忍者ブログ
ありがとうございます。

 昨夕から、私が住まいする広島市東区は大雨による警報が出て、携帯の《エリアメール》が鳴りっぱなしemoji

 被害に遭われた方々、大事ないことをお祈りするばかりです・・・・・・・。

 昨夜は、恐ろしいほどの大雨は降り続きましたが、幸い我が家は地震保険・火災保険を掛ける時には、浸水・がけ崩れの恐れは100%無いので、契約から外してもらったくらいの立地なのですが、同じ東区対象にエリアメールが何度も何度も入ってきます。

 そのエリアメールが鳴るたびに、心臓の悪い愛犬ぷりんが飛び起きるのがかわいそうで、携帯は二階に持って上がらずに、階下の押入れの布団の間に突っ込んで寝ました・・・。

 今朝起きてみると、たくさんの方々からご心配いただき、お電話やメール、そしてショートメールが入っていました。
 そのような次第で電話に出られず、返信も遅れましてすみません・・・・・・emojiemoji

 
 小雨だった昨日の午前中は、かねてより予定していた《マコガレイの放流》のため、江田島に行ってきました(もう水槽から上げたマコガレイは、長い間輸送用の水槽に入れたままにはできません)。



 広島港を出入りするフェリーが行き交います。



 三高港行きのフェリーから見る、世界遺産の島《宮島(厳島)》はかすんで見えません。

 江田島市のご好意で、《シーサイド温泉のうみ》の施設の一部をお借りしての開会挨拶・マコガレイの習性説明のあと、放流が始まりました。



(バケツに入れられた4~5㌢のマコガレイ稚魚)



 まず最初は一斉に並んで放流・・・・、その後はバケツリレーで放流が進みました。



(3歳のちびっこも、雨がっぱを着て放流のお手伝い、ちびっこの右側は(公財)日本釣振興会中国地区支部顧問の平口 洋衆議院議員、左側は明岳 周作江田島市長)



(やさしい江田島市長に傘をさしてもらって放流するちびっこ)



(雨の中、最後まで一人で放流を続けてくださった平口 洋先生、順調に生育すれば再来年にはこのマコガレイの中の多くが産卵できる大きさになります)


 
  (本日、7月7日の中国新聞 呉・東広島版から抜粋)



 ※ 成長速度はオスメスで差があり、瀬戸内海ではおおむね1年で11㌢、2年で20㌢弱、3年で25㌢前後、4年で30に達する個体もあり、大阪湾での調査では、7年で40㌢になる個体もあったそうです。(因みに、水温の低い東北では、エサを摂る期間が長いので成長も早く、3年で30㌢に達する個体もあります)



寿命は、オスで8年、メスが11と言われ、長寿記録は13歳(平成14年時点)で、最長記録は61・3㌢で宮城県の寄磯港で2000年6月3日に釣られたものが知られる。




















PR

2018/07/07 08:26 | カレイ
キス&カレイ。
全日本キス大会の日、仁万港で釣っていると、なんとまぁかわいいカレイが釣れました。
体長10㌢くらい・・・・・ということは二年魚かな?

  これまで釣った一番小さいカレイは、山口県宇部市の厚東川での青ギス狙いに釣ったイシガレイの8㌢、これは2番めemoji



 まぁこのカレイは別として、我々はもっぱらキス狙いに全精力をそそいでいる今日このごろ、瀬戸内ではまだまだカレイを狙って釣行をしている人が・・・・・・。

 広島県西部に住まいする友人のYS田さん、18日の月曜日にも大畠近辺でカレイ狙いを。

 以下、彼からのメールと写メです。

 結局、11時で納竿しました。
その頃から上潮が下げに変わったのかよくきき始めまたアタリが出るようになって、釣れそうな雰囲気はあるけど、しんどいのでさっさとやめました。
かめやの釣果情報にアップされると思います。

カレイ 39.5 、29.5 、28、 22㌢
マダイ 44、 35、 29㌢
チダイ 27.5 、24.5、 23.5㌢
アイナメ 28㌢

おかずには十分ですね…。



(6月18日、山口県大畠付近でYS田さんの釣果)

 彼は毎年遅い時期までカレイを狙っています。
以下が、彼のこれまでの各年ごとのもっとも遅くに釣れたカレイデータです。

だいたい10年間での釣果記録から。

'08が7/18に大野で26、18㌢
'10が6/24に大畠手前で21.5、20.5㌢
'11が6/17に大畠手前で32.5、30.5㌢
'12が5/31に大野で20.5㌢
'13が6/12大野で24.5、23.5、20、19、18.5㌢
'14が6/22大野で31、18.5㌢
'15が7/6大野で23、21㌢
'16が6/27に神代大畠間で29㌢
'17は6/26に大野で33、28.5㌢

 これを見ればわかると思いますが、大野も大畠も潮流の速い場所です。
近くには水深のある場所もあり、海水温が低いのが遅くまで釣れる要因だと思います。

 逆に、9月ころから釣れ始めるのも、この辺りからということを考えれば、カレイの棲みやすい水温に近い場所だと思います。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
<宣伝>『投げ釣り列島縦断』(メディアボーイ社刊・税込み1700円)
魚が好きなのか。釣りが好きなのか。求めて旅する、今日もまた。

投げ釣り列島縦断」で検索ください。お問い合わせ メディアボーイ社03-3576-4051























2018/06/20 15:57 | カレイ
注文通り魚を釣る。

 今から30年くらい前、凝り性の私は渓流釣りの本を買い漁って読んでいました。



  その中で、特に目を奪われたのは、ある川漁師(職漁者)が、旅館などから頼まれたら数とサイズを揃えて持ち込んでいた・・・・・といったお話。

 当時、その話に憧れを感じた私は、自分に置き換えて考えてみた。
アマゴやイワナはとても無理だが、キスならなんとかなるだろうか?と。
 例えば、「今週末に天ぷらサイズのキスを100匹お願い」「来週は刺し身サイズを20匹!」と言われたら、要望に応えられるだろうか・・・・と。
 しかし、到底ムリなお話だと、その職漁者の腕前をうらやましく思ったものです。

 なぜこんな古いお話を引っ張り出したのか・・・・・・・?
 実は、いつもお世話になっている方お二人から、「いつか味の店末永さんで飲みたいですね」と言われていましたが、ついつい機会が無くて延び延びになっていました。

 味の店末永さんにも、昨年の《釣りごろつられごろ年末総集編》で、ムリをお願いして、クラブの廣澤さんが釣ったカレイをしゃぶしゃぶにしていただいたままご無沙汰ばかり・・・・。

 カミさんがお休みの昨日、4月12日にその約束を果たすことにしました。
 そこで、末永さんで飲むなら、あの時のカレイのしゃぶしゃぶを再現しよう!と江田島にでかけました。

 行く前から、カレイを2~3枚用意しょう!!!と、まさに30年前に読んだ職漁者の心境です。

 しかし、潮廻りは若潮の次の中潮で、満潮は午前7時43分と引き潮を釣るような、私にとって苦手な潮回り・・・・・。 
 いつもは呉ポー発6時55分のフェリーに乗るのですが、今回は意気込んで6時20分のフェリーへ。



(フェリーからからは似島や、その向こうに広島市が見えます)

 釣り場に付いてすぐ竿出しできるよう、フェリーの中でタックルや仕掛けの準備。

 釣り場へは7時20分に到着、大急ぎで竿3本を投げ終える。
引きに入って30分、8時20分になんとか31㌢のマコガレイが釣れ一安心。

 その後も頑張る!が・・・・・・・、と言っても、エサは取られないしアタリも無い、つまり頑張りは空回りをしているわけ。

 そうこうしているうち、10時15分にやっとマコガレイ27㌢が釣れた。



 狙いどおりに釣ったマコガレイ2枚、この他にはアイナメの29㌢が1匹だけ。

 10時30分にに竿を納め、三高の野村水産さんで牡蠣を購入し、中町のシーサイド温泉に浸かり、12時17分のフェリーで帰りました。

 釣ったカレイは味の店末永さんに持ち込み、めでたくしゃぶしゃぶに供されました。

 30年前に読んだ職漁者のお話、少しでも近づけた・・・・・と、苦労の後の満足の一日でした。





















 


2018/04/12 17:39 | カレイ
戻りガレイ好調!!!
2月19日の月曜日、広島県東部に住まいするYS田さんからメールと釣果写真が。


 昼前の潮替わりで納竿しました。

 かめやに持ち込みして釣果情報かブログにUPしてもらう事になります。
エサは地堀本虫です…。

 カレイは25 29.5 39 ㎝でした。小さな個体はほぼ戻っているみたい、39㎝で7割程度の戻り具合ですかね!?

 仕掛けを回収して針を持つとかなり冷たく感じました。やはり今年の冬の低温が影響するのでしょうか?

 次はアイナメが釣りたいです。




(YS田さんの戻りガレイ釣果)

 今朝、古くからの友人寺さんからメール。

 昨日、能美島にキス釣りに行きました。
最初は南岸のK川で・・・・・、竿を置いて車に忘れ物を取りに行って帰ると31㌢のカレイが。
その後、釣り場をあちこち代わるがキスは釣れず・・・・。
昼食後に北岸のKに行き、13時ころ33㌢のアイナメが釣れ、14時には36㌢のカレイが釣れましたが、キスはまったく釣れません・・・・・。

 エサは青ゴカイと石ゴカイを持参したが、すべて石ゴカイに釣れました。
アイナメはうまかったけど、カレイはもう少し・・・・といった感じです。

 やはり寺さんも冬ギスにこだわったのでしょうが、キスは今イチどころか今サン今四くらいですね・・・・・・・・・。
 
 思えば、昨年末の乗っ込みガレイは、私の知る限りさっぱりでしたが、どういう訳か戻りガレイは好調の兆しが感じられます。
 反対に、昨年末のカレイのように冬ギス・春ギスが厳しいような・・・・・・。
次も意地を張って春ギスと第二本命のカワハギ狙いで行きたい気持ちが。
 二人の話を統合すると、旨い!と思えるカレイが釣れるのは、もうしばらくのようなので、カレイはもう少しあと・・・・・・・に。
























2018/02/24 15:36 | カレイ
マコガレイの産卵。
1月10日、近くのスーパーマーケットのお魚売り場を覗いてみました。
34~35㌢の良型カレイに目を奪われた。

 値札には「アマテ 1匹 997円」と書かれていたそのカレイ。
5枚重ねて並べている一番上のマコガレイはお腹がぺっちゃんこ、その下の4枚はお腹がパンパンに張って、今にも卵が出てきそうでした。
 同じ値段なら当然一番上のカレイをよけて・・・・・ですが。

 もう10年ちかくも前、当時広島に勤務していた、私と同じクラブの鈴Kさんが1月3日に、40㌢オーバーのマコガレイを二枚ぶら下げてやって来た。
 一枚はお腹がパンパンで抑えたら卵が飛び出しそう。
もう一枚は、たった今産卵したかのような状態でした。

 それをもってして、広島湾でのマコガレイの産卵は年末年始をはさんで、遅くとも正月明けには産卵を終えると判断できる二枚でした。

 スーパーマーケットで見たマコガレイも、群れのうちの早い個体が産卵を終え、あと一両日中に産卵を終えそうな仲間と一緒にいるところを、底引き船に搔っさらわれたのでしょうが、あと数日のちだったら、このカレイさんたちもみんな無事に産卵を終え、全部で何万粒の卵=稚魚が生き延びたことでしょうね。。

 今週末は寒いし、私は法事だし、カレイは2月中旬からの戻りガレイまで待つことにしよう。


マコガレイ追記
 1月13日、今度は違うスーパーマーケットのお魚売り場を覗いてみたら、36~37㌢のマコガレイが2枚(アマテ 1380円)と書かれて売られていました。

こちらは2枚ともお腹に卵パンパンでした。
やはり例年よりも二週間あまり遅れているのでしょう。







2018/01/12 17:39 | カレイ

| HOME | 次のページ>>
忍者ブログ[PR]