忍者ブログ
鹿の子百合

 昨日の朝、やっとやっと待ちに待った鹿の子百合の第一花が開花しました。



 2017年、最初に開花した鹿の子百合。

 昨年2016年は、7月21日には4つも咲いて、おまけには白い鹿の子百合まで開花したのに、今年は「暑い暑いemoji」と言っても、昨年よりは違うのでしょう・・・・・。



(2016年7月21日の写真)

 これから甑島の鹿の子百合も、開聞岳のひまわりも見頃だろうなぁ・・・・・・・と思いつつも、愛犬ぷりんのために《老老介護》の日々を過ごしております。



(2015年8月、大好きな開聞岳とひまわり)














PR

2017/07/21 09:11 | 未選択
半農半漁・・・・・・・。

 《悠々自適》ならぬ《細々自適》の日々を過ごしている私の趣味は、釣りと山野草・野生蘭栽培。
それを称して《半農半漁》と自分で言っている。

 山野草・野生蘭だけではなく、家の周りの狭い路地に野菜も栽培。



 キューリなどこの通り!おそろしいほどの大きさに。
これにはわけがあり、いつも釣って帰ったお魚のアラや内蔵、骨などを、場所をずらしながら埋めている。
 時には、海辺に打ち上げられた海藻も、持ち帰っては乾燥させて埋めている。
そのせいだと思うが、栄養たっぷりの土のお陰でゴーヤもこの通り!!!!



 生るわなるわ!ゴールドラッシュならぬゴーヤラッシュ!!!
日よけで植えたつもりが、一石二鳥!お魚さんありがとう!

 
 そう言えば、《半農半漁》の他に、最近は下手な俳句をひねっている。
名古屋在住の友、大田さんの句会にお願いをして投句させていただいてる。

 そのさざなみ句会の先生、金森直治先生の連載「中日スポーツのコラム魚眼レンズ」が、この度なんと500回を迎えられたとのおめでたいお話が!



(7月15日の中日スポーツ)

  500回、それはものすごい数字です。
私が一番長い連載でも、月一で10年弱・・・・つまり120回にも満たなかったわけで。

 金森先生と言えば、今から17年前だったか、当時私が所属していたクラブの25周年記念大会に、はるばる名古屋からお祝いに駆けつけてくださったのも懐かしい。



(一番右が金森先生、まん中は現全日本サーフ会長の岩田政文氏、左は東京協会江戸前サーフ鏡味茂樹氏)

 新聞つながりでもう一枚。



(6月27日におこなったマコガレイの放流が、釣具新聞に掲載されました)


久々の愛犬ぷりん



 おしっこをしても、心臓に負担が掛かるのか?時々「ケェー!」と言ってふらついて倒れそうになってしまいます。
 その度に、倒れないように胸の下に片手を入れ、もう一方の手で背中をゆっくりさすってやっています。













2017/07/19 09:25 | ぷりん登場
今日はこんなところへ。

 今日は《海の日》なのに川・・・・・・・・・ん?

 そうなんです、別にへそ曲がりの本質が出たわけではなく、(公財)日本釣振興会 広島県支部が協力している《親水太田川あゆまつり》の開会式のご挨拶をするために・・・・・。



 写真に写っている人数の半分近くが、まだカメラの後ろにいて大盛況でした!
100組定員に、瞬く間に達したそうです。

 開会式での挨拶、「(公財)日本釣り振興会とJOFI広島は、一人でも多くの方々に釣りが楽しいと思っていただけるよう、それには川や海を大切にしなければいけないし、ゴミを捨てない持ち帰るマナーの良い釣り人を一人でも増やすように活動をしています」と・・・・・・。

 続いて、先着21人にしぼって《ハヤ釣り教室》を。

 

 (ライフジャケットを着けて、説明を聞く参加者)

 さっそく、思い思いの場所で竿を出しました。



(スタッフ4人で大忙しなので、挨拶だけのつもりだった私も・・・・・・・)

 今日はオイカワやカワムツがよく釣れ、多い子は5匹以上釣っていた。
 


 先着のハヤ釣り教室に漏れた子は、鮎のつかみ取りで水に親しんでいました。
もちろん、ハヤ釣り教室に参加した子も、釣り終えてから鮎のつかみ取りに挑戦していました。

 私は、鮎のつかみ取りは見に行っていません。
鴨谷師が常におっしゃっていました。
「つかみ取りはいかん!魚が逃げられないようにして、追いたてるのはフェアじゃない」と。

 自然の渓流で、石の下に潜んでいるアマゴを手づかみしたことはありますが、それは掴む方も逃げる方も選択肢があるのだから・・・・・・・。





















2017/07/17 15:44 | 未選択
思い立って・・・・・・・。

 おとといの火曜日、思い立って神戸・大阪まで日帰りで行ってきました。



 神戸に行った時のお約束、三ノ宮高架下にある《餃子の珉珉》へ。

 そのあと、先輩と慕う方のところへご挨拶とお願いに行き、夕方は大阪在住のクラブ員鈴Kさんご夫妻と串かつで一杯emoji

 私も、みなさんと同じ365日で一年の年を取り、ここまで馬齢を重ねて参りました。
年齢・釣り歴もさることながら、昭和46年(1971年)入会した、全日本サーフキャスティング連盟在籍も・・・・・・。
 しかし、ある人が言った言葉を思い出します。
《年を重ねればベテランにはなれるが、そのままでは上級者にはなれない》・・・なるほど。

 この年になると、辞めて行かれたり、鬼籍に入られた方ありで、ずいぶんと「先輩」が少なくなりました。

 神戸の先輩、以前もこのブログに書かせていただきましたが、「鴨谷師世代の数少ない先輩」なのです。
 実際で言うと、ご一緒に釣りに行ったことは一度もないのですが、お話を拝聴していると鴨谷師のことを思い出すのです。

 その方や私を含め、釣り人というものは毀誉褒貶の多いもの、それはそれ勝海舟の《行蔵は我に存す 毀誉は他人の主張 我に与らず関せずと存じそうろう》です。

 私は、「師を持つ」「先輩を持つ」「畏友を持つ」「後進を大切に」を心がけています。
例えば、
①小西和人氏より遠くに投げることができたら、小西和人氏を超えたことになるのでしょうか?
②鴨谷計幸師より、大きな魚を釣ったら鴨谷師を超えたことになるのでしょうか?

 釣り人には、他の趣味に無い褒称があります。
それは《天狗》です。
なんと、この世に天狗の多いことか・・・・・・・emoji

 私が師、先輩、畏友を大切にするのは知らずしらずのうちに至ってしまう《慢心》を戒めてているのです。

 日本を代表する教育者《森 信三》先生の言葉があります。



 釣りでの師、鴨谷師の他に人生の師はおられます、私は常に師のお顔に泥を塗ることのないように心がけています。



 私に何かあれば愛知県や愛媛県から遠路駆けつけてくれる畏友がいます。
この友に知られるのは恥だ・・・・と、行動や発言には気をつけています。



  同様に、後進に対する態度も大事です。威張ったところで「飯も食えば出すものも出す、人間たかがしれているのですから」



《礼》はしっかりと心がけておきたいものです。

























2017/07/13 19:53 | 小難しいお話
広島湾でのカワハギ釣り。

 昨日、土曜日に予定されていた島根県益田市の《めばえ保育園キス釣り教室》、先日島根県西部や広島県北部を襲った集中豪雨の影響が残る場所で、のんきに釣り竿を担いで歩くのは、いかにも不謹慎・・・・・と延期になりました。

 そこで、クラブ代表のN村さんとクラブのすすむさんに声を掛け、江田島市に釣りに行くことに。
 いつもの年、この時期はキス釣りばかりに行っています。
しかし、先日のマコガレイ放流の日に釣ったカワハギ、そして東京協会の森口ご夫妻を案内しての三崎半島でのカワハギ釣り、その前アタリと引きが忘れられず、カワハギ狙いに・・・・。

 まず差須浜で釣るが、良型キスのアタリがあったが駆け上がりがきつく根に取られてしまいました。
 先行しているすすむさんに電話をしてみると、鹿田港でカワハギ、高祖港でキスの26㌢オーバーを釣ったとのこと。

 大急ぎで高祖港へ・・・・・・。
一投目で「クンクンクゥー」でこれが!



 狙いはぴったり!カワハギの24㌢。

 続いて二投目にも「クンクンクン」と、しかしクゥーが無いまま・・・・・。
あとはキスの16~18㌢がぽつぽつ。

 しかし、今日はキス・カワハギの引き釣りがメインテーマなので、移動を決めて内美能港へ。
ここでもキスやエサ取りのクラカケトラギス・・・・、五投で移動を決め鹿田港へ。



 左端の船の沖では良型キスが・・・・。
先端付近では明確なアタリはでないものの、エサがきれいに取られている?
カワハギ?確かめたかったのですが、ここでは突如降り始めた雨にしばし雨宿り・・・・のち移動。

 小田漁港で釣っているすすむさんと合流し、もっぱら冬場に通っている赤曲鼻へ。



  ここでは、すすむさんが正体不明のおさかなにハリを折られる・・・・・。
その後、カワハギの20㌢弱を、私はキューセンベラ・・・・・・、鹿川へ。

 鹿川では3連、4連でキスが釣れ、サイズもいいのは23㌢。

 潮はすっかり引いて、当初の予定の深江で終了・・・・・・・。

 キスは結構釣れる場所があるものの、もっとカワハギの居付き場を見つけたいもの・・・・・・・。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 <宣伝>『投げ釣り列島縦断』(メディアボーイ社刊・税込み1700円)

投げ釣りだから出逢う。人と魚、人と人が、水辺・岸辺を共有して暮らすための視点で編集。つねに新しい発見や感動と、魚への愛を忘れないあなたに読んでいただきたい一冊。書店様、釣具店様で購入可能です。またインターネットでもお求めになれます。「投げ釣り列島縦断」で検索ください。
お問い合わせ メディアボーイ社03-3576-4051

  





















2017/07/09 18:16 | 未選択

<<前のページ | HOME | 次のページ>>
忍者ブログ[PR]