忍者ブログ
水なすと、ダイワのフロートシンカー。

 《水なすの きしりと旨し 友来たる
と、今回は下手な俳句から始まりました。

 暑い夏、嬉しい贈り物《泉州 水なす》が、大阪の友人から届きました。



 予約しなければ入手できないそうで、漬けてから2日~7日の賞味期限ですから、なかなかこちらではお目にかかれない代物。

 昨日は、まず写真右下の水なす漬。
ヘタを落とし、包丁で切れ目を入れ、手で割いて食べました。

 ずいぶん前のこと、新大阪駅近くの居酒屋で出された《水なす》、大阪協会のある方が「こんなん水なすちゃう」と・・・・・・。
 その時は、「そんなもんかいな?」と思うだけでしたが、その後本場泉州の《水なす》をいただいてから、その違いが大きくわかりました。

 さぁ、今夜はどれを食べようか・・・・・。

 ところで、これまでフロートシンカーは手作りのモノを使用していましたが、去年8月の《レジャーフィッシング》の取材で、人気釣りガールのみっぴにキスの10連掛けの手ほどきをしてからは、一応ダイワのテスターの末席を汚す者として、ダイワのフロートシンカーを使うようにしました。



(昨年のレジャーフィッシング10月号の記事から)



 23号は亜鉛シンカーでもいいのですが、25~27号になると体積が大きくなるのでタングステンを選びました。

 さぁ、このフロートシンカーを持って、そろそろ《あること》でキス釣りにでも行こうかな?


 《わが家の花だより》

 家の周りでは、夏の花が咲き始めています。



(花の直径が20㌢ちかくある芙蓉)

 そして、うれしいことに今朝(2018年7月20日)、鹿児島の甑島からもらって帰った鹿の子百合が4花開花をはじめました。



(まだ早朝、恥じらい気味に開き始めています)

 そう言えば昨日、今年初めてクマゼミの鳴き声を聞きました。
今年はセミの鳴き始めがずいぶん遅いなぁ・・・・・と思っていましたが。

  今日は《土用の丑の日》
昨年の句会で詠んだ句《源内を  恨むものいて 土用かな》.
  平賀源内が、要らぬことを言ったばかりに・・・・・とさぞ、うなぎが恨んでいることでしょう・・・・・・と、詠んだ句です。













PR

2018/07/20 07:33 | グルメ・料理

<<サラリーマン時代の思い出。 | HOME | 「何かようか九日十日」>>
忍者ブログ[PR]