成長も早く、3年で30㌢に達する個体もあります)



寿命は、オスで8年、メスが11と言われ、長寿記録は13歳(平成14年時点)で、最長記録は61・3㌢で宮城県の寄磯港で2000年6月3日に釣られたものが知られる。





















2018/07/07 08:26 | カレイ
キス&カレイ。
全日本キス大会の日、仁万港で釣っていると、なんとまぁかわいいカレイが釣れました。
体長10㌢くらい・・・・・ということは二年魚かな?

  これまで釣った一番小さいカレイは、山口県宇部市の厚東川での青ギス狙いに釣ったイシガレイの8㌢、これは2番めemoji



 まぁこのカレイは別として、我々はもっぱらキス狙いに全精力をそそいでいる今日このごろ、瀬戸内ではまだまだカレイを狙って釣行をしている人が・・・・・・。

 広島県西部に住まいする友人のYS田さん、18日の月曜日にも大畠近辺でカレイ狙いを。

 以下、彼からのメールと写メです。

 結局、11時で納竿しました。
その頃から上潮が下げに変わったのかよくきき始めまたアタリが出るようになって、釣れそうな雰囲気はあるけど、しんどいのでさっさとやめました。
かめやの釣果情報にアップされると思います。

カレイ 39.5 、29.5 、28、 22㌢
マダイ 44、 35、 29㌢
チダイ 27.5 、24.5、 23.5㌢
アイナメ 28㌢

おかずには十分ですね…。



(6月18日、山口県大畠付近でYS田さんの釣果)

 彼は毎年遅い時期までカレイを狙っています。
以下が、彼のこれまでの各年ごとのもっとも遅くに釣れたカレイデータです。

だいたい10年間での釣果記録から。

'08が7/18に大野で26、18㌢
'10が6/24に大畠手前で21.5、20.5㌢
'11が6/17に大畠手前で32.5、30.5㌢
'12が5/31に大野で20.5㌢
'13が6/12大野で24.5、23.5、20、19、18.5㌢
'14が6/22大野で31、18.5㌢
'15が7/6大野で23、21㌢
'16が6/27に神代大畠間で29㌢
'17は6/26に大野で33、28.5㌢

 これを見ればわかると思いますが、大野も大畠も潮流の速い場所です。
近くには水深のある場所もあり、海水温が低いのが遅くまで釣れる要因だと思います。

 逆に、9月ころから釣れ始めるのも、この辺りからということを考えれば、カレイの棲みやすい水温に近い場所だと思います。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
<宣伝>『投げ釣り列島縦断』(メディアボーイ社刊・税込み1700円)
魚が好きなのか。釣りが好きなのか。求めて旅する、今日もまた。

投げ釣り列島縦断」で検索ください。お問い合わせ メディアボーイ社03-3576-4051























2018/06/20 15:57 | カレイ
注文通り魚を釣る。

 今から30年くらい前、凝り性の私は渓流釣りの本を買い漁って読んでいました。



  その中で、特に目を奪われたのは、ある川漁師(職漁者)が、旅館などから頼まれたら数とサイズを揃えて持ち込んでいた・・・・・といったお話。

 当時、その話に憧れを感じた私は、自分に置き換えて考えてみた。
アマゴやイワナはとても無理だが、キスならなんとかなるだろうか?と。
 例えば、「今週末に天ぷらサイズのキスを100匹お願い」「来週は刺し身サイズを20匹!」と言われたら、要望に応えられるだろうか・・・・と。
 しかし、到底ムリなお話だと、その職漁者の腕前をうらやましく思ったものです。

 なぜこんな古いお話を引っ張り出したのか・・・・・・・?
 実は、いつもお世話になっている方お二人から、「いつか味の店末永さんで飲みたいですね」と言われていましたが、ついつい機会が無くて延び延びになっていました。

 味の店末永さんにも、昨年の《釣りごろつられごろ年末総集編》で、ムリをお願いして、クラブの廣澤さんが釣ったカレイをしゃぶしゃぶにしていただいたままご無沙汰ばかり・・・・。

 カミさんがお休みの昨日、4月12日にその約束を果たすことにしました。
 そこで、末永さんで飲むなら、あの時のカレイのしゃぶしゃぶを再現しよう!と江田島にでかけました。

 行く前から、カレイを2~3枚用意しょう!!!と、まさに30年前に読んだ職漁者の心境です。

 しかし、潮廻りは若潮の次の中潮で、満潮は午前7時43分と引き潮を釣るような、私にとって苦手な潮回り・・・・・。 
 いつもは呉ポー発6時55分のフェリーに乗るのですが、今回は意気込んで6時20分のフェリーへ。



(フェリーからからは似島や、その向こうに広島市が見えます)

 釣り場に付いてすぐ竿出しできるよう、フェリーの中でタックルや仕掛けの準備。

 釣り場へは7時20分に到着、大急ぎで竿3本を投げ終える。
引きに入って30分、8時20分になんとか31㌢のマコガレイが釣れ一安心。

 その後も頑張る!が・・・・・・・、と言っても、エサは取られないしアタリも無い、つまり頑張りは空回りをしているわけ。

 そうこうしているうち、10時15分にやっとマコガレイ27㌢が釣れた。



 狙いどおりに釣ったマコガレイ2枚、この他にはアイナメの29㌢が1匹だけ。

 10時30分にに竿を納め、三高の野村水産さんで牡蠣を購入し、中町のシーサイド温泉に浸かり、12時17分のフェリーで帰りました。

 釣ったカレイは味の店末永さんに持ち込み、めでたくしゃぶしゃぶに供されました。

 30年前に読んだ職漁者のお話、少しでも近づけた・・・・・と、苦労の後の満足の一日でした。





















 


2018/04/12 17:39 | カレイ

| HOME | 次のページ>>
忍者ブログ[PR]