忍者ブログ
約束。

 私はかねてより、「約束した以上、自分が死んだ時以外は行く心づもりをしている」と、偉そうに言っています。

 しかしやはりそこは人間、今から11年前だったか、当時山口県光市虹ケ浜で行われていた、ダイワのバトルカップには行きます、とグローブライド本社の方とお約束していました。
 ところが、その大会前日の土曜日に、同居していた義母(カミさんの母親)が亡くなり、当時私と同じクラブだったN氏に「お約束していたのに、行けなくなりましたすみません」と伝言をお願いしたことがある。

 12月25日の《楽しみは 朝起きいでて・・・・》のタイトルのブログで、私は夜の9時前には携帯の着信音もバイブも消して、布団の下に入れて寝ている・・・・・・と書きました。
 しかし、ここ最近は着信音もバイブも入れっぱなしで寝ている。

 実は、私の自慢の母親が現在108歳と9ヶ月、膝が悪いので歩けない他は頭もしゃんとして、目も耳もおまけに口も達者でした。



(今年の年賀状用に、12月2日に写真を撮りに行ったら、みかんを一人でむいて、噛みきれない薄皮はちゃんとむいた皮の上に出していました)

 年末12月28日、おふくろの近くに住む兄から電話があり、様子がおかしい・・・・・とのこと。
正月に東京から帰省した娘夫婦と5人と一匹で、一緒に新年の挨拶に行ってみると、やはり以前よりはずいぶん弱弱しい・・・・・。
 ずっと見てきているので、その弱弱しさが妙に気になりはじめ、いつ兄から電話があるかもしれないのと思い、ずっと着信音もバイブも入れっぱなしにしている。

 冒頭の言葉とおり、偉そうなことを言ってきましたがやはり人の子、お付き合いのある方、もしお約束したとしても、ご勘弁願いたくこうして書かせていただきました。









PR

2016/01/12 20:29 | 小難しいお話
戦国武将と幕末志士。

 寒くてまだ初釣りには行っていません。
したがって、こたつに足を突っ込んで読書の時間が増えています。



 若いころは、戦国武将は織田信長、幕末志士は阪本竜馬が好きだった。
物事への合理的な考え方、切り口の斬新さに惹かれたのだと思う。

 しかし、40歳を越えたころからは戦国武将は島津義弘、幕末志士は高杉晋作が好きになっていた。
 ともに潔く、その思いっきりの良さに魅力を感じたのです。
まず島津義弘は、天下分け目の関ヶ原の合戦後のおり、わずか5000人の兵力で、家康本陣近くを通っての【敵中突破】を果たし、それでも島津家の本領は守られ、当時としては珍しい85歳の天寿を全うしている。

 高杉晋作は元治元年12月に、長州の実権を握っていた俗論党を排除するために、少数ながら立ち上がり、結局は長州藩を倒幕へと導いている。



 どちらも、多勢に無勢どころか無謀な戦いに見えるのだが。

 この高杉晋作、いろいろと名言を残している。

「おもしろき ことなき世を おもしろく」などが有名だが、「友の信をみるに 死、急、難の三事をもって知れ候」というのがあり、私はよくこの言葉を引用させてもらっている。

 人間と生まれてきた以上、幼稚園、小学校、中学校、高等学校、それに私は行ってはいないが大学などでの同級生はたくさんできる。

 やがて社会人となり、会社の同僚や関係会社など人脈はますます広がり、次に家庭を持つとご近所付き合いで交流は増えてくる。
 さらに趣味を通して・・・・・・・となると、ものすごい数の方々と交友をもつようになる。
 しかしその中で、朋友、盟友となると、実際は幾人の《》ができるのでしょう。

 高杉晋作が立ち上がった元治元年12月、緒隊の動きは鈍くわずか遊撃隊総督石川小五郎(のちの河瀬真孝)と、下関にいた力士隊の伊藤俊輔(のちの伊藤博文)が賛同しただけで、かって自分が総督だった奇兵隊(総督は赤根武人だが実権は山県有朋が握っていた)は、高杉の呼びかけに動きは鈍かった。

 前出の「友の信をみるに・・・・・・・」は、この時の石川や伊藤のことを言っているのでは?と勝手に解釈している。
 遊撃隊の総督の石川小五郎も、力士隊の伊藤も隊員のことを考えれば、劣勢の高杉と行動を共にするのはためらわれたとは思うが、理念・信念のために生きたのだと思う。

 私は、《り》はりでも「利益・便利」などの《り》ではなく「理念・道理」の《り》で生きていきたいと常に考えている。
 理念よりは便利の方が現世ではずいぶんと役に立つのですが、まぁやせ我慢とでも言いましょうか(^_^;)

 おととい1月7日、例年のごとく七草粥を作って食べました。



(愛犬ぷりんも、ちょんびり食べました)

 ちなみに、広島市近郊ではお正月のしめ飾りは7日に降ろすことが多いようです。
これは地方によって違うのでしょうね。
 








 


2016/01/09 14:45 | 小難しいお話
楽しみは 朝起きい出て・・・・・・・。

 私は、朝起きてからの楽しみは、夕方のためにビアグラスを冷凍庫に入れる♪ことから始まります。
 さながら橘曙覧(たちばなのあけみ)の「楽しみは 朝起きい出て 昨日まで 無かりし花の 咲くを見る時」ならぬ、「楽しみは 朝起きい出て 夕方の 旨しビールの グラス冷やす時」でしょうか(^_^)v

 そうして夕方になり、18時には風呂に入り、旨しビール(夏はラガー、秋遅くから早春までは一番搾り)を飲み、20時30分には愛犬ぷりんと二階に上がり、携帯のバイブも切り布団の下に入れ、22時前後には寝るのが日課です。

 先日のこと、21時40分に玄関のチャイムが「ピン・ポーン♪」と。
階下に降り、玄関まで出てみると、ガラス越しに人が立っている。
もうお休みモードに入っていた私は、「何ですか!?」と不機嫌な声で・・・・・。
「〇〇〇〇です、荷物が届いています」と。

 受け取ったあと、少し申し訳ない気持ちになりました。
21時40分過ぎまでがんばっておられる方に、自分の生活サイクルがどうあろうと「何ですか!?」はなかったなぁ・・・・・・・・・と。

 私が心がけていることの中に「己の欲せざる所は 人に施すなかれ」というのがあります。
自分がイヤなことは他の人にしてはいけない・・・・ということです。

 宅〇便の方、このブログは見ておられないでしょうが、ほんとうに申し訳ありませんでした。

 今年もあと7日、いつもなら旬を釣る私は、乗っ込みカレイもそこそこ釣っていて、次なるターゲットの冬ギス釣りを・・・・・・・となる頃なのですが、今シーズンは外してばかりでまだ3枚しかカレイを釣っていません。

 いつも盆と正月前は、母方のお墓掃除に行ったついでに、短時間ながらも釣りをしているので、最後の悪あがきでカレイ狙いをして、打ち立ての牡蛎を買って帰ろうか・・・・・・と目論んでいます。

 愛犬ぷりんは、昨日みんなでケーキを食べました。



 もう11年も過ごしていると、私が行きつけのケーキ屋さんに行くと、「そのケーキ屋さんに行く≒自分もケーキが食べられる」と覚えているのか、夕方から何度も何度もケーキの催促をしてきます。








2015/12/25 09:50 | 小難しいお話
趣味百態。

 趣味にはたくさんの種類があります。
釣り、登山、ゴルフ、読書、盆栽などなど数え上げればキリがありません。
そのどれにもマナーなどがあるのだと思います。

 私が50年ちかく続けている釣りにもマナーやモラルがありますが、よくよく考えてみると今さらメディアや釣り団体を通じて言うまでもない、「一個の人間として」当たり前のことが叫ばれている事が多いのに気づきます。

 「釣り場にごみを捨てない」「割り込みをしない」「立ち入り禁止の場所には入らない」など、代表されることを並べてみても、これらは幼いころから行ってきた、普段の生活のごくごく当たり前のことだと思います。
 なのに守られていないことが多く、とかく「この頃の釣り人は」とよく後ろ指を指されることがあります。

 他の趣味に比べ、釣りは《獲る》行為が、他の仲間と楽しむ、自然を大切にする、仕事の疲れ・ストレスの解消などよりも、その《獲る》を主目的とする人の目立つのが原因なのかもしれません。

 あちこちで立ち入り禁止、釣り禁止の看板やフェンスが設置されています。
一部の心無い(竿を持てばお巡りさんもドロボーも釣り人なので、あえて釣り人とは言いません)の行為に依って、未来の釣り人の釣り場を狭くし、無くしてはいけません。

 このブログを見ていただいている方には《釈迦に説法》だと思いますが、私が感銘している森信三先生の言葉をいくつか掲載してみます。



 

 

 藩政時代薩摩の《郷中教育》のように、対人関係においてこの敬愛の心をもって当たればよい人間関係が築けると思います。



 師と言っても、釣り人だから必ずしも釣りの師という意味ではありません。
私はサラリーマン時代の会社役員A井氏と、釣りでは鴨谷計幸氏と出遭えたことが最大の幸せだと思っています。
 私が変な行動をとることは師に対して、お顔に泥を塗ることになると律する基としています。
 



 仲良く楽しく遊ぶ「連れ」は気持ち次第で次から次へとできます。
しかし、一種特別な「あの友が見たらなんと言うか?」「あの友に聞くと何と言われるか?」などと、自分の行動を顧みることのできる友が私にはいます。



 人間、歳をとると体も大きくなり一応は大人にはなります。
この、橋本佐内の啓発録もそうですが、吉田松陰の「今日よりぞ 幼心を打ち捨てて 人となりにし 道を踏めかし」などがあります。

 相変わらず、偉そうなことばかり書いていますが、最後のたった数人でもいいのでこのブログを見て「そうだ!そうだ!」と思う方がおられたら幸いです。











2015/10/21 20:00 | 小難しいお話
レジャーフィッシング本日発売!

 表紙左肩に《リニューアル》の文字が入って、レジャーフィッシングが本日発売となりました。
表紙の紙質もずいぶんとアップされピカピカ光っています。



(特集は、ご当地釣法盛りだくさん♪2015春 マダイ開幕となっています)

 投げ関係だと花見ガレイも出ていますが、私はこれからの時期キス釣りがいいですね。





 そう言えば四国遍路のおり、24日に愛媛県の久万町の45番海岸山岩屋寺で納経していただいたときにこの言葉をいただきました。
 簡潔な言葉ですが、よくよく考えさせられる言葉です。



 もうひとつ、最近よく通っている、ある場所の図書室で見かけて読んだ本です。
内容に興味があったのでさっそく入手して読んでいます。



 まえがきに、「江戸っ子とは、進歩的な人間主義者で、和を以って良しとなし、誰とでもつき合い、新人をいびらず、権力にこびず、人の非を突くときは、下を責めず上を突き、外を飾らず中身を濃く、といった思想を持ったひとである」(医師志願の米国留学生の感想の一部抜粋)とか・・・・・・。

 音楽にも奏でる者と聴く者との出会いがあるように、江戸楽にも人と人との出会いの中で気持ちよく暮らしを楽しむため、守りあうルール(こころ)があったのです。
 そのルールをわきまえ、実践するのが「おとな」であり、心得のない者は「稚児しぐさ」と疎まれ(いみ嫌って遠ざける)尊敬されませんでした。

 今、礼儀の国ニッポンが、ゆがんできました。
道を歩けば不愉快な思いに事欠きません。ぶつかっても謝らないビジネスマン、道を塞いで歩く制服の女の子たち、優先席を仲間で独占し席を譲らない若者、その上人は見て見ぬふりをして注意しようともしません。というより注意できないのです。

 江戸の町衆たちは、出合う人は皆「仏の化身」と考えて、失礼のないしぐさを身に付けていました。自分は一歩引いて相手を立て、決してキズつけない。威張りもしなければ、こびることもしない。対等な人間同士として、ごく自然に江戸しぐさを実践していたのです。

 と書かれています。

 もう一冊
こちらは、今年度3月を以って連盟の事務局長の重職をおりた、名古屋在住の盟友、大田氏推薦の本です。



 こちらもすぐ入手して読みましたが、大和言葉には「心に沁みる」特性があります。






 



2015/04/05 16:37 | 小難しいお話

<<前のページ | HOME | 次のページ>>
忍者ブログ[PR]