忍者ブログ
夏カレイ、キス、ムシ、幻の魚。
カレイのお話
 カレイなどの研究をされている、ある方のお手伝いを買って出たのは、今年2月ころのこと・・・・。
夏にもカレイが釣れる・・・・・・・を調べておられるので、これまでに夏に釣れたカレイの【あるデータ】も、私が借りられるところから借りてお送りした。

 それからとある場所で、【定点観測】を、と2回ほどご一緒しました。
しかし、私は同じところで釣るのが苦手で、あちこち釣り歩きたいので、私の代わりに絶好の調査捕鯨ならぬ【調査捕鰈】のための研究助手をお願いしました。
 
 その方は【カレイ命】の熱心な方で、相方さんと二人で釣行が多く、ふたりだと二ヶ所のポイントに分かれて、その日その日で釣れる場所も探れるので、私が一ヶ所で粘るよりは効率がいいからです。

 まったくよく出来た助手(すみません)で、5月6日は36㌢、35㌢、19㌢を釣り
 5月20日と、21日も30㌢オーバーを釣り、それぞれ釣れた時間と潮の流れまで報告してくれます。

 6月17日も、あれでも夏カレイがいないか?と釣行してくださいましたが、キスとベラが数匹づつとの報告がありました。



 研究をされていてお忙しい方と、あちこち行きたい私だけより、ずっと熱心で素晴らしい報告をしてもらえます。

 研究をされている方や、助手を買って出てくださった人たちのお力で、カレイの謎に少しでも近づきたいものです・・・・・。

 今月18日は、公益財団法人 日本釣振興会 中国地区支部により、みなさんの放流募金の一部で、マコガレイの放流に行きます。

 孵化したマコガレイの稚魚を放流するには、暑いのですがこの時期がいいそうです。
でも、文献にあるように『カレイは通常、水深60~70mの深い場所で夏を過ごし、涼しくなる秋には産卵のために浅い場所にやってくる』と言われていますが、今回の放流カレイのように、深海へ帰ることを知らないカレイはどうなるのだろう?と、冒頭書きました【ある研究者】の方にお聞きしたところ、大阪での研究データを送信してくださいました。

 湖産の鮎が放流されても群れを作って争わない・・・・などと聞いたことがあるので、放流カレイについても素人考えで、お聞きした次第です。

キスのお話
 今年の山陰のキスはどうでしょう?
私は、生まれて初めて7月上旬の引き釣りで、10㌢未満の去年子のようなマイクロピンを釣りました。

 いつもの年は、いくら小さいと言っても12~13㌢はあるし、数も素バリなしでそこそこ釣れるのですが・・・・。
出雲の海岸によく行かれる雲南市のK蜜さんと、美郷町のTさんに出雲から江津までのキス状況をお聞きしましたが、昨年に比べ数段に悪いようです。



(このマイクロピンは、去年の12月に私が生まれて初めて釣った8㌢のキスです。こんなのが数匹釣れました)

 この雨が上がる来週あたりから、例年どおりの釣果が出るといいのですが・・・・・・。

ムシのお話
 昨日の朝、テレビを観ていると(雨でテレビを観るか、ぷりんと遊ぶしか仕方が無い)、いろんな動物の寿命について放送していました。
 ゾウガメの寿命は約100年だが、ミツバチ(はたらきバチ)は約40日の寿命とのこと・・・・・・・。



となると、先日山陰のN港で助けたミツバチの寿命はたった40日、助けた日がこのミツバチにとって40日めか39日だったりして・・・・とひとり笑ってしまいました。

幻の魚
 そう言えば、いつもおいしいお魚やイカなどをいただいているOさんから、先日も「アコウ要りませんか?」とメールがあり、43㌢のアコウを頂戴し、刺身とアラは煮付けでおいしくいただきました。



(今回いただいた40㌢オーバーのアコウ、シャコやエビなどがおなかから出てきました。こんなエサを食べているのだからおいしいはずです)

 よくアコウのことを【幻の魚】と言いますが、Oさんのお陰で我が家では年に2~3回はいただき、幻ではなくなっています。

番外編
 ヒマな時は、RCCテレビの【水戸黄門】の再放送を観ています。
昨日放送の第25部門で、黄門さまご一行が泊まっている温泉宿の、床の間に掛けられた掛軸、宮本武蔵が描いた有名な【枯木鳴鵙図】が掛かっていた。
 水戸光圀は1628年~1701年まで生きたので、1640年に描かれたと言われる【枯木鳴鵙図】が存在しても、時代的にはセーフですが、描かれてたった50~60年で複写の掛軸が、那須の温泉宿に出回るわけもなし・・・・・、とつまらないことに拘ってしまいました・・・・・・釣りに行かないからヒマなんです。

ぷりんネタ
 ところで、前回のブログ【自前のカレンダー】は、『いぬネタ』でおもしろくはなかったでしょうが、美郷町のTさんから「ぷりんのカレンダー良かったですよ!娘たちがよろこんでかぶりついていました」とメールをくださいました。
 手前味噌で・・・・・と多少へこんでいましたが、このように言っていただける人がいてよかったです。



 
PR

2012/07/05 16:23 | お魚の生態
大ギス考。
 シロギスの寿命は、何歳くらいなのだろう・・・・・・・?
いろいろな説があるようだが、おおむね10年と少々・・・・・との意見に私も賛成である。

 週刊釣りサンデー別冊【キスのすべて】【新キスのすべて】によると、次のように書かれている。

『瀬戸内海のシロギスの成長は1年で体長(吻端から尾ビレの付け根まで)8㌢、2年で12・5㌢、3年で14・5㌢、4年で16㌢、5年で17・5㌢、と意外に遅い。水温が高い西日本太平洋側のシロギスは瀬戸内海のそれよりずっと早いようである』と・・・・・・・。

 この本が発行された頃、西日本の太平洋側や九州の島々と、瀬戸内海のシロギスとではあきらかに最高サイズが違っていたわけです。
 かと言って、瀬戸内海のシロギスが西日本や九州のシロギスより【短命】ということはありえないので、この差は冬の最低気温によってエサを摂るか摂らないかに因るものであることは間違いありません。

 しかし、ここ20年くらいの間、徐々に瀬戸内海の【冬季最低気温】が上昇し、冬場でもシロギスがなんとかエサを摂ることができる10度~12度の水温になっていき、最近では特に水温の高い海域では30㌢オーバーもかなり上がっている。



(島根県浜田市で釣った、この実寸32㌢のシロギスは、いったい何年生きてきたのでしょう)

 ここで、先日行った鹿児島県薩摩川内市の甑島のキスについて考えてみましょう。

 上甑島の名勝【なまこ池】の中でも、シロギスは釣れます。
ただ広いとは言え、海とは長い砂洲で遮断されているので、エサは極端に少ないせいなのか釣れるキスは小さく黒っぽい色をしている。
 ここでは寿命の10数年生きたとしても20㌢は越えないのではないでしょうか?



(上甑島の【なまこ池】、この中でも引き釣りでキスが釣れます)

 それでは私が今回唯一シロギスのランク物を釣ったK浦ですが、40数匹釣って20㌢以下は4匹で、残り30数匹はすべて20㌢オーバー。
 なぜ頂点に立つ尺ギスが釣れなかったのでしょうか?

 そんなにキス狙いの人が行くわけではなく・・・・というよりキス狙いの釣り人は皆無と言っていいでしょう。
大ギス場に共通の、川も干潟や砂浜もあり、姿を隠すにはもってこいの港もありで、まるで上五島の筒の浦や三日の浦のような場所なのに。
 
 答えは判っていました。
潮の満ち干に従って湾内を行き来する大ギスをしとめるには、ずばり【夜釣り】が効果的なのです。
 しかし、昼間でも2時間やっていて車が3台くらいしか通らない場所で、独り夜釣りをする勇気はありません・・・・。

 深山でのツキノワグマやマムシなど(敵を知り、己を知れば百戦危うからずで)怖いとは思わないのですが、私の苦手なモノに「幽霊とUFO」があるのです・・・・・。
 【しげぽんのひとりごと】のブログの持ち主にそう言うと「幻覚ですよ」とこともなげに言われてしまいました。
彼は一人で十方山などでキャンプをするほどの人ですから・・・・。

 幻覚とはいいながら、境水道では右に左に流れていた土左衛門が、私の足元の杭に引っかかり、朝の8時前から13時まで事情聴取でまったく釣りができなかったなど、結構霊感めいたものがあるんですよ・・・・・。

 話が横にそれてしまいましたが、エサが豊富で温暖で害敵(フィッシュイーターや釣り人)が少なければ、寿命というものがあるかぎり30㌢、いや35㌢にも育つはずなのです。
 次に行く時は、夜釣りができるように誰かを誘って行こうっと・・・・・・・・。

 1985年に、鴨谷師と初めて甑島に上陸したおり、私だけでも26㌢以上を5匹?と30㌢オーバーを2匹釣った下甑島の長浜港、港は大きく姿を変えて長い砂浜はなくなり、キスの姿も見ることはできませんでした。



(1985年発行の週刊釣りサンデー、鴨谷師の記事・ポイント図)



(現在の長浜港、砂浜は埋め立てられ、沖波止や一文字波止が作られ上の図とは大きく様変わりしている)

 どこの大ギス場でもそうですが、それなりの砂浜が回遊範囲にあり、川が湾に流れ込んでいるなどの条件があります。
 地域的な例えで恐縮ですが、島根県大田市の温泉津湾が、大ギス生息場として絶好の教材地です。
ただ、あそこも沖合いに湾口を防ぐように一文字波止が構築され、湾内を潮流がかき回すことがなくなり、湾奥の海底はドロが溜まったようになり、往年のような大ギスはあまり姿を見せなくなりました。

 ところで、シロギスの寿命についてのお話なのに、まったくの余談ですが現在の日本人の最高齢は115歳とか。
記録では泉重千代さんの120歳と237日とのことで、その重千代さん、女性の好みを聞かれたら「やっぱり年上の女かいのぉ」と答えたそうな・・・・・・。

 私の母親は105歳と65日ですが、「ふるさとに帰っても浦島太郎じゃ、同級生もおらんし・・・」と言います。
そりゃぁ、105才の同級生はそうそうおりませんよ・・・・・・。




 

2012/06/04 20:49 | お魚の生態
食い気たっぷりのカレイ
 先日の、【カレイリリース】を見られて、「エエかっこしやがって、鼻持ちならんヤツ!!」と憤慨された方も多いと思います。
 カレイをリリースするのは、【あの場所】だけなんですよ、私だって気むずかしくて釣りにくいカレイを、そうぽんぽんとリリースするほど釣ってはいません。
 それが証拠に、先日の帰り道「関西から娘夫婦が帰省するので、殻付き牡蠣とむき牡蠣を買いに行ったついでに、気になる場所でカレイを釣って食べさせてやろう」と考え、牡蠣屋さんが集まる場所に釣りに行きました。

 牡蠣を洗う汁がじゃんじゃん流れている場所で竿を出す。
さいわいあまりエサ取りもいないので、じっくりと待つことに。

 ほとんど遠投は要らないので、キャスティズム  T 20-385にリールはアオリマチィック フロロを使用。
後ろ向きでお湯を沸かしていると、「ジーッ」とフリーにしたアオリマチィックが鳴る。
 振り向いても竿先は揺れていない?気のせいか・・・・・・・・。

 ドリップコーヒーを入れていると、また「ジーッ」、今度は竿先の揺れが見えたので巻き始める。
32㌢くらいのマコガレイ、娘夫婦に食べさすには一匹で充分と帰り支度。

 帰宅して、刺身にしてやろう・・・・と五枚下ろしにしてみた。
写真のとおり、おなかはぱんぱん。



(胃袋も腸もぱんぱんにエサを食べている)

 飲み込んだ針を取ろうと、エラ部分を見たがハリはない?
おかしいな?とよくよく見たら、胃袋の中までアオゴカイ付きのハリを飲み込んでいる。



 ということは、よっぽど食いが立っていたにちがいない・・・・・と胃袋の重さを測ってみることに・・・・。

 飲み込んだハリとアオゴカイを出しても23㌘あり、体重は420㌘だから全体重の5%くらいエサを摂っている勘定になる。
 これまで文献では、ハマチは23%くらいも食べるが、カレイやキスは体重の1%くらいしかエサを摂らないと書かれていたが、時期によってはかなりエサを摂っていることになる。

 産卵のための乗っ込み時期は、おなかの卵のうが大きくなって胃袋などを圧迫するので、文献どおり1%くらいしかエサを摂らないのかもしれないが、この時期はおなかの卵のうもぺっちゃんこになっているので、たっぷりとエサを摂りながら体力の回復に努めているのかもしれない。



(ぺっちゃんこになりながらも残っている卵のう)

 ということは、場所さえ探せば産卵期より今時期の方が釣りやすいのかもしれない。
よ~し!新しい釣り場探しに走り回ってみよう!!






2012/03/13 20:25 | お魚の生態
カレイリリース
 今日は、今シーズン最後の早朝マイナス潮。
これまでの数回に比べると、なんと暖かい朝だろうか・・・・・・・。

 ワカメを除く褐藻類は相変わらずさっぱりだが、太陽光のよく当たる浅いところに生える緑藻類は、しばらく見ない間にずいぶんと繁茂している。
これもある意味、異常なのかもしれない・・・・・・・。

 夜明けとともに、ずいぶんと昔アイナメの47・8㌢とマコガレイ32~36㌢を3枚釣った場所で竿を出すが、本日はエサ取りすらいないようす・・・・・。
 底引き船が、こんなに近くまで漕いでいるようでは、まともなお魚を期待するのは無理だろう・・・・・。

 午前9時過ぎ、ある方との約束の場所に移動するために、竿を回収しているとなんとなんと小さな小さな19㌢のカレイが逆さまになって上がってきた。



 水汲みバケツに活かしたまま約束の場所に・・・・・・。

 前回は結構短い時間にパタパタと釣れたのに、時合いが来ても今日はなかなか渋い・・・・・・。



なんとか釣った中の3枚に写真のようなタグを付けてリリース。



 アオギスの保全のために、九州や徳島にも行きましたが、カレイについてもいろんな研究に少しでもお役に立てれば・・・・・と考えています。



(波止などからリリースをすると、一目散に潜って逃げるのですが、砂地で逃がすと体が砂地に接地して安心するためなのか、まったく逃げようとしません)



(5分以上この状態でいるので、棒切れを持って来て沖にむかって追い立てました)

 なんだか最近は【浮世離れ】した釣りをしているようですが、自分の釣りはこれまでたっぷりと楽しんできたので、私のできる範囲で微力ながら年に何回かは、少しでも後世の釣り人のために、と考え始めています。
 あっ!もちろん釣ったカレイは、スケールを宛てた連盟用の大物申請写真は撮っていますよ・・・・・。









2012/03/09 19:57 | お魚の生態
カレイの謎に迫る。
 これまでも2回ほど、早朝の磯歩きに最適な大潮のマイナス潮の日は【今シーズン 最高の冷え込み】とのことでしたが、今回のマイナス潮の日は8・9・10日。
私が言ったとおり、今回も【今シーズン 最高の冷え込み】とのことで、9日はマイナス2度。
 雪などで道路凍結がなければ寒くてもガマンができるので行ってきました。

 カジメなど褐藻類が食い荒らされて、茎だけになっていることは前にも書きました。
 地元の人の話では「江田島もアイゴが増えて、海藻を食べるんよ」と言っていましたが、アイゴにしてはひどすぎる・・・・・?と思っていましたが、犯人バフンうにでした。

 茎だけになったカジメに、わずかに残った葉のような部分に、2匹のウニが20㌢くらい登って食んでいました。
 これまではあまり気にはなりませんでしたが、よくよく見たらおびただしい数のバフンうにが、異常発生していました。この時期は繁殖期なのか、白い液体を出す固体もいて、ひどいところでは薄いながら海水が白濁していました。
 まだまだ増えたら、アワビやサザエより先に海藻を食いつくし、生態系がおかしくなるのでは・・・・・と思いましたが、この近辺にはうにで生計を立てる人もいなそうだし、ゴルフボール大では商品価値もないのでしょう。

 さてさて釣りの方ですが、カレイなどの研究をされている【ある方】をご案内してのカレイ釣り。
わずか2時間で、30㌢、30㌢、33㌢、35㌢、40㌢の5枚を二人で釣り上げ終了。



(2週間前に比べたら、ずいぶんと厚みを増しています。ガツガツ餌を摂っているのでしょう)



(2週間前に釣ったカレイは、まだ薄っぺらでしたが・・・)

 欲の無い・・・・と思われる方もおられるでしょうが、私の考えはこうです。
居場所はわかっているので、また2週間置いてから数匹釣っては経過をみることにしたのです。
言うならば【カレイ定点観測】をしてみることにしたわけです。

 通常、花見ガレイは2月の下旬でも、まだうすっぺらな個体も多いのですが、ここのカレイは結構早くから肉厚になっているようです。
 これは、前回も書きましたが「ガツガツと餌を摂るために」この場所に来ているのでしょう。

 2009年1月4日のブログで【カレイの狙い方についての疑問、3題・・・・・・】というのを書きました。
その中に、夜に灯りのある場所で釣れるカレイについて、「こんな場所に来ているカレイは、お兄ちゃんに例えて言うなら、広島では流れ川、博多なら中州、札幌ならススキの・・・・・・というように、やる気満々で夜の繁華街に来ているわけですから、当然エサがあれば食いついてくるわけです」と書いています。

 この場所も、エサが豊富な場所なので、そこに集まっているということは、食い気たっぷりだと想像できます。
 それで、ここのカレイは回復が早く、厚みの増し方も他所に比べると早いのでしょう。
みなさんも、そんなエサの豊富な場所を探して釣れば、良い釣果に恵まれるでしょう。

 それからこの場所でもう一つ確かめたいことがありまして・・・・。
40㌢のカレイは、【ある方】が釣られましたが、その日私は石ゴカイオンリーで釣りましたが、その方はホンムシを使用されていました。
 やはり大型はホンムシの方が良かったのか?とも思いますが、私はそこでは数を釣ったり大型を釣りたい・・・・というよりは、とにかくどんな小さなことでもいいので【カレイについて確かめたい】ので、今シーズンはすべて石ゴカイでやってみようと考えています。

 謎について考える事は本当に楽しいです

 余談ですが、私たち全日本サーフでは、一定のサイズ(カレイなら30㌢・40㌢・45㌢・50㌢とランク付け)を数多く釣るという一種の競争のようなものがあります。
 多分、上記の場所だとかなりの数が釣れると思います。(前回が10分で2枚、今回が2時間足らずで5枚)

 でも、この場所はせっかく見つけた【定点観測】に適した場所なので、口はばったいようですが「今を楽しむより、未来も楽しめるよう」少しでもカレイの謎に迫れるよう、大事に調べていきたいと思っています。








 


2012/02/10 17:38 | お魚の生態

<<前のページ | HOME | 次のページ>>
忍者ブログ[PR]