忍者ブログ
雨の降る前に浜田へ・・・・のつもりが。
7月1日は、ちょこっと浜田まで行き4~5時間キス釣りをし、帰りがけに波佐の明治屋さんで鯖寿司を買って帰ろう・・・・・・と考えました。

 しかしカミさんが「雨が」「一人で大丈夫か」などなど何度も言うので、体調の悪い愛犬ぷりんを置いて早朝には出られないし、4~5時間釣るために前日から出かけて車中泊もきついし・・・・・と取りやめにしました、が雨は降りませんでした・・・・・・emoji

 そんなおりチャッピーさんから「今日は黒松に行きました!」と写メが。



 また、お孫さんたちとみんなで南蛮漬けパーティーが始まるのかなemoji


 翌月曜日、YS田さんからメールと写メが。

こんにちは。


大畠浜漁港まで行ってきました。


二週間前とほぼ同じ潮回りですが、はっきりと差が出ました。


エサ取りが活発になり素針になってしまいます。
更に天気がいいので暑くてたまりません。


結果は


カレイ 21.5 、21.5
チダイ 25.5 、17 、16 、15.5
キス 18.5
カワハギ 19.5
トラギス 16.5


でした。



カレイは釣れたけれどサイズが小型になってしまいました。
夏カレイ狙いはこれで終わりですかね…。



 お話は変わって
人に施せども慎みて思うことなかれ》という言葉があります・・・・・。

 先日のこと、釣り仲間ではないが、お付き合いのある人が「そりゃぁこういう時のために、みんなにいっつも飲ませとるけぇ言うこと聞くんよ!小池さんは飲まんけぇじゃが」と。

 私も飲まないわけではありません。
そのように言われる恐れのある方からの《タダ酒》を飲まないだけです。

 モノで釣る、飲ませる・・・・・・。

 鴨谷計幸師で思い出すことがあります。



(島根県浜田市で開催した、クラブの記念大会にご臨席をお願いし、お迎えに行った時の写真)

 当時は釣り業界も景気が良く、たくさんの協賛品をいただき、大いに盛り上がった大会だと自画自賛していたのですが、来賓席の鴨谷師は終始不機嫌そうでした。



 (高く広く用意された景品の数々、まだ写真に写っていない賞品もたくさんありました)

 大会終了後、鴨谷師がぽつりと・・・・・「大量の品物で人を釣るような大会ではなく、キミららしく手作りの大会を期待していたのだが」と。

 思い上がっていた私たちは大いに反省、その後現在のクラブのように、まったく上下関係も利害関係というものがなく、物欲にとらわれず、人と人との繋がりで運営している《手作りクラブ》ができているのです。

 今のクラブを鴨谷師に見ていただきたい思いです。

 下の写真左は、その大会に遠く名古屋から駆けつけてくださった金森直治先生。



(写真右の優勝者に、金森先生から賞品の説明をされています)

 金森先生には、現在下手な俳句を添削などのご指導をいただいています。

  何年か前の句会に《港から たこ壺消えて 半夏生》という句を賞に取っていただいたことがあります(今年2018年の半夏生は7月2日)

その金森先生が、《物欲・金欲》について書かれた中日スポーツ新聞のコラムです。



 趣味というもの、《趣味と実益》などという言葉を強く否定されて、「趣味というものは、支出の一方通行」なのである、と・・・・。
 また、「仕事にも、趣味にも失礼ではないか!」と。

 鴨谷師、金森師と、この人生で素晴らしい師匠に出会えた幸せをつくづく感じている今日このごろです。
 一ミリでも近づきたい・・・・と思うばかりです。

  愛犬ぷりんは《是々非々》で、決して迎合しないもんね・・・・。
 















PR

2018/07/03 11:44 | 小難しいお話
名こそ惜しけれ。
情けない・・・・・・・。
アメフトの話題で持ちきり。

 当初は監督が、「あれくらい・・・・・、私が責任を取る」とか言ったとか。
しかし、問題が大きくなると「指示は出していない」とさ。

 私が監督だったら、例え選手が監督の叱咤激励を勘違いして、あのような行動に出たとしたら、それこそ「自分の指示の仕方が悪かった、選手は私の指示で行動した」と責任を取って辞任する。

 あの監督は、逃げ口上を並べて今後どうしょうと思っているのか?
選手を切り捨てておきながら、まだ何年も指導者や大学の実力者としてやっていこうと思っているのか?
 そんな態度を日本では《厚顔無恥》という。

 私の大好きな作家、司馬遼太郎が著書のなかで述べている言葉、《名こそ惜しけれ》。
人間みんな、それぞれ一つずつ名前を持っている。

 ご先祖さま、両親・兄弟・子供、先輩方、友だち、後輩たち、そして何よりずっと名前を背負って生きてきた自分自身に、顔向けのできないような生き方だけはしたくないものだ・・・・・・・・。

 どうか監督さま、どこかの政治家さんやレスリング協会の監督さんたちを誘って、《晩節を汚す》ことのないクラブでも作っては・・・・・・・。



  まぁお父さん、難しいことは言わないで・・・・・・、言ってもダメな人はダメだよ・・・・・、と愛犬ぷりんが。





















2018/05/17 12:45 | 小難しいお話
この世に101%あるならば・・・・・・。
その昔、あるお方が「選挙には120%出ない!」とか言ったことがある。
おかしいですね、この世の中には100%しかありませんよ。

 でも、もし世の中に101%というのがあれば・・・・・・・・。

 どこやらの事務次官や、どこやらの人気グループのメンバー・・・・・。
テレビ番組を観ていると、押しなべて「悪い!」と、つまり100%非があると、タレント仲間やコメンテーターは言う。

 へそ曲がりな私は考えました、もしこの世に101%あるとしたらどうでしょう?と。
仮に・・・・・仮にですよ、101%があるとしたら、《隠れて録音した女性》は、いくら取材ネタが欲しいと言えど、生理的に受け付けなければ、はっきりと「次官、セクハラですよ!」と言えばいい。
 そうすれば、大抵の男は「この女性はガードが固いから・・・・・」と、セクハラ発言を止めるでしょう。
もちろん女性は、自分だけへの特別な「裏ネタ」も諦めて・・・・・・。

 18才の未成年、これも仮に、仮にですから目くじらを立てないでくださいね。
101%があるとするならば、あくまで仮にですよ・・・・・・いくら相手が社会的な立場にある人間でも、夜の8時過ぎに親は行かせるべきではない!繋がりでどうしても!と言うなら、私が親なら付いて行く、間違いなく付いて行く。

 私には娘が二人います。
私は娘が成人になるまでは、高校生の間はバイトもさせませんでした、お小遣いもろくにやれない貧乏家庭でしたが。
 門限も8時まで・・・・・・。
 常に言っていたことは、「成人になるまではお父さんの言うことを聞け!成人になったら、◯俗で働こうと、なんだろうと自分の判断で生きればいいから」と言っていました。

 先日、関東から帰省で帰っていた娘が、旦那さんとテレビの話題を観ながら、「お父さん、もし私が18才の時に、夜の8時に出かけると言ったら、絶対に許していないよね」と言っていました。


 この世には、大義名分や正論という言葉があります、こんなこと言ってしまって、《炎上》しなければいいけど・・・・・・、まぁ炎上するほど多くの人が観ているわけでもなし、年寄りのぼやきだと聞き流してくださいな・・・・、間違いなくこの世の中には101%というものはなく、確実に100%ですからね・・・・・・・。


  辛口ついでにもう一つ「ウソ」の話。

 最近《元なんやら秘書官》という人が、何やら官邸に10人くらいで来た人で、その中にどこの誰がいたのやら分からないまま応対し、自分の判断で上にも報告をしていないとか言っている・・・・。
 どこやらでは、パトカーから逃げまくって事故を起こしながら、酒は飲んではいない!と言い張る◯察官、とある県の◯察署では、8000万円以上が無くなっても「知らぬ存ぜぬ」と言う人ばかり・・・・・・。

 子供のころ、「嘘つきは泥棒の始まり」と言い聞かされてきた。

  最近思い始めた・・・・・・、嘘つきは泥棒の始まりと言うと、飢えに泣く姉の子のためにパンを盗んで投獄された《ジャン・バルジャン》が怒るのではないか!と。
 泥棒はしたが、ウソはつかない!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!と。

 外遊では、政府専用機のタラップの上で手を振ったり、外国からの要人が来られたら晩餐会に着飾って出るご婦人、当然「公人」かと思いきや、名誉校長になるのははいかがなものか!と言われると、「私人」扱いに・・・・・・・、こはいかに??????




  愛犬ぷりんは、生まれて一度もウソをついたことはありません!
お父さんも、ぷりんには一度もウソをついていませんよ・・・・・・・。

 基本、ウソと悪口は嫌いです。
あっ!この101%のお話は悪口になるかな・・・・・・emoji

 「ウソはついてはいけないが、本当のことは言わなくてもいい」という名言?迷言?もある。









2018/05/11 20:18 | 小難しいお話
遅刻・欠席大嫌い!

 唐突ですが・・・・・・。
これは、私のサラリーマン時代、新規事業拡大のため会社から派遣され、職業訓練校に通った時の皆勤賞です。



 私は、《約束》というものがすこぶる苦手である・・・・・・・。
苦手と言っても、約束ができない体質ということではありません。

 性格上約束したその時から、それが例えどんな予約であっても、何日も前から気になって気になってしょうがないのです。
 ドタキャンや遅刻などもってもほか・・・・・。
ですから、病院や理髪店も予約制度のところは避けるようにしている。

 私の血を引いているのか?私の娘もある専門学校を2年づつ、計4年間皆勤賞を取っている。

 と、こう書いてくるとずいぶん真面目なように感じるでしょう。
実は、ふたご座のB型の、結構ちゃらんぽらん(真面目な方すみませんemoji)で行き当たりばったりで、計画の無い旅などが好きな、根っからの自由人なんです。

 そんな呑気な性格だけに、一旦約束をすると逆にものすごいプレッシャーに陥るのです。




 お話は変わって、私どものクラブでは明確な規約はありません(もちろん、上部団体の連盟には確たる規約があり、同じ条件で日本全国の組織員が楽しんでいる)。

 クラブでは、島根協会のHPをご覧いただけばお分かりと思いますが、「一社会人として恥ずかしくない行動を取れる人なら・・・・」と入会資格について書いてあります。

 しかしこの条件、厳密に言えば日本国で生活している以上は「一社会人として」過ごしているのは間違いないので、あって無きがごとしの条件ですね。
 と言うことは、私たちのクラブにはどなたでも入会出来るということです。

 ただ、私が敢えて言いたいことは、遊びであるからこそ、どうしても守らざるをえないルールではない、仲間のためにマナーやモラルが大切なのでは?
 
 仕事ならば、社則だけではなく、いろんな縛りがあるで否が応でも従わなくてはいけないのは仕方ありません。
 遊びには、仲間の数だけ自分を見ている目があるのです。
いつまでも仲間と楽しい釣りをするために・・・・・・。



 顔だけぷりん・・・・・・・。
上から写真を撮ったら、身体が頭の陰に隠れてしまいます。


























 


2017/09/16 19:53 | 小難しいお話
私の信条。
パソコンを魔法の箱と呼ぶ私、このブログも全日本サーフ島根協会の管理人さんに作ってもらい、更新だけをやっているような状況。

 2008年2月26日から本格的に書き始めて、一貫して心がけていることがあります。
それは《悪口》は言わない、書かない・・・・・・ということです。

 目を見てお話するなら、たとえ批判めいたお話でも、ちゃんと裏付けもあってのお話ができますが、ブログなどのように不特定多数の人たちに伝播する媒体では、やはり細やかなニュアンスの説明やフォローができないので、ブログを見た方に私の一方的な考えを植え付けることになりかねないからです。

 NHKラジオ深夜便のCDの中のお話、「人の悪口しか言えない人は成長能力の無い人であり、人の短所しか見えない人は、もう成長が止まった人だ」
「人の短所は誰にでも判るし、ひとの短所はいくら判っても偉くはないが、人の長所はなかなか見抜くことができない」

 同じ人生を過ごすなら、他人の短所を探してあーだこーだ指摘して、自分の心まで泥まみれにするよりも、他人の長所を見つけて自分も見習ったりした方がいいのでは・・・・・・、いずれはみんな同じこの星(地球)の土に還る身なのだから・・・・・・・・。

 ということで、私と親しくお付き合いしている方々は、以上のことを理解してくださっています。
 私と付き合いがある!と言う人で、他人の悪口をあーだこーだ言っている人がいたとしたら、その方と私は本当の意味でお付き合いしていない・・・・ということをご理解ください。

 よろしければ、私のこのブログの検索画面で『悪口』と入れてみてください。
2008年6月10日のブログでは、2チャンネルに書かれたこともあります^^;

  そう言えば、私のサラリーマン時代、本社の事務員さんが「センターはいいなぁ、私もセンター勤務になりたい!小池さんが人の悪口を言っているのを聞いたことがないから」と言ってくれたのも懐かしい・・・・・・。

 まぁサラリーマンである以上、同期や同格の人間が気になるから、ついつい悪口めいたことも口をついて出るのかな・・・・・・。
 私は、転勤を断ったりのまったくマイペース(上役に贈り物はしない貰わない)だったので、周りを気にしたことがなかったからでしょう。





















2017/08/07 19:35 | 小難しいお話

| HOME | 次のページ>>
忍者ブログ[PR]