忍者ブログ
似島初心者ファミリーフィッシングの。

 10月28日に行われた、似島臨海少年自然の家主催の《初心者ファミリーフィッシング》の写真が届きました。



(みんなで集合写真)



(講師役の9人が、それぞれ数組の参加者さんにラインの通し方、結び方を説明)



(グラウンドに移動して投げ方講習)



(釣り場に分かれて、それぞれのご家族のところに行き、詳しく説明)



(思いおもいの場所で釣り開始)



(女の子の、「よし!釣るぞ!」って笑顔がいいですね!!!)



(あちこちで歓声が)



(こんな素敵な笑顔を見たら、ぜひまた来年も!って気になりますよね)



(審査風景も笑顔があふれています!!!)



(講師役のみなさま、お休みの一日を子どもたちのために、ありがとうございます)















(お手伝いくださった講師役のみなさま、お疲れさまでした!)


PR

2018/11/15 13:46 | 未選択
今年二回目の釣り教室。

 2018年11月10日、この日は広島市佐伯区利松公民館主催の《家族初心者投げ釣り教室》。
10月28日に行われた《似島初心者ファミリーフィッシング》は、もう10数回の開催とあって、参加希望者は100人くらいをめどに募集しているが、今回は初めての試みとあって、募集は先着10家族となっている。
 従って、今回のお手伝い講師役は5人で対応。

 ただ、開催場所の広島市西区井口漁港は、市内中心部から一番と言っていいほど近い釣り場なので、コノシロ釣り、サヨリ釣り、回遊してくる青物釣りなどの人気釣り場、そこでクラブ員の何人かで当日の初心者のための釣り場確保に、前日や夜中の2時、4時前から集まった次第。

 早くも4時11分に一人目の釣り客が来られたが、我々の説明に納得くださり他所へと行かれた。
 6時前に来られたお二方も快く、波止はゆずってくださり駐車場すぐから釣り始めてくださった。

 しかし、釣り教室開始の7時ころからの3~4人の方は、《馬耳東風》さっさかさぁと、波止へ行き我々が竿を並べている間に釣り座を構える(夕べからの場所確保の努力は何だったんでしょう・・・・・・・・)。
 まぁ、一応のお願いはしたので、子どもたちが投げたラインがまたいでも許してくださるでしょう。

 8時には、参加者ご家族が集合、一家族がキャンセルで9組30人のご家族と対面。

 公民館の張り切り担当者さんの説明から始まり、簡単な挨拶と投げ方の講習のあと、OJT(オン・ザ・ジョブトレーニング)とばかりに実地での説明とお手伝い。



(参加者が輪になり、挨拶と説明が)



(参加者の記念撮影)



(釣り場風景)

 時季的には、カレイやマハゼが続出してもおかしくないのですが、メインはチャリコと小チヌで、カレイは一枚だけとあとはキスがパラパラ。

 特筆モノは、釣れた10㌢くらいのキスにヒラメの28・数㌢が食付き、投げ釣りはじめてのご家族に、たまにしかない本当に珍しい投げ釣りのハプニングを観てもらえたことです。



 狭い波止での教室、ライフジャケットを着用しているとは言え、落水事故やハリ刺しなどの事故もなく、無事に終えられたこと、参加ご家族の皆さま、公民館の担当者さま、講師役の皆さんのお陰と深く感謝しながら帰途につきました。

 当日仕事のため、早朝2時から7時過ぎまで場所確保にお付き合いいただいたO会員、タクシーを使ってまで2時から来てくれたY会員、4時前には来ていただいたN会員、H会員お疲れさまでした。
 4時過ぎに来られた利松公民館のNさま、本当にお疲れさまでした。
6時過ぎに来られ、お手伝いくださったMさんありがとうございます。

 その他、有形無形にお世話になった方々ありがとうございます。
当日の参加者の中から、一人でも投げ釣りの楽しさに目覚めてくれることを祈って・・・・・。





























2018/11/11 20:37 | 未選択
久々の《ホームレスフィッシャー》

 こんな夜景に巡り合ったのはいつ以来だろう・・・・・・・・。

 久々の《車中泊》、真夜中の夜景を撮ってみた。



(写真左手、恐竜の何とかザウルスの背中のような形の島は、世界遺産の宮島)

 写真では、分かりにくいかも知れませんが、宮島の山頂にぽつりと灯りが、消えずの火の霊火堂の灯りだろうか?



(開発急ピッチの五日市駅周辺の夜景)

 いくつもの流れ星を観ながら夜明けを迎え、午前6時ころの似島遠景。




 朝焼けが、今日の好天を約束してくれているようだ・・・・・。













2018/11/10 19:09 | 未選択
面倒くさいお話

 聞くところによりますと、関東で釣り関係の書籍を出版していたとある出版会社が倒産したとのこと。

 このところの読書離れからか、釣り業界では関東・関西の著名な出版社が廃業されている。

 指先ひとつで、いろんな情報が入手できる現在、お金を出してまで読まない・・・・と言う人が多くなったのかも・・・・。
 心配なのは、この状態が続くと、タダ(無料)でも出版物を読まない人間が増殖するのでは。
本を読むということは、知識習得以外にもずいぶんと為になると思うのですが。

 明治・大正・昭和と生き、平成4年にお亡くなりになった、思想家であり教育者、学者にして宗教家であった森信三先生の言葉を抜粋してみました。





 昭和のジジぃの言葉を、平成のジジぃがと思われるかもしれませんが・・・・・・。


 あさっては、早朝から《広島市佐伯区利松公民館》主催の釣り教室のお手伝いに行ってきます。
 クラブ仲間など5人がお手伝いしてくださいます。

 多分、その人たちは次の森信三先生の言葉を、知らず知らずのうちに実践しているのでしょう。



 釣り教室当日は、10組36人のご家族が参加されるそうです。
そのご家族に、下記の森信三先生の言葉をお話するつもりです。

 いま地球は、プラゴミで危機状態にあると聞きます。
世界中の人全てが、それぞれ自分のゴミを一つも捨てないで、適正に処理をすれば、この地球上にはゴミはゼロ!・・・・・・・という理屈が成り立ちますが、悲しいことに恥ずかしいことに我々人間は・・・・・・・。

 人間以外、地球上で生を受けている他の動物は、一切のゴミを捨てることはないのですが。



 


















2018/11/08 20:45 | 小難しいお話
京都⇒宇治⇒大阪⇒神戸の二日間
長崎の五島や熊本県の天草に行けば教会にお参りし、真言宗の開祖《弘法大師》の足跡を求めて四国八十八ヶ所を回ったり、伊勢神宮や日本全国の神社にお参りと、無宗教状態の私です。



(長崎県の上五島にある協会、それぞれに大変趣がある)



(3度目の四国遍路)

 しかし、「ピンポーン♪」と玄関にやって来て、宗教を勧める人たちには決まってこう言います、「私は、どの宗教が正しいのかよくわかりませんが、父母を供養した宗教がたとえ間違っていても、父母と同じ道をたどります」と。

 昨日は、その大本山《西本願寺》にお参りしてきました。
2016年7月7日には、大好きな母の供養にと西本願寺にお参りし、本堂に上がって読経をしていただきましたが、今回は今年8月16日に亡くなった、カミさんの次姉さんの供養にと、カミさんと一緒に読経をお願いしてきました。

 そのあと、タクシーで京阪電車七条駅まで、そこから特急電車に乗り中書島で宇治行きに乗り換え宇治へ。

 宇治橋のたもとにあるお茶の《通圓》で抹茶ソフトを買って、食べながら宇治橋を渡る・・・・・・・。
 つくづく思うに、私は生まれて始めてソフトクリームなるものを食したが、さほど旨いと思うことはなく、多分もう一生ソフトクリームは食べないだろう・・・・・。



  京阪宇治駅から宇治橋⇒平等院⇒JR宇治駅へと緑の線のとおり歩いて、JR奈良線に乗車。

 JR奈良駅だと、近鉄奈良駅まで結構歩くようなので、途中のJR新田(しんでん)駅で降り、歩いて近鉄大久保駅へ。

 近鉄天理行きの特急で大和西大寺駅、そこから近鉄電車で西九条駅。
いつものホテルへチェックインしたのち、大阪在住の鈴Kさんご夫婦と4人で串カツ店さんへ。

  久々の串カツに生ビールemojiあっという間の2時間が過ぎ、ホテルに帰ってバタングゥ~emoji

 今日は、ゆっくり目にチェックアウトし、阪神電車で三宮へ。
さんちかタウンなどを通って元町にある㈱三起カップさんへ。
 尊敬する澤山社長は昨年おなくなりになったが、私は手のひらを返したような生き方ができないので、関西に来たからには・・・・・と、奥さまにご挨拶に。

 お昼ご飯は、三宮での定番、高架下にある餃子の珉珉で!



(珉珉の餃子、旨し!!!)



(懐かしい三宮高架下商店街、かなりシャッターの数が増えていますね・・・・・・・)









2018/11/07 19:15 | 未選択

| HOME | 次のページ>>
忍者ブログ[PR]