忍者ブログ
趣味百態。

 趣味にはたくさんの種類があります。
釣り、登山、ゴルフ、読書、盆栽などなど数え上げればキリがありません。
そのどれにもマナーなどがあるのだと思います。

 私が50年ちかく続けている釣りにもマナーやモラルがありますが、よくよく考えてみると今さらメディアや釣り団体を通じて言うまでもない、「一個の人間として」当たり前のことが叫ばれている事が多いのに気づきます。

 「釣り場にごみを捨てない」「割り込みをしない」「立ち入り禁止の場所には入らない」など、代表されることを並べてみても、これらは幼いころから行ってきた、普段の生活のごくごく当たり前のことだと思います。
 なのに守られていないことが多く、とかく「この頃の釣り人は」とよく後ろ指を指されることがあります。

 他の趣味に比べ、釣りは《獲る》行為が、他の仲間と楽しむ、自然を大切にする、仕事の疲れ・ストレスの解消などよりも、その《獲る》を主目的とする人の目立つのが原因なのかもしれません。

 あちこちで立ち入り禁止、釣り禁止の看板やフェンスが設置されています。
一部の心無い(竿を持てばお巡りさんもドロボーも釣り人なので、あえて釣り人とは言いません)の行為に依って、未来の釣り人の釣り場を狭くし、無くしてはいけません。

 このブログを見ていただいている方には《釈迦に説法》だと思いますが、私が感銘している森信三先生の言葉をいくつか掲載してみます。



 

 

 藩政時代薩摩の《郷中教育》のように、対人関係においてこの敬愛の心をもって当たればよい人間関係が築けると思います。



 師と言っても、釣り人だから必ずしも釣りの師という意味ではありません。
私はサラリーマン時代の会社役員A井氏と、釣りでは鴨谷計幸氏と出遭えたことが最大の幸せだと思っています。
 私が変な行動をとることは師に対して、お顔に泥を塗ることになると律する基としています。
 



 仲良く楽しく遊ぶ「連れ」は気持ち次第で次から次へとできます。
しかし、一種特別な「あの友が見たらなんと言うか?」「あの友に聞くと何と言われるか?」などと、自分の行動を顧みることのできる友が私にはいます。



 人間、歳をとると体も大きくなり一応は大人にはなります。
この、橋本佐内の啓発録もそうですが、吉田松陰の「今日よりぞ 幼心を打ち捨てて 人となりにし 道を踏めかし」などがあります。

 相変わらず、偉そうなことばかり書いていますが、最後のたった数人でもいいのでこのブログを見て「そうだ!そうだ!」と思う方がおられたら幸いです。










PR

2015/10/21 20:00 | 小難しいお話
レジャーフィッシング本日発売!

 表紙左肩に《リニューアル》の文字が入って、レジャーフィッシングが本日発売となりました。
表紙の紙質もずいぶんとアップされピカピカ光っています。



(特集は、ご当地釣法盛りだくさん♪2015春 マダイ開幕となっています)

 投げ関係だと花見ガレイも出ていますが、私はこれからの時期キス釣りがいいですね。





 そう言えば四国遍路のおり、24日に愛媛県の久万町の45番海岸山岩屋寺で納経していただいたときにこの言葉をいただきました。
 簡潔な言葉ですが、よくよく考えさせられる言葉です。



 もうひとつ、最近よく通っている、ある場所の図書室で見かけて読んだ本です。
内容に興味があったのでさっそく入手して読んでいます。



 まえがきに、「江戸っ子とは、進歩的な人間主義者で、和を以って良しとなし、誰とでもつき合い、新人をいびらず、権力にこびず、人の非を突くときは、下を責めず上を突き、外を飾らず中身を濃く、といった思想を持ったひとである」(医師志願の米国留学生の感想の一部抜粋)とか・・・・・・。

 音楽にも奏でる者と聴く者との出会いがあるように、江戸楽にも人と人との出会いの中で気持ちよく暮らしを楽しむため、守りあうルール(こころ)があったのです。
 そのルールをわきまえ、実践するのが「おとな」であり、心得のない者は「稚児しぐさ」と疎まれ(いみ嫌って遠ざける)尊敬されませんでした。

 今、礼儀の国ニッポンが、ゆがんできました。
道を歩けば不愉快な思いに事欠きません。ぶつかっても謝らないビジネスマン、道を塞いで歩く制服の女の子たち、優先席を仲間で独占し席を譲らない若者、その上人は見て見ぬふりをして注意しようともしません。というより注意できないのです。

 江戸の町衆たちは、出合う人は皆「仏の化身」と考えて、失礼のないしぐさを身に付けていました。自分は一歩引いて相手を立て、決してキズつけない。威張りもしなければ、こびることもしない。対等な人間同士として、ごく自然に江戸しぐさを実践していたのです。

 と書かれています。

 もう一冊
こちらは、今年度3月を以って連盟の事務局長の重職をおりた、名古屋在住の盟友、大田氏推薦の本です。



 こちらもすぐ入手して読みましたが、大和言葉には「心に沁みる」特性があります。






 



2015/04/05 16:37 | 小難しいお話
暖釣寒読・・・・・・。

 寒くて釣りに行く勇気を持ち合わせていないので、愛犬ぷりんとコタツのお守りの時間が多くなります。
以前書きましたように、カレイ仕掛けも、夏のキス仕掛けもたっぷり作っているし、テレビは正月以降少々食傷気味。

 そうなると、「晴耕雨読」ならぬ「暖釣寒読」となり、本を読む時間が多くなります。
昨日から読み始めた【渡部昇一の古事記】という本、まだやっと2章までしか読んでいませんが、1章に、おもしろい部分がありました。



 『古事記』によると、日本最初の神様は天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)であり、それからずっと数代にわたって独神(ひとりがみ)だけである。(中略)

 神話で活躍なさる最初の男女の神様は、伊邪那岐命(いざなぎのみこと)と伊邪那美命(いざなみのみこと)である。
 この二柱の神々が、最初に夫婦の行為をなされて大八島の誕生となるのです。
 
 最初、この二柱の神が天の御柱の廻りを、男神が右側から、女神が左側から廻って出合った時に、伊邪那美命が最初に「あぁ美しい、いい男よ」と仰られ、伊邪那岐命が「ああ美しい、いい女よ」と言われたとある。

 そしてご夫婦の交わりをなされ、水蛭子(ひるこ)をお生みになったが、この御子は葦の葉で作った船で流し捨てられ、次に淡島をお生みになったが、これも御子の中には数えず、お二人の神々の意図は、堅固な国(島)を産もうということだったのに、産まれたのはぐにゃぐにゃして島にならなかったそうです。

 ちゃんとした島が生まれないというのは一大事なので、二神がご相談なさって、ご一緒に天上にお還りになり、天つ神のご命令での占いでは「女が先に言ったのでよろしくないのだ、また下がって行って、改めて言い換えるのがよい」と仰られたと・・・・。

 そこでまた天上からお降りになって、再び天の御柱を以前のようにお廻りになって、男神がまず「ああ美しい、いい女よ」と仰せられ、後に女神が「ああ美しい、いい男よ」と、このように言い終わられてご夫婦の交わりをなされて、御子の淡道之穂之狭別(あわじのほのさわけ)の島を、お産みになった。
 次に伊予之二名(いよのふたな)の島をお産みになった。

 これらを大八島(おおやしま)国というとある。

 筆者の解説では、この神話によると、男女の関係において、女が主導権をとることが古代において禁忌であり、古代日本人が健全な子孫を残すために子孫に与えた知恵であった・・・・。
 と書いてある。

 ここまで読まれて、「それがどうした?」「何が言いたい?」「男女同権に反する!!」などと思われたでしょうね。
 実はこのあと、おもしろい記述があるのです。

 育児法などの本で有名な、アメリカのスポック博士が述べている要旨を次のように書いている。
「アメリカの社会では、近ごろ子供の時から、男女を性によって差別をせず、男も女も平等に競争するように仕向けてきている。すでに成人になっている男の場合はまだよいとしても、男性的競争型の母親は男の子のエゴを挫き、女の子をさらに競争的に仕上げる。

 したがって今日観察されるとこrでは、公(パブリック)の場所でも、半公(セミパブリック)な場所においても、デートをしている男女のうち、イニシャチブを取っているのは大抵女子のの方である。
 多少、ハンサムな男子高校生や男子大学生は、ろくに知り合いでもない女子学生からの、積極的なアプローチを示す電話に悩まされている」と。

 それで男子学生が喜んでいるのなら、なんの問題もないのですが、男子学生の側から「まったく
それで弱っているんだ」という、強い共感をえているらしい・・・・。

 ここまで読んで思いました。
最近【草食系男子】とか【肉食系女子】という、我々昭和前半生まれには、とても理解しがたいような言葉を耳にしますが、まさに1300年も前の古事記が、現代の少子化を言い当てているような、そんな気持ちで読みました。





 


2014/01/11 17:58 | 小難しいお話
番外編(釣りとは関係のないお話)
私はこのブログで、「書き込みのできないこのブログでは、反論ができないので、数パーセントでも異論のあることは、できるだけ書かないようにしています」と書いています。

 これはいろんな選択肢のある釣りに関してのお話ですが、今回は釣り以外のお話で、私個人の意見としてのたわ言なので、お気に召さない方は読み飛ばしください・・・・・。

 先日娘から「お世話になった時、すぐにお礼を言っただけではなく、翌日最初に顔を合わせたときにも改めて御礼を言う方がいいんかね?」との話。

 「う~ん・・・・・・」と考えましたが、よくよく考えてみたら、ある大手建設会社の役員だった人と、大手商社の支店長だった釣り友がいます。
 そのお二人は、それぞれのお住まいから広島に来られ、釣りにご案内したのちに新幹線広島駅までお送りしたとき、ご丁寧にお礼を言われます。
 そして、お住まい近くに帰られた時か、お住まいに帰られたときには必ずお礼のメールが入ります。

 お別れするときにお礼を言ってくださったので、それでいいのでは・・・・とも思いますが、無事に帰着された連絡と同時に再度お礼の言葉をいただくと、安心するとともにまたご一緒できる日が楽しみになります。
 私もそのようにしなければ・・・・と思わせる事なので、娘にも「やはり、その時にお礼を言っても、翌日か次にお会いした時に再度お礼を言う方が、お互いに気持ちがいいと思うよ」と言いました。

 次に、メールのやりとりについてですが、他愛のないメールならどちらが先に止めるなど問題ではないとは思いますが、自分から質問をして、その質問に対して返信(答え)をもらったら、せめて一行でもいいので質問をした方から「判りました」とか「ありがとうございます」と返信するのがメール社会のルールでは?

 私がサラリーマン時代に気に掛けていた言葉が数点あります。

【すべてのリクエストに対して、24時間以内に解答せよ、解答が無理なら第一報を送れ。ノーアンサーは何もやっていないのと同じ】
【否定的な発想ばかりで、「いかにできないか」という説明ばかりうまくなる人】 
【納期に間に合わなかったら死刑になると言ったら絶対にやります。初めから「すみません」と言ったら助かる気持ちがあるから納期が延びる】
【仕事というものは、ちょっとたまってくると面倒になって冷蔵庫に入れてしまう。確かに当分の間腐りませんが、時が経つにしたがってだんだん悪くなる】 
【窮地にはまだ出口がありますが、「できない」と言った瞬間、窮地は死地になってしまう】
【人間関係の中で他人を計る時、小さなことがらをもってこそ人間を計るべき】

 目に見えてどうとか・・・・という問題ではないことばかりですが、実は大変に重要なことだと思いますが・・・・・私は。





2013/10/03 19:46 | 小難しいお話
あ・い・う・え・お。

 以前も、このブログに書きましたが、私は森信三先生の言葉が好きで、次のような言葉を紹介したことがあります。
「人間は 一生のうちに 会うべき人には必ず会える しかも一瞬早からず 一瞬遅すぎない時に」。

 
昨日の山菜採りへの道中、同行してくれたクラブの【達人さん】に、こう話しました。
「私は、多くの人からご縁をいただき、ほんとうにありがたい恵まれた人生を送っている」と。

 う(会う)べき人に
  んねん(因縁)があって会え
    ん(運)の良いことに
      ん(縁)をいただいて
         ん(恩)を感じながら

 こうして楽しく生きてきました。

 ご縁というのはほんとうにありがたいことで、例えば遠く離れた鹿児島県に行っても、ご縁のある方にお会いできるということは、長旅の疲れも吹っ飛ぶほどの嬉しさです。
 
 萩にも、高知にも大阪にも、行けばお会いしてお話しができるご縁のある人がいる、それだけで人生が豊かに感じられます。

 直接お会いする方々だけではなく、メールやブログを介してご縁のできた方々もおられます。
何って言ったらいいのか、感性とでもいうのでしょうか、直接お会いしなくても何か感じる方もおられるのも事実です。

 大げさですが、人類が誕生して長い年月が経ち、多くの人類が世界中に・・・・・・・・、そんな中、同じ時代に同じ日本で「あ・い・う・え・お」があってお会いできた方々、これは貴重なご縁だと思います。

 なんだかお坊さんの説法みたいなお話になりましたが、冒頭書きましたとおり、ほんとうに(良い人に)恵まれた人生を送っています。

 そう言えば、愛犬ぷりんとも何かのご縁で会うことができたのでしょうね、かわいいパートナーに会えたことにも大感謝の日々です。



(2004年6月3日、わが家に来たばかりの愛犬ぷりん)
 まだワクチンを打っていないので、カットもシャンプーも散歩もできない、もこもこぷりん。
わが家に来てすぐに付けられた名前は【なな】でした。
翌日、仕事から帰ってみると「お父さん、ななじゃなくぷりんにしたから!」とのことで、たった一日で改名したぷりんでした。






2013/04/29 19:58 | 小難しいお話

<<前のページ | HOME | 次のページ>>
忍者ブログ[PR]