忍者ブログ
春。

 例年にない厳しい寒さも底を脱したような・・・・・・・。
我が家の春と言えばまずこれから始まります。

   ここ数年は、女の子の愛犬ぷりんのためにだけ出しているお雛さま。
ところが、狭い家なので、せっかく梅の掛け軸から、お雛さまの掛け軸に掛け替えましたが、その掛け軸が見えませんemoji



 自分のベッドで、カメラ目線でこちらを見ているぷりん。
今年は戌年なので、伊勢神宮でいただいて帰ったわんちゃんの絵馬もベッドに付けている。


これは、2016年のひな祭り。



この年は、1月16日に108歳と9ヶ月17日で亡くなった母のため、床の間には《南無阿弥陀仏》の六字名号の掛け軸を掛けていましたので、次の間にお雛さまの掛け軸とお雛さまを飾りました。

 私のささやかな楽しみは、その月ごとに掛け軸を替えることです。
1月 松竹梅
2月 梅
3月 立ち雛
4月 「花は桜木 人は武士」の書
5月 花菖蒲
6月 柳
7月 竹に虎の飾り(本当はこれは七夕ではないようですが)
8月 六字名号(お盆なので)
9月 「雲の塊悠々」の書
10月・11月・12月は地味に隷書などの書

 春といえばこちらも。



 入れ替わり立ち替わり、延べにすると一日100羽どころではなくやってくるメジロ。
またどこかにみかんを買いに行かなくては・・・・・・。
 冬ギス釣りを兼ねて周防大島にでも行ってみようかな。

 追伸 愛犬ぷりんには、ちゃんと自分のお雛さま(わんちゃん)もあります。




























 













PR

2018/02/15 19:43 | ぷりん登場
昨日は節分。

 昨日は節分。
いつも鬼の役をやってくれていた愛犬ぷりん。 





(我が家にやって来た次の年、2005年の節分の鬼っ子ぷりん)


  後ろ足で立ち上がり前足を振りながら「来い来い!」と、やる気満々のファイティングポーズをみせます。







 鬼になったり、福になったりと大活躍でしたが、心臓を悪くしたので去年から無理をさせないようにしています。



 今年は、鬼の面だけを付けてなので、なんだか不思議そうにしているぷりんです。

 我が家の扶養家族、入れ代わり立ち代わりやって来るので、2日に一回みかん2つを枝に刺してやります。



(仲良く2羽でみかんを食べているメジロ)

 戻りガレイが活性をみせていますが、もう少し冬ギス狙いとカワハギ狙いをやろうと思っています(交代でぷりんのお守りのカミさんの休みの日に)。















2018/02/04 16:53 | ぷりん登場
眠れぬ日々が・・・・・。

 私の知るかぎりでは、今シーズンのカレイについてあまりよい話を聞かない。
釣れたとしても一・二枚、型も27~29㌢と・・・・・・。

 こんな折、カレイについての頼まれごとと、来年のキスの頼まれごとが集ってしまった。
試し釣りに行こうにも、愛犬ぷりんの調子が悪く、これまでのように4時だろうが5時だろうが、起こしてカミさんの部屋に行かせておけば・・・・・・・とはいかない。
 それがもとで、ここのところ毎日眠れぬ日が続いている・・・・・・・。

 現在の行動パターンは、だいたい朝の5時半前後に、愛犬ぷりんが自分から起き出して、私の側にやってきてスリスリすると、一緒に起きてご飯を食べさせ、薬を飲ませて・・・・・で一日が始まる。

 こちらが起こしたり、ぷりんが起きるのが遅い場合はご飯をまったく食べず、したがって薬も飲ませられない。
 ひどい時は午後2時までなんにも食べないのだから、かなり神経を使っている。

 これは、調子がいい時の写真。



(洗濯カゴの中がお気に入り、落ち着くのか?ぐっすりと)



(何か言った?って感じで起きだしてこちらを見ている)

 ただ、愛犬ぷりんも心配だが、カレイの釣れ具合が心配なので、自分を安心させるために、明日は釣りに行ってみようと考え、かめや釣具商工センター店までエサを買いに行ってきた。

 明日の満潮は午前7時42分、ぷりんの起き出す5時過ぎに出かけたら、釣り場に着くのは満潮の潮止まり・・・・・・、引き潮を釣るようだ。

 そのストレス解消・・・・・と言うわけではないが、またまた芋焼酎の爆買いを。


 


 《八幡》は手に入る時に買っておかないとすぐに品切れになるし、《真鶴》は一年に一回だけ秋に発売で、これもなかなか手に入らない。
 私は、定価か適正価格でしか買わない!と言っていますが、真鶴は同じ蔵元の《萬膳》などと抱き合わせでしか買えない。
  なので、一回目は《萬膳庵》と一緒に、二回目は《萬膳》と一緒に買いました。
 プレミア価格で買うわけでもなし、これは私の中では「セーフ!」だ。

 因みに、ネットオークションでは定価3,103円の真鶴が7~8千円で、
同じく定価が3,103円の萬膳が4,000円以上で売られているのです、馬鹿馬鹿しい・・・・・・。
























2017/11/15 14:33 | ぷりん登場
旧暦・新暦。

  私はこれまで、カレイのシーズンINは新暦よりも旧暦から・・・・・と言ってきた。
例えば中秋の名月、2015年は新暦で言うと9月27日、2016年は9月の15日。

 今年はと言うと、10月の4日。
では、カレイの今年のスタートは半月以上遅くなるのか?・・・・・・・・と。

 私は釣り以外でも、春は山菜採りに秋はキノコ採りにと四季を楽しんでいる。
もっぱら秋の楽しみはコウタケ採り。
 2014年は9月の20日、2015年は9月19日、2016年は9月18日と、旧暦から判断して出かけ、それなりの釣果ならぬ結果を残している。

 ことしもウズウズしてき始めたが、これまでの実績を旧暦から判断すると、10月に入ってからが収穫時となるのだが、いてもたってもおられずに、カミさんがお休みの今日、愛犬ぷりんのお守りを任せて行ってみることに。

 カミさんの姉が「今年は熊の情報が多く聞かれるよ!」と言うが、一旦走り始めた機関車は止まらない!!!



 熊さんのテリトリーに入る以上、こちらも礼を尽くして入らせていただくことが必要。
まず、山の入口に到着したら車のクラクションを数回鳴らして時間を置く。

 腰には護身用の打ち鎌と大型ナイフ、そして熊よけの鈴に、防犯用のブザーを「ピーピー」鳴らして入山。



  みんなそれぞれ、熊よけに趣向をこらしているのでしょう。



(山に落ちていたロケット花火、火を使うのはいただけませんね)



(匹見の、元会社同僚の山の熊よけの一斗缶)

 ありました!ありました!
どうやら、私の旧暦重視は(今年だけかもしれませんが)外れてしまったようで・・・・・。



 一時間あまり義姉の山を歩き回って獲物を確保! 

 帰宅して、愛犬ぷりんと一緒に写真を撮ってみました。
その大きさがお分かりかも・・・・・・。



(ぷりんの顔より格段に大きなコウタケ)



(遠近法ではありません、ぷりんの真横に並べてもこの大きさ) 

 キンモクセイもまだあまり咲いていないようだが、カレイさんもぼちぼち・・・・・・かな。















2017/09/21 19:31 | ぷりん登場
寝起きのぷりん。

 なんで人間は「欲」があるのだろう・・・・・・
物欲・食欲・性欲・名誉欲etc・・・・・・・・。

 愛犬ぷりんは、人?一倍強い食欲と、強いていえば寝欲くらい・・・・・。



 ある日の寝起きぷりん。

 愛犬ぷりんは食欲だけだが、一番始末におえないのは名誉欲だろうか・・・・・・。
海外旅行に行くと「しゃちょうさん!」と声を掛けられることも・・・・・。
「せんせい!」と言う便利な言葉も・・・・・。

 地位がその人の本質をを表すならばいいのですが、「えっ!この人が・・・・」ってこともしばしば。
いさかいも、たいがいがつまらないメンツの張り合いで・・・・・・、しょうもない。
 わからなくもない・・・・・、肩書は邪魔にはならないのは事実。

 次は物欲、人間生きても百歳、何も持っては死ねない、ただ三途の川の渡し賃六文銭だけ。

 若い頃は、刀やいろいろな骨董品などが欲しかった・・・・・が、持って死ねないと考えてからはまったく執着心はない。

 私は遺言に、「ガレージの釣具はすべて、8月最終日曜日の琴ヶ浜に持って行き、キス釣りに参加のみなさんに、順番に持って帰ってもらってください」と書いている。
 もらっていただく側にはご迷惑かも知れないが・・・・emoji

 でも、マニア垂涎のレアな釣具もありますよ!







                                                      



 まぁ、人間たかが知れている・・・・・、仲良く楽しく釣りを楽しみたいですね!
《楽釣》《楽釣》



















 

 


2017/09/20 19:19 | ぷりん登場

<<前のページ | HOME | 次のページ>>
忍者ブログ[PR]