忍者ブログ
7月30日上甑島に上陸。

 川内駅発7時50分、川内港へ8時20分着の電気式シャトルバスを降り、一年ぶりの川内港へ歩を進める。
 甑島への乗船券、3,380円なり、ふるさと旅行券3枚を使用。
竹屋さんでの二泊分の7枚と合わせ、これで10枚使用したが、まだ2冊と3枚余っている!

 8時50分川内港発の《高速船 甑島》は、快適な運航を続けていて、途中では船に驚いたトビウオやダツのような長い魚も水面を飛んで逃げている。



 昔五島に通っているころ、フェリーに驚いたトビウオは、フェリーと平行に何匹もが数10mも飛んでいたものだが、今回は一匹あるいは二匹だけが、それも高速船と直角に逃げている。
 やはり船のスピードのせいなのだろう・・・・・・・と勝手に判断。

 9時45分、いよいよ上甑島の里港へ上陸。
ここでは《幸せボンビーガール》というテレビ番組で有名な、女優の柴田美咲ちゃんが町おこし協力隊員として頑張っている。



(高速船から見える方には、ようこそ甑島へと書いてあり、見送る時には裏返すと上写真のようになる)

 右側が、柴田美咲ちゃん。
私はミーハーではないのですが、クラブ員が「小池さん、よく甑島に行っていますが、幸せボンビーガールって知っていますか?」などと言うので、上甑に行って素通りもなかろう・・・・・・と一緒に写真も撮らせてもらいました(あくまでクラブ員に見せるため)。

 さてさて今回のお目当ての鹿の子ゆり、いつもは6月頃の上陸なので、蕾しか見ることはありませんが、今回は花盛り(咲き過ぎもあり)!!





(里集落の西の浜に咲く鹿の子ゆり、これは濃色タイプ)



(並色の花の蜜を吸う、蛾の一種オオスカシバ)



(白い鹿の子ゆりの蜜を吸う、モンキアゲハ)



(上甑島から中甑島への途中の断崖に群生する鹿の子ゆり)



(トンボロ地形の里集落遠景)



(玉石垣が整然と積み上げられた、里の武家屋敷通り)

 封建時代、鹿児島には《外城》と言われる制度があり、《》と称される外城が50いくつもあり、それぞれの石高に合わせて武家屋敷群が設けられていた。
 知覧や出水の武家屋敷群は有名ですが、ここ上甑島の里や、下甑島の手打にもある。



(上甑島の名勝地 長目の浜)

 と、観光ばかりでもいけないので、ついでのキス釣りを・・・・・・・。
しかし、3年前に27㌢を含め23~24㌢を釣ってはリリースした桑の浦で釣れたのはチャリコのみ・・・・・・、暑いのと見込みが無いのとで3投で移動を決める。



(こんな素晴らしい場所でキスがいない方がおかしい???)

 次に行ったのは、何年か前やはり良型釣ってはリリースした小島。
ここでは20数年前には29㌢も釣っている・・・・・・・・、が本日はこんなお魚が。



(ダブルで釣れてきたのはオオモンハタ?とカサゴ)



(やっとこさ・・・・で釣れたのは22~23㌢)

 あまりにも釣れないし暑いので、竿は納めて懐かしい島内を走りまわることに。



(中甑島から下甑島への架橋風景)

 まだ完成には3~4年は掛かるそうですが、これが完成すれば甑列島の有人島はすべて陸続きになるわけです。
 発展につながるのか、はたまたストロー現象で島外移住が増えるのか・・・・・・・。

 昼食は、いつもの《時春》さんで。
里港のすぐ前、ひとつ裏の筋にあり少し分かりにくい場所ですが、味は折り紙つきです!



 早めに、30日の宿えびす屋さんに帰ってひとっ風呂!



(里での定宿、えびす屋旅館)




(えびす屋旅館での夕食)


 こうして30日の夜は更け、いよいよ明日31日は下甑島へ・・・・・・・・・。





PR

2015/08/04 07:10 | 遠征のお話・思い出

<<下甑島へ。 | HOME | 7月28・29日は川内高城温泉で。>>
忍者ブログ[PR]