忍者ブログ
失敗を繰り返さないカレイ仕掛け
 先日、カレイ仕掛けの紹介で、『極短仕掛け』をご紹介しました。
 この仕掛けを初めて目にされた方は、「こんなんで釣れるんかいな?」と思われるでしょう・・・。
 私は、カレイだけではなくイシダイやチヌ、キューセンベラ、ネズミゴチからキスまで釣り上げています。
 確かに、キスなどの警戒心の強い魚には多少違和感を与えてしまうかも知れませんが、説明にあるとおり根掛かりの多い場所での使用や、絡みやすい潮流の場所では重宝します。


(極短仕掛けでの釣果)

 この仕掛けは、エンダー天秤やジェット天秤、キング天秤と組み合わせて使用しています。

 省エネ仕掛けも極短仕掛けも、結び目はしっかり締め付けておきましょう。
 ハリス切れやライン、モトスが切れるのは、結び目からが一番切れやすいのです。
 しっかり締め付けておけば、均等に力が加わり結び目も切れにくいのですが、ゆるんでいると一気に力が加わった場合、その場所だけに力が加わり、切れてしまうわけです。
 私は昨年、そのあやまちを経験しまして(8号だから安心・・と、結び目がいい加減になっていました)、今ではしっかりとプライヤーなどで締め付け、さらに瞬間接着剤で固めています。(泥縄ですね・・・)

 ところでお話はガラっと変わりますが、海の汚染については一般的にゴミ問題が話題に上がります。
しかし、釣りに行った日だけにゴミに気を付けるだけではなく、普段から『海の汚染』について考えてみましょう。
 次の図にもありますが、家庭で流す醤油は大さじ一杯流すと、魚が住める水質にするためには風呂おけ(300㍑)1・5杯ものきれいな水が必要です。
 米のとぎ汁3合分流すと、風呂おけ4杯分のきれいな水が必要なんです。
 必要以外の醤油は皿に取らない!
 米の研ぎ汁は植木にやる!など、自分自分でできることに取り組みましょう。

 他には
 牛乳コップ一杯=風呂おけ9・4杯
 味噌汁お椀一杯=風呂おけ4・7杯
 マヨネーズ大さじ一杯=風呂おけ12杯
 ジュースコップ一杯=風呂おけ13杯
 缶コーヒーコップ一杯=風呂おけ14杯
 天ぷら油500ml=風呂おけ330杯

 などがあります。




 私は、プラスチックの弁当ガラは、いちおうティッシュで拭き取るようにしています。(それを燃やしたらダイオキシンがなど言っててはキリがないのですが、少なくとも洗う時に油分や醤油など少なくするように)
 米のとぎ汁や牛乳は、植木にやっています。肥やしにもなるし一石二鳥です。

 
 
 
PR

2009/11/13 19:47 | 仕掛けに関するお話
私のカレイ仕掛け。
 9月に入って、なんだか不完全燃焼のままここまで来た『落ちギス』ですが、やっと今回自分なりに結果を得られたので、そろそろカレイ釣りにシフトをしようかな・・・・・?と考えています。
(7~8日の落ちギス、20㌢から26㌢が12匹、それ以下のハリを飲み込んだのが8匹に、マコガレイの36㌢とまずまずの結果だった。)

 さて私のカレイ仕掛けは主に次の二種類です。
 まず、省エネ仕掛けの方ですが、枝針と先針が一体になっているので、作成時間も少なくて済むし、砂ズリとハリスを別々に作っておいて、もし一本でも針先が甘くなればモトスのギリギリで切り、新たにハリスを結べばモトスがムダにならないわけです。


(省エネ仕掛けと極短仕掛け)

 もう一つは、根掛かりの多い場所や潮流の加減で絡みやすい場所での仕掛けです。
 名付けて『小池スペシャル極短仕掛け』です。
これは、モトスが4本縒りで絡みにくいし、ハリス部分が極端に短いのでほぼ絡みません。
 時合いが極端に短いと言われるカレイ・・・・・・、仕掛けが絡んでいてはまず喰いません、喰いが悪いのでは・・・?と考えるより、絶対絡んでいないから喰え!!くらいの気持ちで釣りができます。

 落ちギスは堪能したから、これからはじっくりカレイ釣りを・・・・といった感じに聞こえるかも知れませんが、私は実績のある寄り付き場には、だいたい一年に一回くらいしか行かないことにしています。
 あとは、新しくカレイ釣り場を探すか、やっぱり未練がましく越冬ギスに逢いに行ったり、四国のカワハギに浮気心を起こしたりすると思います。


 そう言えば、8日に釣った36㌢の肉厚カレイ、もうすでに真子を抱えていました。
 これを見ると、山陰のマコガレイも瀬戸内のマコガレイもほぼ同じ調子で抱卵→産卵をしているのでしょうか・・・。


2009/11/10 19:25 | 仕掛けに関するお話
根掛かりを回避し、アイナメを狙う
 この時期、カレイはあまり釣れないし釣れても小さいか、大きくてもペラペラ・・・・。
 このペラペラカレイ、水っぽくて煮付けにしても味が付きにくい。味を濃くしようとしたら、一緒に煮た大根が醤油辛くなるばかりで、いただけたものではない・・・。
 
 そこで、ここ数年はアイナメの実績ポイントや、海岸を走っていて黒く見える磯廻りばかりを狙っている。

 そこで問題になるのが『根掛かり』
 以前から、私は根掛かりの原因について
1.ハリが掛かる
2.ハリスが絡む
3.天秤が掛かる
4.オモリが掛かる
5.ラインが根を巻く
 などがあると言っています。
 ハリが掛かった時、折れてくれるか曲がってくれると、力糸ごと仕掛けを失うことがなくなります。そこで、わたしは曲がってくれるようにがまかつの黒チヌ5号を愛用しています。
 ハリスが掛かったときのために、そこで釣れる魚に対応できる最低限細いハリスを使う・・・・、ということで、私はダイワの船ハリス真鯛の4~5号を使っています。
 天秤が掛かった時、藻の場合抜けやすいように半遊動式(キング天秤やジェット天秤)をよく使用します。
 その場合の仕掛けは次のような『極短仕掛け』を使います。

(根掛かりと仕掛け絡み激減の『極短仕掛け』です)

 また、天秤を使用せずに、図のように胴付きの底オモリ仕掛けを使用します。これだと少々藻がきつくても、ズルッズルッと抜けることが多くあります。

(胴付き底オモリ仕掛け、これは根掛かりが少なくなり、アタリもよく判ります)

 オモリが掛かる場合、その場所で可能な限り軽めのオモリを使用します。
 また、かけ上がりがきつい場所ではファジーの『スーパーウイング』を装着すると、びっくりするほど浮き上がりが早くなり、根掛かり率は激減します。
 ラインが根を巻かないように、つねにラインは張った状況にします。
浮力のあるPEラインを使うのも効果があります。
 

 今日は、ダメ元でカワハギが狙って釣れるか?行ってみる予定でしたが、ちょっとした都合で取りやめになりました。
 明日は雨模様・・・・。
 あさってを一応予定してみます。
 カワハギがダメなら、どこかでキス狙いをしてみようかな?と思っています。


 【ある日のぷりん】
 一歳になる少し前(3月生まれ)の節分に、鬼に扮したぷりんです。
鉄棒の代わりに、黄色いプラスティックのバットが転がっています。


(鬼に扮したぷりんです・・・・、恐いでしょう!!)

2009/02/02 21:38 | 仕掛けに関するお話
今も昔もカレイへの憧れは変わらず・・・
 今日、ある人が「小池さんUFO天秤って知ってる?」と言って、写真のような天秤を持って来られた。
 私は見たことがあるのもの、使った事は無かった・・・。
 大きな穴から、コマセとしてジアミなどを入れていたのだろう・・。

(UFO天秤の上部写真)


(UFO天秤の下部写真、こちらから見ると普通の円盤天秤のようだ)

 ついでに、車庫(私の宝物庫)にあった天秤も写真に撮ってみました。
これは、上部のプラスティック部分を外してやはりジアミなど、コマセを入れ込んで使っていたのだろう・・・。

 今のように、マルキューのカレイ撒き餌のような効果的なモノが、当時からあれば結構普及していたのかも知れない。
 昨年の10月から、広島県でも撒き餌が解禁になったので、今度一度試してみよう・・・。

 今も昔も変わらず、投げ釣り人はカレイの気を惹こうと、あれこれ考えていたのでしょうね・・・、涙ぐましい努力で)

 まだ、車庫には何種類かおもしろい(世界のナベアツ風に言うとおもろー!なのか・・・)天秤があると思うので、今度天気のよい日に整理整頓を兼ねて探してみよう。
 もし見つかったらまたご紹介します。


2008/12/18 20:39 | 仕掛けに関するお話
かけ上がりの多い場所での救世主!!
 かめや釣具安芸府中店の○之介さんのお話は、うなぎの項やカレイ釣りの項で書きました。
 彼はふかせ釣りでのチヌがメインだが、ふかせでコブダイやマダイ、そして初めての釣りでヒラマサまで釣ってしまった。

 最近は、M・MコンビのM田さんの影響で投げ釣りも始めたが、私と初めて同行した(彼にとっては4回目)釣りで、マゴチの42㌢やイシダイ(サンバソウかも知れないが、投げでは一応)の32㌢などを釣った。
 その時、彼が私に「小池さんテンビンに何を付けてるんですか?」と聞いてきた。
 さすが、いろんな釣りをこなすだけあってめざとい・・・。
 私が付けていたのは、写真にある『スーパーウィング』という優れもので、かけ上がりのきつい場所で威力を発揮する。
 さっそく彼もこれを使って、その二日後にはカレイの30、38㌢とカワハギの26㌢を釣ってきた。
 また、私が隠岐に行っている間に江田島でマダイの60㌢と30数㌢を釣っていた。
 なんと投げ釣り6回目で、我々全日本サーフでいうところの大物7号、異種5種を釣り上げたことになる。

(進之介さん、キミは天才か?)

 このスーパーウィングを初めて見た時は、飛びが悪いのでは?根掛かりするのでは?と考え、使っていなかったのだが、広島の投げ界では有名な、元ある釣具店の店長をしていたY口さんが、かめや釣具安芸府中店でこれを買っていた。
「かけ上がりをかわすのには結構いけるよ」との言葉に、私も使い始めたわけ。
 みなさんも、「あの釣り場はかけ上がりがきついからね・・・」というような場所でぜひ試してみて下さい。


(ファジーという会社から出されている、スーパーウィング。かめや釣具各店で販売)

 先日の隠岐島でも使用したが、足下(あしもと)からどん深の釣り場で、通常の仕掛けだとかけ上がりを這うようにラインが上がって来るが、スーパーウィング装着の方は、はるか30~40mくらい向こうから浮いてくる。

2008/10/30 21:37 | 仕掛けに関するお話

<<前のページ | HOME | 次のページ>>
忍者ブログ[PR]