忍者ブログ
とうとうカレイ5連敗・・・・・。

 これまで人生二度目のカレイ4連敗を嘆いていた。
① 11月16日、《釣りごろつられごろ》取材の下見のため(3ヶ所を1~2時間のランガン)
② 11月19日、本番でカレイボウズ。
③ 11月23日、江田島の鉄板ポイントでカレイボウズ。
④ 12月10日、協会納竿大会で、潮が低いのでカレイポイントを外してとは言えカワハギ狙いでカレイボウズ。

 このままでは引き下がれない!!!と、江田島の鉄板ポイントに勝るとも劣らない大畠の鉄板ポイントに行くことに。

 ここではこれまで



(36㌢を頭にすべて30㌢オーバーのカレイ)



(7枚のカレイのうち5枚は30㌢オーバー)



(30㌢オーバーがダブルで)



(このように何度かカレイのダブルを経験している)



(去年の12月17日は、カレイこそ一枚しか釣れなかったが33㌢のカレイが)

 と、こんな場所ということで満を持して出かけました。
エサはかめや釣具商工センター店で購入の地堀りホンムシ!
潮はゆっくりと右に流れ、これまでの釣果が頭の中を駆け巡り、今にも竿先が突っ込みそうな幻想(期待)にとらわれる。

 しかし、第一投目こそエサ取りにハリを舐められたかのような状態で仕掛けが上がってきたが、それ以降エサは付けたまま、そのままの状態で上がってくる・・・・・・。
 水深も、陸上から見える海藻なども、以前と変わった様子は感じられないのだが?
強いて言えば、目の前に突然《鵜》が浮かび上がってきて、またしばらくして潜っていったくらい。

 確かに、いくら30㌢オーバーのカレイと言えども、あの大きな鵜が海底を泳ぎ回っては、その恐怖心はただならないほどのものだろう。
 「手のひら大のカレイを鵜が飲み込んでいた」と、釣り関係の方が言っていたが、貪欲な鵜のこととてそれもあるだろう・・・・。

 そう言えば、スナメリクジラが泳いでいるのも、何度か見たことがあるが、しばらく時間を置けば食っていたので、鵜が一羽泳いでいたとしても、時間が経てば釣れるだろう・・・・・と。

 7時半過ぎから10時過ぎまでやったが、アタリはおろかエサも取られない。
好釣り場だけに、この異様な状態で粘っても仕方ないと諦める。

 次は周防大島の、マコガレイの産卵場所(だった)へ行ってみる。
ここは12月に入ると、産卵のために30~40㌢位のマコガレイが集まる場所で、今から10年くらい前はカレイのズラ持ち写真などをたっぷり撮った場所。
 しかし、7~8年前からそのカレイを待ち構えるがごとく、蚊取り線香の大型のような定置網が入り始め、だんだん釣れるカレイも少なくなり、そしていつしかいなくなってしまった・・・・・。

 なぜこのような産卵に絶好な場所にカレイが寄らなくなったのだろう?と考察してみた。

 マコガレイに《学校》などがあるのなら、「産卵時期は周防大島のこれこれという場所に行くんだよ」と教えられ、稚魚が一定の大きさになればその場所に、みんながみんな毎年毎年集まるのだが、あいにくカレイには学校などはない。
 そうなると、高崎山のサルではないが、「A群」「B群」「C群」などと想像される内のある群れが、徐々に成長する仲間と一緒にそこに集まっていたのが、その仮称A群のカレイが年々、定置網で大量に獲られているうち、その場所に集まっていたA群自体が消滅に近い状態になったのだろうと考える。

 という事で、一昨年はカレイはゼロでウマズラハギ35㌢とクロダイの40㌢くらい、昨年はマダイの36㌢だけとカレイは釣れず。

 それでも、もう行く場所はないのでこの場所で竿を出す。
すぐに竿尻を浮かせてマダイの28㌢、続いてクロダイ40㌢、そしてまたさっきと同じサイズのマダイが釣れただけ・・・・・・・。



(朝7時半から竿を出し、4時間ぶりに見たアタリについ嬉しくなる)



 これほどカレイに苦戦している私だが、昨日途中で出会ったH澤さんは、大畠でマコガレイの36㌢を釣り、手のひら以下のカレイ3枚をリリースしたと・・・・・。

 今年は、12月30日に母方の里にお墓掃除に行くのが最後の釣行になるが、潮はよくないのでハナから今シーズン相性の悪いカレイは諦めて、カワハギ狙いでもしようかな・・・・・・。

  とうとう人生初の《カレイ5連敗》、30日もカレイ釣り場を予定していないので、6連敗を覚悟しておこう・・・・・。







PR

2017/12/24 15:45 | 未選択
心意気。
私は『心意気』というものが好きだ。
例えば、先日のブログに書いたように、大切な一日を釣り教室など、子供さんたちのお手伝いに駆けつけてくれる人など、その心意気に感謝する次第です。

 逆に『打算』が大嫌いです。
例えば、お酒などプレミアム価格で売る店の多いこと・・・・・、確かに定価の倍くらいで売れるなら、同じ労力?を使うのだから、高く売れる方がいいに決まっている(その場だけなら)。

 山口県のあるお酒屋さん、人気銘柄の《獺祭》を置いている店だが、ここの大将は頑固者で、絶対にブレない、つまり、誰にでも平等に接するのです。
 頑固者の私と意気投合して、行く度に親しくお話をさせていただいている。
その大将の心意気が嬉しくて、昨年末には《広島菜》をお送りした。
もちろん私は、見返りを期待してではない、まぁそのお店の大将も、そこのところをよく分かっておられるでしょうから。

 福岡県のお酒屋さん、こちらも定価販売にこだわって、誰にも平等に「出来ることはする、出来ないことは断る」というスタンスを貫いておられる。
 それがたまらなく嬉しい・・・・・・、欲しい銘柄が入荷したら分けていただける、なければ入荷まで待つ・・・・・、このごく当たり前のことが。
 その姿勢を貫き、一人でも多くの焼酎ファンに、定価で美味しい焼酎を案内していただけることを期待しています。

 
 心に感じるものがあるとお礼の気持を表したくなる。
しかし、人によってはすぐに何かを贈ってこられる人がいる。
 そうなったら、私は二度とその人にはお礼の品を送らないことにしている。

 すぐに相手に返すのではなく、何年か後でもいつでもその方が心に感じる人があれば、その人にその時に手に入るものを贈って差し上げたらいいと思うのです。
 そのような「ほっこり」とした、日本人らしいお付き合いの社会が大好きです。

 私も若い頃、ずいぶん多くの方々にお世話になりました(ご迷惑もお掛けしました)。
しかし、年齢や環境、お金の面でその方々にお返しができないままにきています。
ですから、そのころの御礼の気持ちを、私の出来る範囲で、未来の釣り人やその他の心に感じる方々に、少しでも至らなかった若いころのお返しのつもりでさせていただいているのです。
 一人でも多くの心意気を持った人がいてくれるといいですね。




















2017/12/20 09:31 | 未選択
カレイがおかしい?
私だけ、あるいは私の周りだけのお話かもしれませんが、今シーズンのマコガレイがおかしい・・・・・・?

 人生2回目のカレイボウズ4連発・・・・・・。
11月16日、《釣りごろつられごろ》の下見で周防大島の志佐、椋野、大畠の浜港でカレイに出会えず。
11月19日、全日本カレイと取材を兼ねて、椋野港で釣るもカレイボウズ。
11月23日、これまでのうっぷんを晴らすべく江田島の鉄板ポイントへ行くもカレイボウズ。
12月10日、協会の納竿大会で・・・・、ただしこの日は潮が小さいので、カレイポイントは諦めてカワハギ狙いに絞る(カレイを避けたのではありませんが^^;)

 そんな折、北陸の古都に住まいする友人、釣りキチ三平さんから電話があり、カレイ不調を告げると「当地もまったくマコガレイが不調で、一頃ノドクサリが一斉に姿を消した状態に似ている」と。

 そう言えば、今からずいぶん前になるが瀬戸内でノドクサリ(ズルゴチ)がほとんど姿を見せなくなった時期がありましたが(現在はまた釣れ始めた)、お魚には人智を超えた《何か?》があるのかもしれない・・・・・。

 と、ここまでマコガレイが不調だという自己弁護につとめてきましたが、釣りごろつられごろで一緒して、マコガレイを5枚釣った、同じクラブのH澤さん、12月10日の協会納竿大会ではマコガレイの31㌢を釣り、17日も「27・7㌢~29・7㌢を立て続けに3枚釣りました!」とメールが入ってきた・・・・・・・・。

 やはり、マコガレイ不調は極々狭い範囲の私の周りだけなんだろうか?

  いつもの年なら、シーズンに入ればこれくらいの釣果は当たり前なのに・・・・・。














 挙句の果てには、リリースまでしていたくらいなのに・・・・・。



 やれやれ・・・・・、いつまでカレイボウズが続くのだろう?



















2017/12/18 19:56 | 未選択
協会納竿大会を終えて。

 12月の第二日曜日に設定されている《協会納竿大会》、山陰会場と山陽会場に分かれて開催しています。
 
 前日の正午から竿出しOKですが、寒いのと愛犬ぷりんが起きてから・・・・・ということで、当日の6時55分呉ポー発~江田島切串港行きのフェリーに乗ることに。
 このブログを作ってくれたF石さんと呉ポーフェリー乗り場で合流して同行。

 当日は潮が小さいので、鹿川などでのカレイ釣りはあきらめ、大会ルールの『Sランク割』で有利なカワハギかシロギス狙いに・・・。



 心配された雨も午前中は降らず、風もあまりなくゆっくりと釣りが楽しめました。
結果は、キープのカワハギ4匹とシロギス1匹、リリースはクラカケトラギスが5匹。

 審査の結果、作戦どおりマコガレイの31㌢よりも上位で山陽会場優勝(^^;)

 審査会場に、琴ヶ浜のキス釣りにも参加してくださるN原さんも来られ、お母さまが作っておられるというきれいなスイートピーもいただく。



 珍しい色のスイートピー、愛犬ぷりんと一緒に写してみました。

 今年中に、どうしても大畠付近の釣り場に行ってみたいのですが、YS田さんのお話では今日もカレイが釣れなかった・・・・・とのことでした。

 初釣りは江田島でカワハギ狙いにしようかな・・・・・・・。
おっと、来年のことを言うと鬼が笑うかも。

















 


2017/12/11 14:01 | 未選択
レジャーフィッシング 1 月号好評発売中!!!

  先月神在月の出雲地方ではありませんが、瀬戸内の今は《魚在月》とでも呼ぶべきか。
レジャーフィッシング 1月号を見ると、カレイにメバルにアジ、マハゼ、チヌにといろんな魚が掲載されています。



 なにかと気ぜわしい年末、それでも都合をつけて、得意なジャンルの釣りに出かけましょう!
防寒対策も忘れずに・・・・。

 出かけられない人は、レジャーフィッシングを見て、イメージトレーニングに励みましょう。























2017/12/09 13:26 | 未選択

<<前のページ | HOME | 次のページ>>
忍者ブログ[PR]