忍者ブログ
マコガレイについて。

 私の所属する(公財)日本釣振興会広島県支部の主催事業で、昨年は江田島市で3,000匹のマコガレイの放流をおこなった(協力は江田島市と能美中学校、JOFI広島、GACサーフ)。



 今年も、7月4日に広島市西区観音で、6日に江田島市で、それぞれ4,000匹ずつのマコガレイを放流する。




 マコガレイの生態について、釣り人側からのことはだいたい分かるので、昨年も中学生さんたちの前で説明をおこなった。
 
 しかしもっと掘り下げて、生態を知っておこうとネットを見ていたら、詳しいことがでているページ?がありました。

 それが、《マコガレイの特徴》です。
耳石で年齢がわかるとか、これまでおおよその感覚でいた、マコガレイの寿命などを知ることができました。

① マコガレイのおおよその寿命はオスで8歳、メスで11歳で、長寿記録は13歳(H14年時点)
② 長寸記録は全日本サーフの記録では宮城県寄磯港で釣れた61・3㌢
③ 産卵数は30万粒~330万粒(25㌢~43㌢)

 今回の4,000匹の放流数、結構多いなぁ・・・・と思っていましたが、25㌢オーバーのマコガレイ一匹で、その放流数の70~80倍の産卵をするそうで・・・・・。
 ということは、いかに自然界で卵から成魚になる確率が低いのか!ということですね。









PR

2018/06/29 08:30 | 未選択
一段落・・・・・。

 昨日、毎月の《中国新聞セレクト》の原稿を入稿し、《投げ釣りパラダイス》の原稿もなんとか入稿できてホッとしています。



(釣りのすすめ・・・・というタイトルで、釣り欄に原稿を書いています)

  投げ釣りパラダイス



 以前依頼されていた原稿、やっとなんとか作り上げました。

 ホッと一安心した今日、広島県庁で《内水面漁場管理委員会》に出席。
 投げ釣りの小池が内水面?と思われるかも。
実は鴨谷師も小西和人氏が広島に来るまでは、どちらかと言えば渓流や鮎、それに大畠からの船でマダイ釣りなどと多彩な釣りをされていました。

 私も鴨谷師のお供で、当時広島より一ヶ月早い解禁だった岡山へ、釣りサンデーの取材などで渓流釣りに行っていたのも懐かしい。

 会議を終えて帰宅してみると、中国運輸局から「ライフジャケット推奨パンフレット」が届いていました。





 合間をみて、広島県下の釣具店に置いていただくようお願いしよう・・・・・。

 みなさんも、船で釣りをするときや、岩場や防波堤での釣りにはライフジャケットを!


 そう言えば、昨日のブログで、魚卵系大好きな私の順位付けを書きました。

① からすみ
② こじょうから・・・・・と書きましたが筋子もいいなぁemoji

 最下位はたらこと書きましたが、福岡県に住む甥から送られた、たらこの名店ふくやのぷりぷりふっくらしたたらこだと、こじょうからの上を行き、2位か3位になるし、数の子も何年か前に関東のある会社の社長さんからいただいた数の子なら、これも2位か3位に・・・・・、なんせスーパーマーケットで、安モノのたらこや数の子を買っている、貧乏性の私が順位付けをしていては、お魚さんの卵に悪いですね・・・・反省emoji


















2018/06/26 17:21 | 未選択
少しの時間でも、と浜田を目指したが。

 昨日はカミさんはクラス会ということで、愛犬ぷりんのお守り・・・・。
ところが、広島市内でも他の区に住んでいる娘から「今からちょっと帰るね」とのメール。

 よし!昼前に帰ってくれたら、浜田道を走って2時間くらいキス釣りをし、帰りにクラス会帰りのカミさんを迎えて帰ろう!との算段。

 釣り用の服に着替え、早速ガレージに行って釣り支度。
しかし、帰って来たのは12時30分・・・・・・・emoji
 念の為、明治屋さんに鯖寿司がまだあるか?電話をしたが、ついさっき売り切れたemojiとのこと。

 それでもせっかくなので、広島北インターへと車を走らせる。
時計をみると13時過ぎている。
今から浜田へ行って2時間釣ると・・・・・カミさんのクラス会はとっくに終わってしまう・・・・。

 仕方なく、大朝インターで下りて、瑞穂道の駅まで走って《こじょうから》を買って、また引き返し《おおあさ鳴滝露天風呂》に入って・・・・・と考え直す。
 瑞穂道の駅には、こじょうからが二つだけ残っていて、すかさずゲット!!



  見慣れない方には、「何じゃこりゃぁ!!!!」てな代物ですね。
私も、県北出身のカミさんと知り合うまで、このこじょうからはもちろん、《板わかめ》などもそのままかじるなんて知らなくて、味噌汁に入れて「もったいない・・・・」と言われていました。

 私は内臓系(ホルモン)や鳥がまったくダメですが、魚卵系大の大の大好きです!
イクラに数の子、タラコに筋子、中でも一番好きなのが《からすみ》!
ネットでからすみの作り方まで保存しています。
今度、ボラがたくさん釣れるところに行って、からすみを作らなくてはemojiemoji

 一番が からすみ
 二番が こじょうから
 三番が 筋子
 四番が イクラ
 五番が 数の子
 六番が タラコ・・・・・・・・かな。

 からすみが欲しいがために、台湾に行こうか・・・・・と考えているくらい。
台湾旅行に行かれる方、お土産はからすみでお願いしますemoji

 閑話休題

 久々のおおあさ鳴滝露天風呂、日帰り入浴は700円也、ちょっと高いな・・・・と思ったが、他にだぁれもいなくて、まったくの貸切状態、これならいいや!と独り言。

 

 野趣溢れる露天風呂、右手の柱の側にはヘビの抜け殻があり、浴室との間の壁の板の隙間には、たくさんの蜂が飛び交って巣を構えているemoji





(板のすき間に巣を作っている蜂さん、暖かくていいだろうなぁ・・・・・・・)


 さて帰り道、広島北インターの料金所、私の前を走っていた車がETCゲートを通過・・・・、料金表示電子板に「普通 0円」と表示が!!!!!?????
私の通過時は「普通 620円」と出たので、電子板の故障ではない。



 前を走る車、どう見ても覆面パトカーにも見えないし?
前納??????てことはありませんよね・・・・・・。
 ネットで「ETCを0円で通過できる車は」と入れてみましたが、出てきませんでした。
(ひょっとして、どら割?)


 《今日のぷりん》
 ちゃんと食欲はあるのですが、オシッコをした後など、横隔膜を鳴らして?苦しみます。



 昨日の日曜日、我がクラブのみんなの釣りは?
全日本サーフ島根協会のHPをごらんください。

 今日、6月25日の月曜日、広島県西部に住まいする友人YS田さんからメールがありました。
本人のカレイ好き!だけではなく私の希望もあって、いつまでカレイが釣れるか?釣行してくれています。


 おはようございます。
今日は近場の大野で釣りしてみました。

あえてカレイ狙いです。
夜明けて5時前になんとか1匹だけ釣れました。
他にはチダイがまだ暗いうちに1匹、満潮からの潮変わりでダブルヒットしてきました。


暑いし、このまま粘っても釣れそうにないので9時半で納竿です。

夏場の日中の釣りはこたえます。


 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

<宣伝>『投げ釣り列島縦断』(メディアボーイ社刊・税込み1700円)
魚が好きなのか。釣りが好きなのか。求めて旅する、今日もまた。

投げ釣り列島縦断」で検索ください。お問い合わせ メディアボーイ社03-3576-4051
























2018/06/25 15:25 | 未選択
今日は江田島へ。
今日は、竿も持たずに江田島に行ってきました。

 7月6日に行う予定の(公財)日本釣振興会広島県支部主催の《マコガレイ放流》の打ち合わせのため、江田島市役所へ。

 去年は能美中学校の生徒さんのご協力で放流をしましたが、今年は中町小学校の4・5年生と先生の50人がお手伝いくださるそうです!



(昨年のマコガレイ放流が中国新聞に掲載されています)

 無事打ち合わせを済ませ、呉ポー行きフェリーが出る切串桟橋へ。



 待合室の壁には《コシアカツバメ》らしき巣がかけられていました。



  ツバメの巣を見たり、海をゆく船を眺めていたら、素晴らしい自転車で颯爽と、サイクルウエアに身を包んだ二人の素敵なマダムが
そして軽々と、自転車を専用のラック?に掛けている。

 女性が片手で・・・・・・ということはずいぶん軽い値段が高い・・・・・。
聞いてみると片手くらいの値段にびっくり!!!!(5万円ではありませんよ)

 江田島は、サイクリストのために力をいれていて、道路にもラインを引いたり、ここフェリー乗り場などにも自転車用の、布団干しのようなスタンドが置いてあるそう。

 さて帰り道、いつもは坂南インターから矢賀まで(750円だったか?)都市高速にのるのだが、時間が早いので生まれた町を通って、久しぶりに父母のお墓参りをすることに。




(上2枚の写真は、かって私が通っていた小・中学校近くにある思い出の踏切り)

 《にっぽん縦断こころ旅》の鳥取県版で、日野町の線路脇にある坂道・・・・・というのがありました。
 お手紙の方が、東京の大学に行くため特急の停まらない地元の駅ではなく、鳥取寄りの江尾駅から特急やくもにのり、ふるさとの光景を眺めていると、お母さんが両手がちぎれるほど振って、列車を見送ってくれていた・・・・・・というお話。

 実は私も、地元の駅は特急が停まらないので、二つ戻った広島駅から特急に乗って、この踏切りを通過してとある都会へと行っていました。
 その折り、必ず母はこの写真の場所までやってきて、見つかるはずもない私の姿を探して、キョロキョロしながら手を振ってくれていたものです(深い話がありますが、もし機会があればそのときに)。

 ふと、その踏切りに行ってみたくなったのと、そこからすぐの神社のある山に、お墓参りに行きたくなったのです。

  先祖、父母のお墓の横に私のお墓も、国産・国内加工にこだわったお墓を、2014年に建てています。
愛犬ぷりんも、私のお墓の側で一緒に眠るようにしています。



(4月には満開の桜が見え、広島市内も一望できます。桜の木の左側にある木が伸びる前は海も見えていましたが残念です)

 愛犬ぷりんは、今日はお休みの母さんといい子でお留守番をしていました。
















2018/06/21 17:34 | 未選択
2018年全日本キス。

 ここ一週間、特に愛犬ぷりんの調子が悪く、金曜日の夜など4回も夜中に苦しみ、飛び起きて背中をさすって落ち着かせていた。



 17日の、《全日本キス釣り選手権大会》も、参加をためらって土曜日の朝から様子をみていた。

 全日本キスだけならやめようか・・・・・と思っていたが、どうしても《琴ヶ浜》に用事があってぷりんの調子が少し良いようなら出かけ、最悪何かあれば全日本キスは参加せず、自分だけでも広島に帰れば・・・・・・と島根県大田市仁摩町に向かいました。

 実は、もう30年ちかく開催している《琴ヶ浜キス釣りの集い》というのがあります。

① 6時に町内に流れるメロディーを合図に釣り開始。
② 50匹釣った時点で渚を離れ、その早さで順位を決定(50匹に満たない場合3時間限度)
③ 早く釣り上がった人は砂浜のプラゴミを拾う。
④ 大会なのでピンギスもカウントするため、釣ったキスはみんなで料理していただく。

 上記のように、キスを無用にたくさん釣らない、ピンギスもみんなで天ぷらやソテー、南蛮漬けにして大会後にみんなでおいしくいただくようにしています。

 こうして30年ちかく和気あいあいと楽しんできましたが、昨年琴ヶ浜の有力者が現れ、かなりきびしく文句を言われ、さりとて30年も続けてきた集いを場所を変えて・・・・と考えたくないし。

 そこで、昨年落ち込んでいた我々に親切にアドバイスをくださった《チーナカ豆》さんにご相談に上がることとしたのです。



(写真をクリックしていただいたら、大きな文字でご覧いただけます)

 チーナカ豆さんのオーナー、いつもどおりの気さくな対応で迎えてくださり、なんと偶然来合わせておられた《町つくりセンター》のセンター長さんをご紹介くださいました!!!
 センター長さん、おだやかですごくお話のわかる方で、大船に乗ったつもりで一安心!

 これで、今年も楽しく開催できるめどが立ち、第一の目的は達成できました。

 チーナカ豆さんで、水平線に沈む夕日を見ながらの夕食となりました。



(旬のベジタブルチーナカレー)





(お店の佇まいと夕陽)



(琴ヶ浜を楽しんだ、たくさんの人たちの足あと一つひとつを夕陽が照らしています)

 みなさんも、気が向きましたら普段の生活を離れ、ぜひ「異空間」を求めてチーナカ豆さんに行ってみてください。

 幸い、家族から愛犬ぷりんの様子が・・・・・とのメールが無かったので一安心、翌日の《全日本キス》は、さてさて・・・・・・・・。
























2018/06/18 08:50 | 未選択

<<前のページ | HOME | 次のページ>>
忍者ブログ[PR]