忍者ブログ
我が家の山野草。

 昨日の金曜日は、所用にかこつけて周防大島辺りで、春ギス狙いでも・・・・・と思いましたが、当日の周防大島の潮は、【若潮】で満潮が午前5時54分、私の経験値では「止めておけ注意報レベル」

 と言うことで、周防大島での春ギスはサクランボの熟れるころ、5月の10日前後に行くことにしました(さくらんぼの生っているお宅の都合も聞かず・・・・・・)

  今日は、庭と呼ぶには恥ずかしい家の周りの通路にある、山野草をたっぷりと眺めていました。

 我が家で一番早く花を咲かせたのは雪割草と呼ばれるミスミソウ。



(3月の10日過ぎには花を咲かせました。写真中央にはサクラソウも芽を出していますが、まだ花がのぞいていません)

 次はシュンラン




 その次はイカリソウ



 そして今年一番やきもきしたのはヤマシャクヤク



 やっと花が開いた・・・・・と喜んだ4月16日、その夜には四国へと釣行し、18日に帰ってみると花びらが花びらが一枚ポロリ・・・・・・・・。


 嬉しいこともありました!



(ヒトリシズカの株元に、去年落ちた種から発芽した幼芽が9本も♪)

 またまた今年もせめぎ合いが始まります
私は以前このブログに書きましたが、卵の内は除去しますが、孵化したらこっちの負けなのでその虫には好きなだけ食べさせる・・・・・・と。
 できるだけ葉を失わないため、日々確認を怠らないようにしなければ・・・・。

 今日は、樹高1mもないレモンとデコポンの木に、早々とアゲハチョウの卵が、合わせて13個も産みつけられていました



(アゲハチョウのお母さん、この小さな葉っぱに卵二個だと、けんかになりませんか?)

 他にもエイザンスミレ、タチツボスミレ、ヒトリシズカが終わりかけ、今はウラシマソウ、ムサシアブミ、ユキモチソウ、エビネも咲いています。






 

PR

2014/04/26 19:55 | 我が家の花ごよみ
今日から三日間雨・・・・・。
 例年より遅めの【台風1号】に触発された、大陸からの低気圧の影響で日本列島はほとんどの地域で雨続きの週半ばとなりました。

 それでなくともまだ本格的なシーズンインではないと思われる山陰のキス、ついつい雨を理由に日延べにしました。
 
 人それぞれですが、私はキス釣りにおいてベラが混じったり、ハオコゼがキスに混じって釣れるのがどうもしっくりといかないのです・・・・。

 昔から『八十八夜を過ぎると、キスが陸を向く』と言われ、それを境に山陰の碧い海で本格的にキス釣りに明け暮れています。
 ベラが起き出すまでの越冬ギスや春ギスは、瀬戸内で楽しませてもらっているのですが・・・・。

 と言うわけで、16日にあることで山陰にキス釣りに行く予定ですが、それを今シーズンの皮切りにしたいと思います。


 そこで雨降りの中、退屈しのぎに先日【高知日曜市】で買って帰った【土佐寒蘭】の植え込みを・・・・。
 11株のうち8株を植え込んだが、底に敷く大粒の日向土が足りなくなってしまいました・・・・。



(植え込みが済んだ8株と、セッコクの黄花覆輪と白花素心を一緒に写してみました)






(青花無名の寒蘭、すらっと伸びた葉姿が気に入っています)

 ところで、以前(一昨年の3月?)高速道路休日1000円の実施初日、三崎半島からの帰り途に故障車や事故を含む大渋滞に巻き込まれ、休日1000円に対して異を唱えていましたが、偉そうに言ってもやはり人の子、6月?で廃止になると聞いて、1000円のうちに若い頃通っていた九州一周を企てている・・・・。

 まず鹿児島県の内之浦に行き、垂水から桜島フェリーで鹿児島に渡り、磯庭園など観光し、知覧の武家屋敷や指宿を回り、旧加世田市の吹き上げ浜→そこから阿久根市沖の長島を釣り歩き、ハイヤ節が流れる天草の牛深まで三和商船フェリーで渡り、天草諸島を釣り、長崎県の蚊焼や野母崎を回り、平戸島へのコースを一週間をかけて回ろうかな・・・・・とも考えています。

 甑島にも久しぶりに渡ってみたいのですが、上甑の里や小島と下甑の長浜を釣るとなると最低3日は必要なので、諦めるしかないようです・・・・・。



 体力さえ続けば、比較的気軽に行ける平戸島や長崎を外して、いっそのこと甑島に渡ってくるのもアリだとは思いますが・・・・・。

2011/05/10 20:53 | 我が家の花ごよみ
サルメンエビネが咲きました。
 2~3日前から、他のエビネに先がけてサルメンエビネが花を咲かせました。
以前も書きましたが、大好きな渓流釣りで、西中国山地の渓を歩いているときに出会った、サルメンエビネの楚々としたその姿に魅せられ、釣りの趣味のほかにエビネ栽培にも手を染めることになりました。



(大好きなサルメンエビネの花)

 園芸的に言うと、サルメンエビネのほかに日本に自生する春咲きエビネには、地エビネ、黄エビネ、キリシマエビネ、ニオイエビネ、アマミエビネ、キソエビネ、キンセイランがあり、それらのほかに2種~4種類が交雑したと考えられる【タカネ】【ヒゴ】【ヒゼン】【サツマ】【コウヅ】【イシヅチ】などがあり、それらの蒐集のため鹿児島や高知に釣りに行ったおりは、ずいぶんと高価なエビネも買ったものです。

 現在では、寒天培養などの技術が確立されて、あらゆる交雑種が作られるようになり、ずいぶんと入手しやすくなり、それとともに熱が冷めていきました。
 自然のなりゆきで蜂などによって、交雑により作り出された【自然の妙】が最大の魅力だったのですが。



(一時は、かなりの花色・種類のエビネを集めていましたが・・・・・)

 ゴールデンウィーク前半は、カミさんの田舎に行ったついでに浜田まで・・・・と思っていましたが、関西から帰省する娘に合わせていたら、日程的に難しくなったので、もうすこし後になってから・・・・と考えています。

2011/04/29 17:59 | 我が家の花ごよみ
第二音戸大橋(仮称)仮設される。
  昨日、4月24日の朝6時からクレーン船で吊り上げた、第2音戸大橋(仮称)の中央部分が、10時50分ころに固定されたとのこと。

 ここ音戸の瀬戸は海上交通の要衝で、今では広島から愛媛などのフェリーやスーパージェットなどのほか、多くの船舶が行き交う約80mの狭い海峡で、干満の潮流は約10kmとのこと。

 この音戸の瀬戸はもともと今のような姿ではなく、今を去ること900年くらい前、平清盛が一日で掘削したと伝えられている。
 私が幼い頃、この瀬戸の本土側の警固屋に住んでいた祖母に聞かされた話では・・・・・・・

 宮島にそれは美しい女官がいて、それをみそめた平清盛に、「音戸の瀬戸を一日で切り開いてくれたら、あなたの彼女になりましょう」と言ったとか。
 そこで、平清盛はみんなを励まして工事に掛かったが、難工事のために刻々と時は過ぎ、やがて日が沈み始めたそうです。
 それを見た平清盛は、扇を開き沈みかけた太陽を沈まないように招いたそうです。(その日招きの像が警固屋側に建っています)

 そのように、何度も何度も沈みかけたお日様を、扇で招いては昇らせて、作業を続けたそうです。
我が家には、その扇だといわれるボロボロになった古い扇が残されていましたが、私はそのころから「確かに古いものだが、平安時代はなかろう・・・」と、本気にはしていませんでしたが・・・・・

 約束どおり、沈み行く太陽を招いてまで苦労して、日没までに掘削を終えた平清盛は、喜び勇んで宮島の美しい女官のところに行ったそうです。
 ところが!!その女官の正体は大きな蛇で、宮島の大鳥居に巻きついて平清盛を待っていたそうです

 大慌てで船を漕ぎ、平清盛は大蛇に追いかけられながら音戸の瀬戸まで逃げましたが、今にも追いつかれそうになりました 
 そこで平清盛が海面を睨みつけると、今のような渦潮・急流が起きて大蛇は急流に流され、すんでのところで平清盛は命拾いをしたそうです。
 現在の音戸の瀬戸の渦潮を、【清盛さんの睨み潮】というそうです。

 このお話には後日談があり、清盛が臨終の際に物凄い高熱に冒されたと史料にありますが、これはお日様を招いた祟りだとのことです・・・・・。

 以上のお話は、私の小さい頃祖母に聞いたお話なので、多少勘違いなどがあるかもしれませんがお許しを。 
 

 今回、【現代の大工事】も、一日でやってのけた・・・・というお話に感動して、私の幼い頃聞いた昔話を思い出して書いてみました。

 

(2011年4月25日月曜日の中国新聞一面より)




(こちらの写真は、1961年に架けられた音戸大橋。)


【我が家の花だより】

 大正十四年に、天然記念物に指定された【エヒメアヤメ別名誰故草)】が一輪花を咲かせました。

 この花は気難しく、なかなか育てにくい花です。
今から20数年前、多く自生していると言われた備後地方のある町の人から、指しわたし30㌢くらいの大株をいただいたことがありますが、いちども花を見ることなく【忽然】と・・・・といった感じで枯れてしまいました。



(2011年4月25日、一輪花を咲かせたエヒメアヤメ)

 今日は、昼過ぎの満潮にかけて、宇品港にキスの引き釣りに行こうかな・・・・と考えましたが、急に吹き荒れ始めた西の風に、落ち着いて釣りができそうもない・・・・と考えて取りやめました。


2011/04/25 20:20 | 我が家の花ごよみ
胴付き仕掛けについて・・・・。
 先日のアイナメ大会の作戦、藻掛かりの多い場所での対策として【胴付き仕掛け】で挑む!と書きました。

 キングテンビンの下部アームを切り落とし、それを胴付き仕掛けにして、モトスは【船ハリス真鯛8号】を矢引きの長さにし、そこにハリスは【船ハリス真鯛5号】で結んだハリを2本結びました。
 つまり、ちから糸にサルカンを結び、8号のモトス矢引き、その下部にキングテンビンを結んで投げました。

 飛距離は、通常の遊動式仕掛けよりずいぶんのびます。
絡むこともありません(ただ、青ゴカイを房掛けにすると、そのゴカイがモトスに絡むことがあります)。

 では、胴付き仕掛けは良い事づくめでしょうか・・・・・?
いえいえ、多分としか言いようがありませんが、当日の釣況がとてもシビアな場合は、やはりお魚が警戒心を抱く事もあるのかもわかりません・・・・。
 そんな時は、遊動式の方がいいのではないかと思います。

 どんどん食ってくるときなど、例えばある年の冬などこの胴付き仕掛けでチヌバリの5号に、27㌢の越冬ギスが2匹釣れたことがあります。
 いくら冬場とは言え、警戒心のつよいキスが食いつくのですから、胴付き仕掛けもありだとは思います。
みなさんも状況に応じて試してみてください。


【我が家の花ごよみ】

 さてさて、我が家では春の山野草【イカリソウ】が花を咲かせています。
 白色と濃い紫の花です。花の形が船の錨に似ていることから、イカリソウと名づけられています。




 【もらい物シリーズ】

 先日、いつもおいしいお魚をくださるOさんから、「アジ要りませんか?」とメールがありました。
私は、せいぜい30㌢くらいかと思い、家族3人で塩焼きにして・・・・・と考えていました。

 ところがどっこいいただいたアジは大きなものは40数㌢ありましたとても家のグリルに入るサイズではありません。
 そう言えば、広島県で普通に売られているアジとサバのサイズは、サバのほうが大きいものが多いのですが、愛媛県の三崎で食べる【岬アジ】は、【岬サバ】よりでかいですよね・・・・。

 結局、刺身にして食べることにしました。
これがおいしいのなんの・・・・・・・、投げ釣りしかしない私にとってOさんからいただくお魚は非常にうれしいプレゼントです。



(大きな大きなアジ)

2011/04/19 20:54 | 我が家の花ごよみ

<<前のページ | HOME | 次のページ>>
忍者ブログ[PR]