忍者ブログ
昨日の釣りは・・・・・。
 釣り場に行く途中、犬と猿に出合ったものの、キジとは出合うことなく大田市の久手に向かいました。

 久手では砂浜ではなく、波止から沖の一文字際に投げれば【良型】が釣れるかな・・・・・と考えてのこと。

 港に着いた7時過ぎ、もう帰り支度をしているキャスターがいるので、状況を聞いたところ「20㌢オーバーは一匹だけで、釣れるキスがだんだん小さくなったので移動する」とのことで、やや出鼻をくじかれたような気はしたものの、せっかく来たのだから・・・・・と赤灯台の先端へ。

 キス釣りの場合、【遠投ができる】【沖の一文字際にコントロールよく投げられる】【引きかたが上手】などの要素が必要ですが、私は超遠投ができる方ではないが、波止際を狙うコントロールは自信が・・・・・と釣り始める。

 しかし、一回目は4連でキープは2、次は3連とキス以外の豆アジが2でキープは1、三回目も3連と豆アジ1でキープは1・・・・・・・。

 こんな調子では波止から釣る意味がないので、先客にご挨拶をして移動をすることに・・・・。



 (地図の右上にある久手から釣り始め、左下の黒松まで釣り歩きました)

 次は、静間川河口西の近藤ヶ浜をめざして、穴ぼこだらけの泥んこ道を500~600m入ったところになんとぉ!!
 地元の人なのか?道いっぱいに竿を並べ(河口のうなぎ狙いか?)自転車すら通れない・・・・・・。
蚊取り線香は火がついたままなので、そう遠くには行っていないのだろうが、車も見当たらないので忘れ物でも家に取りに帰っているのか?



(ごていねいに、ぬかるみに置いた竿尻には、ちゃんと汚れ防止のための木切れが敷いてある)

 仕方なく、またどろんこ道を500~600mバックする羽目に・・・・・。
まったく身勝手な釣り人もいたものだ・・・・・・。

 


 気を取り直して、少し西に走って逢浜海岸で釣ることに・・・・・・。
しかし、海水浴の支度なのか浜のあちこちでゴミを燃やしていて、プラごみを燃やすニオイが鼻をついて、あまり気分はよろしくない・・・・・・、が!一投目から6本バリに6連で、キープは3(17~18センチだが)。




 (一投目からパーフェクトの6連に気を良くする)

 二投目にはなんと23㌢の良型を含め4連!

 早めに止めるつもりだったが、おもしろいので釣り続けるため、煙の来ない場所まで20~30m移動して、さっきのポイントに斜めに投げて引く作戦に・・・・。

 この作戦が成功し、結局20~23㌢が5匹と、17~18㌢のキープサイズ21匹。
釣るにはおもしろいのだが、良型は釣れなくなってきたし、せっかく大田まで来たのだから、琴ヶ浜や江津市の黒松にも行ってみたい・・・・と、移動することに。

 琴ヶ浜、心配していた海水浴客もいないので一安心、比較的良型が釣れることのある西端辺りで投げる事に・・・・。

 釣り場に対してこの言葉を使うのはおかしいかもしれないが、ここ琴ヶ浜は私にとって【相思相愛】の仲なのか、一投目から6連のパーフェクト
 しかし、型は逢浜海岸よりは小さく、キープは2匹・・・・・・・。

 キープ率が2割くらいなので、いくら飲ませないようにと早く引いて口に掛けてリリースしても、キスいじめには違いないので5投で移動を決める。

 次は一気に黒松海岸まで下ったが、当日はピンのオンパレード・・・・・・、わずか3投でやめた。

 

(中央に見える山が浅利冨士、風力発電の風車が12基?だったかクルクル回っている)

 この黒松海岸は、琴ヶ浜がピンでもまずまずの型が釣れることがあるのだが、今回はそうはいかなかったようだ。

 湯里まで戻って、もう一投げして帰ろう・・・・と、温泉津と湯里の境目の峠に差し掛かった時、「日祖という港には一度も行ったことがないが・・・・・」と考え、Uターンして日祖を目指す。

 航空写真では、けっこう白く写っているが、実際は藻が多くて引けそうもない・・・・・。
すぐさま温泉津港経由で湯里へ・・・・と思ったが、帰り道は福光から川本への県道32号線を走りたいので、湯里行きは止めて、温泉津港の大波止から・・・・・・。

 4投したが、チャリコ2、ピンギス6匹で終了・・・・・。
地元の人がやってきて「あんたぁ、道具も帽子も全部ダイワじゃがダイワが好きなんか?」と言うので「はい」と答えました。
その方に、残りの石ゴカイを差し上げると「ほぉ~いっぱい買ってきたんじゃのぉ」と喜んでいただけました。

 大きいのは塩焼き用に、それ以外は三枚におろして昆布〆にしました・・・・・。


 
  (最後に寄った温泉津観光案内所の前で、両手をそろえてお出迎えしてくれたネコちゃん)

 今回は、犬に始まり、猿に脅され、ネコにお見送りしてもらった釣行でした。
 
PR

2011/07/04 14:10 | ネコ好きな方へ
落ちギス大会に行ってきました。

 2008年10月のブログに書きましたが、この大会は広島サーフ20周年記念大会に替えて、当時の鴨谷計幸広島サーフ会長が企画した大会。
 最初は中国・四国交歓大会として実施されていましたが、後に九州地区も参加して現在の【中・四・九交歓落ちギス大会】となり、現在に至っています。



(1980年10月18~19日にわたって開催された、第一回の大会結果が掲載されています)

 こうして大会を開催することによって、中国四国九州の落ちギス状況が把握できる・・・・という意義のある大会です。
 私は、全日本キス選手権大会とともにこの大会が気に入っています。


 家を23日の午前9時に出て、いつものように中国道の六日市インターまで走り、旧柿木村から津和野に抜け、旧むつみ村から奈古に向けて走りました。

 最初の釣り場で13時過ぎから釣りはじめるが、釣れるのは20㌢前後ばかり・・・・。
夜釣りは足場の良いところ・・・・ということで、萩市のY漁港で釣り始める。
 足場は良いとは言いながら、夜の釣りなのでライフジャケットはちゃんと着用。

 なかなか思うようなアタリは出ない・・・・・・。

 いつの間にか、私の車の下から【地回り?】の猫ちゃんが・・・・・・・・。



(すぐ近くまで寄って来て、魚を催促している【地回り?】の猫ちゃん。手前に白く写っているのは私のヒザです)

ハリを飲んだチャリコは、リリースしてもまず助からないので、この猫ちゃんにお供えすることに・・・・・。

 何匹か咥えては車の下に入っては食べていたが、7~8匹目にはおなかもくちてきたのか、手玉にとって遊び始めた・・・・・。



(おなかがいっぱいになったのか、魚を手玉にとるようにして遊んでいる猫ちゃん。この後、挨拶をするようにより近くまで寄って来て、家に帰って行った・・・・・・・)

 結局、20時過ぎまで頑張るがとても時合が短くて、キスの18~24㌢足らずを5匹釣っただけ・・・・・。

 次に、萩市出身で防府市在住の知人に教えてもらった萩港に移動して、ここでの早朝からの釣りに備えて仮眠をとることに・・・・。



(最後の釣り場はここ、時合さえ合えば楽しい釣りができそうな、そんな感じの場所でした)

 午前4時過ぎから始めるが、ゴンズイやチャリコの入れ食いが続き、ひっきりなしにラインが出て行く夢のような目に遭ったのは、午前6時から7時前まで・・・・・・、ここも時間にムラが激しいようだが、その時合を狙えば好釣り場の予感たっぷりの釣り場だと実感した。

 雨も激しくなったので早めに切り上げ、田万川温泉に浸かって着替えて審査場所に・・・・・。
田万川会場では、28・数㌢のキスが最長でした・・・・。

 今回の走行距離は380kmでした・・・・。

 私の釣果は、16㌢から23・6㌢のキスが45匹とエソの40㌢だった・・・・・。
キスは昆布締めと塩焼き、南蛮漬けと忙しかった・・・・・。
エソは、包丁で叩きつみれにして鍋用にと冷蔵庫の中に・・・・。

 食べるには事欠かない釣果でしたが、大会としては物足りない結果に終わりました・・・・。

 萩方面のキス、もう一度か二度はシーズン中に行きたいものです・・・・。


 


2010/10/25 20:14 | ネコ好きな方へ
私の好きな釣り場の一つ。

 のどかな釣り場風景です・・・・・。

 5月5日に訪れた場所・・・・・・、港の一角で漁師さんが網をつくろっていました。
そのうしろに寄り添うように一匹の猫が寝そべっていました・・・・・・。

 そのほほえましい情景にカメラを向けました・・・・・、すると今まで寝ていた猫が「なにか御用?写真を撮るなら事務所を通して・・・・・」と言ったか言わなかったか、こちらに向かってきました。
それがこの写真です。



 猫さんも、新しがりというか珍しい人に興味があったのでしょう・・・・・。

 山口県の山陰側東端にある江崎湾での一こまでした。

 この江崎湾、狭い入り江ですがあちこちに好釣り場が散在する、私の好きな釣り場の一つです。
キスは30㌢ちかいもの、カレイも40㌢くらいが釣れています。

 明日は、全日本キャスティング協会対抗戦が、広島空港近くの工業団地で行われます。
クラブの香川さんの応援と、懐かしい人たちに会いに行ってみます。


2010/05/08 19:57 | ネコ好きな方へ
ここはサファリパークか?
 昨日29日、浜田からせいぜい益田あたりでキス釣りを・・・・、と考えていましたが気がつけば山口県にまで足を踏み入れていました。
 私にとってキスは麻薬みたいなものです(今は、この例えはかなりまずいですね・・・・)。
 長崎県五島列島だろうが、鹿児島県の長島・甑島だろうが、そして幾らお金が掛かろうが通い詰めました。
 おさかなの重量と経費を換算すると、一番割に合わないのがこのキスだろう・・・。
 しかし、あのクゥィー!!とノドをえぐるような独特のアタリは、実際に尺オーバーやそれに近いサイズを、手持ちの竿で釣った者にしか分からないでしょう・・・・。
 今回も、そのアタリを求めてどんどん西に走ったのです。

 このまま須佐、奈古、萩と走るかも知れないが、かろうじて理性で思いとどまった江崎湾、尾浦への道を走っていると、車が来ても動じることなく道の真ん中で寝そべっている動物が・・・・・。
 このような光景は、昔々秋吉台のサファリパークや、姫路のサファリパークで目にした、ライオンを思い出した。



 廻りを見渡すと、いるわいるわ10数匹の猫が・・・・。



 しかも、どの猫も毛艶がいい・・・・、水産加工会社がある港町だからこそ、これほどの猫がゆったりと生活できるだけの食料が得られるのだろう・・・。



 こんな釣り場では、うかつに車の窓やドアを開けっ放しにしていられない・・・。三隅港では、自分の食べるパンからエサにする魚の切り身も食べられてしまったことがある。
 それなどまだましな方で、ある友人などは車は休日しか使わず、普段は電車通勤・・・・・。
 ある日のこと、休日に車を開けると車の中から黒いモノが飛びだした!!逃げていくその姿を見ると猫・・・。
 つまり先週の休日に車に忍び込んでいた猫に気付かず、一週間閉じこめた状況になっていたわけで、車の中は閉じこめられた猫の糞尿で臭いのなんの・・・と話していた。
 猫にとっても災難だったのだろうが、車の消臭にかなりの時間を費やした友人もとんでもない災難に遭ったわけ・・・・。

2009/09/30 20:16 | ネコ好きな方へ
クラブ初釣り大会
 クラブ新年大会は山口県に行って来ました。
 ここは以前、アイナメの良型を釣ったことがある場所ですが、15mくらい沖からどんと落ち、40~50m投げると25号オモリで10~11カウントの深さです(このカウント方式は、以前からお話ししていますが、キャストして着水から着底までを、ラインを軽くつまんでカウントして、およその水深を想像しています)。
 したがってかけ上がりはきつく、おまけにかなり厳しい磯のようで、根掛かり抜群です。

 当日は、半遊動式のキング天秤と、胴付き底オモリと、固定天秤に浮き上がりが速いスーパーウイングを着けて、3本の竿を投げました。
 どれも一発目から根掛かりです。
 しかし、天秤が付いた仕掛けは何度かあおっていると外れます。(もちろん外れずに根掛かることもありますが・・・)
 胴付き底オモリは、藻の繁茂した中に直接投げ込むのには最適ですが、ここのように海底ががらがらの磯ばかりの場所には不向きなようで、一番根掛かり率が高いので途中から止めました。

 釣りを始めて2時間以上経つが、根掛かりとたまにあるのはエサ取りのような小さなアタリ・・・。
 寒さしのぎに、ガスコンロを出してお湯でも沸かしてモーニングコーヒーを・・・・と竿のそばを離れ車に向かって歩きました。
 その時、同行していた二人の人が「小池さん!アタリが!!」と・・。
振り向いた時には、小さく3~4度竿先が揺れているだけ。「ガツン!ガツンといいアタリでしたよ」と二人。
 期待を込めて竿を持ってあおるが、時すでに遅しなのか根にがっちり・・・・。
「いいアタリだったのに・・・・」と同行者。
 そのまま竿を置き、何度も外そうとするが外れず、結局30分後くらいに強く引くと切れてしまった・・・。
 アタリらしいアタリはそれが一回のみ・・・。
 
 その後、小さく揺れて根をかわして釣り上げてみると、このヨロイメバルが・・・。

(当日、釣り上げたのはこの一匹だけ・・・。)

 その後も、集合時間まで頑張るがさっぱり・・・。
 仕方なく、どこからともなくやって来たかわいい猫と遊ぶことに・・。
毛が長くてもこもこしてとても人なつっこい子猫、犬派の私だが思わず連れて帰りたい衝動にかられたほど・・・。

(連れて帰って、ぷりんと遊ばせたいと思った子猫、溝の中が気になるのか、グレーチングの中を見つめる仕草が可愛い) 

 13時の集合時間に笠戸大橋の下に行く。
 今日の参加者はクラブ員8人と、その他に3人。笠戸の瀬戸岬や本浦で釣った人も、キスや子アイナメだけだったとのこと。一気に冷え込んで食いが落ちたのだろう・・・。
 みんなで手分けして雑煮の支度をして食べる。
 その後、ミーティングを終え14時30分ころに解散とした。

 あ~ぁストレスが溜まる!!どこかでゲン担ぎの釣りをしないといけない・・・。
 

2009/01/19 19:18 | ネコ好きな方へ

<<前のページ | HOME | 次のページ>>
忍者ブログ[PR]