忍者ブログ
久々、本気のキス釣りに・・・・・・・。

 6月末、急用ができたため鹿児島から無理をして帰ったが、今までに経験したことのない不整脈が起き始めました。
 

 それ以降釣りには7月6日(山陰)、7月22日の中国新聞くらし欄の取材、8月お盆前に瀬戸内の島へお墓掃除のついでに2時間くらい竿を出しただけ。



(この取材時も、10時過ぎに頓服薬を飲んで続けました)

 特に8月は、就寝のため二階に上がるにも、階段一段上がっては脈を整え、また一段上がって・・・・と5~6分掛かり、また寝てからも大変で、夜中にも頓服薬を飲んで・・・・・と、さすがに今回だけは、8月13日のブログに書いた「純国産新築物件」に入る覚悟を決めていました。

 不思議なものですね・・・・・・・・。
子供のころは「死ぬ」ということがとても恐く思えていましたが、この時はそんな気持ちは一切なく、故鴨谷師や二代目広島協会長本田氏、諸先輩が妙に懐かしく思えていました。


 それでも、9月6日~7日の全日本サーフ島根協会設立記念大会だけは・・・・・と、その日に照準を合わせ、一ヶ月間は大好きなビール一滴も口にしないで、自宅入院状態を続けていました。

 9月7日、晴天無風でやや波気のあるきれいな海を眺めながら、無事島根協会設立大会は終了しました。



(9月7日の大会風景)

 その海を見ていると、キス釣りが無性にやってみたくなりました。

 
 9月14日、行くならば大好きな琴ヶ浜(島根県大田市)と出かけました。
わが家から100分くらいで到着しましたが、けっこう波が高くて釣れるキスもタバコサイズ・・・・・。
 ダメもとでと逢浜海岸に降りてみたが、ここも大荒れでさっぱり。



(波が高く、波しぶきもあがっています)

 来る途中の田尻海岸も、静間川河口から西に広がる近藤ヶ浜も同じ様子。

 仕方なく、比較的広い港内の和江漁港に行ってみたが、どこもかしこも釣り人で満員御礼!!



(先端と名の付く場所は、すべて満員御礼)

 宅野で釣り始めたが、アタリは少なく10回投げて4匹だけ・・・・・・。

 再度未練がましく琴ヶ浜に戻り、東端の岩場付近から・・・・・・。
何年か前の落ちギスシーズン、ここで良型の入れ食いに偶い、L型天秤がI型天秤になるほどキス釣りを堪能したことがある・・・・・・・・・・が、そんなに甘くないのが世の中。



(仏さまに供えるヒサカキを背負い籠いっぱい背負ったおばちゃんに「キスは釣れるかな?」と、慰めとも思える声を掛けられ・・・・・・・)

 次に、いつもの海水浴場の桟敷前で釣り始めるが、熊手とざるを曳きながらおっちゃんが現れ、「駐車料金300円を・・・・」と。
 海水浴シーズンならいざ知らず、20数年通っているがこんな時期に来るのは初めて。


(300円と引き換えに、鳴り砂を入れたカードが)

 琴ヶ浜は確かに鳴り砂で有名で、いつまでも大事にしたい気持ちは持っていて、私たちのクラブでも大会後、余ったエサを海に捨てないよう呼びかけています。

 そのおっちゃん、次から次から訪れて鳴き砂を楽しんでいる観光客のところに行っては、駐車料金集めに話しかけている、つまり熊手とざるに少しだけ入った流れ藻は、単なる小道具に過ぎないありさま。
 

 観光客はもちろん、私たち釣り人も海を汚すことは本意ではなく、海岸のごみを見てもほとんどが流れ藻や枯れ枝の類。
 清掃・管理する人がいることはうれしいことですが、付近の海岸も横並びにこんなシステムを取り始めたら、一回キス釣りに行くたびに1500円くらい払うことに・・・・・。

 「茶碗一杯の砂に、耳かき一杯のチョークの粉を入れると鳴らなくなる」とのことで、まぁ、この浜は集めたごみを砂浜で焼かないから灰が混じることもない、その努力は評価してそれでも良しとするか・・・・・と西端まで移動してみると、なんとなんと!!!



 白煙をもうもうと上げてゴミ焼きの最中!
これで最近この浜がどうも草原化しているような・・・・・・と、抱いていた疑問が一気に吹き飛んでしまった!!(護岸付近に、やたらと草が生え始めました)
 浄財を集めるなら、せめて浜で焼かないで陸上で処理して欲しいものです。

 え~っと、グチばかりこぼして釣果の方はですね、これまでの三ヶ所でカウンターは16を指していますが、クーラーの中には5匹だけ・・・・・・・。
 もう浜からの引き釣りにはこだわってはいられない・・・・・と温泉津湾での引き釣りに。



(やはりここだと良型がダブルで釣れたり)

 型もかなり良いのが釣れましたが、引き釣りは浜から釣ってこそ・・・・・とだんだんやる気が失せてきて、12時前にやめて温泉に野菜市にと廻って帰りました。



(当日は24・5㌢をかしらに、16㌢以上が23匹・・・・・・・)

 久々に本気で釣行しましたが、不本意な結果に終わりました。

 不整脈の方は、頓服薬と安定剤でなんとか過ごせるようになったので、一度はあきらめた南九州にもまた行けそうです!!!!!!!!!!!!!!






PR

2014/09/15 15:38 | キス大スキ!!
山陰のキスに会いに・・・・・。

 山陰へは6月15日の全日本キス選手権大会以来。
先週の鹿児島では、大雨に祟られてまともにキス釣りができなかったので・・・・・・・・。

 型狙いなら、瀬戸内海の方が期待できるのでしょうが、やはりあの真っ白いシロギスに会いたいのです。

 午前4時過ぎ、愛犬ぷりんはカミさんの部屋に行かせ、あれこれ用意して家を出る。
近くのオールナイト営業のスーパーマーケット、ユアーズで飲み物や昼ご飯を調達し、山の向こうから明るくなった太田川沿いの道を北上。



(朝焼けを映す太田川、正面左手の小さなお椀を伏せたような低い山が可部の高松山、戦国時代には熊谷氏の居城となった山で、5月の終わりには大文字が灯される)

 かめや釣具八木店で、石ゴカイを購入し広島北インターへ・・・・・・。

 広島北インターから瑞穂インターまで、休日割引で840円なり。
県道327線~県道7号線を邑南町矢上経由で国道261号線へ。
 川本町因原~大邑林道を走って石見銀山で名高い大森へ、そこから仁万町に。

 まず仁万漁港に着いてみると、なんと21人もの釣り人が波止にも砂浜にも。
隣の宅野にも8人・・・・・・。
仕方なく和江まで行くことに。

 和江にでも、めぼしい場所にはキス釣りの人たちが11人。
空いた所から投げるが、ぽつりぽつりと釣れるのは14~16㌢でリリース率は5割。
港で釣ってこれでは・・・・・と静間川西側の砂浜へと歩くことに。

 河口から最初の岩場まで4人のキス狙いの人が、釣果を聞いてみると小さいとのこと。
岩場を越えてハマナス自生西限地あたりまで行って釣るが、マイクロピンのタバコサイ
ズ・・・・・・。



(ヒラメとキスの背比べ)

 2投で、また来た砂浜を引き返す。

 私のもう一つの趣味、山野草を見るために、羽根近くの国道沿いにある山野草専門店に行き、しばし山野草談義。

 ダメもとで久手に行ってみるが、投げる場所によってはまずまずのキープサイズが釣れ、ここではリリース率は3割程度。
それでも、大きくて18センチくらいなので、30匹くらいクーラーに入れたのに満足し、私の大好きな琴ヶ浜に行って、早めの納竿にすることに。

 途中の逢浜海岸、結構波が高いのにキス釣りの人がズラリ・・・・・。



(まだ、この右手には6人くらいと、浜に降りる支度をする3人連れもいました)

 あとで聞いた話だと、ここで型揃いのキスが釣れたとのことですが・・・・・・・・。

 大好きな琴ヶ浜に着きましたが、ここにはだぁ~れもいません、それもそのはず今までに経験したことのないようなピンピンピン。



(逢浜海岸とは打って変わって、誰もいない琴ヶ浜)

 浜の中央、西端、東端(岩場)と投げ歩きましたが、いずこも同じピンピンピンで終了しました。

 帰りはお決まりのコース、川本町の湯谷温泉に浸かって、道の駅や野菜市を覗いて家路に着きました。

 久々のキス、てんぷら・ソテー・昆布〆・南蛮漬け・塩焼き・湯引き・さしみ・・・・さてさてどうやって食べようか・・・・・・。

 家に帰ると、早くに起こされ置いて出られた愛犬ぷりんは、自分のベットでうらめしそうに私を見ています。






 


2014/07/06 20:14 | キス大スキ!!
全日本キスの帰り道。

 全日本キスの前日、大田方面を回ってみましたが、思ったより波が高くなかったのは、私の大好きな【琴ヶ浜】です。



 高台から見る琴ヶ浜、濁ってさえいなければなんとか釣りのできそうな波です。


 さてさて15日の全日本キス選手権大会、新生島根協会からは4人が大田会場にエントリーしましたが、しまねえのみやサーフの川上さんが28㌢、出雲おろちサーフ岡本さんが27㌢以上を2匹、出雲おろちサーフの下瀬さんも27㌢近いサイズを釣りましたが、私だけが蚊帳の外・・・・・・・。

 がっくりと肩を落として県道31号線を走り、川本町の【湯谷温泉】へと向かいました。
県道187号線の狭い道に何か?小動物が!



 車を止めて見てみると、野うさぎのおチビが・・・・。



 「脱兎のごとく」逃げると思いきや、怖いということを知らないのか、止めた車に近寄ってきます。



 とうとう車のすぐ横に来て佇んでしまいました、「おっちゃんキス釣れたか?」と言ったかどうか・・・・・・・・。



 後続の車に轢かれてはいけないので、心を鬼にして追い立てました。

 連れて帰って、愛犬ぷりんに見せたらどんな反応をみせるか?と想像してみましたが、野生の動物はやはり自然のままがいいのでしょうね。


 川本町にある湯谷温泉、当日は父の日ということで、入湯料500円のところ小児料金の260円で、おまけにはチオビタドリンクまでいただく・・・・・・・、これが昨日ならドリンク剤を飲んでもっと頑張れたかも・・・・・・・・・・・・。



(湯谷温泉弥山荘、左手に見えるお寺は長江寺で、寺宝は【獏の枕】)



(温泉からの帰り道、あちこちに咲いているホタルブクロの写真をパチリ!)

 野菜市や道の駅を3軒はしごして、大朝インターから広島北インターまで、家には17時前に無事帰着しました。











 


2014/06/17 16:27 | キス大スキ!!
全日本キス 大田会場好発進!

 初めての会場ということなのか?思ったより少なく、参加申し込み数は2協会7クラブ16人、当日実際に参加したのは12人でした。

 結果は、一人「疲れたから審査に戻らずに帰宅・・・・・」と連絡があり、あとの11人が審査会場に。
なんと審査会場に帰った参加者全員の11人が「本賞キス23㌢以上、他魚大物ランクサイズ以上」の大会審査基準を満たす好成績!



 キスの最長寸はBランク(28㌢以上)と、ずば抜けたサイズではありませんでしたが、Aランクの26㌢以上のキスが7匹提出されました。
 私の大会前のブログ「大田会場の好成績振りを・・・・」が実践されたわけです。

 私は・・・・・・・結構頑張りましたが24㌢どまりでした・・・・・・。

 
 14日土曜日は少し早目に家を出て、広島北インターから浜田道の瑞穂インターまで。
途中の野菜市をひやかしながら、矢上~川本~大森(銀山)~審査会場仁万公民館へ・・・の予定でしたが、せっかくなので釣り場を見て回ろう、と大森からまっすぐ県道45号線から国道375号線に出て大田市まで。

 大田市で9号線に出て、久手(くて)・和江(わえ)と見て回りましたが、近藤ヶ浜や逢浜海岸、五十猛(いそたけ)は大荒れでとても竿が出せそうもありません。



(逢浜海岸は荒れて濁っています)

そのまま温泉津辺りまで見て歩くか・・・・・・と思いましたが、せっかく仁万に来たのだからと、受付会場から2~3分のところにある【湯迫温泉】へ。



(静かな山あいにある湯迫温泉、立ち寄り入湯料金は500円)

 受付会場に戻り、出雲おろちサーフの下瀬さん(島根協会長)と岡本さん(出雲おろちサーフ会長)と合流。

 15日0時半から受付、1時出発。
私はTで竿を出しましたが、午前3時に24㌢と23㌢くらいがダブルで釣れただけで夜明けを迎えました・・・・・・。



(漁船のイカ釣りランプの向こうから夜釣り終了の合図、朝日が昇ってきました・・・・・)

 明るくなっても、その場所で頑張りましたが、釣れるのはホウボウなどでキスさんは姿を見せません。



(きれいなヒレを持つホウボウ、釣りあげたら「グー」と鳴き?ます)

 8時くらいには、さすがに置き竿はあきらめて、場所替わりをして引き釣りを。
「ググッ!」と来るキスは即合わせ、「クィクィ」と小さなアタリには、ピンギスに食わせないように早巻きで対応。
 これが結構おもしろく、20㌢前後の良型が退屈しない程度に。

 さすがに疲れが出始めたので、11時前には審査会場に帰り、風通しの良い日陰に置かれたベンチに座って一休み。

 大田会場、審査の結果は冒頭書いたとおり、好成績に終わりました。

 昨夜は、さすがに眠くて布団に入ってバタンキュー、数秒でZZZZZZ・・・・・でした。


 



 

 


2014/06/16 14:59 | キス大スキ!!
冬ギスor春ギス?

 暦の上では節分が過ぎてからが春・・・・・・。

 
 その伝で言えば2月1日は冬のはず・・・・・・と、江田島に冬ギス釣りに出かけました。
何か所か冬ギス釣り場をピックアップして出かけました。

 まず最初はFを目指すので、いつも利用している呉ポーからのフェリーには乗らず、陸っ走りで行くことに・・・・・。
 
 一番苦手な吉浦から警固屋あたりの信号パターン・・・・・、それでも我慢をして走っていたら、「何とおぉ~」呉港前の橋が通行止めで、かなり市街地方面へと迂回させられる・・・・・・。
ここで、「帰り道は絶対にフェリーじゃ!」と独り言。

 第二音戸大橋が開通してかなり日にちが経つが、信号や曲がり角が嫌いな私は、いつも行き帰りは呉ポー~切串間のフェリーを利用していて、今回がやっと二度目の通行となる。

 釣り場へは8時前に到着。
ロッドは並継ぎのキャスティズム25号に、リールはトーナメントサーフ45、ラインは多少の根掛かりを予測してサーフセンサーハイパーの1号。

 2投目にあまり大きなアタリではないが、25㌢の良型キスがクイクイと頭を振りながら上がってきた。



(2投目に釣れた25㌢の良型キス)

 よしよし!と思ったが、後が続かない・・・・・・・。
まぁ冬ギスにありがちなパターンよ、と余裕たっぷりに・・・・。
と言うのも、このあとあまり人が釣りに行けないような鉄板ポイントがあるからと、心に余裕があったから・・・・・。

 前回、1月17日に良型交じりでダブルやトリプルで釣った場所に・・・・・・。
ところがどっこい、一投目アタリなし、二投目もアタリなし、三、四投目も同様アタリなし。
やっと五投目にまずまずのサイズ20㌢が・・・・・・。




 しかし後が続かない・・・・・・。
結局90分くらいやったが、さっきの20㌢オーバーに加え、17㌢とリリースサイズの13㌢が釣れただけ・・・・・。

 どこか釣り場を探しながら、三高の【野村水産さん】で打ち立てぷりぷりのカキを・・・・と車を走らせる。
しかし、どこと言って思い浮かばないので、先にカキを購入することに。

 打ち立てのカキを購入し、昨年末にはばか釣れしたと聞いたMに行ったが、本日は音も沙汰もなし・・・・。
 わずか20分くらいで竿を収め、波止に10本の竿を並べて釣っているおじさんに、「キスがおるかと思ったが、今日はおらんかった」と話しかけると、「ここにはおるでぇ、今日は3匹釣ったけぇ」とのこと、暖かい日は港内から外に遊びに出ているんだろうか・・・・・?

 帰り道Mに行ってみるが、ここも激渋で4投目にだけ17と15㌢くらいがダブルで釣れたが、あとは7~8回に一度アタリがあるくらいで、しかもコツ!だけで離してしまう・・・・。



(一回だけダブルで釣れたキス)

 当日、13時30分ころまでやりましたが6匹。
私が出会った冬ギス釣りのキャスター3人の釣果は5~6匹とさみしい数でした。

 もう海の中は春ギスになっているのでしょうか?
遊動式にしても食い込まない春ギスには、即合わせがいいのでしょうね・・・。

 即合わせだと場が荒れそうだし、冬ギスとは言いながら、いるのなら欲張ってダブルで釣りたいし・・・・・と悩ましい季節になってきたのでしょうか・・・・・・・。





2014/02/03 16:34 | キス大スキ!!

<<前のページ | HOME | 次のページ>>
忍者ブログ[PR]