忍者ブログ
カレイも山菜も・・・・・。
釣りにしても山菜採りにしても自然が相手、思うようにいかないのが当たり前。

 同じようなエリアの山菜の場合、私がよく行く場所ではコゴミとタラは比較的早く芽を伸ばし、GW初めが旬のようです。
しかし、コシアブラやワラビ、山ウドなどは少し遅めのGWが終わったころに多い。



(昨日行った、西中国山地の辺りでは、やっと山ウドが芽を伸ばし始めているが、タラはもう齧れないほど大きくなっている)

 そこでタラとコゴミは諦めて、山ウドと水ブキを中心に採ることに。
同じエリアでも、日当たりがいい場所ではウドも30㌢~40㌢に伸び、【ウドの大木】目前だが、遅くまで雪が残っていたような場所では、10㌢も伸びていればいい方で、親指の先くらいの硬い芽も多く、来週あたりが食べごろか。

 元会社の同僚の山では、ワラビと流れわさびの新芽をいただく。

 本日のコースは、広島北インターから中国自動車道吉和インター→廿日市市吉和から国道488線を走るが、島根県側が崖崩れのため通行止めなので、三坂八郎林道を島根県益田市匹見町紙祖へ出て、匹見町道川→臼木谷を通り広島県山県郡北広島町へ出て帰った。

 私は一年のうちで、この時期に西中国山地を走るのが大好きで、渓流を見て感動、疎らな落葉樹の林を見ては感嘆、春の山野草を見ては感激しています。

 そう言えば、去年もおととしもこのブログに書いた、野生ランの一種【サルメンエビネ】ですが、おととしバックバルブを埋めておいたところ、去年はきれいな二枚葉をたくましく伸ばしていました。



(去年は、かわいい二枚葉だけでしたが)

 今年は先っぽをムシに齧られてはいましたが、元気な三枚葉を伸ばしていました。



(元気に三枚葉を伸ばしていたサルメンエビネ、この調子なら来年あたり3~4花付けるのでは?)

 今日は朝から半日かけて、水ブキで【キャラブキ】と、葉わさびの【わさび漬け】を作りました。
1㎏の野ブキが一時間半くらい煮込むと、茶碗いっぱいくらいに減ってしまいます。

 わさび漬けは、明日になってみないことには、辛く漬かったかは判らないのです・・・・・、辛くないわさび漬けほど、どうしょうもないものはありません・・・・・。

 「海育ちなので、山菜にはうといんです」という方に、意地悪ではありませんが【山菜お試しセット】をお送りしてみました
 苦いキャラブキや、アクの強い野ウド、ひょっとしたら辛くないわさび漬けも・・・・・・・・・、あっ!キャラブキなど入れたタッパーは、使い捨てですと手紙に書くのを忘れた・・・・・・。

 お話は変わって、今年はいつまでもカレイが釣れますね・・・・・・。
今日も、大畠方面に釣りに行った友人から、「35㌢のカレイが釣れましたが、場所移動のときに足を痛めたので帰ります、ちなみに大畠のH港で釣っていた人が38㌢を釣っていましたよ」とメールが来ました。

 10月の中旬から釣れ始め、今は5月の中旬・・・・・・・、ということは7ヶ月もカレイが狙って釣れているということ。
半そでで、日焼けを気にしながらカレイ釣りとは。
 今から45年も前、カレイを必死で追い続けていたころは、寒い寒いと言いながら釣るのがカレイ釣りだと思っていたものですが・・・・・・。





PR

2012/05/09 17:19 | 山菜採り
キス混じりでカレイ・・・・・行きたいなぁ。
いつもおいしい刺身の盛り合わせを持って来てくださるS谷さん(広島駅近くの市場の魚屋さん)が、「いつもはゴールデンウィークは、瀬戸内のカレイがあまり釣れなくなるので、山陰のカレイ釣りに行っていたが、今年はまだ江田島や沖美辺りはキス混じりで期待が持てる」と・・・・。

 話をしているうちに、倉橋の唐船浜、大向、渡子、江田島の切串、大須、沖美の三高、大柿の深江や長浜に行ってみたくなった。
 今週末はゴールデンウィーク前半で、カミさんサービスで田舎へ・・・・、後半は関西にいる次女夫婦が帰省するので、迎えてやらなくては・・・・。

 連休明けの8日は、恒例の山菜採りのために西中国山地へ・・・。





(会社の元同僚の親戚の山には、こんな熊除けの一斗カンが数百mおきにつるされています)

13日は似島での【家族初心者投げ釣り教室】のお手伝いに・・・・・。

 となると、キス交じりでのカレイ釣りは・・・・・・・?



(おねだり顔で、私の膝に手を掛けてきた愛犬ぷりん

 こやつのお守りさえいれば、連休あけにどこかに行けるのだが・・・・。

【グルメ】
 今日ある友人から、浜田市の味には定評のある【北村商店】のノドグロと水カレイの干物を送っていただいた。
連休に帰省する娘夫婦と一緒においしくいただくつもりです。



 この友人、初めてお会いしたときのことを、今でも鮮明に覚えています。
もうずいぶんと昔になりますが、ある釣り大会の審査会場に、両手にヒラメとスズキを持ち颯爽と現れたのです。
 その堂々とした体躯にふさわしい釣果が、深く印象に残ったものです。
その後、釣り以外にもフウランなど野生ランの栽培という趣味も同じくし、親しくお付き合いさせていただいています。

 キスシーズンに、ご一緒できるのを今から楽しみにしています。

2012/04/26 20:45 | 山菜採り
三連ちゃん。
昨日から急に、デジカメからパソコンに画像が取り込めなくなってしまって・・・・・・。


 昨日は、私と同じクラブの【達人】さんと、12時間にわたる長時間の山菜採り
熊よけの一斗缶がぶらさがった谷を歩き回りました。



(元会社の先輩の親戚のわさび谷、あちこちにぶらさげられた熊よけのために叩いて鳴らす一斗カン)


 今日は、仲間と6人で11時間かけてのボランティア活動・・・・・。
150人あまりのたくさんの笑顔と出合ってきました。

 
 

 明日は、ある取材で山陰へ・・・・・・。
三日連ちゃんで一日10時間以上のハードスケジュールに・・・・・。

 私の身体もともかく、カミさんがよく黙っているもんだ・・・・・・・。
ウチのカミさんとは、気が合わないのか口ケンカなど日常茶飯事ですが、こと釣りとなるとあまりうるさく言わない・・・・。

 若い頃、鴨谷師から4~5日前に「小池くん、今週末から鹿児島の甑島に行かんか?」などと、やや急なお誘いがありましたが、そのときなどウチのカミさんは「家族はいつでも一緒におるんじゃけぇ、鴨谷さんとは行ったとしても年に数回、行ってきんさい」と言って、一度として反対したことはありませんでした。
 あまり気が合うとは決して言えないカミさんですが、ことこの事に至っては寛容でしたね・・・・・・。

 そのお陰で、幾多の傘下会員の中から、五島列島でのダイワ【ザ・フィッシング】テレビロケにお誘いいただき、今日があるものと思っています。

 あっ!その代わり仕事はちゃんとやっていましたよ!


 今回は、写真の無いさみしいブログになりましたが、また取り込みができるようになれば、山中で見つけた【熊よけ】のカンカンなどの写真を掲載してみます。

2011/05/15 21:10 | 山菜採り
初恋の彼女に出会った・・・。
週間天気予報では、今日の天気はよさそう・・・・・。

 思うようにいかなかったゴールデンウィークの山菜採り、不完全燃焼のまま夏のキスシーズンに入るわけにはいかない・・・・・、断じていけない!!!『半農半漁』の私の生き方として・・・・・。

 ツキノワグマのテリトリーでもある西中国山地、一人での山歩きは多少の不安があるので、これまた『半農半漁』の、私と同じクラブの達人さんを誘うことにした。

 13日、中国自動車道吉和インターに下りる。
国道488号線を走る・・・・・・・・、この488号線は今から10数年前まで、渓流シーズンの4月から8月いっぱいは隔週のように走っていたのだが、もう十年近く走ったことがない・・・・。

 皆さんお持ちの国道という概念はどんなものでしょうか・・・・・。
実は、この国道488号線はこんな感じです。



 ここは景色がいいので写しましたが、まだ道が広い方ですが、右の崖は数十mあります。もちろんガードレールなどほとんどありません・・・・。

 こんなきれいな場所もあります、でも狭いしガードレールは無いし、結構運転には気を遣います。





(こんな離合もできない一車線部分がほとんどです、対向車が来たらかなりバックをするようです)


 肝心の山菜採り、まずはウドですが、もうかなり大きくなっていて、この状態だと葉先をテンプラにしたり、やや硬い部分はキンピラなどにします。



 山菜の定番タラの芽も、もうかなり伸びてしまって・・・・。

 ワラビやミズブキを採ったあと、沢の近くに生えるウワバミソウもいいのが採れました。
ウワバミソウは皮をむいて、5~6分ゆでてからおひたしやキンピラ、煮物にして食します。



(水気の多いところに生えるウワバミソウ)

 どこで初恋の彼女に出会ったか?ですよね。
実はある場所で、ウドの生えているのを見つけ、近寄ってみると!!!!!!!!!!!!
1mくらい離れた場所にその彼女が!!!

 奇声を上げた私に、達人さんは「マムシでも出たんかと思ったよ」だって・・・・。(マムシくらいでびっくりなんかしませんよ・・・・・)



(えびねの一種、サルメンエビネ)

 そうなんです!今から30数年前、釣り一本だった私が渓流釣りで足を踏み入れた、現廿日市市吉和の細見谷で出合ったサルメンエビネ、その楚々とした花姿に魅せられ釣りと平行して蘭キチになってしまったのです。

 かくて蘭キチになった私は、鹿児島県の甑島に行けば30万円くらいのサツマチドリ(ウチョウランの変種)を買って帰ったり、鹿児島で数万円のエビネを買って助手席の足元に乗せ、大事に持って帰ったりと日本に自生し、一般的に栽培されている地生蘭、着生蘭の50%ちかい種類(育てることが無理なムヨウランやツチアケビなどの腐生ランや、私の基準から見た観賞価値の低いものを除く)を栽培したこともあります。(珍しいとこrでは、ユウシュンラン、キソエビネ、キンセイラン、ヒナチドリ、フガクスズムシソウなど)

 そのきっかけとなったのが、このサルメンエビネだったのです。
ここ10数年、その自生を見たことがなかったので、今回ぜひ見てみたいと念じていたわけです。
 まるで初恋の彼女に出合った気分でシャッターを押しました。

 他にも、エンレイソウやヤグルマソウ、キケマン、ケマンソウ、コケイラン、サイハイランなどたくさんの山野草や野性ランに出会ってきました。

 

(コケイラン)

 今日も投げ釣りに関係の無いお話ですみません・・・・・・。

2010/05/13 19:52 | 山菜採り
山野草好きな方々には・・・・。

 昨日の山陰西部での追悼釣り(大会?集い・・・)に参加のため、4日の午前9時過ぎに家を出て北広島町に向かいました・・・・。

 さすがUターンラッシュのためか、広島インターのETCレーンに列んでいる車は、上り車線むきの右側に集中している・・・・。
 中国道経由の左側はすいすい・・・・・。

 カミさんと愛犬ぷりんを義姉の家に降ろし、私は山菜採りに出かけることに・・・・。

 5月5日は立夏だというのに、まだこのあたりの山は春・・・・・・・。



(山桜はあちこちで花を咲かせている・・・・・)

 とは言え、さすが雪解けのころに顔を出す蕗のトウは、延びきって白い種子を今にも飛ばそうか・・・・と言った感じ。

 お目当ての山菜はと言えば・・・・・、檜の植林のふちに生えるワラビはまだ、ちじこまったような風情でぽつりぽつりと、まばらに生えている。
それではタラの芽やコシアブラの芽は・・・・と目を凝らして見るが例年に比べまだ食べられるほど延びてはいない・・・・。
 ウドもやっと親指のツメくらいの小さな芽が出ているくらいで、とても採取できそうもない・・・・、今年は海も山も例年に比べやや遅れているようだ・・・・・。

 しからば、大好きな山野草でも見て歩こうか・・・・・と気持ちを切り替える・・・・。

 まずはイカリソウ・・・・・、この名前の由来は花の形が船の錨のように見えることから付けられているが、仲間のバイカイカリソウにいたっては、とても錨にはみえないのだが・・・・・。
 薬草としても知られていて、弱った鹿がこのイカリソウを食べて、再度繁殖のためにメスを探して出かけた・・・・と言われ、強壮剤として漢方薬として利用されている。



(イカリソウの濃色花、薬草としても知られている)

 次はショウジョウバカマ・・・・・、花は通常紫紅色の濃淡が知られているが、まれに緑や白い花が自生する。
同属の白花ショウジョウバカマもあるが、ショウジョウバカマの白花とは葉のふちが波打つのが白花ショウジョウバカマであるので区別が付く。




(ショウジョウバカマの白花)

 熊除けの鈴を腰に下げて山中を歩いていると、夏えびねの小群落を見つけた。
夏に涼しげな紫の花を付けることで知られているが、市街地ではなかなか栽培はむずかしい・・・・。
よしんば咲かせたとしても、紫の発色が悪く白っぽい花色になってしまう・・・・。


(夏えびねの小群落)

 あちこちにこんな古木を見ることがある・・・・、これのもっと大きなものを『山おやじ』と言うらしい・・・・。




 2時間くらい山歩きをしたので、帰りかけると突然道の真ん中にキジが飛び出して来た。



 車を止めて写真を2枚撮ったところで、反対側の山に入って行ってしまった・・・・。

 明日は大好きな山陰西部に釣りに行ける・・・・と思いながらの山歩き、大好きな山野草や野鳥を見ながら一日を過ごした・・・・・、なんと幸せな一日だろうか・・・・・・と感じた5月4日だった。


2010/05/06 19:53 | 山菜採り

<<前のページ | HOME |
忍者ブログ[PR]