忍者ブログ
またまた田舎へ・・・・。

 愛犬ぷりんのお守りに、娘に帰ってもらってカミさんの母親の13回忌法要のため、田舎に向かう。

 途中、こんな標識があります。
《陰陽分水嶺》つまり、この場所を境に手前に降った雨は瀬戸内海へ流れ、標識より向こうに降った雨は日本海に流れるのです。
 ついでに言うと、こちら側に降った雨が流れ込む渓流には《アマゴ》が棲んでいて、向こう側の雨が流れ込む渓流には《ヤマメ》が棲んでいるというわけ。



 北広島町豊平にある陰陽分水嶺。

 カミさんの田舎はさらに奥で、実家の前の渓流にはヤマメすらおらず、イワナの地方型変種の《ゴギ》が棲んでいる。

 まずお墓参りを済ませ、菩提寺である大朝の《園立寺》さんへ。
園立寺さんは、樹齢数百年のモミの木と枝垂れ桜が有名。



 何年か前、愛犬ぷりんとお参りしたときの写真。
ぷりんは本堂を見上げて、何かお祈りをしているようです。

 他には、中庭が素晴らしくて、庫裏から本堂への廊下にある丸窓から見たお庭。





 庫裏から見る本堂と中庭。

 さぁ、今日は昼からちょっと用事で出汐町へ・・・・・。
この様子は、今日の夕方またブログをアップしてみます。














































PR

2018/08/31 06:33 | 未選択
2018年 全日本オープンSC大会。
毎年、8月の最終日曜日は琴ヶ浜での《キス釣りの集い》となっている。
しかし、今年は全日本オープンSC大会なので、キス釣りの集いは翌週にして、いつものように広島空港近くのSC会場へ観戦&応援に行ってきた。

 台湾からも顔なじみの選手を含めて15人以上の参加。



 日本国国旗と一緒に掲揚するために台湾国旗(国際的にはともかく、私は国家と認識しているので)も準備して。

 参加者全員の手によって、コートもテントも準備完了。
両国国歌が流れ、開会式のあと競技開始。







(台湾選手のダイナミックな投法、このときの記録は202mちょっと)



 空には、秋の雲が浮かんでいる。

 熱戦は16時過ぎに終了。
私など、会場から40分くらいで帰れるが、台湾は当然だが大阪や九州、そして四国などからの参加者は大変だろうな・・・・・・と。

 帰宅した頃、チャッピーさんから「今日はキス釣りに行かず、ケンサキイカ釣りに行きました」とおいしそうな写真が・・・・・・・。
 
 私は不器用なので、投げ釣り以外は渓流釣りとたまにメバリングやメバルの探り釣りをするほかは、あまり他の釣りをしない。
 こんな旨そうないかが釣れるなら、ちょっとやってみようかな・・・・・・とemoji































2018/08/27 08:43 | 未選択
真夜中の怪。

 『草木も眠る丑三つ時という言葉があります。
この言葉のように、真夜中と言えば1時2時が普通かもしれません。
 でもわが家では、9時30分ころに寝て、朝は愛犬ぷりんの起きる5時過ぎが日常のサイクル。

 昨晩、台風20号の襲来で警戒するようにと、何度も何度もテレビで・・・・・。
先日のスマホへのアラーム音に懲りた私は、押し入れの布団の間に押し込んで眠りについた・・・・・・。

 一眠りした頃、外でなにやら人声が・・・・・・。
子猫の小さな鳴き声も聞こえる(深夜とあって、鍋島の猫騒動を思い浮かべた)。
どうやら、女性二人が子猫を呼んでいるような、そんな様子に目がさめてしまった。

 しばらくしたら、わが家の玄関から「ピンポーン!ピンポーン!」と?
時計を見たら11時15分、他所様は知らねどもわが家では深夜も深夜、大深夜emoji

 知らぬ顔をして寝ていたらまたしても「ピンポーン!ピンポーン!」向こうも引く気はなさそう・・・・・。

 不機嫌な声で玄関の戸を開けると、今までご町内で一度も見たことのない白髪の女性が立っているemoji
「うちの猫が、お宅の裏庭に入っているので、入らせてください」と。

 いくら高齢の女性とは言え、近所で見たこともない真夜中の訪問客に、いささか気持ち悪く思い、「そこから入ってください!」と言って玄関の鍵を閉める。

 めでたく子猫と出会うことができたおばさんは嬉しそうに話しかけながら帰って行った。
向こうはめでたいかも知れないが、こちらは目が覚めてしまってしばらく寝られない。

 犬と猫の違いこそあれ、わが家もペットがいるので気持ちはわからなくはないが、半径100m以内では見たことのないおばさんと子猫、なんでわが家の裏庭にまで入ったのか??????

 子猫と散歩中に、子猫が逃げ出してウチに入って来たのか?

 おかげで、寝不足の朝を迎えました・・・・・。


 草木も眠る・・・・・と言えば、夜は花をすぼませる花もあるようだが、このツユクサはどうだろう・・・・・・。
 まぁ。9時過ぎに寝てちゃぁ確かめることもできませんねemoji



 ツユクサの斑入り、私は自分が変わり者なので、山野草も斑入りとか白花など変わったのが大好きです。

 さぁ、今夜は寝るぞぉ~!!!!!!





















2018/08/24 20:21 | 未選択
走り屋
ブログ更新が滞っています。
実は愛犬ぷりん、2016年7月発症の《そうぼう弁膜症》で、家族交代で介護をしていましたが、8月9日のこと家の前の貸しガレージから勢いよく走り出た車が、道路との境に敷いてある鉄板を「ガッチヤーン!」と鳴らして、その音に驚いて飛び起きたところ、脳梗塞状態になり四肢が踏ん張れず、フラフラ右に傾きほとんど歩けない状態に。

 さっそく畳の上に敷くマットを買いに行ったり大騒動、おまけには9日午前9時から、翌日の17時になってもおしっこが出ません・・・・・・・。
 四肢が踏ん張れないので。

 かかりつけの獣医に連れていくが、膀胱にはたっぷり溜まっているので腎臓疾患ではないと。
右脳に障害が出ているとも・・・・・・・・emoji
 お腹をさすったりいろいろやっていたら、やっと33時間ぶりにおしっこが出て、小さな感激に浸りました。

 今度こそ《完全看護》で付きっきり・・・・・・。
ぷりんの頑張りで、少しずつ歩けるようになった17日の朝、カミさんの田舎から悲しい電話が・・・・emoji

 ぷりんも、なんとか頑張ってくれているので2時間くらいは・・・・・と考え、下の地図の矢印通り走ってきた。



 下の緑●がわが家で、上の紺色●が大朝交通。
カミさんを大朝交通まで送って、そこからカミさんはタクシーで赤い●印の義姉さんの家まで・・・・・。

 私が赤●の目的地まで乗せて行くと、往復で3時間は掛かってしまい、愛犬ぷりんが心配。
大朝までだと高速道路経由で往復1時間45分で行ってこれた。


 そして今日、娘が休みなので、愛犬ぷりんは娘に任せて、おとといから田舎に行っているカミさんを迎えに行くことに。

 いつも同じ道では飽きるので、赤矢印のとおり加計スマートインターで下り、国道186号線を《温井ダム》→《王泊まりダム》経由で芸北へ。



 帰り道は、青矢印のとおりカミさんの里のお墓参りをして大朝インターから広島へ。
走り屋のような二日間でした。

 倉橋島に釣りに行った旧友の寺さん、息子さんと二人でおもしろいキス釣りをしたそうな。

 益田あたりに釣行したチャッピーさん、大しけの港内狙いで、これまでのような好釣果は得られなかったそうな。

 チャッピーさんのお友達のピンキーさん、やはり益田辺りを釣り歩き、出雲おろちサーフのS藤さんにT津川の良いポイントを教えてもらったとか(この様子は、このブログのお気に入りの島根協会HPでご覧ください。

  愛犬ぷりんも、少しづつ平衡感覚を取り戻して、なんとか日々過ごしています。












2018/08/20 20:32 | 未選択
秋ですねぇ Part 2

 2018年8月13日、浜田自動車道の瑞穂インターを下りた所、空を見上げると電線にたくさんのツバメがとまっている。
 ヒマにまかせて数を数えてみたら、112~3羽並んでいる。
そろそろ南の国に帰る準備だろうか?

 まだまだ人間界ではクーラーが欠かせない日々が続いているが、自然界では着実に《秋》の足音が聞こえているのでしょう。



(ずらりと並んだツバメさんたち)

 261号線を走り、川本から石見銀山あたりを抜けて、大田市仁摩町馬路の琴ヶ浜へ。
《鳴り砂》で知られる琴ヶ浜、浜の中央辺りに盆踊りのやぐらがしつらえられている。









 雰囲気のよい《チーナカ豆》さん、盆踊りに合わせて20時からの開店。
たくさんのお客が待っていて、番号札(浜に流れ着いたアワビの殻)がすぐに10数番まで。



 盆踊り開始時間の20時30分を過ぎると、何人かが輪になって踊り始めた。
海辺での盆踊りとは、なかなか風情がある。
太鼓の音は夜遅くまで鳴り響いていました。

 そうそう、ここから見る星空は広島市内で見るのとは大違い、流れ星もたくさん見られました。


 さて翌日・・・・・・・・・。

 

 キレイな砂浜でのキス釣りですが暑かったです・・・・・・・。

 帰りは、江津東インターから、そのまま浜田自動車道を走り、途中寒曳山SAで昼食を。

 ここには、近くの新庄高校出身のプロ野球選手の高校生時代のサインが飾られている。




 そう言えば、先日大きなスイカをもらいました。



 愛犬ぷりんと比べてもこの大きさ!














 


2018/08/14 18:08 | 未選択

<<前のページ | HOME | 次のページ>>
忍者ブログ[PR]