忍者ブログ
まだカレイより冬ギスが・・・・・・。

 宣言どおり行って来ました江田島へ。



(6時20分、呉ポー発のフェリーから眺める広島市、似島、峠島)

 江田島に着いてびっくらぽん
オリーブの栽培をしたりと、広島市内より暖かいはずの江田島の山々はうっすらと雪化粧・・・・。

 何年か前、呉市の蒲刈島で釣っているとき、本土側の野呂山に雪が積もったのを見たことがありますが、江田島に積もった雪は初めて見ました。



(正面右側、起伏の激しい山は古山、うっすらと雪化粧)



 (アップ写真)

 さてさて、最初は何年か前の冬ギス釣りで、26㌢や27㌢を釣ったことのあるFへ。

 寒い・・・・・・・・。



 あちこち投げ、三投目で23㌢と18㌢のダブル!
五投目には20㌢のキスと大ナマコのダブル・・・・・・これは重かった。



 しかし寒い・・・・・・・、雪交じりの風の中、立ちすくんで引き釣りをするには厳しい寒さ。
20㌢弱を追加したところで引き釣りはあきらめ、カレイ狙いのためにTに移動。

 カレイなら最悪、竿を持つこともなくしゃがんでいればいいのだが、満潮の11時過ぎまで釣るが32㌢のマコガレイが一枚だけ・・・・・・・。

 お昼時間になる前に・・・・・・・と、三高の野村水産さんへ打ち立ての牡蛎を買いに走る。
「さっきトラックが出たばかりだから、昼からでもいい?」と看板お姉さん。
お姉さんの言うことなら一も二もなく「イエッサー!」

 しからばお昼過ぎまで・・・・・とMへ。
古くからの友人のテラさんが何年か前に冬ギス釣りを楽しんだ場所。
 しかしアタリはない・・・・・・・・・。

 竿を置いてテラさんに電話して、「どこらがええん?」と。
ポイント説明のあと、しばらくぶりの話をしていたら竿先が「クゥイー!」と。
電話を切って竿を手に取ると潜る感じにカレイと確信!

 上げてみたら28㌢のマコガレイ。
牡蛎を買うまでここでやるか・・・・・と車に竿を取りに。
そこで大失敗、左手に仕掛けの付いたロッド2セットを変な持ち方で握ったままで・・・・・。
左手首が「プチッ!!!」といった感じで動かせなくなる。

 腕時計すら痛いので外すが、まったく手首が動かせない。
少し右手でマッサージをするとちょっと動かせるが、手のひらを上に向けられない。
 後ろ髪を引かれる思いで釣りをあきらめる。

 投げていた仕掛けを回収するのもままならない。
肘でロッドを抱え、やっと巻き上げて荷物一つずつ車へ5往復して運ぶ。

 じっと膝の上に固定しておけば痛みは感じなくなったので、頼んでいた牡蛎を受け取って帰路に着く。
 家の近くの病院に・・・・と思ったが、少し楽になったので明日まで様子をみることに。

 結局、カレイ32㌢と28㌢、冬ギス23、20、19、18㌢が4匹、大ナマコ1、打ち立て牡蛎2kgがおみやげ。



 カレイもキスも昆布締めにしてみましたが、マコガレイはまだ少し厚みが感じられず、反対に冬ギスは脂で包丁がとられるくらいでした。
 個人的な感想ですが、まだカレイより冬ギスが旨いような気がする。










 





PR

2016/02/25 19:19 | カレイ
戻りガレイか春ギスか・・・・・・・。

 そう言えば、先日マコガレイを4枚釣ったうち、38㌢くらいの個体が卵を持っていたと書きました。
 もう二枚、33㌢と32㌢ですが、あきらかに体型の違いが分かります。



 体長はたった1㌢しか違わないのにこの体型は・・・・・・・。
やはり、左の33㌢にも不完全ながらも7~8㌢の卵が残っていました・・・・・・。

 4枚のうち、40㌢弱はいつも新鮮なカキを分けていただいているの水産会社さんに差し上げて、38㌢くらいのは刺身にし、33㌢は昆布締めにし、32㌢はから揚げにしました。

 昆布締めが思ったよりおいしかったので、またリクエストをされてしまいました・・・・・・、まだ春ギスが釣りたいのに・・・・・。

 あすの夕方からは、島根県浜田市の弥栄にある《ふるさと体験村》で島根協会の総会があり、翌日は浜田近辺で昼頃まで釣りをして、その後は事故防止訓練を行います。

 浜田港でキス釣りをするか、西に走ってみるかは出たとこ勝負です・・・・。





2015/03/13 20:15 | カレイ
冬ギス釣りのつもりが戻りガレイ釣りに。

 年明けから二回、周防大島へ冬ギス釣りに行きました。

 昨日21日土曜日は、お世話になっている方々へのお礼に・・・・・・・と、江田島の打ち立て牡蛎を買うついでに冬ギス釣りに出かけました。

 まずは4年前くらいに、26㌢や27㌢を釣ったことのあるFへ。





(上の写真は2010年2月の釣果)

 どこに行ってしまったのだろう・・・・・・?投げる場所を変えながら6回投げたがアタリなし。

 
 次に向かったのは確実に釣れる場所ですが、当日はお休みなのか中に入れない・・・・・。



(2014年1月、ある場所でのキス釣り)

 仕方なくTやGに行くがトロ藻がびっしりだったり、キスがいなかったり・・・・・。
三高の野村水産さんで打ち立ての牡蛎の送りと持ち帰り分を10kg買ったあと、少し走って去年の
暮れに良かった場所、江田島北岸に移動。

 キスはいそうにないので、カレイ狙いにキャスティズム3本を投げ込む。
私は2月末か3月まではカレイを狙わない・・・・・と言っていたのですが、21日は下旬ということで、背に腹は代えられないしと(^_^;)。

 9時45分に38㌢、10時15分に39・5㌢、11時に33㌢、11時45分に32㌢が釣れました。



(上の38㌢の方が真ん丸な体型をしています)

 家に帰ってさばいてみましたら、真ん丸体型の方のカレイには、お腹には卵がありました。



 10年くらい前にも、こんなカレイが岩国沖の黒島で釣れたり、能美の大君で釣れたことがありますが、その年も例年になくカレイが好調だったように思います。

 今シーズンのようにカレイ好調の年は、産卵を終えていない?のかと思える個体が釣れるのかな?と素人ながらに思っています。

 産卵後のぺっちゃりではなくぽってりとしたカレイ、薄造りの刺身にしてみましたが大変おいしくてびっくりしました。

 そうそう江田島のコンビニで、江田島在住のキャスターに出合いました。
5年振りくらいに会った彼の話では、「大君でキスの良型が釣れていて、先日も29㌢が釣れました」とのことでした。





2015/02/22 10:18 | カレイ
ジャ・ジャ・ジャ・ジャ・ジャーン!!

 2月にあまりにも釣れなかったし、寒い日が続いていたので釣りにも行かず、マイぷりんと遊んでばかりいました・・・・・・emoji



(木登りぷりん)



 やれやれ・・・・・釣りの話かと思えば、また犬ネタかよう(今日は月曜)・・・、と思われた方もおいででは。

 今回のタイトルは【ジャ・ジャ・ジャ・ジャ・ジャーン】と、ジャが五つあります。

 あまり早く起きると、今日もお仕事のカミさんに悪いので、いちおう目は覚めていましたが6時ころまで我慢をしました。
 6時少し前、愛犬ぷりんをカミさんの部屋に行かせ、さっさかさーと支度をして出かけました。

 少しくらいは早目の通勤ラッシュにかかるかな・・・・・?と思いましたが、あそこの信号もここの信号も「青・青・青」で、呉ポー発7時30分のフェリーemojiの予定が、6時55分のフェリーに間に合いましたemoji

 あっちもこっちもシーズン終了間近なのか?カキ船が収穫作業に励んでいる。




 ちょこっと寄り道をしたりで、釣り場には8時前に到着。
通常なら、ロマンを求めて新しい釣り場を選ぶのですが、最近まともにカレイを釣っていないので、なんとか型を見ないと・・・・・・・と考え、二年ぶりの釣り場を選びました。

3本投げ終えしばらくした8時35分に、ゆるめたドラグを二度鳴らして36㌢のマコガレイがemoji

 9時15分小さなアタリで38㌢、この時点で「久々の釣りでまずまずのサイズが2枚なら上出来emoji」と喜んでいました。

 その後、45分に37㌢と数分おいて33㌢が釣れる。



 これで4枚になりました。
2枚で「まずまず」と喜んだのだから大喜びか?と言えば答えはNo・・・・・・・。

 人間とは厚かましいもので、さっきまでの思いとは打って変わって、「なんとかキリのいい5枚を」と思い始めます。

 この場所では引き潮は釣ったことがないのですが、欲をこいて釣り続けました。
やっと、10時45分に33㌢が釣れ納得して納竿としました。



(どや顔で、33㌢~38㌢のマコガレイを持って)

 その後、三高の【野村水産】さんへ行き、打ち立てのプリップリのカキを購入しました。

 帰りのフェリーは一時間ちかく待つようなので、仕方なく陸っ走りで帰ることに。



 我が家では、あまりカレイは喜ばれないので、一番大きな38㌢だけ持ち帰り、残り四枚はいつもお世話になっている近所の整骨院の先生にもらっていただきました。








2014/03/17 20:31 | カレイ
カレイ2枚で・・・・・。

 あまりの寒さに、20日ころに予定していた西での納竿は中止にしましたが、東での納竿は今日27日に強行してきました。

 朝5時30分に起き、愛犬ぷりんはカミさんの部屋に行かせ、6時前には家を出ました。
しかし、前日の天気予報では雨とは言ってなかったのに、小さな雨がしよぼしょぼと降っていて、「しまった!明日にすればよかった・・・・」と後悔をしたものの、家を出た以上は仕方ない・・・・・・と。
 
 小雨の降るなかを釣具店まで走りましたが、小雨とは言え雨のなか・・・・・、おまけには長潮で10時過ぎが干潮で引き潮を釣ると考えると、あまり釣れる気はしないので、エサは青ゴカイと石ゴカイを500円ずつだけ購入・・・・・・。

 呉ポー発6時55分に乗れれば・・・・・と走りましたが、一便前の6時20分に乗れました。
フェリーの中で考えました。
潮は小さいし、引き潮だし・・・・・・と。
 私がこの島でこの時期に釣りをするKやK、そしてFにO、どこをとってもオモリが着水して着底するまでのカウントは4くらいと浅いところばかり・・・・・。

 そう言えば、古い付き合いの釣り友から、「Tあたりはまだ卵を抱えている」と聞いたので、Tの近くでかなり水深のあるOに行くことに。
 行く途中、まだ暗いのに正月前とあってカキいかだでは、もうカキ船が作業をしている。

 お目当てのOに着いたものの寒いし暗いし・・・・・としばらくは車の中で。

 7時から投げ始め、【トーナメントサーフTⅡ 30-405】に、【トーナメントISO 4500遠投】をセットし、3本を投げ終えてすぐ、左手に70~80m投げていた竿にアタリが2回。
 巻きはじめると、少し潜る感じなのでカレイと確信するが、さほど重くはない。
開始から8分で上がってきたのは29㌢の白子たっぷりのマコガレイ。



 たいして期待していなかったので、このサイズでも少し気をよくする。
その後、手のひらサイズがつれたあとは、小さなアタリがどの竿にも出るがエサ取りばかり。

 青ゴカイ500円は、8時45分には底をつき、ひとまず終了とすることに。
しかしこの場所は深い・・・・・・、流れもあったにしても着水から着底まで20カウント以上ある。



 私の持論では、産卵時期には20カウントちかく水深のある場所には、あまりカレイはいない・・・・・といっていたが、この場所は・・・・・・・。
 戻りガレイの時期には、こんな深い場所は期待できるのですが・・・・・。

 大切な目的、母方の里のお墓掃除を済ませ、お正月らしく葉牡丹と松をお供えして、次なる目的の広島カキを購入しに。

 さて、冬ギスの引き釣りを・・・・・・と思いましたが、今日のE島には風裏というものがありません。
それでも・・・・とFで2投しましたが、あまりの寒さにギブアップ、石ゴカイを4匹使っただけで残りはすべて放流?することに・・・・・・・・。



(冬ギスの定番釣り場Mでは、向かい風がきついし護岸に佇んでいるアオサギを驚かせても悪いので、そのまま退散しました)

 道中の無人市でみかんをしこたま買い込み、切串港発~呉ポー行きのフェリーに・・・・・。
あまりやる気のなかった2013年の納竿、サイズは小さいもののカレイが釣れてよしとしました。

 年明けからは、産卵後のぺちゃんこカレイには目もくれず、冬ギスの引き釣りをすることにします。




 


2013/12/27 20:29 | カレイ

<<前のページ | HOME | 次のページ>>
忍者ブログ[PR]