忍者ブログ
釣りに行ってません・・・・・・・。

 私は、日記代わりにブログを書くようにしています。
あとで読んでも楽しいことの方がいいので、あまり良くないことは書かないようにしていますが、実は愛犬ぷりんの心臓が悪くなり、朝晩2錠ずつの薬を飲んでも、あまりよくないこともあり、気になってしまい、夜もあまり寝られません・・・・。

 私の方も、ある検診で引っかかり、精密検査のための紹介状が届いていますが、なかなか行く気が起きず「このままでいいや・・・・・・」的な気持ちにもなって、釣りにも行かずあまり気分がすぐれず、ブログの更新も滞っています。

 先週、大畠方面に釣行した人の話では、「神代から大畠までのめぼしい場所は4時に行っても先客あり・・・・・・」とのことでした。
 最近、釣り関係のデータをみると、投げ釣り人口の減少が話題になりますが、やはり好釣り場ともなると昔と同じように《夜討ち朝駆け》となるのでしょうね。

 体調が悪いので、あまりシャンプーやカットも・・・・・との獣医さんの言いつけを守って、もこもこの愛犬ぷりんです。



 ぷりんの右横のちっちゃなもの・・・・・・PAPAP?

 正体は、カミさんが娘と行った沖縄旅行で買ってきた、ちびっこパイナップルです。



(普通のパイナップルと、ちびっこパイナップルを並べてみました)

 さてさて、釣りに行かないからと言って、ぷりんとコタツの中で俳句ばかりひねっているわけにもいかず、ストレス解消法は芋焼酎の飲み比べとなっています。

 鹿児島県の、定価販売にこだわるお店を知り、そこから購入しています。
友達に送ったのも含めて30本数本爆買い?しました。

 どれもその蔵元さんが自信を持って造っておられるので、美味しいのは承知の上ですが、ロックで1~2杯飲んでみて、自分の口に合わなかったら、気の置けない友人にお願いして、もらっていただいています。



(上の焼酎のうち、8本は友達にもらっていただきました)



(上の焼酎のうち、5本は残っています)



 上の6本は、先週着いたばかりなのでまだ未確認です。





 《一どん》は売っていないので、毎月毎月往復はがきを出しています。

 もし《末期の水》ではありませんが、人生最後に焼酎を飲むとしたら《一どん》がいいなぁ・・・・(家族に遺言しておこう)。
 二番目は、これも一般には販売していませんが、薩摩川内市の《柳山高柳》(下から2枚目の写真、後列ブルーの瓶)が好きです。













PR

2017/03/25 14:57 | 未選択
2017年度、島根協会新年総会&釣り大会。

 3月11日は新年総会、翌12日は事故防止訓練&釣り大会。

 なぜ3月に新年総会?
実は、協会会員は島根県内にとどまらず、広島県、岡山県倉敷市、山口県宇部市など山陽地方にもいるため、雪の中国山地を越えることなく、安全を期して3月に設定しているわけ(このほかにも大阪府、兵庫県在住者もいます)。

 
新年総会の会場は島根県浜田市弥栄町にある《ふるさと体験村》←(クリックしてみてください、古民家やログハウスが出ています)

 私は、この時期の浜田での釣り、まぁ~~~ったく自信がないので、今回の楽しみはみんなと会えるのと、早春の山菜《ふきのとう》  

 

 美味しそうなふきのとう。

 そこそこふきのとうが採れたので、ふるさと体験村の温泉にemojiemoji

 その後、総会をちゃちゃちゃっとやって記念写真を。



 私がグッと上げた平均年齢を、おちびちゃんたちがぐっと下げてくれました(^_^)v

 続いてはお楽しみの懇親会emoji




 さらに古民家《桑田》の囲炉裏を囲んでの二次会(囲炉裏には火が入っていませんが)。



 二次会は早めに切り上げるのと、翌朝はアルコールが残っていてはいけないので、ふるさと体験村を朝6時以降の出発に・・・・・・が決まり。

 
 翌日、3年連続で須津港へ・・・・・・。
ここで親しくなった漁師さんに、いつもワカメをいただいているので(^^ゞ
奥さんに挨拶をし、旦那さんの船が帰ってくるまで竿を一本出してみるが、エサがそのまんま上がってくる・・・・・。

 

(車一台がやっと通れる路地の先には、青い海が広がる・・・・・・、こんな景色がたまらなく好きなんです)

 とりあえず、昨日のふきのとうと、今朝いただいたワカメでおみやげはできたので、気楽に構えて次の釣り場の三隅港の松原の波止へ。

 釣っていたゆかりさんに聞いてみると「エサ取りもいない・・・・」とのことで、竿を出す気にならずにしばらく海を眺める・・・・。

 餌木の人たちが、胴長25以上のコウイカを上げている。
見ただけで3ハイ上げていた。

 エサ取りもいなくて退屈だというゆかりさんと青川の波止へ。
あまり本気になれないので、竿2本を内側に投げていたら、フグにハリスを2本切られたのと、ヒトデが2匹だけで集合時間の12時に。



 150g買ったエサ、30gは使っただろうか・・・・・・・。

 みなさん釣果は芳しくなく、松原湾で引き釣りをした西村さんがキスを10匹あまりと、他にも3~4人がキスを。
 カレイは25~26㌢が一匹だけ釣れていただけ。



  (寒いので、だれも海に飛び込む人はいないので、陸上で救命浮き輪を投げてみました)



(イザというときのためのロープワーク)

 さて、最後に全員で記念写真。



 今年も和気あいあい、楽しい協会として無事に過ごしていきたいと思います。

 ガツガツせず、和気あいあいでマナーの良い楽しい釣りを目指す方、全日本サーフ島根協会のHP、お問い合わせのところからぜひ「いらっしゃぁ~い!」

 現在会員の在住地は、島根県7人、広島県13人、山口県5人、岡山県1人、大阪府2人、兵庫県1人です。



















2017/03/14 11:40 | 未選択
新暦・旧暦。

 カレイ釣りにも新暦ではなく、旧暦で・・・・・・とよく言っています。
動植物は、カレンダーを持っていないので、自然の移ろいで季節を感じ取っているからです。

 私は、毎年3月3日のお雛祭りには、ちらし寿司に添えるためにつくしを探しに行きます。



 2014年の3月3日は、こんなにたくさん生えていました。

 2015年の3月3日はまったく見当たりませんでした。

 2016年の3月3日、この年もさっぱりでした。

 2017年の3月3日、下の写真のとおりたった三本ですが見つけることができました。



 この3月3日を潮見表をもとに、旧暦で比べてみました。

 2014年の3月3日は、旧暦の2月3日でした。
 2015年の3月3日は、旧暦の1月13日です。
 2016年の3月3日は、旧暦の1月25日です。
 2017年の3月3日は、旧暦の2月6日でしたが、たった三本しか見つけられませんでした。

 これはもちろん旧暦を参考に・・・・・とはいえ、その年の寒さなどが多少なりとも影響しているのでしょう。

 戻りガレイなども、釣れた日にちを旧暦で覚えておいて、それに近い潮回りの休日に釣行してみたら釣果が期待できるかも・・・・・・。


《レジャーフィッシング好評発売中!!!》

 特集は、春の代表メバルです。



 
 






2017/03/10 15:05 | 未選択
この季節。

 サラリーマンの間での最大の関心事に《転勤》がある。
 私の主任時代、本社から総務部長がやってきて「おい、山口営業所の所長に推薦したから、正式に辞令を出すぞ」と。

 私は「どこに住むんですか?」と。
 総務部長「事務所のあるマンションの3階
 即座に「お断りします!」「同じなら、自転車で四季を感じながら5~6分掛けて通勤したい」と。

 総務部長「バカじゃのぉ。管理職になれるのに・・・・・・・」と言いながら本社に帰って行きました。

 まぁ、それから1年後には広島市内の営業所の所長になったので、よかったのですが・・・。
 
 釣り関係でも、転勤制度のおかげでたくさんの友人を得られました。
全日本サーフは全国に協会があるので、こちらから他協会に「この度、うちのクラブ員が転勤するのでよろしく」とか、逆に他協会からは「広島に転勤する会員がいるのでよろしく」とかで、今でも他県に住みながら連盟に在籍の友人が結構いる。

  と、転勤のお話・・・・・・・・、実は我がクラブでも今年転勤が決まった人が。
転勤先でも同じ組織の人もいますし、私たちも行きますよ!



 今日はひな祭り。
愛犬ぷりんのために、今年もお雛様を飾ってやりました。



 1月15日の大雪の日、家の前の雪かきと、1月20日と29日には寒いなか越冬ギス釣りに出かけて腰が冷えたのか、一か月以上も腰が痛くて、洗面台に屈むのにも「イテテテ」と。

 仕方なく今年発売のマッサージ機を購入。
そのマッサージ機の上で悦に入っている愛犬ぷりん。



















2017/03/03 13:07 | 未選択
戻りガレイ。

 家から3~4kmのところに、ポイント二倍!とか5%引き!などで競合する大手ではなく、単一のスーパーマーケットがある。

 私はそのスーパーの鮮魚コーナーが気に入っていて、先日も愛媛県産のマテ貝があったので、3パックまとめ買いして帰った。

 昨日も、ちょこっと覗いてみたら広島産のマコガレイが売られていて、体型を見るとまずまず厚みが出てきている。
 冬ギスを・・・・・と考えていたが、あっさりと宗旨替えして戻りガレイ狙いに行くことに。

 本日の好天を約束するような朝焼けが・・・・・・・。



 今日の広島湾、中潮の二日目で朝の5時25分が干潮、満潮は11時38分。
早朝は潮が低いので、水深のある港へ。

 なんと、この港を基地に就漁している底引き船が、港の中にまで底引き網を入れている。



 満潮前後に期待できるのだが、あと5時間もこの狭い港を釣るのも退屈極まりない。
一時間くらいやったのち、次の港に移動することに。

 次の場所は冬ギスの実績もある場所だが、本日のテーマは戻りガレイと決めているので、キャスティズム23-Tとアオリマチィックの三セットを出してじっと待つ・・・・・・・・。

 時間は10時を回っても、カレイはリリースサイズの手のひら大とアイナメの25㌢だけ。

 さらなる場所を目指し、あきらめ半分で竿を出し、コーヒーを飲んだりカップめんを食べたり。
 10時40分に32㌢が、さらにさらに時間は過ぎて12時少し前に38㌢が。



 
 たった6~7㌢の違いでこの大きさ。



 32㌢の方はまだ胃袋の中はあまり詰まっていなかったが、38~39㌢の方は胃袋がパンパンで、おそらく自分の体重の4~5%はエサを摂っているようで、いよいよ広島湾の戻りガレイは本格化したようだ。





























2017/03/01 19:46 | 未選択

| HOME | 次のページ>>
忍者ブログ[PR]